黒猫クゥーの帽子コレクション

帽子大好き猫のキャットセラピーやリングキャット、そしてお出かけ日記です


テーマ:

オレッチ今ご主人様の母校に来ています。。ポッ


広島大学病院の入り口でタクシーから連れ出されたのですが・・にゃんと!!!!


オレッチ初一人1匹でタクシー乗りました野球


本当はご主人様が大学病院まで送ってくれる事になっていましたが・・コッショリ


仕事で忙しく抜け出せなくなってしまっため、急遽オレッチ1匹でゴー猫


そしてご主人様の友達の先生がお出迎えって寸法でした。親子


なにやらその先生は内科医療で病院に動物を入れたいって研究を細々しているようで学校


今回アニマルセラピーの会にオレッチ前に老人ホームに行った事もあり参上ハーイ、


そのお話しはココです

が!ビックリあるれぇ~猫オレッチだけやぁんササっ‥


ワンちゃん一杯ですぬいぐるみと‥


これはオレッチ猫代表として猫票を勝ち取らねば!!カッチカチやぞ!


って思ってたらオレッチだけ別室でした…。


他のわんちゃんは広場で小児科及び認知症患者〔1/24指摘により修正〕とのふれあい告白


オレッチは小児科病棟や重病?病室を直接ご訪問告白


この為空港でもやった様な、コロコロで抜け毛チェックと抜け毛を取られて、ア~ンして何かを取られましたちょっと、


何か食いもんくれると期待したオレッチ可愛いタバコッペガーン


基本ご主人様LOVEなオレッチ、1.5位にnoraneko LOVEです


2,3位が無いので肉くれれば誰の肩にでもホイホイ乗りますお出掛け


まぁこの先生とは前にも会ったしなーじーっ


オレッチのツボを抑えたおやつを用意してくれる憂いやつですガーデニング


そんな先生の肩に乗っていざレッツゴーショッピング


この先生は新しい分野で論文を書きたいらしいです・・あ!にゃー


以下その先生の言葉にゃー


現状日本の病院では


ペットの面会、すなわち病院内にペットを入れる。ということに関しては、全くと言っていいほど考えられていません。

当然、その様な研究分野もないので、学会等も存在しない。医学でも獣医学でもない、隙間的な内容なのです、
「医師にペットの面会の話をするとみんな目を丸くします、そんなこと考えたこともないみたいだし。患者側からそんな要望があると思ってもいないみたい。もっと患者側からの働きかけがないと、医師にこんな問題があるということすら認識してもらえないですよね~。」

まぁだってね、患者だって病院にペットを連れて来るなんて非常識だ、我がままだって思う方が一般的でしょうから。ペットに会いたいなんて医師に訴えるなんてとてもできなませんよね。ペットに会いたいってそんなに非常識なことなのでしょうか?


ちょっとここで否定もしておきます今日のクゥーちゃんは、清潔やワクチンなど事前準備等では良くやっていて


テストや適正試験も、20種を合格しております。

全てのペットがこれが出来るか?ってなると話しは変わってきます。


うちの子は毎日お風呂にいれてますわよ!〔キリッ


なんて言われてもそんなこと知りませんし病棟に入れる許可なんて出せません。。


1を許すと1~10まで許さないといけなくなる今の日本の現状に問題があるようには思っています。


なので広大で認定させていただいてるクゥーちゃんを前提に話しを進めます。


多くの方がアニマルセラピーという言葉は聞いたことがあると思います。日本語で動物介在療法、あえて日本語にすると何言ってんだお前?w。ですよね。要するに、動物とのふれ合いは、人間の心身の健康に良い効果がありますよ、ということ。もちろん、動物が嫌いではない人という但し書きが付いちゃうけど。


でも猫が嫌いな人でもオレッチを好きになる!!よっ!!

おっと邪魔したササっ‥


動物が人間に与える良い効果とはどんなことでしょう。客観的に測定できるデータとしては、血圧を安定させるとか、血中コレステロールを下げるという効果が知られています。さらに、動物とふれあうことにより立てなかった子供が立ち上がったとか、無気力に陥った老人が生きる気力を得たとか、自閉症の方に笑顔を戻り社会的な繋がりを持てるようになった、などの事例が知られています。

アニマルセラピーは次の二種類に分けられています。

◎ アニマル・アシステッド・アクティビティ(AAA、動物介在活動)
◎ アニマル・アシステッド・セラピー(AAT、動物介在療法)


このふたつの違いは、AAAは動物とのふれあいにより、患者さんの身体的、精神的生活の質の向上を目的とした活動で、お医者様が記録をとらない場合。AATはお医者様が治療の一環として、セラピーを実施する場合。すなわち、患者の状態を考慮して実施する時期を決めて、目標を定めて、治療効果の記録も取り、その後の治療に反映させます。

わんちゃん向きなのだわねタバコ

オレッチが行うのは、専門機関で医師随伴のもと行なわれるAATもしくはAAEなのだよ

日本動物病院福祉協会のセラピードッグは、機能回復や神経症のリハビリ、老人福祉という感染症に対しての配慮が比較的緩やかな分野のセラピーに関与しているようです。


それでも、年1回のワクチン接種と年2回の健康診断(場合によっては腸内細菌の検査)を受けて、基本的なしつけと特別な訓練がなされて初めてセラピードックに認定されます。


すなわち彼らは警察犬や盲導犬とまではいかないものの、セミプロの犬猫さんなわけです。獣医師側から責任を持って病院に動物を派遣するとなると年2回の健康診断は最低限でしょう。

ではこの認定を受けていれば、病院で面会できるかというと、これはあくまでも研究者側からのAPですので、このような活動に詳しい医師は極少数だと思われます。この認定をうけているからといって、人間の病院で通用する段階ではまずないでしょう。そして途中お話し、しましたがセラピードック・キャットは治療を目的としたセミプロですので、簡単に患者さんがQOL(クオリティー オブ ライフ:いのちの質)の一環として自分のペットと面会したい、という目的のためこの認定を受けるというのは困難です。


まぁなんだあ!にゃー

もっと猫語でしゃべれよって思うよね!隣でインタビュー聞いてて突っ込みたくてしょうがなかったけど

おねいさん綺麗だったので許す!ねこ

今日の不満その1

ご主人様がいないからオレッチの雄姿が撮れない。

不満その2

なんじぇ帰りもタクシー1匹乗り?クワッ!!!

不満その3

猫嫌いな齢80のアイちゃんっておばあちゃんの病室に入れませんでした。

次も有るらしいので今度こそにゃー鼻血

今日の事は市の広報で何かの雑誌に載るとか載らないとかwww

オレッチボツになったらどうしよー354354



応援してくれる皆様に感謝を込めてじーっ


ぽち っと願いしま~す(=゜ω゜)ノあ!にゃー


黒猫 クゥーのブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

黒猫 クゥーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。