晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

クミシュランは、あなたの人生を豊かにするイベントを開催しています。そう、シアワセは感性チャンネルの上に。
【美・アート・心・お仕事】それぞれのクミシュラン。

クミシュラン 感性キッズ主宰 皆川公美子です。

 

先日配信しました、

メールマガジン「ほんものの親子体験 感性キッズ プロジェクト」より

「就職氷河期おわってます」大学でもらった情報&グローバルな人材/オンライン22時」

を転記しますのでどうぞご覧くださいませ。

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

子育てのゴールはどこなのか?

【自分の本当の居場所にリーチする。そして自分の人生に熱中できる子どもに】

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

 


 

先日はムスメの大学のいろいろな説明会に参加してきました。

いろいろな、は就職だったり、留学だったり、

【どう社会へ出て行くプランを考えますか?】という、

子どもを社会へ出す側(親と学校)から見た会です。

 

今日はそこで感じたこと、受け取った情報についてシェアしたいと思います。

 

 

このメルマガは幼児のお母さま、小学生のお母さま、中学生のお母さま、

そして子育てはもう終わってるけどね、というお母さまも読んでくださっているのですが、

子どものことを考えるとき、お母さんの関心事はふたつ、に集約されると思うんです。

 

その子が将来

「食べていけること」

そして

「幸せになること」。

 

 

 

いい教育を受けさせたい。

いい学校へ行かせたい。

いい先生に巡り会えるといいな、

いい大学へ受かるといいな、

 

突き詰めれば

「子どもがきちんと仕事につけるかどうか」ということと

「本人が幸せになれるかどうか」

すべてがそのゴールにつながる考えということが

できるでしょうか。

 

まずはデータ的なことを出しますね。

(これは確率論であり全体論であるので世の中の動きとして。

感性キッズは全員いつなんどきも大丈夫だけどね!)

 

 

{80BE7887-3680-4786-9228-D1A7C26A16DC}


 

 

今は就職氷河期と言われた少し前とはかわって、

売り手市場になっています。

就職に関して、とってもよくなっているのです。乙女のトキメキ

 

大学求人倍率は2013年に1.27(100人の学生に対して127の求人)でしたが

今年1.78(100人の学生に対して178)まであがっています。

 

でもこのデータには業界ごとにかなり差があっって、

金融は0.19(100人の学生に対して19人の募集)

流通は11.32(100にたいして1132人の求人)とでこぼこがあるのも確かです。

 

そして5000人以上の企業では

求人倍率 0.5とか0.39とかですので、

依然として、大きな企業に入るのはある程度倍率が高いのは同じ、というわけです。

 

 

{4E542CFB-35F3-4926-9E9B-CEF47194B708}


 

 

そこで企業側が重視している採用条件はなんだと思いますか?

 

1位がコミュニケーション能力

 

2位は主体性 (能動性とオリジナリティ

 

なんですよ。(2016年一般社団法人 日本経済団体連合会のレポート)

 

学校でたくさんたくさん訓練する協調性は3位。

 

ついでに4位はチャレンジ精神。

 

5位は誠実さ。   です。

 

 

企業としては、人とコミュニケーションのとれる、

要するに人間力の高い人物で

オリジナリティのある、

自分からなにかを生み出したり、発言したり、

やってみたりできる若者を求めているということがわかります。

 

 

 

 

感性キッズは、感性を豊かにするということに主眼を置いていますが、

それは「ふわっと幸せな感じ」とか「芸術的な感性を高める」ことだけに

目的があるのではありません。

 

 

わたしはその子が社会のなかで、地面に足をつけてしっかり歩いていくことに

非常にフォーカスしています。

だからうちの子は「面接になったときに、この子欲しい!」と思われる子に

育てる方向できました。

(実際ふたりとも面接が得意です(笑)笑い話があるの、また今度!)

バイト先の上司との人間関係や

思ったところへ近づいていくスキルも聞かれたら具体的に教えます。

(例えばオリンピックで選手村に入れるようなバイトしてみたい、と言えば

娘にご縁のあるデンマークの大使館のツイッターをフォローしておいたら?とか。

そしてイベントとかがあったら、まずは行って大使と会ってみようと勧める)

 

 

いや、わかりませんよ。

本人が就職したいか、会社をめざすのか、自営やフリーランスをめざすのか。

でも、いい大学へ行くということより

社会へでたときに「こいつ面白いな」と思われる子どもに育って欲しいなと

思ってきました。

 

 

{C182252A-E6FA-45F5-9214-F29274B91B06}


 

 

実際、まわりの起業家、事業家で8桁をこえる年収の方達が

みんな「いい大学」=仮に六大学とか国立?だとしましょうかというと

ぜ〜〜〜〜〜んぜん関係ないな!というのが心からの実感です。

 

 

そしていい大学へ行けば、なんとなくいい会社に入れる、

ということも減ってきています。

採用側は、名前のある大学をでている人材より

実際に使える人材でないと困りますものね。

会社も世界のなかで生き残っていかないといけないしね。

企業が行っている学生対象の安いセミナーなどは、履歴書もって正門から入ってくる就職活動からではないところで「使える人材」とどうやって出会うか、そのことにフォーカスしています。

 

 

かといって、いい大学を否定するものではもちろんありません。

いい大学には、世界で認められている研究をしている教授がいたり、

いい設備がととのっていたり、バックアップ体制がものすごかったり、

やっぱり大勢の人が目指す理由があります。

 

 

{767AE4B1-1F9A-4024-AE30-08A3C12CBA83}


(美しいので便宜的に立教大学のお写真をお借りしました)

 

 

でもそれを一番にフォーカスするより、

その子の中身を耕すこと、

その子の個性を最大に伸ばそうと思っている方が、

結果的にずっといい社会人になるだろうというのが感性キッズの基本です。

 

 

そして仕事人になったって、ならなくたっていい、ということも付け加えておきます(笑)

友人のなかには「わたしはいい男を見つける才能がずば抜けている、そして

その人を絶対に落とすコツをわかってる」と言った人がいます。

(あ〜こ〜が〜れ〜る〜)

その子は実際優しくてお金持ちな男性をゲットして、幸せに暮らしています。

そういうことだって、才能をフルに発揮して生きていることだと思います。

 

 

幼児のお子様のお母さんは

上記のような話を聞いて、

 

「まだまだ遠いなあ〜」と思われているかもしれません。

 

いえいえ、そんなことはないですよ。

 

子どもの個性や内側の強みといったものは、

3年や4年でぱっと花咲くものではなくて、

小さい時からの楽しい積み重ねで花開いていくものだとつくづく思います。

今、いろいろな新しい体験を通じて

子どもの笑顔探しつつ、感性を磨いていたら

それは大きな大きな樹に育ちます。

それを親子でのびのびと楽しんでいけたら最高ですね!

 

 

子どもの感性は日常的な声かけでも大きく伸びます。

正解をぱっと与えずに

「うわ〜きれいだね?」「何に見える?」

「あなたはどう感じているの?」という「あなたは?」ジャンルのことを

折に触れて聞いていきたいですね。

 

お利口な子より

 

人間力と個性ある子に!

