猫の日

テーマ:
今日は2月22日。『ニャン、ニャン、ニャン』ということで猫の日です。

我が家にも猫がやってきて3年になるでしょうか...
ハムスターや亀は飼っても、犬や猫は絶対ダメだと思っていました。

子供達がアトピーや皮膚が弱いということもありましたが、お金もかかるし、何しろ世話が大変ですよね。

それが、ある日突然に猫がやってきました(笑) 

息子が、捨てられていた猫を連れてきたのです。

生まれてまだ間もない、掌にのる子猫でした。

見て世話をし出すと情も移り、なんやかんやと言っても、やはり可愛さには勝てませんね~。

{C5B47457-5B96-44C8-B535-ADBCCF6C1752:01}
名前はこんちゃん

仕事から帰ってくるとゴロにゃんして、出迎えてくれます
{3E8280A6-981C-45F5-A1A6-7242F16C10E5:01}
布団をしまおうと押入れを開けるといつの間にか寝ています


籠や箱、スーパーの袋、おまけに空の洗濯機の中も大好きで中に入ります。

ご飯が欲しい時は足にスリスリ(^o^)

自然に話しかけていて、家族とのコミュニケーションにもなっていますし、何より癒されます

最近は猫が出てくるドラマやコマーシャル、動画などよく見ますね。

人は原始時代より、つねに自然や動物と関わりをもって生きてきました。

身近にいる動物が警戒する様子で自らも危険を察知し、逆にくつろいでいる姿で安全を確認してきたのです。

動物がリラックスしている姿を見ると、人も安らぎを感じ癒されるのは、遺伝子レベルで組み込まれた、人が潜在的にもっている反応なのだそうです。


疲れた時は動物に触れたり、動物の動画や本を見てほっこりしてみるのもいいのではないでしょうか?




腕や肩のオイルマッサージには国立駅前カイロプラクティック整体院



AD