マナりんごのHello☆海日記

いつまでたっても、クルクル回れないアラ40独身ボディーボーダー☆
それでも、日々強く生きています(笑)

NEW !
テーマ:
梅雨らしく、波が小さい宮崎です。


そう、チーム小波のワタクシにはぴったりですw






さて、昨日は友達○ッシーと飲み。




最近、酒を止めていたのもあったし。




久々に行きたい居酒屋へ行こうと計画。



せっかく夏だし。暑いしwで、浴衣を着ようとワタクシが提案。




○ッシーは、



「子供ん時しか浴衣なんて着たことないで。」



とのこと。○ッシーのように小柄で華奢な人は絶対浴衣似合うーと思ったし、ちょうどワタクシが対丈でパジャマ代わりになるかなーって買った浴衣があるので、




「ワタクシが着付けしてあげるから、着ようよー」と、ほぼ強制的にw⬅しかも、人に着付けなんてしたことないのにw




そして。ジャン😚






○ッシー







ワタクシ








○ッシー





ワタクシ






○ッシー。






ワタクシ。



○ッシー。






ワタクシ





ワタクシ






ワタクシ。







アジフライw






・・・・・・ちゃんとブログ書く気ないんかーい(゜o゜)\(-_-)




普段着ない浴衣に、○ッシーも嬉しそう。


実は○ッシーの浴衣とワタクシの浴衣の柄は両方蝶々。



微妙に双子コーデw



さて、お気に入りの居酒屋へgo。




いつも混んでいるお店なので、開店時間ぴったりに行ってやる。


「この時間やったら、入れるやろー。あ、本日貸し切りですーってパターンやったら入られへんなあーw」



と、お店に到着。





そろそろーと扉を開けると・・・・・




「すいません、今日貸し切りなんですよ。」




「ええええええええええええー😭」






結局、行ったことのない居酒屋へ。





おばちゃんも女の子も愛想が悪い。




まあ、でも肉断ちしているワタクシにはぴったりの海鮮居酒屋。



穴子の天ぷら






ちゃんと、ポテトをカットして揚げているポテトフライ。


う、旨い。





とにかく揚げ方が美味しいのだ。



サックリ揚がっているのに、中はフワフワ。




全然くどくないので、食べまくれるw






「あの店、貸し切りであかんかったけど、こっちの店が美味しかったから、良かったわー」

と満喫したワタクシ達なのでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は久々に海へ。







波はイマイチでしたが、こんな素敵なダブルレインボーの下でサーフィンは気持ちのいいものです。



さて、山口トリップ(帰省とも言う)。




次の日は午前中、ふだん重たいものの買い物に苦労している両親のために、米や土(ガーデニングが趣味)や油等々。重たいものをごっそり買い込んだ後





友人宅へ。









ま、この画像は使い回しですがwこの日もよく晴れていたので、きっと美しく撮れたに違いありません。







一応うねりがあるかと、海に波チェックに行きましたが、本当にうねりだけw







子供たちが波打ち際で楽しむ姿を見て、近くなのに行ったことのない棚田へ。




観光用パンフの夕日に沈む棚田の向こうに漁火と、幻想的な光景だったのだけど。





現実はこれ。









うーん😔普通の田んぼw



そのあとは友人との待ち合わせがあったので、ここへ行くのはあきらめて、友人宅へ。














帰省すると必ずお泊まりして、夜飲みにいくSちゃんと、北斗の店へ。(ママさんが北斗○に似てる)


素朴な料理ばかりなんだけど、全部美味しいからお気に入りやったんだけど、大将が今年に入って亡くなったとのこと。



ママさんと女の人2人で切り盛りしていた。





「ごめんねー、こんなもんしか無くて」




椅子に座るとどんどん食べ物が出てくる。



その料理がなかなか美味しいしボリューミー。


ママさんも元気そうな笑顔で嬉しい。



たくさんの食べ物があるのに、隣のお兄さんが、食べてくださいと海老とお魚を分けてくれたり。




少し離れた、山口シニアがビールをごちそうしてくれる。







(食べさしw)



