ソロモンの偽証

テーマ:

 

 

 

監督    成島出
脚本    真辺克彦
原作    宮部みゆき
製作    矢島孝
秋田周平
製作総指揮    大角正
出演者    藤野涼子、板垣瑞生
佐々木蔵之介、夏川結衣
永作博美、黒木華
小日向文世、尾野真千子

 

世の中がクリスマスの中での

クリスマスの朝

中学校内で、男子生徒が転落死していることが発見される

 

転落死した生徒は、柏木卓也

2年A組である

警察が介入し調べた結果、自殺と考えられていた

 

そんな中に、学校に告発状が届きます

そこには、大出俊次含む3名の名前があげられ

柏木卓也を学校の屋上から落としたことを

目撃したと記されていた

その告発状は、マスコミ、学校、担任先生へと

送られていた

 

そのことにより、大出は殺人者の烙印を押されてしまう

大出は不良グループのリーダー格であり

いじめ、暴力等を行いクラスからは疎まれていた

 

破り捨てられた告発状が発見され

担任の森内が、破り捨てたと疑われ

もみ消しを行ったと、テレビに報道されてしまう

森内は職員内やマスコミからの追及に耐えられずに

退職することになってしまう。

 

藤野涼子は、大出の乱暴なふるまいでの被害を

受けている生徒が助けを求めている時に、傍観してしまっていた

こと、それを生前の柏木に指摘され罵倒されたことを気に病んでいた

 

そして、柏木の友人である神原という他校の生徒に刺激を受け

マスコミの興味本位ばかりの報道で、何も明らかにならないことに

業を煮やした生徒たちは

藤野を中心に、学校内裁判を起こすこととなった

 

感想

前後編を両方見てみました。

真犯人は!

後半見て何となくわかってきましたが

最後まで見て、やはいrそうでしたか~~っとなりましたね

 

前編は、引き込まれる感覚が強く見入ってしまう感じに比べ

後編は、裁判がメインだからかちょっとだるく感じてしまう

とはいいつつも、派手さを感じないけども

原作がどんなか気になる作品でした

 

 

AD

ザ・ガンマン

テーマ:

 

 

ザ・ガンマン [DVD] ザ・ガンマン [DVD]
4,212円
Amazon

監督    ピエール・モレル
脚本    ドン・マクファーソン(英語版)
ピート・トラヴィス
ショーン・ペン
原作    ジャン=パトリック・マンシェット『眠りなき狙撃者』(学習研究社)
製作    アドリアン・ゲラ,ショーン・ペン
ピーター・マカリーズ(英語版),アンドリュー・ローナ(英語版)
ジョエル・シルバー
製作総指揮    スティーヴ・リチャーズ,アーロン・オーク
ピーター・マカリーズ
出演者    ショーン・ペン,ハビエル・バルデム
イドリス・エルバ,マーク・ライランス
ジャスミン・トリンカ,ペーテル・フランツェーン(英語版)
レイ・ウィンストン

 

アフリカ・コンゴにて

民間軍事会社で働く元軍人のジムであった

政治家を暗殺し、国外へ脱出

交際していた医師アニーとも別れることとなった

 

8年後、NGOで働いていて

小さい村の井戸掘り等をしていた

ある日、村の井戸掘りを行っている最中に

襲撃を受け、殺されそうになるが返り討ちに

 

政治家暗殺に関わる人間を狙っていることを

悟ったジムは、親友のスタンリーに援助を求める

 

実は、ジムは脳に障害を負っておいて

記憶障害があったり、めまい、吐き気が起きたりする

そんな状況の中、ジムは自力で誰が狙っているのかを

操作するのだった

 

感想

銃撃が激しく!面白かったです

序盤、ちょいとだるさを感じたりしますが

中盤からですかね、面白くなってくるのです。

 

ショーン・ペンってさ、あんなムキムキだったっけか??

サーフィンから、ダッシュで戻るときの上半身の筋肉がスゲー

腕がふてー!

