野蛮なやつら/SAVAGES

テーマ:
野蛮なやつら/SAVAGES-ノーカット版- [Blu-ray]/テイラー・キッチュ,アーロン・ジョンソン,ブレイク・ライヴリー

¥2,037
Amazon.co.jp

野蛮なやつら/SAVAGES-ノーカット版- [DVD]/テイラー・キッチュ,アーロン・ジョンソン,ブレイク・ライヴリー

¥1,543
Amazon.co.jp


監督:オリバー・ストーン
脚本:ドン・ウィンズロウ、シェーン・サレルノ
オリバー・ストーン
原作:ドン・ウィンズロウ
製作:モーリッツ・ボーマン、エリック・コペロフ
製作総指揮トッド・アーノウ、シェーン・サレルノ
フェルナンド・スリチン
出演者:テイラー・キッチュ、アーロン・テイラー=ジョンソン
ブレイク・ライヴリー、ジョン・トラボルタ
ベニチオ・デル・トロ、サルマ・ハエック

ビーチで歩いてるきれいな女性O(オフィーリア)
彼女の語りで物語は始まる

親友同士のベンとチョン
彼らは、カリフォルニアのラグナ・ビーチで大麻栽培で
成功して、優雅に暮らしていた。
ベンとチョンは、昔からの親友
ベンは植物学を学ぶ理想主義
チョンは、アメリカ特殊部隊の元傭兵
そんな二人が組んで、ベンはアフガニスタンへ行き
最高級のマリファナの種子をこっそり持ち帰る
それを使って栽培し、ビジネスを成功に導いてきた

二人の彼女は、オフィーリア
同じ女を共有している不思議な関係・・・

そんなある日、ベンのPCへあるメールが送られてくる
「おまえたちは愚か者だった、話し合うべき時だ」と
メッセージとともに
チェーンソーで切断された頭をいくつも転がしてる
映像が送られてきた

ベンとチョンは、ビジネスのやりかたを話し合うが
話が合わず、二人はお金を抱き込んでる
麻薬取締員デニスと会う
バハ・カルテルとのことを相談する
デニスは、取引に応じたほうが良いとし

ベンとチョンは、バハ・カルテルのエレナ・サンチェス代理人
アレックスとホテルで落ち合う
盗撮されている彼らは、エレナへすべて筒抜けであった
アレックスの提示してくる取引条件に対して
ベンとチョンは、ビジネスは上げるが加わらないと返答
だが、カルテル側は納得せず
ベンとチョンは、答えを考えてから返答する

ベンとチョンは、自分らの決断の結果を恐れ
マネーロンダリングをしてるスピンを訪ね
逃亡資金の調達を手配する。

ベン、チョン、オフィーリアの3人で食事し
しばらくインドネシアにでも行こうとの話で盛り上がり
祝いをあげる

次の日、出発までにオフィーリアは買い物をしてくると
出かけて行ったが、なかなか帰ってこない
そんな時に、ベンとチョンの下へオフィーリアを拉致した
とのエレナからの連絡が入った


感想
エグイシーンが多く、おおっ!とか思ってしまうシーンもありますが
逆にリアルさを感じて、面白かったです
大麻で、スマートに商売をしている若人がなんかかっこよく感じ
二人で彼女を共有している不思議な処もあったが

ベネチオ・デル・トロの手慣れた悪役な感じが
かっこよく感じたり
汚職捜査官なジョン・トラボルタと
配役が、いいところで決まってる感じだね

最後、あーこうなるのかー・・・と思いきや!
違う展開に持っていく、これも面白かったね

オリバーストーンだからか
なぜか、ナチュラルボーンキラーを思い出したなぁ

この映画、DVD買おうかなとか思ったり
面白かったです
AD

預言者

テーマ:
預言者 [DVD]/タハール・ラヒム,ニルス・アレストリュプ,アデル・ベンシェリフ

¥4,104
Amazon.co.jp


監督:ジャック・オーディアール
脚本:アブデル・ラウフ・ダブリ、ニコラ・プフェーイ
ジャック・オーディアール、トーマス・ビデガン
製作:ローランヌ・ブーラショ、マルティーヌ・カシネッリ
パスカル・コーシュトゥー、マルコ・チェルキ
出演者:タハール・ラヒム、ニエル・アレストリュプ