 

感性キッズの目指す世界です。
 

 


 

先週、第1回目のオンライン新見和恵さんの「お片づけはマインド」講座がおわりました。

 

{1AEFDBBF-7DD0-40F1-BDC2-98080E286F1B}

 

 

 

笑った〜〜〜〜!!(-^□^-)

 

はい、一番の劣等生は皆川でしたよ!笑。

 

モノと向き合うことは人生と向き合うこと、という結論を導き出された方、

お母さんとの思い出、

子どもとの思い出、にどう接していこうかと考えられた方、

逆に片付けマインドはもう整っているということを確認された方、

さまざまな場面がありました。

 

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12284716510.html

 

 

さあ!次はとうとう

 

グローバルな人材ってなに?

に突入します。

 

ぜひ次の2本はセットでご覧ください。

 

 

 

グローバルな子育て経験者

グローバルに育ってきた人  です。

 

       対象アイコンニコ幼児のお母様 

             小小学生のお母様

             ㊥中学生のお母様

             boy中学生・高校生ご自身 

 

 

パソコン 6/26 (月) 「ドイツ流・グローバルな子育てとは&夫が18時に帰ってくる技術」

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281585914.html

   日独産業協会特別顧問 隅田貫さん 対象: ニコ 小 ㊥ 

幼児・小学生・中学生のお母様、

世界中の人と話をするのが当たり前の世の中です。

英語力が・・・とかそういうことは努力すればできること、

土台をなすマインドのあり方に触れてみませんか?

 

(起業されている方は、ぜひスマハさんご参加ください。

とっても素敵な方で、今も世界の仕事の現場にいらっしゃいます。

知り合ってから勉強させていただく場面がたくさんです!!

 

「日本は女性をもっと褒めるべきです」とニコニコおっしゃるその言葉から

気持ちのいい風〜〜〜〜リーフリーフリーフを感じてしまう皆川です(*^▽^*)

とっても優しいスーパー紳士でいらっしゃいます。グッド!

 

 


パソコン 6/28(水) 22:00〜

「グローバルな若者」はどこにいた?〜中国から日本へ

 

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12283749153.html

 

   慶応大学院 金融とビジネスを勉強・日本で就活中 周世杰さん

       ➡︎速報・面接後ソッコー2社から内定もらったとかおめでとう!祝

                    対象: ニコ 小  ㊥ boy

 

 

 

周さんは中国からきた留学生。

アジアの架け橋になりたい!という熱意で一生懸命にここまで来たと

おっしゃいます。


彼と話すとね、

明るくって、楽天的で

ものすごくいい感じ、なのです。

 

「いや〜僕、金融にまずは会社探してるんですけど、

人のフトコロに飛び込むのうまいから商社がいいんじゃん」って

みんなに言われるんですよ〜。

などと笑うの。

 

学歴もあると思うのですが、

この人と話して、彼を採用しない会社はないな。

ってすぐわかる。

 

どんな風に、何を思って育ってきたのか

聞いてみましょうよ。

 

お母さんにも何を考えて子育てしていたか

インタビューしておいてくださいって

お願いしています。

 

中学生・高校生のお子様自身が参加なさるのも大歓迎です。

 

会社は面接でソッコー2社から内定もらったそうです。

 

うまくいきたいことは

うまくいった人に聞くのが一番スマハさん

うちのムスメにも聞かせようと思います!

お子様が大きい場合は

そのあとで親子でいろいろ話し合うのも面白いと思います。

 

お二人でひとつのパソコンからのご参加の場合はチケットは1枚でオッケー。

違うパソコンからの場合は2枚お求めください。

 

 

今日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

→メールマガジン「ほんものの親子体験 感性キッズ プロジェクト」(無料)

子育てのゴールはどこなのか?

【自分の本当の居場所にリーチする。そして自分の人生に熱中できる子どもに】

ご登録はこちらからどうぞ

 

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クミシュラン 感性キッズ主宰 皆川公美子です。

 

先日配信しました、

メールマガジン「ほんものの親子体験 感性キッズ プロジェクト」より

「感性キッズのワールドについて」

を転記しますのでどうぞご覧くださいませ。

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

子育てのゴールはどこなのか?

【自分の本当の居場所にリーチする。そして自分の人生に熱中できる子どもに】

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

 


 

今日はこれから始まる感性キッズのワールドについて書こうと思います。


感性キッズのホームページを準備中です。
そのなかで、こんな一節があります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

とても幸せな人生を生きる人。

彼らは例外なく自分の内側と外側をマッチングさせている。

 

自分らしく現実を選ぶ事で

生き生きと暮らせる場所を見つける。

 

世界のなかで自分の居場所はどこなのか?

それを知るには多くの体験が必要です。

 

【感性キッズ体験プログラム】 では

五感・知覚・感性で体験したことを、

子どもたちが「自分らしく表現できる」プログラムを。

 

image

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして

【母22時のオンラインカフェ】では世界から多彩なゲストをお呼びしてのセミナーを

おうちにいながらにして体験していただけます。

プロデューサー皆川がチョイスするテーマは、日常の話題から世界の情報まで多岐に渡ります。

 

 

image


 

 

賢く、広々とした視野を持って、お子様の環境を選んで行きたい方にオススメです。

子どもはひとりひとり違いますもんね。

お母さんが子どもの環境を考える上で役に立つ、

クオリティの高いプログラムをご提供していきたいと思います。

 

このプログラムは次のような方には向きません。

 

チェックボックス 子どもの教育に対していますぐズバリ正解をください、という方

 

チェックボックス 子育てをしている道すがら自体が人生の豊かさであるという捉え方に違和感がある方

 

チェックボックス すぐに子育ての成果がでないと嫌な方

 

 

{7E0448E2-BC63-4821-A754-76BA3E2F3B0B}

 

 

どれもわたしが幼い我が子を子育てをしているときに

「この話を聞きたかった!!」≧(´▽`)≦

と思うものばかりをチョイスしています。

 

 

これからは特にAIの時代がやってきて、

そろばんから電卓にかわったみたいに、

いや

インターネットで突然世界の人と繋がれる時代になったみたいに、

そう

携帯電話で、人の生活が根こそぎかわったみたいに、

 

多分もっと

子どもたちの生きる世界は激変します。

 

昨日、これから10年後には

「人類の英知すべてを収蔵した人工知能」が10万円で買えるようになる、

というはなしを聞きました。

 

人工知能は、情報をインプットして、情報処理をする、という段階はとうにこえているのを御存知ですか?

人工知能が手探りをしてネジ穴にねじをはめてまわしたり、

人とあって「今日はこの人、元気がないな」と感じ取ったり、

あたらしいものを作り出したり、

 

そういうことはもうできるようになっているそうです

 

もちろんだからといって悲観的なこと(仕事がなくなる)とかばかりじゃなくて

介護の現場が快適になったり、

より仕事がフレキシブルになったり、そういうこともあると思います。

 

でも言われたことしかできない(要するに指示待ち)の人間は

もういらないと言われてしまう時代になります。

 

そういう時代に

一番価値を持つものはなんだと思いますか?

 

私は

 

「快・不快」「好き・嫌い」をもとにした体験だと思うのです。

 

この人間の身体から自然に沸き起こってくるメカニズムだけは

機械にはどこまでいってもできないことではないでしょうか。

 

話がずいぶん大きくなってしまいました。

 

ご一緒に

必要な情報をゲットし、

心配とおそれは 手放し、

賢く、

楽しい道を、

選択していきましょう!

 

 

お役にたてたら嬉しいです!

っていうかみなさまにお会いして、お話したいです!

