Feel the Vibes Yogi的人生の旅

アスレティックトレーナーでありA-Yoga主宰者
身体を動かすことで人生を豊かにする道の追求ダイアリー

ラブラブA-Yoga Mind and Body Movement Therapyの実践と研究のスペース、Kyoto MBM Labo が無事に2年目を迎えました! これからも様々な取り組みをして、身体を動かして健康で幸せな人生のお手伝いをしていきます音譜

Kyoto MBM Labo予約サイト


子どもから年配の方まで

健常者も発達障害のお子さんも、身体に痛みを抱えている方も、アスリートも!

パーソナルセッション、グループレッスン、様々な講習を開催しています!


ベル Kyoto MBM Labo FB page


A-Yogaの目的(ビジョン


「動作教育を通した人間形成を通して、関わる全ての皆さんが自分らしい人生をおくるお手伝いをする」です。

その目的を達成するために、体の構造、動作について、インストラクターとしての在り方、考え方などを様々な角度から体験していく講義&実技6回+1回の確認作業(全7回)となります。

認定後は、その目的に向かって進むために、常に新しい情報も復習も含めて、様々な形でお勉強を継続して、認定の更新をしていくシステムになっています。


A-Yogaの詳細は、トータルらいふけあホームページをご覧ください


右矢印 トータルらいふけあ ホームページ




1 A-Yoga認定インストラクター ベーシックコース養成講習


音譜 2016年 浜松・名古屋養成 2016年5月開始


A-Yoga浜松・名古屋養成 2016





A-Yoga認定インストラクター指導 ホットヨガ施設


星  Attain Yoga Studio

女性専用レッスン、男女レッスンのあるスタジオ

京都、甲南山手、鶴ヶ丘、宝塚

 

星 女性専用スタジオ

彦根


お月様 A-Yoga認定インストラクターが指導するホットヨガスタジオ

スタジオAs  (全5店舗)

倉敷、東大阪、高槻、姫路、センター南(横浜)


山本邦子著書リスト

音譜好評発売中音譜


2015年11月2日 発売
「トップアスリートだけが知っている「正しい」体のつくり方~パフォーマンスを向上させる呼吸・感覚・気づきの力~」(扶桑社新書)


image


無理なく美しくやせる 40代からのシンプルヨガ (ワニブックスプラス)

(DVD 1時間分付き) 1600円 +税


$Feel the Vibes   Yogi的人生の旅


「アスリート新化論」(扶桑社)(2006)


Feel the Vibes   Yogi的人生の旅


電子書籍で発売中!

正しい身体の認識、動作がアスリートのパフォーマンスを変える、そんな気持ちをこめて書き上げました。

筋力重視、ウエイト重視から、自己観察(アウェアネス)重視のアスリート、トレーナーが増えますように。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

「なぜヨガをやる女性はすっぴんでも美しいのか?」

(ワニブックスプラス)(2009)


Feel the Vibes   Yogi的人生の旅         

自分の体を知ることで内面から美しさは生まれる。

そんなメッセージをこめて書きました。(新書)

森本貴義著書リスト


一流の思考法(ソフトバンク出版)(2009)


Feel the Vibes   Yogi的人生の旅


長年のプロ野球、メジャーリーグトレーナー経験から成功する選手の共通点などをあげ、人生に反映させる思考法などについて書いています。学生にもとてもよい内容だと思います。(新書)

@@@@@@@@@@@@@


カラダXココロ改善計画(PHP出版)(2009)


Feel the Vibes   Yogi的人生の旅

カラダとココロはつながっている。そんな考えから、日常で感じる感情に対応するための簡単なエクササイズがまとめてあります。運動は嫌だけど、、、という人にもぴったりです。若人からお年寄りまで。子供と一緒にやっても楽しいと思います。(実用書)


プロフェッショナルの習慣力(ソフトバンク出版 2012年)


$Feel the Vibes   Yogi的人生の旅

一流のプロがなぜ一流でいられるのか?習慣、ルーティン、道つくりの大切さをわかりやすく書き綴りました。






テーマ:
今日のオレゴンも朝は曇っています。
午後からは晴れるのでしょうけど、、、

体を動かすことの意味。

きっと皆さんそれぞれの意味があると思います。

私にとっては、自分自身と向き合う、自分を知るということが体を動かす目的でもあります。

マインドフルネスという言葉は、最近では日本でもよく聞かれる言葉になってきました。

心をその場に置くこと

今この瞬間に自分の中で起こっていること、どんな感覚が起こっているのか、、、。

タイピングをしている、その私の指はどのようにキーボードを感じているのか?

左の小指は少し強くカンと当たる感じがあって、右の中指は広い面で柔らかくキーボードを感じている。

長い文章を打ち出すと呼吸が一瞬止まる

右の肘が少し体から離れて、左の肘はわき腹に近い位置にある

坐骨に感じる体の重さ、足の重さ、、、

背中越しに聞こえる外の音
背中越しでも左耳側からのほうが多くの音を感じている、、、

自分の内側の感覚と、自分の外で起こっていることから感じるもの

その両面にマインドを置くこと。

それの良しあしを判断するのではなく、そのものがそこにあるということだけを受け取ればいい。



{40EBFC58-B8B3-4E8B-851E-2D28CAC0041C}




先日のチームコーチングでも、
Praise (ほめる)
Approval(承認する)

