グラスホッパー

テーマ:

 

 

監督    瀧本智行
脚本    青島武
原作    伊坂幸太郎
製作    水上繁雄、杉崎隆行、椿宜和
出演者    生田斗真、浅野忠信
山田涼介、波瑠、麻生久美子
菜々緒、吉岡秀隆、村上淳
宇崎竜童、石橋蓮司、金児憲史
佐津川愛美、山崎ハコ

 

妻をひき逃げされた、鈴木

彼は中学校教師であったが、妻がひき逃げされた

真相を追うために、教師を辞め

裏社会へと入り込んでいく

 

妻をひき逃げした真犯人は、

「フロイライン」という会社の社長寺原の息子であった

しかし、フロイラインという会社は裏社会で暗躍している

会社であり普通の会社ではなかった

 

鈴木はそこで、ドラッグらしきものを売る仕事を

していたが

ある日、鈴木は寺原の息子(ジュニア)に会う

機会に遭遇する

あれが、寺原の息子だ

出迎えろと言われ出る、鈴木

交差点の向こう側で、背の高いノッポの男がいる

次の瞬間には、後ろから誰かに押され

ジュニアは、車にはねられて死んでしまう

 

鈴木は、追えと指示を受け

後ろから押した男を追う

どうやら、「押し屋」と呼ばれる稼業の仕業のようだ

電車を乗り継ぎ、鈴木は押し屋の家にまで

たどり着くのだった

 

感想

原作を読んだことあるので

スピード感を感じで面白い小説だったなぁ

感じてました。

映画自体はちょっと過激なシーンもありますが

ちょいと平凡な感じに収まってしまった感じがしました。

 

原作を読んでからすると

映画化すると、なんだかテンポが微妙な気もする

なかなか、原作のを再現するのは難しいものですねぇ

 

 

AD