 

リアル・ランチ会もやりましょうね!

 

 

6月20日 22寺〜  オンライン練習会④をやります。

 

ZOOMに入るのをやっておきたい。

これからなにが起こるのか説明してほしい。

具体的なお申し込みはどうしたらいいの、

という方はどうぞお申し込みください。

 

■zoom練習会(無料)お申込み

https://ws.formzu.net/dist/S61380725/

 

事務局から返信されるURLをクリックするだけで入れます

(1回目だけダウンロードがあります)

 

 

 

これからのプログラムは以下になります!

 

 

《お申込み方法》

 

◆【参加ホーダイご希望】のかたはこちらから。

(オンラインcafeひと月/参加ホーダイ):5,400円(税込)

*最低6ヶ月の継続をお願いします。

https://peatix.com/subscription/membership/53989/plans

ひと月2講座以上受講される場合はこちらがお得です!

 

◆【ワンデイ受講ご希望】のかたは下記の各イベントお申込みURLからどうぞ。

3,240円(税込)

 

6月のプログラム

 

パソコン 6/17 (土)「お片づけはがんばらない、システムを作りモノの鮮度を感じ取る」

〜家事は雑用ではなくてカミサマのこと」心と家の片付け師・新見和恵さん

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281127292.html ➡終了

人生の究極・この方に会ってほしい。新見和恵さんです。

 

image
 

 

パソコン 6/26 (月) 「ドイツ流・グローバルな子育てとは&夫が18時に帰ってくる技術」

日独産業協会特別顧問 隅田貫さん

 

詳細:http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281585914.html

 

単発(ワンデイ)受講お申込み:

http://peatix.com/event/272971

 

 

 

パソコン 6/28(水) 「グローバルな若者」はどう育ってきたのか〜中国から日本へ

内容詳細:http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12283749153.html

 

   慶応大学院 金融とビジネスを勉強・日本で就活中 周世杰さん

 

単発(ワンデイ)受講お申込み:

http://peatix.com/event/274941/

 

 

7月は

パソコン 7/11(火) 知ると劇的に子育てがかわる「子どもの強み」①〜コンサルタント山口由起子さん

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281866174.html

 

単発(ワンデイ)受講お申込み:

http://peatix.com/event/274709/

 

image
 

 

 

パソコン 7月初旬「デンマークの家族・仕事・子そだて、そしてしあわせ観」

     〜デンマーク人トーマス・タキルドセンさん(人材キャリア会社CEO)

     コペンハーゲンより中継

 

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12283267904.html

    *英語でおはなし、通訳がつきます(トーマスさんは日本語もかなりわかります)

 

image

 

 

 

パソコン 夜22時に家で聞ける演奏 をリクエスト中

 

8月は

パソコン 子育てがかわる「子どもの強み」②〜コンサルタント山口由起子さん

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281866174.html

image

 

パソコン 留学って今の時代どうなの?〜進行中

 

パソコン AIは本当に仕事のほとんどを奪うのか?(仮)

 

 

9月は

 

パソコン 初旬 なうな仏教と子育て、お母さんに向けて

                                浄土真宗僧侶 大來尚順さん

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12282619709.html

 

image
 
image
 
image
 

 

 

パソコン 9/12(火) 子育てがかわる「子どもの強み」③〜コンサルタント山口由起子さん

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281866174.html

image

 

 

パソコン 不思議だけど次世代メイン〜量子力学を生活レベルで知りたい(仮)

 

等々

月に3〜4本の講座をご視聴いただけます。

 

 

◆【参加ホーダイご希望】のかたはこちらから。

(オンラインcafeひと月/参加ホーダイ):5,400円(税込)

https://peatix.com/subscription/membership/53989/plans

月に2本以上ご覧になる方は、こちらのほうがお得です。

 

◆【ワンデイ受講ご希望】のかたは上記のイベントURLよりお申込みください。

3,240円(税込)

 

※最初にPeatixへのログインが必要です。

お名前・メールアドレス・パスワードのみでご登録いただけます。

Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

※オンラインCafe のコンセプトはこちらをご覧ください。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281040805.html

 

※ご参加方法の具体的な流れについて知りたい方はこちらをどうぞ。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281119179.html

 

 

 

→メールマガジン「ほんものの親子体験 感性キッズ プロジェクト」(無料)

子育てのゴールはどこなのか?

【自分の本当の居場所にリーチする。そして自分の人生に熱中できる子どもに】

ご登録はこちらからどうぞ

 

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クミシュラン 感性キッズ主宰 皆川公美子です。

 

先日配信しました、

メールマガジン

「デンマークの教育その③」

を転記しますのでどうぞご覧くださいませ。

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

 


デンマークの教育③

 

以下、「デンマーク人が世界で一番幸せな10の理由」から少し抜粋します。

 

「デンマークの教育システムはエリート養成に向かない。それは確かです。

デンマークの教育は「1番」を目指すものではない。

実は、世界中にエリートと呼ばれる人たちはほんの一握りしかいない。

正確なデータはないが、だいたい世界人口の1%から5%と見積もられている。そうした数値のせいか、あるいは生徒たちの人生を考えてのことか、とにかくデンマークでは95%の生徒たちの教育に重きをおいている。

 (中略)

デンマークの教育システムの目的は、知識をたくさん詰め込むことではない。生徒一人ひとりが自分の個性と能力を発見し、自分に自信がもてるようになること。自分が必要とされていると実感し、社会に居場所を見出せるようになることだ。」(←感性キッズの目指すところと全く重なります。)

 

 

ふつう、先進国の若者は、収入が多い仕事を望み、

子どもたちには有形のもの(土地とかキャッシュとか)を残すことを目指します。

 

デンマークの若者は驚いたことに将来自分の子どもに残したいものとして財産より、

「寛容の精神」

「他人を尊重する心」

「責任感」

「誠実さ」

自主性」

などを上位にあげるそうです。

 

まずもって、形のないものを「子どもにのこしたい物」としてあげるところが、想定外!

そんなの残せるジャンルとしてランクインしていいと思ってないですもん!

 

たくさん稼げる目標は、いつの時代もいいことに間違いないでしょうが、

もしももくろみがはずれたときにはちょっと大変です。

 

自分が心のそこからやりたいこと、自分がどうなりたいという望み、

そういうことが仕事のやりがいにつながっているということを目指してほしい。

 

デンマークでは、国家としてまさにそこを重視していて、

職業訓練の学校であっても、大学へとつづく高等教育のコースであっても、

子どもたちが自分の人生にとって意義のある仕事につけるようにサポートに力をいれています。

 

自治体が運営する進路指導の専門機関まであります。

だからなんでしょうか。

デンマークの若者の60%は自分の人生は自分で決められると考えているそうです。

フランスでそう思っているのは26%、ドイツは23%)

 

日本はどうでしょうね!

 

うちの子どもたちにも自分に合うところに少しずつでもいいので、寄って行ってほしいなとおもいます。

人生は自分で選ぶことができる!

そう思う。

 

 

 

いよいよ22時のオンラインCafe始まります!!