の違いの話が出た。

ほめるのではなく、承認してあげること。

ほめると過剰になることがある。現実以上のことのように伝えてしまうことがある。ほめるとは基本ポジティブなフィードバックとなる。

承認するとは、それを受け入れてあげること。承認にはポジティブとネガティブのフィードバックの両方が存在する。

あなたの存在そのものをそのままに受け入れること。

そのうえで、今起こっていることを整理してより良い選択ができるように導いてあげること。そこのバランスが難しい。

私たちの体についても同じことだと思う。

まずは良しあし、できるできないではなく、なるほど今のあなたはそういう風に体が反応し受け取っているのね、、、と受け入れてあげること。それでもいいですよ、でもここはどう感じていますか?と、新しい選択肢を探すお手伝いをしてあげる。



{BE4ABDC7-88D8-415C-ACAE-974A5A5F7A9A}




今までの自分の感覚にずれがあった
今までの自分の選択が今の苦しい体を作ったのであれば、それを受け入れたうえで、新しい選択を探す旅に出る。

それこそが体を動かしながら学べる事。

多くの人が、自分の考え方は変えられないと思っている。
こうやって生きてきてこれが自分だから変わらないよ、、、と。

でも体を動かして、自分ができないと思っていたこと、わからないと思っていたこと、無理だと思っていたことに変化が起きたとき、新しい可能性をそこに感じたとき、人の心も動き出す。

体が心を動かす。



{A080488E-D480-4407-87CD-E1375E76657B}




私自身も時間ややらなければいけないことに振り回されがちなときほど、意識的に体と向き合うようにしている。

ゆっくりと時間をかけて前屈をしてみる。
そこで起こっている体の状態を感じてみる。

体の中心線を頭が通っているか?
途中で体が左に行く感じがしている、、、
背骨の動きが止まっている感じがある
体幹と頭のつながりが感じられない、、、

色々な発見がある。

それを直そうとするのではなく、それをそのまま感じてゆっくりと呼吸を繰り返し戻る。
ゆっくりとゆっくりと、時間にして2,3分。
そこで感じたことだけをただ受け取るだけ。

それだけで十分

私は新しい力をもらい、また歩き出せる。

皆さんの周りにはたくさんのエネルギーが満ちています。

それを感じられる素直な体でいられますように。


{9951E092-3195-463D-B9AE-6FB5EBB02A3A}




写真はすべてオレゴンのゴルフコース内で撮ったものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週の土、日、そして月曜日の3日間、シアトルにある日本食レストランMIYABIのリーダーミーティングがありました。

去年の12月に第一回目が開催され、それから半年。
色々なことが動き、そして整理され、それぞれがいろいろな思いをもって進んできた半年。

1回目のチームから数名のリーダーが外れ、新しく2名のリーダーが加わった。

コーチは株式会社リーチ、そして日本チームコーチング協会の理事でもある鴨井さん。



{9357956B-6D4D-4727-B3FD-AB0CE89BC9CB}




個人としてのコーチングの概念を、チームとしてどう活用し、チームとして結果を出す。
それにコミットしているコーチの皆さん。
その導きには蓄積された理論と経験があります。

私もそれを毎回勉強させていただいています。

8名のリーダーたち。
オーナー側から2名
キッチンから2名
寿司バーから1名
フロントスタッフから2名
そしてジェネラルマネージャー兼寿司・キッチン担当から1名の計8名



{19AAA46A-E832-4292-B3E4-AF880CEE18BF}




10年前に今のMiyabiの姿になってから、私もずっとこの店の歩んできた道を見てきました。家族的な仕事の環境から、お客様に支持され常に満席の店。スタッフも倍以上に増えています。そんな中で、よりよい仕事の環境、お客様へのサービスを提供するために、このチームコーチングが必要と思って取り入れてくれた。

仕事の前の午前中の4時間をリーダーたちは向き合いました。
チームコーチングの後、鴨井さんと私はリーダーの個人セッション。
ランチをとる時間もなく、朝から夕方までミーティングルームでみんなと向き合い。
鴨井さんがどのようにみんなの話を聞き、どう反応するのか。
通訳をしながらそれをずっと見ていました。
私であればここで言っていること、、、それを頭の中で自分の声を聞きながら、鴨井さんの声を聴き、、、。自分の声の何が余分で、何が必要なのか、、、を振り返り整理し、、、。

土曜の夜は久しぶりにCedarbrook Hotelのレストランへ
ここは大好き(写真が窓越しですいません、、、)



{2295BECF-B92A-4BD9-99A0-9B701F2C6A50}



少しの休息、、、、

そして再びミーティングへ
自分たちの現状をどう見るのか。



{0E765CC3-08C1-4632-BA9C-DDCBFBAB2798}



目標や夢があっても、今の現状がわからなければどうすることもできない。

出発点はどこなのか?
そして目的地はどこなのか?