罪を犯して、禁固6年の刑を受けたアラブ系青年マリク
刑務所では、所内を牛耳るマフィアもいた
その中のコルシカ・マフィアのボスのセザール
マリクは、セザールから所内での殺しの命令を下された

所内での権力のあり、冷徹なセザールの命令に逆らえず
マリクは殺人に手を染める、それを機にセザールの手下となり
行動するようになっていき、コネクションを広げて行く

感想
スカパーで録画してたのを観ました

どういったジャンルになるのかは分かってないけども、クライム?バイオレンス?
主人公マリクが、入所時は普通にぼけーっとした青年だったけども
だんだんといろんなものを築き上げて大物に
そういった過程を感じるのが面白くかったです。

マリクが一番最初に所内で殺しをするところで
カミソリを口の中に隠して近づくんだけども
とにかく、カミソリを口の中に入れるのが痛そうで痛そうで(笑)
殺しをした後は、コルシカもメンバーとなるけど、なんだか凛々しく感じる
セザールの最後はしょぼいのなんの、そこがちょっと笑えるな

ちょっと長い映画だったけども、面白い映画でした


AD
ユージュアル・サスペクツ [DVD]/スティーヴン・ボールドウィン,ケヴィン・スペイシー,ガブリエル・バーン

¥1,500
Amazon.co.jp

ユージュアル・サスペクツ [Blu-ray]/スティーヴン・ボールドウィン,ガブリエル・バーン,チャズ・パルミンテリ

¥2,500
Amazon.co.jp


監督:ブライアン・シンガー
脚本:クリストファー・マッカリー
製作総指揮:ハンス・ブロックマン 他
出演者:ガブリエル・バーン、ケヴィン・スペイシー
スティーヴン・ボールドウィン、ケヴィン・ッポラック
ベネチオ・デル・トロ他

カリフォルニアのサンペドロ港で停泊していた船が
爆発炎上し、銃殺体含む多数の遺体が出てきた
船は麻薬密輸船で、事件はマフィア同士の抗争と思われた

捜査官クイヤンは、生き残りのヴァーバル・キントを
尋問する、ヴァーヴァルは、詐欺師でったが
この事件の一連の過程を語り始めるのであった

船爆発の6週間前、重機強盗事件の面通しに
5人の容疑者が集められた
元刑事キートン、強盗コンビのマクマナスとフェンスター
爆弾製造のホックニー、詐欺師のキントであった
彼らは、汚職警官から宝石強盗を行い成功
取引の相手であるレッドフットから別なヤマをもちかけられ
それを失敗してしまう
そこへ、弁護士のコバヤシが現れて麻薬密輸船の襲撃を命令する


感想
面白かったですよ、最後の最後であーそうだったのか~って感じ
アカデミー賞脚本賞
ケヴィン・スペイシーはアカデミー助演男優賞、すごいね
しっかり観てないと回想とそうじゃないのが混乱しそう(笑)

話題ののぼる、伝説のギャング「カイザー・ソゼ」ってのは
何者なんだ?なんなんだ?って気持ちをひっぱるね

途中だれる感じもあるけど、クライマックスへ向けての
勢いがよかったと思っています。
AD

痩せゆく男

テーマ:
スティーヴン・キング 痩せゆく男
¥2,142


原作:スティーブン・キング、ミッチェル・ゲイリン

監督:リチャード・P・ルビンスタイン

出演:ロバート・ジョン・バーク他


弁護士で肥満体質のビリー、彼は運転を誤ってジプシーの老婆をひき殺してしまった

だが、弁護士であるビリーは、警察側とうまく進めて無罪放免となる

それを知ったジプシーの長老は怒り、ビリーに呪いをかける

呪いをかけられたビリーは、135キロあった体重が、日に日に痩せ始めてしまう

最初はダイエットが成功していると感じていたが、食べても食べても痩せてしまうことに

不安を感じたビリーは、ジプシーの長老にあったときのことを思い出し

呪いをかけられたことに確信を持つ、そしてジプシーの長老を探すことになった

呪いを解いてもらうために



感想

呪いが本当にあるのかないのかは、抜きにしても

この映画の主人公ビリーが、最初はなんだか家族思いの良い亭主のイメージ

だったんだけども、話が進むにつれて卑屈で邪悪になっていく所が妙に怖く感じる

じわじわくるやつですよね

スティーブン・キング原作のやつってそんな感じが多くて、けっこう好きなんだな~~