 

 

第一弾は6/17 (土)22時〜23時

新見和恵さんの「お片づけできる子どもに & お片づけできない子と戦わない方法」です。

 

 

 

ひと月オンラインCafeご参加放題(定額制)の

参加ホーダイ会員様ご登録はこちらです

 

■参加ホーダイ(月定額制)ご入会

https://peatix.com/subscription/membership/53989/plans

・最初にpeatixのアカウント登録が必要です。

・メールアドレスとパスワードのみでご登録いただけます。

・Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

■6/17単発ご受講のお申込みはこちらです。

http://peatix.com/event/271348

※ひと月に2講座以上受講される場合は参加ホーダイのほうがお得です。

 

 

7月にご著書を上梓予定!!

 

片付けの基本は子どもの心。

主宰皆川の子どもは、小学生時代にどんな勉強机にしたいのかを掘り下げた結果、

「嵐の勉強机にしたい!」と。(笑)

え?っとなる私をよそに、

自分の好きなアイドルのものを勉強机に全面配置し、

教科書と参考書をほかのところにおくことで、かえってたくさん勉強するようになりました。

 

・片付けのことでお子さんとついつい口喧嘩してしまう…

・何度片づけても結局は散らかってしまう…

・「片付けなさい」以外の言い方が思い浮かばない…

 

などなど、お片付けに関するお母さんの悩みはつきません。

そんなお母さんに片付けられる子どもを育てる基本をお伝えします

でもどうしても片付けられない子どもさんもいます。それはそれでいいのです!

子どもと戦わないで毎日笑顔で暮らしたい・・・そんなお母さんへの解決方法もお伝えします。

対象は幼児・小学生・中学生・高校生のお子様を持つお母さまです。

 

リアルタイムのオンラインなので、ご質問もどうぞ。

 

こちらにも詳しく載せています。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281127292.html

 

カルチャーセンターのような内容で、単発オンライン受講3000円(税抜き)です!

参加ホーダイプランですと、参加ホーダイ(月定額制・参加し放題)で5000円(税抜き)。

 

すっごいゲストが続々決定しています!

ご著書でしか会えない方、テレビでしか会えない方に

クローズなオンラインで直接お会いになってくださいね!

22時オンラインでお会いするのを楽しみにしてます。

 

お申し込みはこちらです

 

■6/17新見和恵さんゲスト講師(単発受講)

http://peatix.com/event/271348

 

■参加ホーダイ(月定額制)ご入会

https://peatix.com/subscription/membership/53989/plans

・最初にpeatixのアカウント登録が必要です。

・メールアドレスとパスワードのみでご登録いただけます。

・Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

◆ 感性キッズメルマガ◆(無料)

子育てのゴールはどこなのか?

【自分の本当の居場所にリーチする。そして自分の人生に熱中できる子どもに】

http://www.reservestock.jp/subscribe/68452

 

どうぞご登録くださいね!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

(株)クミシュラン 感性キッズ主宰 皆川公美子です。

 

先日配信しました、

メールマガジン

夏を控えてキャンプの情報その1&22時のオンラインCafe始まります!

を転記しますのでどうぞご覧くださいませ。

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

 


先日

「皆川さんはキャンプたくさん行っていたのですよね?

はじめたいとおもうのですけど、どこがいいのかもわからなくて・・・」

というご質問をいただきました、

 

う〜〜んなるほど!

そろそろ夏休みの予約もしなきゃだしね!

今日はキャンプの情報をお送りすることにしますはーと
(デンマーク情報いつもどれるの?という方、すみません、すぐに次号を書きます!)

 


 

<今日のメニュー>

 

1)夏を控えてキャンプの情報!①

〜まずはキャンプ場の見つけ方

 

2)いよいよ母22時のオンラインカフェが始まります!

6月のラインナップをお知らせです(^ ^)


 

夏のキャンプというのは、お子様が小さいときはほんとう〜に楽しいですよ。

うちも100泊近く行ったかな(ダンナさんが記録をとっていてみるのもたのしい)、

ある時期行きまくっていました。

 

昔のキャンプといったら、テントをかついで山をのぼり、トイレの穴をほって、

水を川まで汲みに行って、、、と大変でしたけど。

 

でも現代においては近郊にはオートキャンプ場がたくさんありますので、そこに車を乗り付けて、車の横にテントを張るのでらくちん、快適です。


そして炭で料理したもののおいしいこと!空気のおいしいこと!

空と土を満喫しに1泊でも十分楽しめます。

そして家族何人で泊まっても一泊1万円以内のところが多いです。

(テントとタープなど基本的備品はのちほど)

 

まずどんなキャンプ場があるの?ということで、

パラパラ〜っと見るために1冊ムックを購入するのをおすすめします。

 

これはね、ネットじゃあなくて、パラパラできる本が便利です。

 

首都圏から行くオートキャンプ場ガイド2017 (ブルーガイド情報版) ムック 

https://goo.gl/Sz21qD

実業之日本社 

※関西版もあります。

 


そして、「ふ〜〜〜ん」とスペックを見ます。

自宅からの距離とか、お値段とか、

キャンプ場でどのくらい楽しめそうか

(川があるか、ボール遊び可か、焚き火ができるか、花火は可か、、、、、などなど。

森林系か草原系か、海系か)

 

まわりのアクティビティ

(例えば千葉だと海が近い、マザー牧場に近い、海ほたるからすぐで帰りやすい)チェックとか

キャンプサイトの広さ(10m✖10mはあったほうがいい)、

近くに日帰り温泉があるか(➡うちは︎非常に大事はーと)、

 

森林系キャンプ

 

 

そういうものを見ながら、ここがいいな!というのが見つかりましたら、

個人ブログでもう少し角度をもった情報に接します。

 

この方、サムさんのブログはうちでもかなりお世話になりました。

15年ほど前はほんとうに小さなブログだったのに、

やはり情報の質がよくて支持されるため、あっという間にスポンサーのつくサイトになってた!

 

サムさんの「初心者むけオートキャンプ」

https://www.circle-h.jp/shop/app/page/camp_outdoor-sam/

必要なこと、とても親切に書いてくれていますので、ぜひご参考にしてくださいね!

 

 

 

キャンプの醍醐味はなにかってね、

食べること!野外料理!!(くいしんぼう)

BBQは、炭で焼くので、「たんなる肉」が「おいいしい〜〜〜〜!肉」に

たんなる餅が「なにこれ、どこの?おいしいお餅!」に

要するになんでも美味しくなります。

炭って遠赤外線だから、冷めにくくって、火の入り方がガスとは全然ちがいます。

なんだろうこれ!ってほど焼き鳥でも野菜でもなんでもおいしくなります。

マシュマロを焚き火でとろりとさせて、リッツにチョコと一緒にはさむ、子供達は大喜びです。

 

そして、醍醐味その2 ちょっと上級者向けだけどぜひご紹介したいダッチオーブン!

 

 

ようするに鉄鍋なんですけどね。

上下から炭で焼くことができるので、「オーブン」なんです。

フライドチキンはめっちゃジューシーに!

煮込み料理は、圧力鍋のようにお肉がやわらかかく、

タコ飯とかピザとか燻製肉とか、なんでもできます。

「この世の至福ぜよ」一緒に行っていた3家族のママたちのキーワード。

 

 

もう、毎日メルマガ書かないと情報がおいつかないですね。

特に夏は子どもの季節ですもんね。

また書きます。

 


 

その2

 

お母さんのための22時オンラインカフェ第1弾6/17の募集を始めました!