その目的地に着くためには、どんなことが大切なのか?
それらの整理こそがこのミーティングの大きなポイント。

その間に自分たちの覚悟を決めていく、、、のだと思う。

最初から覚悟ができている人は意外に少ない。

というか、ほとんどいないのかもしれない。

何かをやりたいと決める。
何かを手に入れたいと思う。

決めている、思っている、、、
でもそれをやりきる覚悟があるとは限らない。

それを常に感じる。
今までの現状を作っていた自分の習慣を終わらせて、ここに向かうために新しい行動を始めるんだ!と決めきれるか。

2日目にはそれぞれの言葉が変わってきた。
自分の思いを伝えながら、そこに少しずつ覚悟が見え始める。



{F552BFAD-F56E-4676-98E4-B88BFC000FD7}




個人セッションを通して感じた事。
みんな本当にこのレストランが好きだということ。
本当にオーナーの比佐さんとマサさんを大切に思っていること。

そのみんなの気持ちに胸が熱くなった。
そしてその二人のために、そして自分たちのためにもここでリーダーとして自分が立ち上がるんだ、、、という気持ちを作り上げていったこの3日間。




{8B7742C8-5764-4780-BEFB-C633CDFB9F09}




今回通訳としてお手伝いさせてもらい、全員が英語が主の言語ではない。
タイ、フィリピン、グアテマラ、日本。
こういったバックグラウンドの彼ら。
スタッフ全員となると、もっといろいろなバックグランドを持つ。

コミュニケーションという部分では、共通言語がしっかりと話せないというのは本当に難しさとなり得る。

でもそれを超えられるものが人にはある。

得意な人が動き、みんながそれをサポートする。
そんな自然な流れ。
年齢も、肩書も、経験年数も関係ない。
みんなが平等に尊重されること。



{701B1831-8252-460E-AE09-8690380CFE94}



考えて、考えて、わからなくなって、、、考える



{CA726F45-1264-45BB-BC0B-5F1BD8D9780E}



以前であれば、誰かに、、、誰かが、、、という様子が見え隠れしていたけど、今回は最後まで一人一人が自分が当事者として、自分が主体として居続けることができた。それはすごい成長。

これはどうなの?
こっちは?

相手を受け入れ、そしてそこから生まれるものを伝える。
ある瞬間、みんなの気持ちが一つになる。



{4FF3F52D-EABA-433A-A0ED-91A90111D0C3}



リーダーたちの3日間の成果を3日目の午後からはスタッフ全員に伝える。



{87135C86-6FF4-426A-B1DA-7271FB4625C7}



リーダーの一人が前に出て伝える。

残りのリーダーはスタッフで理解が難しそうな人の側で自然とサポートをしている。
自然とそういう姿が出てくる。

そこに自分の役割を受け入れた彼らの姿があった。



{6A169068-ADAC-46BF-9018-98E2FA4915CB}



僕はみんなと一緒に歩みを進めるんだ。
みんなの力になりたい、、、と。



{69F01A22-B701-4741-8AD3-50F0447B9D2C}



リーダーたちからの素直な言葉
自分たちが気が付いたこと。

今の現状を作り出して、みんなを迷わせてしまったのはリーダーである私たち。
本当にごめんなさい、、、
でも自分たちはこれからさらにここにいるみんな、そしてお客様のために、みんながこのお店を通して幸せになるために頑張っていくから、一緒に歩んでほしい。

その言葉がみんなに伝わった瞬間、バラバラしていた部屋の空気が、一瞬にしてまとまりをみせた。


{C0CC93A8-5742-429E-B546-F8BECAED2111}




みんなの目が同じ方向を見始めたその瞬間を感じれた。

12月と今回、この2回のチームコーチングの通訳を通して私もいろいろと学び、考えるきっかけをもらった。

通訳をしながら私の中にある言葉
自然と自分の力がみなぎる言葉がなんであるか、、、を。

あなた自身に変わる力がある
すべてはあなたの中に存在している

それは私自身が常に信じていること。

そのサポートが少しでもできたのであればうれしい。

そしてこれからの自分の道が少し拓けた気もする。
また新しいチャレンジへ。
3年後くらいにはそれが形になっていればと思う。

Miyabiチームを終了して私はすぐに、オレゴンへ。
藍チームに合流。

色々なチームとかかわりながら、そのチームに常に100%でいること。
どんなに離れていても、どこにいても、何があっても、100%にコミットする。
それだけは忘れないように。

チームコーチングの後も個人セッションをして、昨日、鴨井さんは無事に帰国の途についたと写真が送られてきた。


{6233F4E6-5DC9-4942-89BE-A269C705C3BC}




すっきりとした顔がきっとこの4日間が良い時間だったことを物語っている。
ありがとうございました

リーチは、トレーナー、インストラクター、人の体と心に接する人のために、SCMA(Successful Coaching Method for Athletes)のプログラムを提供しています。

コーチングとは理論であり技術であり経験である。

必ず知っておいたほうがいいこと。
これからの成功のために、ぜひ受講してください!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
数日前に書いて、そのあと時間がなく放置していたけど、、、

先日申し込みを始めました、A-Yoga for Trainers in Tokyoは20名の定員に達したそうです。今後はキャンセル待ちとさせていただきます。

今日のシアトルは朝からいい天気!

今日のトレーニングはこちらでした!
相変わらず15球くらいで飽きた私ですが、頑張って100球くらい打ちました。



{15286AB9-8AE8-40FD-8CB0-57604D2BECB4}




ダフリ気味だったショット(特に長いアイアン)
パーソナルアドバイザー(旦那様)に、「スタンスが少し広い」「ボールの左側を見てみれば」「右のかかとをもっと残す」といくつかヒントをもらい、それだったら極端にスイングしてやれ!と、足幅をこぶし一つくらいまで狭めて、右かかとを離さずにスイングしてゴルフ

と、ほんの数日前にこんな時間だったのか、、、と。

昨日からはチームコーチングの通訳のお手伝いが始まり、、、。

で、本題、、、

動きを通して、自分の体を知ること、その知識と経験を通して自分の人生の可能性を最大限にする。そしてそれは自分の周りの人の人生にも大きな可能性をもたらすと私は常に思っています。

