ローンサバイバー

テーマ:

 

 

監督    ピーター・バーグ
脚本    ピーター・バーグ
原作    マーカス・ラトレル,パトリック・ロビンソン
製作    ピーター・バーグ,サラ・オーブリー
ランドール・エメット,ノートン・ヘリック
バリー・スパイキングス,マーク・ウォールバーグ
アキヴァ・ゴールズマン,ヴィタリー・グレゴリアンツ
製作総指揮    ジョージ・ファーラ
出演者    マーク・ウォールバーグ,テイラー・キッチュ
エミール・ハーシュ,ベン・フォスター
エリック・バナ

 

アフガニスタン山岳地帯

現地の武装集団、タリバンの幹部を排除目的のため

アメリカ軍のレッドウィング作戦目的で

特殊部隊ネイビーシールズの4名も兵士はヘリから

山岳地帯へと降りる

 

偵察チームの彼らは、現地を偵察して無線連絡し

攻撃チームを誘導する目的であった

 

山中で隠れていた彼らは、山羊を飼っている3人の現地人と

接触してしまう

三人を拘束した彼ら、本部とは電波状態が悪く

無線がつながらない、衛星電話を使用して連絡を取るものの

なかなかうまくつながらない

拘束した3人の現地人をどうするか

彼らは、3人を解放して引き返すこととする。

3人を解放することによって、タリバンからの交戦を予想したが

それを覚悟の上の解放であった

 

そして、引き返す途中で、山中でタリバン兵に囲まれて

やむなく交戦状態に陥ってしまう

ライフル片手に戦うが、タリバン兵は続々と増えてきて

機関銃や、RPG等の様々な兵器での攻撃で劣勢となり

やむなく後退、崖からも転がり落ちるように逃げる

さらにそこへ、タリバン兵が追いかけてくる

 

感想

本編に入る前に、訓練のシーンから始まる

そのシーンが、いやぁーすげえ訓練、

手足縛られてプールへどぼーん とか

 

ストーリーは実話とのことですが

感想もなにも、なんともすごい迫力の緊張感な映画です

タリバン兵の追いかけてくる速さが怖い

やたらRPG撃たれたりも怖いし、

崖を転がるように落ちるシーンがあるけども

非常に、痛そう、見てるこっちも うあ!とか あぁ!とか

声が出てしまう

迫力と緊迫感で圧倒される感覚を久しぶりに

感じる映画だと思いました。

 

AD

監督   :ギャレス・エドワーズ
脚本   :ゲイリー・ウィッタ(英語版)
クリス・ワイツ
原案   :ジョン・ノール
原作   :『スター・ウォーズ』
ジョージ・ルーカス
製作   :キャスリーン・ケネディ
製作総指揮   :サイモン・エマニュエル
ジョン・ノール、ジェイソン・マクガトリン
アリソン・シェアマー
出演者   :フェリシティ・ジョーンズ
ディエゴ・ルナ、リズ・アーメッド
ベン・メンデルソーン、ドニー・イェン
チアン・ウェン、フォレスト・ウィテカー
マッツ・ミケルセン、アラン・テュディック

 

科学者のゲイレン・アーソ、妻のライラ、娘のジン

アーソ家族は、静かに暮らしていたが

帝国軍のクレニック長官が現れ、ライラを殺し

ゲイレンを連れて行ってしまった

 

隠れていたジンは、反乱軍のソウ・ゲレラに助けられ

身を潜めていた

数年後、ジンは強制労働収容所の中にいた

そこへ襲撃、反乱軍のメルシがジンを救出に現れる

ジンは逃亡しようとするが、キャシアンとドロイドK-2SOに

捕まってしまう

そして、反乱軍の本拠地へと向かう

 

反乱軍では、帝国軍が秘密裏に進行している計画

「デス・スター計画」の存在を入手していた

その計画のカギを握るのが、ジンを救出した過去のある

ソウ・ゲレラであった

 

ソウ・ゲレラは過激な人物で、一筋縄ではいかずに

ジンからの依頼であれば、情報の提供があると踏み

ジンとキャシアンらをソウ・ゲレラへと向かわせる

 

惑星ジェダに訪れたが、そこは反乱軍と帝国軍での

交戦状態がありストーム・トルーパーと戦闘となってしまう

 

ジン一行は、劣勢であったがジェダでフォースの守護者である

チアルートとベイルらに救われる

そして、ゲリラに捕まってしまうジン一行であったが

その先には、ソウ・ゲレラの隠れ家であり

再会をする二人であった

 

