『頚性神経筋症候群』

テーマ:
首、肩の凝りや痛み、不眠、疲労感、耳鳴り、
眩暈、頭痛、気分の落ち込みなどの
症状が現れることがあり、自律神経失調症の症状と似ています。

頚性神経筋症候群は自律神経失調症の誘因の
ひとつであると考えられています

自律神経の乱れによって、様々な不定愁訴が生じますが
病院の検査では異常は見つからず、
根本的な原因がわからず治療を続けて
首のコリが原因で生じるうつ病
「頸筋症うつ」を発症する事もあります。

首肩のコリも甘くみずにしっかりケアしましょうね。


つらい首肩の悩みに国立駅前カイロプラクティック整体院
AD

口の中の味

テーマ:
口の中の味

何も食べたり飲んだりしていないのに
口の中や舌にすっぱい、苦い、しょっぱい、鉄や血味などを感じる
そんな時は何か身体の不調のサインかもしれません。

口の中がすっぱい
胃潰瘍、腸炎、胃炎が心配です。
ストレスや食生活に気を付けて。

口の中がしょっぱい
口の中がしょっぱい場合、まず疑われるのは
舌に付着した食べ物や汚れです。
舌を綺麗にしましょう。

口の中が苦い
口の中が苦いと感じる場合、風邪や炎症などで
体の熱が高くなっている可能性があります。
ストレスや自立神経失調症が心配です。

口の中で鉄の味、血の味がする
運動をした後等に鉄や血の味を感じる場合があります
激しい運動をする事で筋肉が破壊され、
血液中にミオグロビンという物質が溶け込みます。
ミオグロビンは赤血球のヘモグロビンに
非常に良く似たもので、同じく鉄イオンを含んでいる為、
濃度が高まれば唾液にも含まれるようになるでしょう。
ほかには銀歯や金歯の影響で金属の味がする場合もあります。

気になる方は一度病院で診てもらいましょう。

健康第一国立駅前カイロプラクティック整体院
AD

腸内環境

テーマ:
暑さが少し戻ってきましたが冷たい物を食べてお腹を下したり

していませんか?

大腸に暮らしている腸内細菌はビフィズス菌などの善玉菌と

ウエルシュ菌などの悪玉菌に分類されますが、

それぞれに住みやすい環境があります。

悪玉菌は酸性下では増えずらいので、

腸内は酸性であることが望ましいです。

ちなみに腸内が酸性であるほど便の色は黄色に、

アルカリ性であるほど黒っぽくなります。

今一度、腸内環境を整えていきたいですね。


AD

台風と身体の関係

テーマ:
こんにちは!

今日は台風が関東に近づきお昼ごろにはピークになる様です。
こんなとき特に体調を崩す方いらっしやいますね~

よく言われる気圧と身体の関係がその主な原因です。

その一つに酸素の量が関係します。

良く晴れた天気のいいい高気圧の場合は下降気流が起こり
地面近くに酸素量が多くなるので、交感神経が活性化されやすくなります。

低気圧の場合は上昇気流が起こり地表の酸素が通常より若干少なくなるため、
副交感神経が働きリラックス状態になりやすくなります。
この変化が自律神経の乱れに影響してしまいます。

また、圧力の低下も関係します。

人間はある程度の圧力を外から受けています、低気圧の場合はその状態から
低くなるという事で、通常の状態よりも外からの圧力が弱まるという事です。
そのため、内側から外側に向けた力が強まるので、身体が膨張し、
血管や細胞が膨張し、むくみや頭痛、怠惰感、痛みなどが引きおこされやすくなります。

人間の身体は適度な圧力を受ける事で人体の構造上安定感が増し、
血液やリンパなどの体内水分の流れも安定させます。
つまり、外圧が弱まる事で身体が膨張し、身体の生理現象に変化が起こってしまいます。

また台風の場合その気圧の変化が急激で、特に身体に不調を感じやすいでしょう!

こまっちゃいますね~!!
頭痛でお悩みなら国立駅前カイロプラクティック整体院




へぎ蕎麦

テーマ:
先日、お盆前に新潟魚沼の実家に帰省してきました。


毎年帰省するたびに食べているへぎ蕎麦蕎麦


{AAC8A7C3-6DCE-44AA-9F16-396EAF1FFE3B}

今年も美味しくいただきました。

へぎ蕎麦は、繋ぎに布海苔(ふのり)を使っているのですが、この布海苔には栄養素がたくさん含まれているそうです。


ビタミンならばビタミンA・ビタミンB群・ビタミンCなど、

 

ミネラル類ならばリン・鉄分・カルシウム・マグネシウム・カリウムなどがあります。


他にはヨウ素、疲労回復効果があるとされているタウリンなども含まれています。


さらに整腸作用や血液をキレイにする作用を持つ食物繊維も豊富です。


美味しく食べて健康になれば、こんなにいいことはないですね。







疲れでお悩みなら国立駅前カイロプラクティック整体院