アスレティックトレーナー(ATC)として、私の役割は予防という部分にある、、、と。

今現在は、半分くらいはすでに体と心のどこかに制限を感じていて、今の負のスパイラルからどうにか抜け出したい、、、という人たちをみさせていただいて。

一度そこに足を踏み入れてしまうとなかなか抜け出せないという状況をみてきている。

そういった方の多くが「もっと早く知っていれば、もっと早く出会っていれば、、、」という言葉をつぶやく。

だからこそ、そう思う人を少しでも減らすことが私の役割かなとも思っている。

今回シアトルにいる間に、2名の仲間にあった。

今、メジャーリーグサッカーサッカーのシアトルサウンダースでATCをしているあき君。
そして休暇でシアトルを通過した、バスケ寅。

彼らと話をしていて、現場は違えど、アプローチも違うだろうけど、この仲間たちが世の中でもっともっといろいろな人の役に立てる環境を作り上げていくことが大切とさらに強く思った。

ATCだけでなく、同じようなバックグラウンドを持ち、同じような志を持っている人たちがともに歩みを進めていくことで、きっと大きな流れができる。仲間を広げ、仲間を支えあう。

仕組みにとらわれない、仲間の活動、仲間の集合がいつしか仕組みを作り上げていく。
そんな流れがあっていいと思う。

私の役割は「つなげる」ということ。
情報と情報をつなげる
人と人をつなげる
人と情報をつなげる
組織と組織をつなげる
国と国をつなげる

色々なつなげ方はある

色々とつなげられることもある。

自分の役割は少しずつ変わりつつある。
そしてそれは私がずっと望んでいたことのような気がする。

今回チームコーチングの通訳のお手伝いをさせてもらって、自分が何に一番ワクワクするのか、それももう一度認識することができた。

どんな言葉が自分の中から自然に発せられるのかも感じることができた。

Naturalに、、、

考えることなく自分の奥底からまるで今までもそこにあったかのように湧き上がってくる言葉の数々。

私が本当に心から嬉しく楽しくワクワクすること。

今の仕事にも含まれているけれども、今の仕事そのものではないことも再確認。

さて、もう一度自分の在り方、ステージを作り上げていきましょう。

3年後くらいに、次のステージにいる自分であれるように。

さ、今日はチームコーチング2日目。
しっかりサポートしてきます!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のシアトルは午後からいい天気晴れ

さて、今年2月に京都、3月に福岡で開催させていただいた、「A-Yoga for Trainers」のセミナー。東京でもぜひ、、、という声はたくさんいただいていて、最近もちょこちょこいつですか?と知り合いから連絡をいただいて、日程はほぼ確定していたのですが、発表が今日になってしまいました、すいません。

以下、詳細となります。
2か所でさせていただき、7月11日には京都で受講した皆さんと勉強会をすることになっていますので、そこで感じたことをまた東京では修正してお届けできるかなと思います。

京都での講習の様子右矢印 A-Yoga for Trainers in Kyoto

日時 2016年10月1日(土)、2日(日)
時計 午前9時~午後5時頃の予定

場所 ヒューマンアカデミー東京校

東京都新宿区高田馬場2-14-17 
ヒューマン教育センター第2ビル
JR高田馬場駅 早稲田口より徒歩3分

受講人数 20名 (最低遂行人数12名)

以下、セミナーの内容です。

この講習の目的は

① 身体の可能性の最大限とは何かを考え見直してみる
② 感覚を使った動作教育ができることを学ぶ
③ 呼吸機能の最良な環境を引き出すためのヨガ的動作方法を学ぶ
④ 動作を通した健康とパフォーマンス安定の獲得方法の実践基礎を学ぶ

1A-Yoga for Trainersで学べること

① 中枢神経系の発達について
② 感覚を使った動作法の実践
③ 深部感覚に焦点をおいた身体の使い方(骨、関節へのアプローチ vs 筋肉へのアプローチ)
④ 呼吸の見方、導き方、コントロールの方法
⑤ ハンズオンでの動きの確認と誘導
⑥ トレーニングでの活用について

2主に焦点をあてる関節

足関節/手根骨、胸椎、頸椎、股関節/肩関節

3主に焦点をあてる感覚器など

前庭器官(平衡感覚)
眼(視覚)
深部感覚
呼吸器

このあたりを中心に2日間にまとめていきたいと思っています。(たぶん2日では納まりませんが、、、できるだけ広く深くいければと思います)

4受講について

対象者:アスリートに携わる人、人の身体の動きの向上に従事している人

注意受講者の条件:より実践的な内容と神経系の部分へのアプローチが中心になると思います。そのため基礎的な解剖や生理学の学びがあり、理解していることが必要となるため、以下の資格保持者を優先とさせていただきます。

私も日本に存在する全ての資格のバックグラウンドを理解しているわけではありませんので、リストにないもので自分はそれに値するものを持っていると思われる方は、お問い合わせください。個々に対応させていただきます。

資格:
NATA ATC
日体協AT
JATI
NSCA CSCS、またはそれに類似するもの
鍼灸、マッサージ、柔整などの国家資格保持者またはそれに準ずるもの
医療資格者(医師)
理学療法士
作業療法士
A-Yoga 認定インストラクター