 

お母さんはみんな思い切り忙しい。

日本のお母さんはすっごい。

でも子どもは思ったようには動いてくれないから、夜疲れてくるとわたしは

「ウキーーーーー!!」ってツノが生えてました。(笑)

 

 

でも子育てにおいて、子どもに何を「する」か、

要するに「DO」の部分はあまり関係ないのです。

(赤ちゃんは、このお母さんの元で子ども時代を経験するぞって決めてやってきますから、

そのお母さんのやり方、が正しいわけです。)

 

それが子育て終わりに近づいて、ほんとうに肚に落ちた結論です。

お母さんが何をしても=失敗だ!とか思ったことが100や200あっても、

自分が楽しく本当の意味で自分の人生を歩いていれば

子育ては100%うまくいきます。

 

うまくいく、って言葉もちょっと違和感があるけれど

・・・子どもは結果、幸せになります。

 

世の中には「オタクのおこさま、大丈夫!?乗り遅れてない?!」的な情報があふれていますよね。

 

それもエンタメのひとつとして(笑)、よいと思います。

 

でもこのお母さんのためのオンラインでは全力で

楽しいフォーカスの情報でいきたいと思います❤️

 

 

第一弾は6/17 (土)22時〜23時

新見和恵さんの「お片づけできる子どもに & お片づけできない子と戦わない方法」です。

 

 

ひと月オンラインCafeご参加放題(定額制)の

参加ホーダイ会員様ご登録はこちらです

■参加ホーダイ(月定額制)ご入会

https://peatix.com/subscription/membership/53989/plans

・最初にpeatixのアカウント登録が必要です。

・メールアドレスとパスワードのみでご登録いただけます。

・Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

■6/17単発ご受講のお申込みはこちらです。

http://peatix.com/event/271348

※ひと月に2講座以上受講される場合は参加ホーダイのほうがお得です。

 

 

7月にご著書を上梓予定!!

 

片付けの基本は子どもの心。

主宰皆川の子どもは、小学生時代にどんな勉強机にしたいのかを掘り下げた結果、

「嵐の勉強机にしたい!」と。(笑)え?っとなる私をよそに、

自分の好きなアイドルのものを勉強机に全面配置し、教科書と参考書をほかのところにおくことで、かえってたくさん勉強するようになりました。

・片付けのことでお子さんとついつい口喧嘩してしまう…

・何度片づけても結局は散らかってしまう…

・「片付けなさい」以外の言い方が思い浮かばない…

 

などなど、お片付けに関するお母さんの悩みはつきません。

そんなお母さんに片付けられる子どもを育てる基本をお伝えします

でもどうしても片付けられない子どもさんもいます。それはそれでいいのです!

子どもと戦わないで毎日笑顔で暮らしたい・・・そんなお母さんへの解決方法もお伝えします。

対象は幼児・小学生・中学生・高校生のお子様を持つお母さまです。

 

リアルタイムのオンラインなので、ご質問もどうぞ。

 

こちらにも詳しく載せています。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281127292.html

 

カルチャーセンターのような内容で、単発オンライン受講3000円(税抜き)です!

参加ホーダイプランですと、参加ホーダイ(月定額制・参加し放題)で5000円(税抜き)。

 

すっごいゲストが続々決定しています!

ご著書でしか会えない方、テレビでしか会えない方に

クローズなオンラインで直接お会いになってくださいね!

22時オンラインでお会いするのを楽しみにしてます。

 

お申し込みはこちらです

 

■6/17新見和恵さんゲスト講師(単発受講)

http://peatix.com/event/271348

 

■参加ホーダイ(月定額制)ご入会

https://peatix.com/subscription/membership/53989/plans

・最初にpeatixのアカウント登録が必要です。

・メールアドレスとパスワードのみでご登録いただけます。

・Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

◆ 感性キッズメルマガ◆(無料)

子育てのゴールはどこなのか?

【自分の本当の居場所にリーチする。そして自分の人生に熱中できる子どもに】

http://www.reservestock.jp/subscribe/68452

 

どうぞご登録くださいね!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 

先日配信しました、

メールマガジン

「人生のなかで熱中できる居場所にリーチ。」本物の体験キッズクミシュランvol.15

~デンマークの教育のお話②~

を転記しますのでどうぞご覧くださいませ。

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

 


 

デンマークの教育は個性を大切にする教育。

それってどういうこと?ということを

今日は書こうと思います。

 

デンマークの教育では、義務教育のところではない、

特徴的なふたつの学校制度があるのですが

そこのところをご紹介。

 

小学校・中学校で義務教育が終わると、

普通高校に行く子と

職業訓練の高校に行く子に分かれるのは

ヨーロッパでは多い制度のようですが

デンマークにはエフタスコーレ(英語でアフタースクールの意味)

というのとフォルケホイスコーレという制度があります。

 

まずエフタスコーレについて。

 

これは希望すると行ける1年間の全寮制の学校で、

14〜18歳の子どもが入学できます。

教科の復習をしつつ、

生徒の興味があるような科目

(音楽・スポーツ・乗馬・美術・農業など)

をもたせているのが特徴です。

 

エフタスコーレとは、デンマーク独特の学校形態である、全寮制の中学校を指し示す。学校法人が運営するフリースクールであり、14歳から18歳の学童を対象としており、8年生―11年生水準の教育を実施する。  エフタスコーレには長い伝統があり、最初の学校は1851年に設立されたといわれている。地方の農家の子弟を対象に、当時の小学校教育の延長及び補足の教育を施すために設立された。  それ以降、エフタスコーレは全国に広がりをみせ、現在ではおよそ250校、生徒数に関しては、義務教育卒業者の2割強がエフタスコーレを卒業しているとされている。 (こちらのページよりお借りしました。

http://kwww3.koshigaya.bunkyo.ac.jp/wiki/index.php/%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AC

 

 

そう、ここは「立ち止まり時間」なのです。

 

通常の学校教育では学べないような、

自分の隠れた才能や興味にフォーカスして

創造性、自主性、友達との横の連帯感

などを獲得します。

 

普通の学校でいまひとつパッとしなかった子が

エフタスコーレで自分の特技を発見した

というケースは多いそうです。

 

デンマークのティーンエイジャーの15%以上が

毎年このエフタスコーレに入学しているといいます。

自己表現の自信をつけて高校へ行ったり、大学へ行ったり、

社会に出ていくことをサポートする役目も担っています。

 

あるデンマーク人の女の子がいいます。

「高校までわたしは本当に反抗的な子でした。

バカなことばっかりしてた。

でも

やり直すチャンスが欲しい

ってずっと思っていて、、、

ここでコミュニケーション力と

寛容の精神を身につけたおかげで

自分とは違うタイプの人間も受け入れたり

尊重できるようになったの。」

 

 

 

 

そしてもうひとつ、

フォルケホイスコーレについても少し。

これは

「学ぶ意欲を育てるための場所」

だそうです。

 

一種の生涯教育の場所

希望すれば誰でも入れます。

(長女はここへ1年留学することを目標にしているようです。入学資格は17歳以上であることと、デンマーク語か英語ができること。資格はとれません。)

 

IT、福祉、幼児教育、デザイン、体育、芸術、

等々それぞれが多彩な私立学校で、

デンマークの文科省によると

2012年のデータで長期コースには約1万人、

短期コースには約4万5千人が参加したといいます。

 

他人と競争する必要も、卒業試験も受ける必要もないいわゆるフリースクール。

こちらに少し詳しく出ています。

http://www.folkehojskole.jp/skoler/osusume18.pdf

 

これを見るだけでもワクワクしますね!

