■食中毒の原因となる“ウエルシュ菌”とは

人に下痢を起こす毒素(下痢原性毒素)を産生する「ウエルシュ菌」。ウエルシュ菌が食べ物と一緒に口から体内に入ると、その毒素により腹痛や下痢などの食中毒症状が起こります。

ウエルシュ菌は空気があれば増殖しない性質を持つ「嫌気性」と呼ばれる菌。
空気が「ない」場所でのみ増殖します。これは、空気のあるところでのみ増える一般的な食中毒の菌
とは真逆の性質です。


そして極端に乾燥した場所や高温の状態などの環境になると、「芽胞」になって身を守ります。
例えるならば、ダンゴ虫が敵から身を守ろうと硬く丸まるようなイメージです。この状態になると、熱に対しても強くなるのが特徴です。この芽胞はとても強く、何と100度で1時間以上加熱しても死滅しません。むしろ、加熱することで身を守ろうとして、芽胞になるさらに菌が増えてしまうという性質があります。
加熱後に食品が室温に放置されて50度以下になると、身を守っていたウエルシュ菌がまた増え始めてしまうのです。

家庭で気をつけるべき食品の代表的なものが、大人も子どもも大好きなカレー。カレーを作る時はだいたい一食分ではなく、多めに作り置きして、加熱してからまた食べることが多いでしょう。
毎日加熱して菌を殺しているから大丈夫だと思っていても、室温で放置する時間がある場合、食品中にウエルシュ菌があればどんどん増えていくことになります叫び






■ウエルシュ菌食中毒は一般的には軽症で済むことが多いのですが、主に以下のような症状が出ます。

・水のような下痢(水様性下痢)
・お腹が張る腹部膨満感
・腹痛

幸いというべきか発熱や嘔吐のような辛い症状は少なく、血便なども見られません。下痢の症状も1~2日程度で回復してきます。


■ウエルシュ菌の繁殖を防ぐ方法

ウエルシュ菌食中毒を防ぐには、とにかく食品内で菌が増殖しないように抑えることが大事です。

・加熱した食品は、3時間以内に20度以下に冷やす
・小分けして、できるだけ空気に触れるようにする
・前日調理を避ける
・食べる前によくかき混ぜて、沸騰させるぐらい再加熱する(空気がない状況では加熱で芽胞になってしまうため、加熱の力を過信しない)

などが有効です。

1日寝かすとおいしいと言われるカレーですが、寝かし方を間違えると、ウエルシュ菌の温床になり、どんどん増えてしまうリスクがあります。菌の特徴を知って、身近な食中毒を予防しましょうグッド!



ではパー megane*



国立駅前カイロプラクティック整体院


フェイスブックはじめました♪




Twitterブログパーツ

骨盤矯正のことなら国立駅前カイロプラクティック整体院



Twitterボタン
AD

指のささくれ

テーマ:
手の指にできる〝ささくれ〝。

特に爪のすぐ横にできるのは、痛いですよね。


ささくれの原因は、手肌の乾燥、栄養不足、血行不良、ネイルの消毒などがあげられます。

台所の洗剤を使った洗い物や、お風呂時のシャンプーでも乾燥してしまいます。

こまめに手肌を保湿をすると改善されますが、保湿をしても直らない場合は、栄養不足や体調不良が考えられます。

ささくれが悪化すると、化膿したり、感染症になったりしますので、きちんとケアしていきましょう。
AD
よく「水太り」って言いますが、水を飲むだけで太るのでしょうか?




結論から言いますと、水はカロリーがないので、太りません。

水を飲むと、体の中に一時的に水が溜まるので、体重は増えますが、代謝機能が正常な人は、それがいつまでも定着することはありません。

飲んだ分は排泄されますから、あまり神経質になる必要はないですねにこ


女性がよく気にする「水太り」は、細胞の新陳代謝が悪く、汗や尿として排出されるべき余分な水分が、体に溜まりやすい体質のことをさします。

立ち仕事やデスクワークなど、一日中、同じ体勢で仕事をしている人や、慢性的に運動不足の人は、リンパ管の働きが鈍くなりがちです。

リンパ管は、毛細血管からしみ出した、体に必要な組織液を、リンパ液として回収し、ふたたび静脈に戻す役目をしていますが、このリンパ管の働きが鈍いと、組織液が回収されずに細胞内にたまり、むくみが生じ、それが慢性化することで「水太り」になるのです。

また、「水太り」といわれる人の中には、代謝機能が低く、体重が減りにくく、脂肪が燃焼しにくい傾向の人がいます。

そのような人は、あせらずに血行促進や発汗につながる運動などをして、新陳代謝のいい体質に改善していくことから始めましょう。

また冷たい飲み物や薄着も、体を冷やし、代謝機能が低下しますので、避けましょう。

塩分や糖分の摂り過ぎも、血液の水分を増やす原因になりますから注意して、薄味に心がけましょうグッド!


ではパー megane*



国立駅前カイロプラクティック整体院


フェイスブックはじめました♪




Twitterブログパーツ

骨盤矯正のことなら国立駅前カイロプラクティック整体院



Twitterボタン
AD

『塩風呂』

テーマ:
最近お昼は暑いのですが、夜は意外に冷えて寒いですね。

今週は寒暖差もあり、腰を痛める患者様がとても多かったです。

夜お身体を冷やさなくてオススメなのが”塩風呂”です。

粗塩などミネラル多く含んだものを一つまみ(50グラムほど)

をお風呂に入れて入ると、保温効果がとても高くなり

夜寝冷えをして、朝方腰を痛める事も防止できます。


肌のシミ

テーマ:
肌のシミの原因にはいくつかあります。


よく知られているのが紫外線ですが、その他にも加齢やストレス・睡眠不足、肌の炎症・肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの異常などがあります。

出来てしまったシミはあきらめないで、正しいケアをすれば、薄く目立たなくすることもできるそうです。

基本的には肌にやさしい生活が理想です。
乾燥肌や紫外線は肌に負担となりシミを増やす要因です。

それから、ビタミンCには、メラニン色素を抑える効果があり、シミを防ぐとともに、できてしまったシミを薄くしてくれます。


シミのできにくい肌を作るために、ビタミンCを体内から吸収することも大切ですが、

ビタミンCは必要量を食事のみで摂取するのは難しいので、良質の栄養補助剤などで補うのもいい方法です。


先日、ビタミンCを肌から取り入れてくれる化粧水を見つけたので、早速注文してみました。


結果がでたら報告しますね(^ ^)