* 私的機関・企業が認定しているパーソナルトレーナー資格は対象となりません。
* 質問がある方は個々にご相談ください

受講料
通常価格 税抜 50,000円 (税込 54,000円)
がま口財布 早割(7月15日までにお申し込み、入金の方)税抜 45,000円 (税込 48,600円)

お申し込み方法

手紙 ayoga.seminar@gmail.com に以下の内容をお送りください。

① お名前
② 保有資格
③ 現在の活動(対象者、活動場所)
④ 講座受講を決めた理由(皆さんがどんなことを望んでいらっしゃるかお聞きしたいのでもしよろしければお願いします)

以上の内容をメールでお送りください。セミナー事務局より振込先情報などを折り返しお送りさせていただきます。(メールの受信設定の確認をお願いします)

3日以上たっても返信がない場合、kunikoatc@hotmail.comまでご連絡ください。

ビックリマーク NSCA JapanのCEUプロバイダーの申請手続きはいたします。

皆さんの経験と知識を共有しながら、楽しく進めていきますクラッカー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月20日に文部科学省の管轄機関である、スポーツ庁において「大学スポーツの振興に関する検討会議(第3回目)」が開催されたと発表があった。

知り合いがその場に呼ばれていたため、新聞記事発表を送ってくれた。(iPhoneで写真撮影したので、画面大きくてすいません、、、)





{EFDB0098-D1AB-4582-8728-6AF95CD74A05}




これからの日本のスポーツの流れを変えることができる一つの動きなのかもしれない。

スポーツ庁ホームページ
(第二回会議のリンクには配布資料も載っています)

アメリカにおける大学スポーツはNCAAという大きな組織によって統括管理されている。
(第2回配布資料にあり)

アメリカの大学を離れて13年たつので、その当時とはだいぶ変わってはいると思うが、それでもアメリカの大学でアスリートをするということは、特にDivision 1というレベルでアスリートでいることは、とても高い人間としての在り方と学業の大切さを叩き込まれる。

アメリカのアスリートは、現役を引退した後、医師などの医療従事者、弁護士、会計士、会社社長、大学教授、起業家などと、世間一般でも高学歴高収入と思われているような職業に就く人が少なくない。

少なくとも私のかかわったアスリートたちにはそういう職についている人たちが多々いる。

スポーツを通して学べることはたくさんある。

ただ体を動かすだけではなく
チームワーク
リーダーシップ
タイムマネージメント
目標設定とそのプロセス
自己表現と他社受容
社会貢献
敗者の気持ち
勝者の気持ち
そしてビジネス的な側面(奨学金がどう生み出されているか、チームがどう運営されているか、、、少なくとも上級生になるとそういうことも知り始める)

列挙すればきりがないほど、様々なことを学ぶことができる。

日本には日本のやり方、在り方があると思う。
NCAAのやり方がそのまま日本に当てはまるとは到底思えない。
スポーツをビジネス、金儲けとだけ考えるのはとても了見が狭すぎると思う。

スポーツを通して社会に貢献できることはたくさんあることは確か。

スポーツにかかわるすべての人間が、組織や資格を超えて、共に歩みを進めることができることを願って。

東京オリンピック2020、そしてそのあとの日本の社会がスポーツを通してでよりよい国になることを願って。

それだけの力がスポーツにはあると信じて





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のシアトルは曇天くもり

昨日はあんなにいい天気だったのに。
でもこんな日も好きです(結局どんな天気晴れくもり雨雷雪でも好き!笑)

最近、FBやニュースではよく育児や子育て、子供の成育や幼児教育などについての記事を目にします。

実際に子育てをしている人たちの思い
仕事をしながら子供を育てる人たちの声
社会が発信しているメッセージ
現実として思っていること

そのギャップは常に起こり得ると思いますが、子育てがしにくい世の中になっている、、、これはよく聞かれる言葉なのかもしれません。

先日放映されたNHKスペシャル「キラーストレス~ストレスから脳を守れ」で、ストレスに強くなるか弱くなるかは「子供時代のストレス環境に依存する」という話がありました。

最近の研究によると
「子供時代にストレスの高い環境にあった場合、その子供が成人になった時の脳の状態を調べると、扁桃体が肥大化している」と言われています。

扁桃体はストレスを感じたときに反応するエリア。
その扁桃体が肥大化するということは、ストレス環境にいたときに、そのストレッサー(ストレスとなり得る要因)に対して過敏になってしまうということ。

つまり、子供時代をどう過ごしたか、どのような生育環境にいたかが、将来その人がストレスに対してどうコーピング(問題に対処する)するかと密接な関係を持っているということ。

体にストレスの少ない環境を!
体の成長にあった椅子の高さはとても大切。


{6008BB49-5C23-470D-9D06-F2FA6E9AA8CC}




子供にストレス?