 

 

正規の学校教育でないこれら2つの学校の様子を見ていると、

国家として「豊かな人生」という課題に

正面から取り組んでいる様子が伺われます。

 

デンマークの教育システムの目的は、知識をたくさん詰め込むことではない。

生徒一人ひとりが自分の個性と能力を発見し、自分に自信が持てるようになること。

自分が必要とされていると実感し、社会に居場所をみいだせるようになることだ。

(マレーヌ・ライダル「デンマーク人が世界で一番幸せな10の理由」サンマーク出版 より)

 

成熟した大人の国、

そういう印象を受けませんか?

 

ふつうの先進国の若者は、収入が多い仕事を好ましく思い、

将来そういう仕事につくために学問を専攻しようとします。

 

これは日本においてもその傾向がありますね。

 

実際イギリスの若者の19.1%、アメリカの31.15%が

自分の両親よりも金銭的に恵まれた生活をしたい

と考えているといいます。

 

一方、デンマークではその値はわずか11.8%です。

 

デンマークの若者は将来自分の子供に残したいものとして

財産よりも、寛容の精神、他人を尊重する心、

責任感、誠実さ、自主性などを真っ先にあげるそうです。

 

びっくりしますね!

「子どもに何を残したいですか?」と聞かれて

お金やモノでない、目に見えない精神性を

子供に残したいという日本人はいるのでしょうか。

 

もちろん日本では税金制度も違うし、社会保障も違う。

学校に行くにも、老人ホームに入るにも

多額のお金が必要ですから、

そんなこと言っちゃあいられません!

そもそも「残すもの」に無形のものが入るという概念自体が

あまりないかもしれません。

 

けれども、

人生のなかで何を豊かと考えるか、

その参考にすることはできそうです。

 

次回は、自由に自分の道を選ぶ、ということについて。

そこのところのデンマーク事情をご紹介しようと思います。

 


 

「我が子には自分の人生に熱中する人になってほしいな」という方へ

 

熱中し、自分の能力を生かせる場所にリーチするには、

「自分にとって○○だったなぁ~」という体験を重ねることが何より大切です。

 

職業体験として制服を着るだけ、というものではなく、

子ども達の心が動くクオリティの高い体験を。

 

あ、おもろそう!という方はぜひお越しください。

 

感性キッズ第1弾

トップサウンドプロデューサーとレコーディングスタジオ体験!

5月28日(日)です。

 

それはこんな体験です。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12271809344.html

 

 

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました!

 

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

 

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 

今年の3月から

我が子らしくいられる場所を探そう!

をテーマに感性キッズ・クミシュランのメルマガをはじめました。

 

【感性キッズ】は、

子どもたちがクオリティの高い体験に出会う場所。

そしてお母さんも一緒に楽しもう!の場所です。

 

これから伸びゆく子どもたちの生きるチカラを育むため、

お母さん(お父さん)に共に楽しむ体験イベントをご用意する。

クミシュランではそのようなことを考えています

このメルマガでは、

親子で行けるこんな良質なエンターテイメントのチケットが発売になりましたよ〜

という情報や子どもたちの生きるアンテナを磨く日常的なヒント、

クミシュランイベントのお知らせなどを配信していく予定です。

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

 

vol.1クミシュラン自己紹介

 

vol.2 モチベーションの威力を知った娘のデンマーク旅行①

 

vol.3 「モチベーションの威力とデンマークの幸せ力を知った娘の単身デンマーク旅行②」

 
 

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

image

 

 


 

お待たせしました!

5/28(日) 感性キッズ・第1弾!

 

ホンモノのレコーディング体験で遊ぼう!

受付開始いたしました。

 

楽しく遊ぶようにホンモノ体験を!

普段なかなかお会いすることもない

サウンドプロデューサーと、

ホンモノの機材でレコーディングしましょう。

 

忘れられない経験になると思います!

 

image 

 

体験の詳細はこちらをご覧ください。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12265560127.html

 

お申込みは下記からどうぞ!

 

■5月28日(日)①10時〜12時半(残1組)

http://www.reservestock.jp/events/182531

 

■5月28日(日)②13時半〜16時

http://www.reservestock.jp/events/182544

 

お待ちしています!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 

先日配信しました、

メールマガジン

「子どもたちに生きるチカラと感性を!」本物の親子体験キッズクミシュランvol.14

~デンマークのお話①~

を転記しますのでどうぞご覧くださいませ。

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

 

 


 

こんにちは。皆川公美子です。

 

FBで折に触れて

幸福度世界ナンバーワンのデンマークの話をしていたら、

とっても反響をいただくので、

このお話をしばらくご紹介してみますね。

 

image

 

ただ単にデンマークシステムいいなあ!

と羨ましがるのでなくて、

 

「うちの子は日本の教育システムのなかで育ち、

日本で就職する、仕事をする可能性大」

というなかで、

日本のシステムには欠陥があるのは十も承知だけど、

でも子どもたちが豊かな人生を歩む最善の道をチョイスするわ!

という思いを共有するためにお伝えしようと思います。

 

まずデンマークは幸福度ランキング1位と言われますが、

これは国連のワールドハピネスレポート(世界幸福度報告書)によります。

 


国連と米コロンビア大学が設立した「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」と、

同大学地球研究所は最新の「世界幸福度報告書2016」。幸福度は、社会をより健康に、より効率的にする手段として、幸せの質を数値化したものです。

この幸福度ランキングは2012年に開始され、2016年で4回目となります。

157カ国を対象に、一人当たりの国内総生産(GDP)、社会的支援、健康寿命、社会的自由、寛容さ、汚職の無さなど、6要素を手掛かりに幸福度を調査しています。


 

というなかでデンマークは

2013、2014、2016年に1位に輝いて、2015年は3位でした。

 

ちなみに2016年日本は53位です。

 

全体的には下記のことにまつわること、を書こうかなと思います。

 

1.デンマーク教育の最終目的は子どもが自分の居場所を見つけるということ。

 

2.自立して自由に自分の道を選べる、ということの意味

 

3.  いつでも何回でも「やっぱりこっちかな?」という変更がきく

 

4.デンマーク人は現実的な夢をもつリアリストであるということ

 

わたしのデンマーク人の友人家族とのおつきあいからや、

デンマークについて記述されている本や、

デンマーク、フィンランドの方面で

東京でお仕事をされている方からのお話、

などで構成しようと思います。

 

今日はまずプロローグとして

 

デンマーク人のライフスタイル

について書こうと思います。

 

高校生のときに実家にホームステイしていたトーマスくんは

今や40代のおじさんですが、

わたしの弟のような存在で、彼の家のことも登場させちゃいます。

 

image

 

教科書などでとても有名なとおり、

デンマークは福祉国家で、学校、病院、は無料、

夏休みは普通5週間で、家族そろって長い旅行に出かけます。

 

税金がとっても高い

(ヴィッツなどの小型の車が300万円くらい、

たばこは800円くらいというので目安になるでしょうか)

 

ですが、そのかわり、

老後のことを心配していないので、

基本お給料はぱ〜〜〜っと使って、

貯金に心を砕くということはありません。

 

汚職がほとんどない

(市会議員はボランティアです)ので、

みんな安心して税金を払っていて、

その分老後の保証として自分に巡ってくるということを、

一分のすきもなく信じています。

 

(こういう書き方をする自分が日本人だなあと思ったりしますw)

 

コペンハーゲン近郊に住んでいる一般会社員は、

朝8時くらいに会社へ学校へと家族が家をでて行きます。

そして夕方5時にはもう全員が帰宅していて(!)