医師のアニー(ジャスミン・トリンカ)さん

何回か裸でワイシャツ来てたりしますがそそりますね

ハビエル・バルデムさんが出てますが

彼は、何かと濃い役が似合うなぁぁぁとつくづく思います。

 

 

AD

 

監督:ジャスティン・リン
脚本:サイモン・ペッグ、ダグ・ユング
ロベルト・オーチー、パトリック・マッケイ
ジョン・ペイン
原作:ジーン・ロッデンベリー
製作:J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
ロベルト・オーチー
出演者:クリス・パイン、ザカリー・クイント
ゾーイ・サルダナ、カール・アーバン
ジョン・チョー、サイモン・ペッグ

 

カーク船長の、異星人との交渉から始まる

ある不思議な石をもって、利用法を説明し

相手との交渉を試みるも、失敗し

 

エンタープライズは、その後ステーション「ヨークタウン」

へ向かう

 

前作最後から、5年の宇宙探査のミッションにでた

エンタープライズ号、3年が経ち

それぞれのクルーにも様々な変化が

そして、カーク船長、Mr.スポックもそれぞれの悩みを

抱えて、気持ちとしてはエンタープライズ号から

降りることを考えていた

 

そんなときに、襲撃を受けていて救出以来のメッセージが

届けられ、エンタープライズ号は救出に向かう

 

だが、様子がおかしい・・・

謎の敵に囲まれ奇襲を受け、迎撃が不可能な状態で

船を放棄し脱出する事態になってしまう。

多くの仲間は脱出するも、敵に捕まってしまう

なんとか、逃げおおせたカークたちは

惑星に不時着し、仲間を探すのだった

 

 

感想

日曜日、休日出勤だったけど半日休んだので

見に行ってきました

 

何はともあれ、リブート3作目おめでとうございます。

今回は、アクションが激しく目が離せない作品という感じで

とても楽しく見れました、時間はそこそこ長いはずなのに

展開が早いからかね~?気が付いたらエンディング

 

しょっぱなで、エンタープライズは大破する!

(おっと、次はNCC-1701A登場か?!と期待)

 

監督が、ジャスティン・リンさんに変わったから?か

どことなくワイルド・スピード感がプンプンと?

ちりぢりな仲間が途中で終結

むちゃくちゃミッションを、絆で突破?

バイクで飛ぶカークに、飛びつくジェイラの二人を転送!

その後、もうこんなの二度としないぞ って

どっかできいたセリフ?(笑)

 

ラストでの、スポックが故スポック大使の遺品から

オリジナルシリーズの集合写真を見るシーンが

おれにはトリハダものでした

そして、次は1701Aか!とまたトリハダね

 

これで3部作?区切りで

次はいつかな~と期待してます。

 

やっぱり、見に行ってよかった♪

 

エンディングでは

レナード・ニモイさん、アントン・イェルチンへの

追悼の意を表しています。

 

 

 

 

 

AD

ジェイソンボーン

テーマ:

 

 

監督   :ポール・グリーングラス
脚本   :ポール・グリーングラス、クリストファー・ラウズ
原作   :キャラクター創造
ロバート・ラドラム
製作   :フランク・マーシャル、マット・デイモン
ポール・グリーングラス、グレゴリー・グッドマン(英語版)
製作総指揮   :クリストファー・ラウズ
出演者   :マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ
アリシア・ヴィキャンデル、ヴァンサン・カッセル
トミー・リー・ジョーンズ

 

ジェイソン・ボーンは

ストリートファイトで生計を立てて、地下での格闘での

日銭を稼いで生活していた

 

ニッキー・パーソンズは、アイスランドにいて

CIAの陰謀を暴くために、CIAメインサーバーへと

侵入し、ジェイソン・ボーン他ボーンの絡む

作戦の情報を得る

 

情報では、ジェイソン・ボーンがCIAにどう雇われ

トレッドストーン作戦の作戦員に育てられたか

さらに、それには彼の父親も関わっていた

 

ニッキーは、ジェイソンとコンタクトを取り

その事実を伝えようとギリシャで落ち合うが

CIAの襲撃に合い、撃たれて死んでしまう

 