そんな風に思うかもしれませんが、発達障害の子供たちをみていて(そして様々な子供たちと接して)、子供たちもストレスを抱えていることを実感しています。

呼吸を観察する
言葉を観察する
目の動きを見る
体を触って状態を感じる

これらを通して「今日はストレスが高い、、、」
「今日はだいぶストレスがない、、、」
ということはだいたい予測ができます。

それを一緒にレッスンに入ってくれているお母さんたちに「今日は~がこういう状態に感じるのですが、ここ最近何かストレスが高い環境にいましたか?」とお聞きすると、だいたいお母さんたちにも思い当たる節があります。

まずはそれに気づいているお母さんたちの観察力も素晴らしいと思いますし、そして同時にそれに気づいていることを子供に伝えてあげることも大切だと思っています。

子供たちは私たち大人が思う以上にいろいろとわかっています。

わかっていないと思わないで語り掛けること。
そうなのかなぁ、、、って伝えてみること。

そうすると子供は安心すると同時に、そこでそれに対する対処法を伝えることで、少しずつ自分なりにできることが増えてくる。

子供の体はとても素直です。
遊びとはいえ、自分の体が楽になることを選択します。

ストロー魚釣りを選ぶ子供
風船遊びを選ぶ子供
縄跳びを選ぶ子供
先生の体を触ることを選ぶ子供
自分の体を触ってという子供

その声をきいてその流れで少しずつレッスンを作っていくと、子供たちは落ち着きを取り戻す。

本当に不思議です。
人間の脳はなんて素直なんだろう、、、といつも思います。

大人は、、、その素直さがどんどん失われて苦しい体を抱えたまま、「体調がね、、、」「もうどうしようもないのよ、、、」なんて言葉ですませようとする。

もっと素直に自分の体を感じてみてください、、、って思うのですが、、、。

お母さんもお父さんもいつだって子供の味方でありたい。
ラボでの牛乳パックで椅子つくりの風景


{9C45045A-8D13-4B29-96DD-31A3F06ADAB4}



番組の中でもコーピング法を教えていました。

何かストレスと感じたことが起こった時に、どうすれば自分がそのストレスを緩和することができるのかをできるだけたくさん選択肢を持つこと。

ストレス多いわぁ~と思ったら、
カフェに行く
ドライブする
ブログを書く
寝る
おいしいものを食べに行く
何もしないと決める
テレビを好きなだけ見る
掃除をする
買い物に行く
散歩する
旅行の計画(行かないけど)をする、、、

なんでもいいのです。

もちろん体を動かすことも最良なコーピング方法。


{6FCEAA21-8754-4D9E-83C4-690EBE763FD6}



コーピング法の導入により、増大化した扁桃体が減少する傾向がみられたそうです。
それはコーピングを通して、認知するエリアである前頭葉の働きが高まり、扁桃体の負担を減少させることにより、扁桃体が減少、ストレスに対する敏感反応が緩和されるといわれています。

ストレスを避けることはできない。

でも子供も大人も、「だったらどうする?」という問いかけの元、そのストレッサーへの対処法を考えることはできる。

子供は本当に面白い
初めて会ったのに、みんなで女子トークをしている、笑
そこには常に笑顔がある。


{462E26EA-C4DB-4050-B2C6-6C965A774136}



あれもダメ
これもダメ

なんでそんなことするの!

それはきっととってもストレス。

特にまだ言葉もしっかりと操れない子供にとっては、なぜそんなこと言われるの?だと思う。

子供は興味のあること
そして自分が安全安心と思える場所に居つく

私たちのそれぞれの好きなこと!
満足顔!

{1E265D38-AAE8-46A2-9B87-243DE5B05FAA}



ルールは教える必要がある
でも私たち大人が思う以上に子供は心も体も自由

それを大人の了見で狭くしてはいけない、、、と常に思う。

子供時代の成育環境がその子供の未来を変えてしまうかもしれないのだから、、、。

Kyoto MBM Labo FB ページでは少しずつ進めてきた「子供」の心と体つくりをより発展させていけるように、準備をしています。


今も、ママをサポートするため
子供をサポートするためにレッスンをさせていただいています。
ぜひ時間を作って足を運んでいただければ嬉しいです。

色々なアプローチがあっていい。
こんなアプローチもあるよね、、、って思ってもらえるかなって思います。

Kyoto MBM Labo予約サイト

昨日の空
どうしてもこの雲が「DNAの螺旋」にしか見えない件、、、


{532AE38E-217D-4FF4-A064-AAB62BFFB065}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は満月ですね。

何かが満たされ形を成し、そして次に進むというタイミングでしょうか?
あんまり星座などについては詳しくないですけど、自然と自分の出来事と月のステージは関連している気がします。

今日は世の中は日曜日で父の日。
世の中のお父さん、いつもありがとうございます!

うちの父もおそらく相変わらず元気にゴルフゴルフにでも行っていることでしょう、、、。(母から留守電が入っていたが、娘から父の日に何もないからチェックだったのか?笑)

さて、今日はブランチに出かけてきました。




{54B28824-7BEB-490C-A735-5649AD31CC67}




若手有望ATCのあき君と音譜

彼との会話を通して、いろいろと思うことがありました。

そこで浮かんだ言葉が

「視野を広げる、心を広げる、でもエリアを絞る」ということ

「そんなに時間ってないと思うんですよ。」という彼の何気なく発した言葉にハッとした自分。

わかってはいるけど、でもどこかで時間を絞り出せる、、、なんていう気持ちもなくはない。

もちろんそれによる代償は様々。

ここ2年ほど、いろいろなことを整理している。
広げに広がったものを、どんどん絞り込んでいる。

着地点は、、、わからない。

でも自分が心から楽しめないものをやらないことは昔から決めていたけど、ますますそこを徹底して、かつ本当に自分が心から居場所として感じれるものだけを残して、後はそっと扉を閉める準備をしている。

今やっていることはすべて楽しんでいる。
それが私の決め事だから。
何であっても自分で決めたことだから楽しむ!