食事を作るのはお父さんだったりする家もたくさんあります。

お母さんは

「わたしはお洗濯のほうが好きなの」

と平然と言い放って、なんの不思議もありません。

(だいたいは共働きですし)

 

夏ですと夜22時くらいまで日が沈まないので、

7時に夕食を食べ終わった後も、

また海へ出かけたり、友人の家に集まったり、

笑いながらとても楽しくすごし

(水曜日とか普通の平日にです)

 

そしてまた翌日の8時前に

みんな出勤、通学という日常を送っています。

 

デンマーク人の安心感たら、

とてつもないものがあります。

 

デンマークに遊びに行った時にまず驚いたのは、

彼らはベビーカーの中に赤ちゃんを乗せたまま、

お店のそとに置いて、食事をしたり、洋服を見たりするのです!

 

どのお店の前にもベビーカーが置いてあって、

中から赤ちゃんの声が聞こえたときはギョーテン!したものでした。

 

日本でそんなことする母親はいません。

わたしなど、子どもを公園にひとりで行かせるのも心配でした。

(とほほ)

 

日本において全体から見た犯罪の数は、

むしろ減ってきていると言われますが、

テレビで流れる事件を見ていると不安ばかりが増大されますよね。

 

その、壊れやすい安心の部分を、

ずっとキープしてきているデンマーク人のすごさよ!

 

デンマークに遊びにいっていた2000年あたり、

パリのアメリカ人ならぬ、

ニューヨークのデンマーク人が、

赤ちゃん入りのベビーカーを店外に放置して食事をし、

逮捕されるという事件がありました。

 

そのときのデンマーク人たちの反応は

 

「なんでっ!!!!!意味不明!!!!」)))><」

 

笑。

 

ただ単に、福祉国家というシステムが

平和を生んでいるのではなくて、

人に対する信頼、国家に対する安心感が

この状況を生んでいるのだなあとつくづく思います。

 

人が生き生きとした安心した気持ちを

持っているということが、

社会全体に波紋のように広がっていて、

そこをキープしようという努力、

そこがすごいですよね!

 

 

アンビリバボーな天国さを残す国家なので、お子様連れのご旅行には最適です。

(ヨーロッパへの航空便は北極経由なので、北欧はパリやロンドンより近いですよ〜ハート

 

次回もデンマークのおはなしです。

デンマークの教育は、個性を大切にする教育で、

それってどういう?

ということを書こうと思います。

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 


お待たせしました!

5/28(日) 感性キッズ・第1弾!

 

ホンモノのレコーディング体験で遊ぼう!

受付開始いたしました。

 

楽しく遊ぶようにホンモノ体験を!

普段なかなかお会いすることもない

サウンドプロデューサーと、

ホンモノの機材でレコーディングしましょう。

 

忘れられない経験になると思います!

 

image 

 

体験の詳細はこちらをご覧ください。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12265560127.html

 

お申込みは下記からどうぞ!

 

■5月28日(日)①10時〜12時半(残1組)

http://www.reservestock.jp/events/182531

 

■5月28日(日)②13時半〜16時

http://www.reservestock.jp/events/182544

 

お待ちしています!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 

先日配信しました、

メールマガジン

「子どもたちに生きるチカラと感性を!」本物の親子体験キッズクミシュランvol.11

を転記しますのでどうぞご覧くださいませ。

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

【感性キッズ】は、

我が子らしくいられる場所を探そう!

をテーマに

子どもたちがクオリティの高い体験に出会う場所。

そしてお母さんも一緒に楽しもう!の場所です。

 

 

今日は

「ラジオDJの山本シュウさんとお会いしました!」

のお話です。

 

レモンさん、

という愛称で呼ばれている山本シュウさんは

オールナイトニッポンのDJを務めた人気DJで、

そして品川区のPTA会長を5年務められ、

その活動を綴った本が大人気。

 

 

当時、

子どもたちが直接電話してこられるように

電話番号を公開され、

現在もいろいろな会でお話をしたり、

「ういあー親戚プロジェクト」

というのをやっていて、

そりゃもうエネルギーのかたまり

みたいな方です。

 

以下レモンさんのお話です。

 

あのな、

これからはもう「人として」という世界であって「男とか女とか」言う必要もないんやなと思って。

特性、才能、そういうものをどんどん生かしていったらいいと思って。

 

娘が3歳のときからうちでは

「おままごと家族会議」をしとるんや。

 

パパとママが

「君たちに対して願ってることはなんでしょうっ、

ほら、手〜あげて!」というと娘が

「シヤワセ〜〜」とか言うんや。

「じゃあ、幸せってなんでしょう?」

「ジブンのこころがヨロコブこと〜〜!」

「そのために必要なことってなんでしょうか」

「イキルチカラ〜〜!」

「でもいろんなことがあって、心が喜べなくなったときはどうするの?」

「ココロがよろこべるようにするの〜〜!」

 

じゃあ、ココロがよろこぶようになるには

どんなメニューがある?考えようか。

 

そう言って子どもから引き出す。

大人から助け船を出すこともあるけど、ね。

 

例えばTBSラジオで「全国子ども相談室」を永六輔さんからバトンもらって7年やってたんだけど、こうしなさいっていう答えを子どもたちに言ったことは一度もなくね、

それは子どものこと「わかる」なんて100年はやいってずっとおもってる。

子どもはこうです!っていう教育者なんかおかしいと思うわ。

100万人いたら100万とおりの答えがあるのにね。

 

はなしをどんどんどんどん引き出して行って、

それだけで自分に気づいていく子もいる。

(→これは大人もおなじですよね)

 

例えばいじめの問題があったらさ、

「きみは最終的にはどうしたいの?」

と聞いてみる。

「学校行きたい」

レモンさん

「そうか、学校行きたいんかおっけー。じゃあ、行くためにはどんなメニューがあるか一緒に考えよう」

子ども

「ん・・・・・・・」

レモンさん

「いじめがあって、このこと知ってる先生は誰?担任は?」

子ども

「担任、ぜったいあかん。人のためになんか動いてくれへん。」

レモンさん

「じゃあ、保健室の先生は?」「学童は?」

 

そうやって聞いてみる。

そうするうちにこれお決まりのパターンでな、聞いてみるねん。

「じゃあ、明日新幹線乗ってきみの学校にレモンさんが乗り込んだろ。そいでびしっといじめやめさせる」っていうてみるの。

 

そうすると必ず子どもが「うふっ」って笑う。

100%です。「うふっ」って笑うのね。

 

この人、本気で力になろうとしてくれてる!

ってわかるだけで、人は笑うことができるんよね。

でも本当に学校に来て欲しいって言う子は皆無なんだよ。

 

具体的に考えられて、整理ができて、この人自分の味方に本気でなってくれようとしているってわかったら、子どもは生きる力というやつが出てくる。

まあ具体的にはいじめの話はもう少し個別につめていくことが必要やけどな。

 <レモンさんのお話ここまで>

 

今、

なにもかもなげうって

キミの味方になるよ!