そして、ソウは、別室でジンにホログラムを見せる

それは、元帝国軍のパイロットが秘密研究所でゲイレンから

渡されデス・スターの全容そしてデス・スター計画の

中枢に携わることで、リアクターに罠をしかけたこと

その弱点を叩くことで連鎖反応を起こし

デス・スターを破壊することが可能である情報が

入っていた、そして設計図は帝国軍の惑星スカリフにある

ことが語られていたのだった

 

感想

なかなか忙しく、ちょいと休めたので映画でも~

そうだ!ローグ・ワン見に行こう!とね

 

するっと出てきた、スター・ウォーズのスピンオフ

ローグ・ワンね、そこでふと思い出してしまったのは

スピンオフって言われると、イウォークアドベンチャーは

スピンオフに入らないのですか?と疑問に思ったり

思わなかったり(笑)

 

それはそれとして

やはり、スターウォーズ!

面白かったね、基本的に空中戦っぽいことが多く

見ごたえがあり楽しかった、格闘シーンでの

チアルートの戦いを見て、おおぉ少林寺!とか思ってしまう

のはおれだけでしょうか?(笑)

 

設計図を手に入れるために乗り出すキャシアンたちが

かっこよく、うるっと来ますね

 

でも、最後はさぁ・・・

 

さて、ラストシーンはおおぉ!

え?まじっすか?CGか?すごいっすね!と純粋に思った

そうか、そうなるのか!エピソード4を久しぶりに

見たくなるぞぉという気持ちになりました。

 

 

AD
p2

監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本:マーク・L・スミス(英語版)
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
原作:マイケル・パンク(英語版)
『蘇った亡霊:ある復讐の物語』
(The Revenant: A Novel of Revenge(英語版))
製作:アーノン・ミルチャン
スティーヴ・ゴリン,アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
メアリー・ペアレント
デイヴィッド・カンタージェームズ・W・スコッチドーポル(英語版)
キース・レドモン(英語版)
製作総指揮:ブレット・ラトナー,ジェームズ・パッカー
ジェニファー・デヴィソン・キローラン
ポール・グリーン,マーカス・バーメットラー
フィリップ・リー,ジェイク・マイヤーズ
ジェームズ・パッカー
出演者:レオナルド・ディカプリオ,トム・ハーディ
ドーナル・グリーソン,ウィル・ポールター
フォレスト・グッドラック,ポール・アンダーソン
ブレンダン・フレッチャー

西部開拓時代
アメリカ北西部の極寒荒野の中で
狩猟し、毛皮を採取するハンターたち

ハンターたちは、原住民に襲撃されて大きな犠牲を負いつつ
船に乗り川を下ることに
グラスは、ガイドとして原住民との子供ホークを連れて
同行していた

一行は、原住民からの追撃を逃れるため
途中で船を捨て山を越えるルートへ変更する

森で野営を行い、翌朝グラスは見回りをしていたが
子連れの熊に襲われ、瀕死の重傷となってしまった
担架を作り、一行はグラスを連れていくが
山を越えることは不可能となった

隊長から、死ぬまで見届け埋葬する者を募り
ホークとフィッツジェラルドとブリッジャーが残り

フィッツジェラルドは、二人がいない間にグラスを
殺そうとしていた
そこへホークが止めに入り、銃を向けたが
ホークは返り討ちに合い殺されえしまう。

フィッツジェラルドはとぼけて、ホークが行方不明と
ブリッジャーに伝え、
さらに原住民が20人近くまで来ていると嘘を言い
グラスを穴に放り込み、軽く土をかけ
二人はその地を離れるのだった

すべてを見ていたグラスは、動けないけども一命を取り止め
穴から這い出して、フィッツジェラルドを追うのだった

感想

うちらの仕事はは、連休はほとんど仕事ですが
今日は休みが取れたので、映画見に行ってきました。

アカデミー賞受賞作品ですね
ディカプリオの気迫を何か感じた気がします。

いきなり原住民に襲撃されるのも怖いけども
熊に襲われるシーンは迫力を感じつつも非常に怖い
あれだけやられても、死なないのもすごいなぁと感じ

途中、生肉とか食べたりしてたけど、お腹壊さないのかな~とか
思ったり(笑)
いろんなの食べてましたね、魚捕まえてそのまま頭から丸かじり
木の根っことか
サバイバルを感じた
時折、見せてくれるきれいな景色のシーンが印象強く
特に、グラスが岩の上あたりから見下ろすシーンの
景色がすごいなあと思ってみてました。