でも楽しめるように方法を見つけなくても、楽しくてしょうがないものがある。

きっとそこに向かってただ歩みを進めればいいのだろうな、、、と思う。

そのためには、もう少し違う勉強が必要になる。
そのためには、もう少し自分の時間の使い方を考える必要がある。
そのためには、もう少し意識的に自分の在り方を変えていく必要がある。

そういう答えに至った今日でした。

あき君ありがとう!

皆さんの今はどんなもので満たされていますか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のシアトルは朝から雨、曇天の繰り返し。

ベッドからなかなかでれなくて、8時30分過ぎにのそのそ。
デスクに向かいはじめ、すでに4か所場所を転々としながら午後4時。

間に少し昼寝して、、、
リビングから見える景色をぼんやり見ながらまたPCに向かう。

{0D5923F5-5CD5-4A81-91D2-BAA106D3EF11}



自分を追い込むもの

自分を苦しめるもの

そんな言葉が浮かぶ

私にとって
「追い込む」はポジティブなイメージ

「苦しめる」は少しネガティブなイメージ

そしてそのどちらも自分がもたらしているものという印象がある。

時に私は自分を追い込むために何かを公言することがある。

「~やるから!」と言ったとき、まったく具体的な計画もないけど、やると決めたからやると自分のモードにする。

自分の言葉に責任を持つこと

ただそれを思いそれが達成できるように考え過ごす。

同じ何かを行うにしても、それが自分を苦しめている、、、と思うこともあるのかもしれない。

私の中に「苦しい、、、」と思うことはあまりないけど(相手の思いがあまりにもわからなくて苦しく思うことはあるかもしれないけど)、自分の取り組みにおいて「苦しさ」を味わったことはあまりない(と、思っている。よく忘れるので、、、)。

追い込みと苦しみ

もちろん同じ類の言葉ではないのかもしれないけど、一つ思ったのはこれが自分の選択だと思い決断できているのであれば、何があっても「苦しい」という表現にはなりにくいのでは、、、と。

どこかで「やらなければならなかった」
どこかで「やらされている感がある」

つまり自分の選択と受け取れていない場合、
そうすると「苦しい」になるのかなぁ、、、と。

もちろん「厳しいねぇ、、、」と思うことはある。

「この状況は厳しいねぇ~。思ったより難題だ、、、」と。

でもそんなときでも常に次の一手を考える。

今、自分に見えていない、今私にはわかっていないことは何か?
かならず突破口があるはず、、、と。

どうすればいいのか、、、
どう選択し決断し行動するのか

日々常にその繰り返し。

それは時には孤独なプロセス。

でもきっと孤独な時間が自分を教えてくれるのだと思う。

カニカニ頑張りまーす!(星座はしし座でございます!)
(アサリに入っていた小さなカニ君)

{F9ABD682-3AD8-4067-93CB-D5925449C7BB}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のシアトルも最高にいい天気です!
午後からマーケットに行きながら、合間に留学中の学生さんとお話をすることになっているので、今朝は朝から再び机に向かっています。

{82211A7C-3B5C-4609-A745-3F40612ABEDC}




今日のお仕事は、養成テキストのアップグレード。
認定者のみなさん、すいません、再びテキストがマイナーチェンジします、、、。
ベーシック養成にしては情報の難易度があがってしまうのですが、でもいますぐ理解できなくても情報として持っていてもらいたいものすべて突っ込みます、、、したがって、さらに分厚くなります、、。(今まではステップ1はパワポでスライド206枚+資料があったけど、スライドだけで250枚くらいいきそうです、、、すいません。)

「あなたがあなたであるために」

自分が誰だかわからなくなった、、、

そんな経験を皆さんしたことありますか?

私は19歳でアメリカに留学した時、そのような経験をしました。

でも考えてみると、私は10歳の時に兄を亡くした時に「私とはどういう存在なのか、、、」を考えた気がします。そこで10歳の私が出した答えは「私は私で誰の人生を生きるのではない。誰の助けももらわずに、自分一人で自分の足で生きていく」ということだった気がします。

今ではそれはちょっと違うな、、、というところもありますが(自分一人では生きていけない)、でも根底にはその時に自分の中で感じたものが流れている気がします。だからこそ今がある、、、とも。その機会をくれた今は亡き兄には感謝ですね。

19歳で留学をしたとき、10歳の私が思い、日本で18歳まで積み上げてきたものがすべて崩れた気がしました。

コミュニケーションツール(日本語から英語に)が変わった途端、私は自己表現法を失いました。思っていることを伝えられないという状況に至って、いつもリーダー格でいた私が、とたんに誰かの後ろに隠れ、誰かに導かれ、自分がどう振る舞えばいいのかをじっと観察し、この人なら間違いない、、、と思う知り合いの後をついていくような、そんな日々がそこにはあった。

この話は以前にブログで少し書いたことがある。


{D0468921-09CE-487D-B49C-48029A5E1E1E}


アスレティックトレーナーとして学生として働き始めて。いろいろなことを体験し。
こんな私でも常に探して慕ってきてくれる選手やコーチがいた。
私を信頼してくれるボスがいた。

いろいろな場面を通して、
「あなたはどうなの?」という問いかけをたくさんしてもらった気がする。

アメリカでの最初の10年で、自分という人間をもう一度見直した気がする。

自分が思っていた自分とは違う、本質としては今見せている、今自分がふるまっている自分とは違う自分がいることに気が付いた。自分の本質をそのまま素直に出せていない自分がいた。というか、自分の本質を本当に理解はできていなかったのだと思う。

それはそこまで生きていくうえで、自分がそうしなければきっと日々を乗り越えられなかった気がしていたから作り上げてきたものもあると思う。でも本当は苦しかったのだと思う。

