ソロモンの偽証

テーマ:

 

 

 

監督    成島出
脚本    真辺克彦
原作    宮部みゆき
製作    矢島孝
秋田周平
製作総指揮    大角正
出演者    藤野涼子、板垣瑞生
佐々木蔵之介、夏川結衣
永作博美、黒木華
小日向文世、尾野真千子

 

世の中がクリスマスの中での

クリスマスの朝

中学校内で、男子生徒が転落死していることが発見される

 

転落死した生徒は、柏木卓也

2年A組である

警察が介入し調べた結果、自殺と考えられていた

 

そんな中に、学校に告発状が届きます

そこには、大出俊次含む3名の名前があげられ

柏木卓也を学校の屋上から落としたことを

目撃したと記されていた

その告発状は、マスコミ、学校、担任先生へと

送られていた

 

そのことにより、大出は殺人者の烙印を押されてしまう

大出は不良グループのリーダー格であり

いじめ、暴力等を行いクラスからは疎まれていた

 

破り捨てられた告発状が発見され

担任の森内が、破り捨てたと疑われ

もみ消しを行ったと、テレビに報道されてしまう

森内は職員内やマスコミからの追及に耐えられずに

退職することになってしまう。

 

藤野涼子は、大出の乱暴なふるまいでの被害を

受けている生徒が助けを求めている時に、傍観してしまっていた

こと、それを生前の柏木に指摘され罵倒されたことを気に病んでいた

 

そして、柏木の友人である神原という他校の生徒に刺激を受け

マスコミの興味本位ばかりの報道で、何も明らかにならないことに

業を煮やした生徒たちは

藤野を中心に、学校内裁判を起こすこととなった

 

感想

前後編を両方見てみました。

真犯人は!

後半見て何となくわかってきましたが

最後まで見て、やはいrそうでしたか~~っとなりましたね

 

前編は、引き込まれる感覚が強く見入ってしまう感じに比べ

後編は、裁判がメインだからかちょっとだるく感じてしまう

とはいいつつも、派手さを感じないけども

原作がどんなか気になる作品でした

 

 

AD