朝に食べるとどんどんシミの原因にってしまう果物があるって知ってました?
グレープフルーツやレモン、オレンジなどの柑橘類や、キウイ、いちぢく、アセロラなどなど。
これらの果物には紫外線を吸収する光毒性があり、摂取してから約7~8時間体内で紫外線をどんどんと吸収してゆくんだそうです。

つまり、紫外線吸収作用のある果物を朝に食べると、日中の一番日差しの強い時間にどんどんと紫外線を吸収させてしまいます(゚д゚lll)

朝のオレンジジュースやキウイやグレープフルーツでシミだらけのお肌予備軍に~~???!!!
私もこの夏はじめて知ったのですが~(涙)

ただしオレンジやキウイなどのビタミンCは、紫外線でダメージを受けた皮膚を修復してくれる大切なビタミンなので、夏場はこれらを夕食に食べて、睡眠中のお肌の修復に活躍してもらうのがよさそうですね。

逆に朝食べると紫外線対策に効果的なものは、トマト、レタス、スイカ、大根、アーモンド、さつまいも、アロエ、苺、ラズベリー、緑茶や抹茶などなど。
特に、サツマイモとスイカはかなり紫外線カット食品として注目されています。


天然の日焼け止め!スイカとさつまいも!


私の経験からいうと、夏の朝はスイカ+自然塩や、抹茶バナナスムージーなどが日焼け対策には効果的だと感じました。

天然の日焼け止め=すいかは、シトルリンという美肌成分も豊富に含まれています♡
リコピンやポリフェノールはトマトの1.4倍。
βカロチンも豊富。
クレオパトラも愛したと言われるスイカ。
むくみ解消にも効果的だよ。

ただしスイカだけだとカリウムが多すぎて、ぜんぶオシッコとして出ていってしまい、体を冷やしてしまうので、塩をふってカリウムとナトリウムのバランスをとり、ビタミンを体に吸収しやすくさせてあげます。
塩(天然塩)は人間には欠かせないミネラルで、造血作用があり、体を温めてくれます。


果物は炭水化物と一緒に摂ると、果物の酵素が消化不良を起こさせて腸内環境を乱してしまうので、果物を食べるときは果物だけ単体で食べたほうが吸収が良いのです。
消化できないならビタミンもデトックスも意味がない(涙)

(だからトーストと果物とか、パンケーキと果物とか、フルーツのタルトとか、炭水化物と一緒に食べた後はお腹が張るんだね~。
逆に朝食は炭水化物を食べずにスムージーや果物だけで済ませると、かな~りのデトックス効果があります!
昼には気持ちよくお腹が空いてきます。)

果物を食べるときは、りんごならりんご、桃なら桃、キウイならキウイ、オレンジならオレンジと、なるべく一種類で食べたほうがいいみたいです。
果物はそれぞれ違った特性の酵素を持っているので、違う種類の果物と一緒に食べると、酵素同士がぶつかり合ってもう一方の酵素が働かなくなったり、両方の酵素が働かなくなったりするんだそうです。
かいつまんでゆうと。

だから果物を何種類か使うスムージーやコールドプレスジュースなどは、酵素が上手に働く果物の組み合わせがちゃんとあって、スムージーマイスターやローフードマイスターの方々からすると、その日の体調や気候に合わせた果物の酵素同士のレシピがインプットされています。

スムージーもなかなか深~い。
まるで処方箋のようですね。

和食における食養と同じ意識を感じます。

とはいっても果物はおいしいので、組み合わせとか気にせずおいしく食べてしまうのですが(o^^o)


朝食に炭水化物やたんぱく質など消化にエネルギーを使うものを摂るのをやめて、フルーツやスムージー、または野菜や果物のジュースだけにすると、昼には心地よい空腹を感じ、内臓がすっきり軽くなりますね。
フルーツクレンジング。

ただ、寒い季節の果物は体を猛烈に冷やしてしまいますので、暖かい時期までがグッドタイミングです!
寒い時期はフルーツよりも、たっぷりの野菜の栄養が溶け出したスープや、第一大根湯(または梅醬番茶)や、味噌汁を一杯とかのほうが良いですね。

味噌汁クレンジング、これもかなりデトックス力ありますし、代謝アップできますからね♪

味噌汁も朝から出汁をとって、野菜を煮て、なんてしなくても、お椀に味噌と乾燥わかめと梅干しを入れて、湯を注ぐだけでいいんですから。

ただ絶対にお味噌汁!とか第一大根湯!
とか決まりは何にもなくて。

判を押したような「決まり」よりも、
「今日の体はフルーツ(カリウム)を欲しているか?
味噌汁(ナトリウム)を欲しているか?
もしくは何もいらないか。」

 と、日々の体調によって体の声を聞くのがよいと思います。

二日酔いの翌朝はミネラル&塩分不足で無性にナトリウム(味噌汁)を欲する方もいれば、水分不足で無性にカリウム(果物ジュース)を欲する方もいます。
お酒の飲み方や食べたものによっても翌朝の状態は変わりますから。

朝食抜きとか1日2食とか流行ってますが、特に女子は自律神経を整えて血糖値を安定させるためにも、朝に味噌汁でも、ジュースでも、ミカンひとつぐらいでも入れたほうがよいと私は思っています。

というか、そっちのほうが私には合っています。

要は、朝抜くとか抜かないとかが問題なのではなく、現代人は1日に食べる総量を減らす(腹八分にする)ことが重要なのですから。
1日2食!とか「決まり」でがんじがらめにするのではなく、「お腹がグゥ~ッ」と鳴ったら食べるというように。

そもそも夕飯が遅ければ、朝起きてお腹がグゥ~ッと鳴らないのは当たり前です!
胃に食べ物が残っている証拠ですから。

本当に空腹の時は、自分の体が今食べるべき栄養素を知っています。

お腹一杯食べるというのは酵素を大量に消耗し、確実に老化を早めると思います。
朝食抜いて1日2食だとしても、お腹いっぱい食べていたら結局良くないと思うのです。
逆にしっかり1日3食を「腹八分」で食べていたうちのおばあちゃんは、92歳まで元気に笑って大往生しました。おにぎりお茶

でも戦後の現代人は、なかなか空腹をつくることや腹八分で終わらせることが難しい。
なぜなら、子供のころから「お腹いっぱい食べなさい」って言われてきたから…。


もうすっかり体は秋の準備に入っていますが、まさか、こんなに早く夏が終わるとは思っていなかったので、冷凍庫に凍らせておいたスイカが余りまくってます(泣)

夏にハマっていた「すいかミルク」。

{45C2A767-28CD-4261-BD02-3769AAD81B42:01}


スイカとココナッツミルク(または豆乳)を半々、そして塩ひとつまみをミキサーにかけるだけ。

牛乳OKな方は牛乳でも。
アーモンドミルクでも。
好みで甘酒やはちみつを出してもおいしー。


でもまだスイカ余ってる…。
すいかの酵母作ろうかな。


畑のめぐみにごちそうさま。
AD