高校生の時、私は日々頭痛に悩まされていた。

いろんな検査をして、いろいろな薬を試して、、、でも全然よくならなかった。
今思えば精神的な部分、自分の本質とは違う生き方を強いていたからな気がする。
子供なりに、高校生なりに思っていた自分は、「自分がそうしなくてはいけない」と思っていた自分と、「相手の思い通りにならないぞ」という気持ちの自分と、、、そういった葛藤から出来上がっていて、それは私自身を本当は苦しめていたのだろうな、、、と。

頭痛は勝手に治っていった、、、

大学に入って、親元離れて(実際には実家暮らしだったけど、、、)、18歳の私は家に帰らず友達と夜遊びずっとして、時々バイト行って、適当に勉強しているうちに、あっという間になくなった、笑。


{841CBA78-A35E-4B42-9B33-E82F3C305ED6}



そんないろいろを経験してきた私。

一人でやっていくよ
一人でいいさ、、、っていう自分もいる。

自分が攻撃されることや傷つけられることには何の怖さも感じない。
私はどんなことでも乗り切れるという変な自信があるから。

でも自分の仲間や自分の親しい人が誰かに傷つけられたり、不誠実なことをされることは本当に嫌い。変な正義感がでて、ついしゃしゃり出てしまう。

いつの日か、それが自分の中にあること、そして道義的、、、という部分に非常に強い思いがあることに気が付いた。



{F27359AE-D722-46E7-8446-4F9D1477905A}



どうあるか

正しさは色々だけど、その環境にあった正しさは大切にしたい。
社会の中でのルール、組織の中での倫理や道義は大事である、、、と。

色々な角度から自分をみて

色々な角度から自分を感じて

そして何よりも、自分の身近な人に私はどう映っているのか、、、

そして身近でない他人に私はどう映っているのか、、、

意外性なんて言葉もあるが、私という人に意外性はいらないかな、、、って。

どこにいても誰といても何をしていても

私という本質の元、私は私のままで生きられることが一番ではないかな、、、って。

「あなたがあなたであるために」

今、あなたが思うことは何ですか?

昨日は友達の子供たちと一緒にフィールドトリップ



{AE002391-A2E5-490B-AF4D-756DF3928410}




寝る図


{843633AE-22A1-41AD-BE15-D396BFD1373D}



なんで花を持っているのか、なんで玄関なのか?
それは子供たちに聞いてください、笑


ラベンダーフィールド


{62D659B1-27BD-4DA0-BBB7-40833A084A26}



世界は広いよ!

外へ飛び出そう!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のシアトルもいい天気。

 
{BBBB9D15-4B66-4AC0-8C22-082B2BA6D150}




朝から少し体を動かしてから、机に向かっています。



{7B8F27D2-D339-4E70-8A2F-70F2375060D4}



実は机大好き!

書斎にこもって本に囲まれている時間が一番好き!

現場に出ているアスレティックトレーナーとしてはあまりいい発言ではないかもしれないけど、実はこのほうが私にはあっている、、、と常に思います目

現場での発見もたくさんあるけど、本や考えることから見えてくるもの、広がる世界がたくさんある。その楽しさは私にとってはやはり格別なのだと思います。そしてそれは結構エネルギーを使う。仕事に忙殺され、十分な休息が取れていないとなかなか書斎にこもる気持ちにもならない、、、。だから書斎に入れる時間が減ると、私の生活はすさんでいる証拠、、、苦笑

2日続けて、別の知り合いの体を見させていただきました。
昨日はずっと知り合いだったけど、初めてきちんと体を見させていただいた方。

90分ほど体を見させてもらい、そのあと2時間近くお話をして、、、。

伝える側の私としての姿勢を常に感じていた時間だった。

どう伝えるのか
何を伝えるのか、、、、

というよりも、

何を問いかけ
どこで問いかけ
その人にどんな景色を見てもらえるのか、、、

その人自身が自分のこれまで、そして今に気づくきっかけとなる問いかけは何か、、、と。

会話の中で自分のフラストレーションがあがる瞬間に気が付く。
で、「おい、だめだぞ、、、グー」と自分に言い聞かせ、自分を引き戻す。

自分の視点から相手を見ないこと、、、

私だったら、、、をどれだけ消すことができるか、、、

私だったらわかっているならやるのに、、、
私だったら
私だったら

それをどれだけ封じ込むことができるか。

そんなことを感じながらの会話。

おそらく今までの人生でこんな風に問いかけられたことがなかったであろうその人。

自分で言葉を探しながら、私の問いかけや私が返すその人の言葉の繰り返しを聞きながら、また一生懸命に話をしてくれる。

会話とは嗅覚なのかもしれない、、、といつも思う。

「今ここに宝が埋まっている、、、」と感じたときに、それをつかみに行けるか、、、。

相手の心に少し隙間ができた瞬間に、必要なものをぽーんと投げてあげることができるか、、、。

できるだけ自分という主観を入れずに、、、

本当に難しい。

人の体を見るうえで、私は常にその人との会話を感じている。

この人の今の体を作った思考はどんな思考なのか、、、を。

心と体を根本から整えるためには、思考の整理は絶対に必要、、、と思う。

すべては「その人が最後の最後まで自分の足で自分の人生を歩めるために、、、」そんな思いは自分のエゴなのかな、、、とも思いつつ。

歩みを進めている、、、。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。