スタートレックビヨンド

テーマ:

 

監督:ジャスティン・リン
脚本:サイモン・ペッグ、ダグ・ユング
ロベルト・オーチー、パトリック・マッケイ
ジョン・ペイン
原作:ジーン・ロッデンベリー
製作:J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
ロベルト・オーチー
出演者:クリス・パイン、ザカリー・クイント
ゾーイ・サルダナ、カール・アーバン
ジョン・チョー、サイモン・ペッグ

 

カーク船長の、異星人との交渉から始まる

ある不思議な石をもって、利用法を説明し

相手との交渉を試みるも、失敗し

 

エンタープライズは、その後ステーション「ヨークタウン」

へ向かう

 

前作最後から、5年の宇宙探査のミッションにでた

エンタープライズ号、3年が経ち

それぞれのクルーにも様々な変化が

そして、カーク船長、Mr.スポックもそれぞれの悩みを

抱えて、気持ちとしてはエンタープライズ号から

降りることを考えていた

 

そんなときに、襲撃を受けていて救出以来のメッセージが

届けられ、エンタープライズ号は救出に向かう

 

だが、様子がおかしい・・・

謎の敵に囲まれ奇襲を受け、迎撃が不可能な状態で

船を放棄し脱出する事態になってしまう。

多くの仲間は脱出するも、敵に捕まってしまう

なんとか、逃げおおせたカークたちは

惑星に不時着し、仲間を探すのだった

 

 

感想

日曜日、休日出勤だったけど半日休んだので

見に行ってきました

 

何はともあれ、リブート3作目おめでとうございます。

今回は、アクションが激しく目が離せない作品という感じで

とても楽しく見れました、時間はそこそこ長いはずなのに

展開が早いからかね~?気が付いたらエンディング

 

しょっぱなで、エンタープライズは大破する!

(おっと、次はNCC-1701A登場か?!と期待)

 

監督が、ジャスティン・リンさんに変わったから?か

どことなくワイルド・スピード感がプンプンと?

ちりぢりな仲間が途中で終結

むちゃくちゃミッションを、絆で突破?

バイクで飛ぶカークに、飛びつくジェイラの二人を転送!

その後、もうこんなの二度としないぞ って

どっかできいたセリフ?(笑)

 

ラストでの、スポックが故スポック大使の遺品から

オリジナルシリーズの集合写真を見るシーンが

おれにはトリハダものでした

そして、次は1701Aか!とまたトリハダね

 

これで3部作?区切りで

次はいつかな~と期待してます。

 

やっぱり、見に行ってよかった♪

 

エンディングでは

レナード・ニモイさん、アントン・イェルチンへの

追悼の意を表しています。

 

 

 

 

 

AD

リブログ(1)

  • ”スタートレックビヨンド" スタトレ仲間の詳細レポートが入ってきました!

    くにさんは、スタトレのみならず、さまざまな映画をブログで興味深く的確に紹介解説しておられるかたなんです 今回のスタートレックビヨンド、観ていらっしゃったんですね^^ さすがくにさんでございます随所にスタトレ愛がこめられている解説、そしていいところはネタバレせずにいよいよ観たくなるようなわくわくさ…

    すとろ

    2016-10-26 09:16:47

リブログ一覧を見る

コメント(2)