ジェイソンは、ニッキーの死に際に受け取った

ロッカーのカギ、ロッカーからは拳銃とUSB

ジェイソンはベルリンと向かい

USBの暗号書類を解除し、自分の父親

リチャード・ウェブがCIA職員で

トレッド・ストーン計画の発案者であることが

分かった

 

記憶をたどるジェイソン

父の死は、テロで死亡したことになっているが

実は別な理由で死んだのではないかと

考えるようになり、真実を追いかけることに

 

ロンドンへ飛んだジェイソンは

エージェントであったマルコムに会いに行き

マルコムは、リチャードが発案者であることを

認めて、リチャードが殺された理由は

ジェイソンが、計画に加わらないようにしようとしたため

だと分かった

 

 

感想

こないだの日曜日に休めたので見に行った

久しぶりにジェイソンボーンの新作だと

喜んで見に行った、面白かったが

 

冒頭のジェイソンが、ストリートファイトで生計立てるの

って、ちょっとイメージ違いな感じがして・・・

地味に普通に世間に

溶け込んでるようなイメージしてたから

 

序盤、バイクチェイス、中盤のカーチェイス

クライマックスと見せ場は多く楽しめました

 

でも、何かが物足りなく感じたのはなぜだろう(笑)

 

何にせよ、新章ということならば

次作に期待

落ち着いて、1~3を見直そうっと♪

 

 

 

 

サボタージュ

テーマ:
サボタージュ スペシャル・プライス [DVD]/アーノルド・シュワルツェネッガー,サム・ワーシントン,テレンス・ハワード

¥1,296
Amazon.co.jp

サボタージュ スペシャル・プライス [Blu-ray]/アーノルド・シュワルツェネッガー,サム・ワーシントン,テレンス・ハワード

¥1,944
Amazon.co.jp


監督:デヴィッド・エアー
脚本:スキップ・ウッズ、デヴィッド・エアー
原作:アガサ・クリスティ
『そして誰もいなくなった』
製作:ビル・ブロック、デヴィッド・エアー
イーサン・スミス、ポール・ハンソン
パラク・パテル
製作総指揮:ジョー・ロス、アントン・レッシン
サーシャ・シャピロ、アルバート・S・ラディ
スキップ・ウッズ、ジェフリー・イム
出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー、サム・ワーシントン
オリヴィア・ウィリアムズ、テレンス・ハワード
ジョー・マンガニエロ、ハロルド・ペリノー
マーティン・ドノヴァン、マックス・マーティーニ
ジョシュ・ホロウェイ、ミレイユ・イーノス


麻薬取締局の捜査官のジョンは
ブリーチャーというあだ名で呼ばれ恐れられていた
彼の率いる特殊部隊も荒くれ者が揃い
危険な任務を遂行するチームであった

チームは、麻薬組織の摘発のためアジトに踏み込む
だが、踏み込み任務遂行中であったが
チームは大金の中から、1000万ドルを横取りする
それがチームの裏の任務

仲間一人を失うも、大金を隠すことに成功
その夜に取りに行くと、すでに金は無くなっており
資金が足りないことから、持ち逃げを疑われた
ジョンらチームは、取り調べを受け
信用を失ってしまう。

半年が経ち、ジョンらは現役復帰を果たす
チームを結集し、トレーニングを行い鍛え上げる
トレーニングも終わり、夜は飲みに繰り出すチーム
その夜に、チームのメンバーのパイロが
誰かに惨殺されてしまう
そして、次々とチームの仲間が殺されていくのだった

感想
派手な撃ち合いアクションと
だれが犯人かわからないモヤっと感があるけど
楽しめることは楽しめる
けっこう撃たれるシーン多いけど、リアルさを感じるなぁ

なんとなく、シュワちゃんの今まで演じる役どころと
ちょいと違うかな~映画の雰囲気もね
アクションならはっきりアクションがシュワちゃんっぽいかな


原作、アガサクリスティの「そして誰もいなくなった」
としているようですが、アガサクリスティ結構好きですが
この本だけは読んだことない(-_-;)
今度買ってみるか