二時間超える作品だけども、しっかり見れる
迫力感じる映画でした。
AD

ラストスタンド

テーマ:
ラストスタンド [DVD]/アーノルド・シュワルツェネッガー,フォレスト・ウィテカ―,ジョニー・ノックスヴィル

¥4,104
Amazon.co.jp

ラストスタンド [Blu-ray]/アーノルド・シュワルツェネッガー,フォレスト・ウィテカ―,ジョニー・ノックスヴィル

¥5,076
Amazon.co.jp


監督:キム・ジウン
脚本:アンドリュー・クノアー
製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
製作総指揮:ガイ・リーデル、マイケル・パセオネック
マイキー・リー、エドワード・フィー
出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー
ロドリゴ・サントロ、フォレスト・ウィテカー
ピーター・ストーメア、エドゥアルド・ノリエガ
ザック・ギルフォード、ジェイミー・アレクサンダー

メキシコ国境の町ソマートン
そこは平和な町であった

保安官のレイはいつものようにダイナーで朝食であったが
見知らぬ男性組をみかけ声をかける
その男たちは、そそくさとその場から去ってしまう

レイは、怪しく感じてその男たちの乗っていた
トレーラーのナンバーを控え
副保安官らに調べるように指示する

ある日の朝、ダイナーに勤めるクリスティから
牛乳が届かないという連絡がある
いつもなら、こんなことでは連絡しないが
きっちりと配達してくれる、じいさんの身を案じての連絡
レイは、じいさんの家へ調べに行くように
副保安官に連絡をする

副保安官のサラとジェリーとフィギーは
じいさんの家へと調べにいく、そこではじいさんの死体が
現場へ急行するレイ、死体を確認すると殺害現場は家でなかった
捜査中のレイへ、FBIから電話が入る
ラスベガスの麻薬王が、移送中に脱走しメキシコへ向かっている
ソマートンを通るとの連絡

レイは、怪しい男たちとじいさんの死体と麻薬王の脱走
それらは実は関連しいるのではないかと考え
ソマートンの町が最後の砦となるので、食い止めることを決意する


感想
久しぶりのシュワちゃん主役
ちょっとコメディも入る感じが心地よく楽しかった
派手に撃ちまくるシーンはなかなかよかった!

最初のほうで、武器マニアと戯れてる
ジェリーが、マグナムを試し撃ちして反動で銃が顔にあたり
鼻の折ったとこで大爆笑でした(笑)
でも、ジェリーしばらくしたら死んじゃうんだよね

中盤での銃撃戦もなかなかいいです。
シュワちゃんには、ガトリング砲やショットガンが似合うね

なんとなくシュワちゃんの映画って、孤立無援でも無敵!
誰も信用でき無ーい!ってのが多かった感じだけど
今回のは、仲間もいるしチームで戦う!って
そういうのもいいね~って思ったよ

しかし、悪役の麻薬王がすかした野郎でむかついた(笑)
でもあのコルベット乗ってみたいなぁ~

ロックアウト

テーマ:
ロックアウト Blu-ray/ガイ・ピアース,マギー・グレイス

¥2,160
Amazon.co.jp

ロックアウト [DVD]/ガイ・ピアース,マギー・グレイス,ヴィンセント・リーガン

¥4,104
Amazon.co.jp


監督:スティーヴン・セイント・レジャー
ジェームズ・マザー
脚本:スティーヴン・セイント・レジャー、ジェームズ・マザー
リュック・ベッソン
製作:リュック・ベッソン、マルク・リベール
ライラ・スミス
出演者:ガイ・ピアース、マギー・グレイス
ヴィンセント・リーガン、ジョセフ・ギルガン
レニー・ジェームズ、ピーター・ストーメア

2079年
宇宙空間に、MS1と呼ばれる刑務所が建設されていた
そこでは500人の囚人をコールドスリープさせて収監している

アメリカ合衆国大統領の娘エミリーが、MS1へ視察で訪れる
囚人のハイデルと面談していたが、ハイデルは隙を見て
逃走し、所内のコールドスリープを解いてしまった
そして、MS1は占拠されてエミリーたちは人質に

政府は、CIA局長を殺害したとされて捕まっている
スノーという、元エージェントに単身でMS1へ乗り込ませ
エミリーを救出するように命令するのだった

感想
よくありがちな設定の作品
今まで、似たような設定の映画を見たね
つまらないわけじゃなかったけど、まぁまぁって感じね

つまらないわけでもなく、SF的な所もあり盛りだくさん
占拠、潜入、銃撃、近未来的な兵器もありそれは面白いね

終盤、宇宙服で脱出して地球に突入しちゃいますが
途中で、宇宙服がぶっとんでしまますが
あれは設定的に、大丈夫だったんでしょうか?疑問でした(笑)