やっぱりババア二人でも、浴衣効果は高い。









これはもう、2軒目なので、着崩れまくりですがw




帯をちゃんと直して撮影すればよかったw





二人ともなぜか、こういうベタな浴衣を着たい気分だった。





やはり、長距離運転のツケなのか、強烈な睡魔に襲われ、山口ナイトは終了。








今回も楽しい山口帰省の旅でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
やはり、年々長距離運転がキツくなって来ました。

大阪にいる頃は、毎週波乗りのための長距離運転は当たり前で。



大概一人で片道数時間を運転していたので、何とも思わなかったのが。




今は2時間運転するとダウンですw



さて、そんな辛い長距離運転を7時間弱して、実家へ。



今回は幼なじみが、ワタクシの帰省に合わせて、お休みを取ってくれた😍



いつも、カラオケ好きな彼女とはいつもカラオケばかりに行くのだけど、今回はなぜか、




「ねえ、サファリとか行かない?動物に触れあって癒されたい。」



と、彼女。(サファリで、触れあえる動物は少ないと思うがw触れあった時点で、餌になるに決まってるw)


「癒されたいなら、水辺でアクティビティしようよ。ラフティングとか良くない?」




と、提案。ここ数年まともな運動をしたことないという彼女が、意を決して水遊びに挑む。








岩国市錦町にある、ラフティングができるショップ。なんと、中国地方では1軒だけらしいw


水の増え具合をみて、ラフティングではなくダッキーをすることに。



みなさんよくご存じなのが、ラフティング。







8人乗りのゴムボートに乗ってやるやつ。基本ガイドが同乗する。




でも、ワタクシ達の乗ったのは二人乗りのダッキー。




そう、全部自分達の運転なのだ。




「えー、私全然自信ないっちゃ(山口弁)」



と、友人R


「ボートなんてほとんど乗ったことないし。」




確かに、SUPやシーカヤックの経験のあるワタクシよりは不慣れかもしれないが、子供の頃は毎日のように海に行き、知り合いだと言うことで、海水浴場のボートをただで借りて、一緒に乗っていたし。



中学生の時は、学校行事で、カッターに乗って無人島往復もした(いや、させられたw)ので、オール捌きに関して、全くの素人ではない。





ガイドのけんちゃんに。




「僕はゴールに車を置いてくるので、それまで二人でここで練習してください。」


と二人きりに。




やっぱり、予想通り彼女のオールさばきはなかなかのもので、すぐに思うようにボートが進むようになった。



そして、いざダッキーへ。









風も気候も気持ちよく、快適な川の旅。

前日雨が降ったにも関わらず、透明度の高い清流錦川。


鳥の声やカジカの声で癒される。






あれだけ不安がっていたRも、すっかり癒された様子。



そのあとは、せっかく岩国に来たので、有名どころを巡る旅。




まずは山賊。










そのあとはー、もちろんここ。






山口の山奥の小さな酒蔵というコピーだが、なんのなんの。




田舎に不似合いな、ドデカイ近代的な工場や倉庫がある。





そして、お土産購入。









この、手前にある獺祭のシャーベットが美味しかった。もちろんノンアルコール。



ワタクシ、酒は好きやけど、酒粕はあんまり好きではないので、最初の一口二口は


「うわー、酒粕臭い」



といっていたのだけど、食べ進めるうちにまろやかな味と香りに変わって、とても美味しい。



お土産に購入した、獺祭スパークリングは、必ず要冷蔵と書いてあり、店の人が


「お持ち帰りまで、どのくらいですか?」

「温泉に寄るので、だいたい4時間か5時間かと。」




と、言ったにも関わらず、着けて保冷剤は小さいのが1個😢





これが、会社を大きくする秘訣かw



そして、そのあとは。




修学旅行以来の裸の付き合いw





こんなにゆっくりRと遊んだのは久しぶり。





Rもリフレッシュ出来たようで。





久しぶりにゆっくり楽しめた山口なのでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。