って公言できる大人は少ないのかもしれません。

 

レモンさんの体当たり加減には心を打たれます。

 

 

子どもは自分の存在を守ることが、

まだまだ難しい、社会的には弱い存在。

自分の居場所を自分で決めることができません。

 

だからこそ、

将来あなたはどこででも生きていけるんだよ、

自分が一番生きやすいところで生きていいんだよ!

自分の居場所を見つける旅が幸せになる旅なんだよ、と

大人が言ってあげることが絶対に必要だと思います。

 

 

 

 

 

【新体験・感性キッズ】5/28レコーディングスタジオ体験・募集開始です!

→午前中は残席1です!午後はまだ余裕です^o^

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12265560127.html

 

image

image


 

メールマガジン(無料)

「子どもたちに生きるチカラと感性を!」本物の親子体験キッズクミシュラン

→ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 

先日配信しました、

メールマガジン

「子どもたちに生きるチカラと感性を!」本物の親子体験キッズクミシュランvol.10

を転記しますのでどうぞご覧くださいませ。

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

【感性キッズ】は、

我が子らしくいられる場所を探そう!

をテーマに

子どもたちがクオリティの高い体験に出会う場所。

そしてお母さんも一緒に楽しもう!の場所です。

 

今日のメニューは、


「あなたの子育てが一番正しい」

ってその昔、夫が言ったはなし。


でお届けいたしますね!

 

子どもたちがまだ小学校だったころ、

日々いろいろなことで悩みがありました。

 

例えばこんなことです。

 

【小4で待ち合わせもままならないのに、

子どもだけ5人でディズニーランドに行くと学校で約束して帰ってきて、

年パスを持ってすでにガンガン子どもだけで行かせているお宅のお子さんもいるなか、

うちは子どもだけは反対だ、でもどうしようか、、、、】

 

ありがちですよね!

 

子育てが

自分の家の中で完結している年齢のあいだは

100%親のポリシーで子育てができる。

 

でも子どもが社会性をもちだして、

子どもだけで動き始める年齢は、

各家庭のポリシーが入り乱れて

一瞬話が複雑になってしまう時期があります。

 

ディズニーランドに

小4の子どもたちを子どもだけで行かせるのは、

どうですか?「可」ですか?「不可」ですか?

5人で行こうという話に学校でなったなか、

4人のお子さんは行くことになり、

我が家だけがいけないと言っている、

どうしますか?

 

①「うちはだめです、親のいうことを聞きなさい」となぜだめかを説明し行かせない方法、

②「じゃあ、条件付き、お母さんがひとりついていきます」という妥協案、

③「仕事もあるし、しょうがない、自分のポリシーに反するけど子どもだけで行かせるか」という方法、

④「ほかのお子さんのお母さんと話して解決策をさぐる」という方法

 

そのほかにもありますでしょうか。

 

こういうことって、以外と頻繁に起こりますよね。

 

子どもは「わたしだけ行けないなんてありえない」

とーぜん泣いて怒ります!

 

親にとっては

ここは子育てのポリシーだ譲れない、、みたいな。

(我が家の場合は、小4くらいで高額なチケット買うDLに行かせるのはやっぱり分不相応というものだし、安全に対するリスクもおおきいと判断していた)

 

悩むわたしに夫が言いました。

 

「うちの子は俺たちを親として選んで生まれてきたんだから、どういう決断をして、それが可とでようが不可とでようが、いいんじゃないか。」

 

 

仮にムスメを行かせなかったとき、

行ったあとの4人は

一生の思い出になるくらい楽しくて、

仲間外れとか積極的な悪気はないが、

4人はその話ばっかりして、

学校でのそのグループでの

ムスメの居場所がなくなっていくという

悲しい出来事がもしかしたら起こるかもしれません。

 

「行かせた」として、

そのことに味をしめたムスメが

「こないだはよかったじゃない!」とばかり、

どんどん子どもだけで行くようになり、

結果危険な目にあうかもしれません。

 

逆に行かせてハラハラしたけど、

自分たちだけでできたという自信が

ものすごい成長と学びにつながって、

ムスメは一気に成長するかもしれません。

 

キャラクターによっても、受け取り方って全く違う。

 

跳び箱が飛べない子どもに

「まだまだだ!がんばれ」

ですごく伸びる子もいれば、

同じように「まだまだだ!頑張れ」

と言ったときにものすごいトラウマになって

一生「あのとき・・・」と親を恨む子もいる。

 

無責任なようだけど、

子どもに言ったことが、

どのような結果として出てくるか、

わかんないのですよね、

 

子どものキャラクターや

正確なそのときの状況は、

そう、わ・か・ん・な・いのです。

 

 

親でも予測不可能です。

そのことを受け入れようと夫は言いました。

 

 

仮にそのとき

子どもが大きなトラウマを背負ったとして、

失敗〜!!でも

(なるべくならそれはないほうがいいですけれど)

もっと人生を引いて俯瞰してみたときに、

「長い人生のなかでだれかの気持ちを理解する並外れた共感力」にそだつことだってある、

実はそれが元からすごく長けているお子さんで

超売れっ子のカウンセラーになるというギフト」が起こるかもしれない。

 

もしも仮に

どんなにいびつな親だったとしても

それを人生の糧として、

人は「経験」にしていくのだと思います。

 

人生は死ぬまでいつも

「人生の過程にいる」のですもんね。

 

どのようなことがあっても、

すべて経験として

その子のよきことに転化されていく。

 

親がそれを信じているかぎり、

よきことに転化されていくと思います。

(このことは倫理的な意味ではなくて、科学的、エネルギー的にそうなのだと最近確信をもっています。精神科の先生のお話も伺いつつ、まとまったらまた書きたいと思います)

 

だからといって、親側が子どもを虐待したりしていいわけじゃあないし、

もちろん虐待自体はいけないわ。

 

うわ〜〜今日は話が大きくなりすぎたかな。

 

感性キッズを運営していくコアの部分の

「わたしが信じること〜子どもはその親の元での経験をするためにやってきている。

それがなんであっても」

について書きました。


このプロジェクトは

子どもへの体験提供の場であるとともに

お母さんたちが楽しい場にしたいのです。

(母の場は、hahahaランド、という名前にしようかな♪( ´▽`))

子育てだって、楽しくなくちゃ、

やる気なくす!(笑)

 

全面的自己犠牲のうえに成り立つ子育て、

さようなら。

 

 

5月から子ども体験のプレ開講をしたいと思っています。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

メールマガジン(無料)

「子どもたちに生きるチカラと感性を!」本物の親子体験キッズクミシュラン

→ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 

先日配信しました、

メールマガジン

「子どもたちに生きるチカラと感性を!」本物の親子体験キッズクミシュランvol.9

を転記しますのでどうぞご覧くださいませ。

 

→メールマガジン(無料)ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

 

今日のメニューはこちらです。


1、ホリエモンの言葉

『いかにいい大学に入るか』ではなく、

『いかに自分だけの幸福を見つけ、追求するか』。

少し量がありますので、ワンタイトルでいきますね!


 

今日はホリエモンの言葉をシェアします。

 

ホリエモンは奇抜な言動でいつも世間の注目を浴びていますが、

わたしはとても人間の内面と本質を見ている人だと思っています。

 

ここから、転載です。

(出典はこちらhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170321-00010004-jisin-soci

 

 

「インターネットの発達と、

LCCなどの低コストの移動手段のおかげで、

僕たちは国境を無視して世界の誰とでも瞬時に交流できるようになった。

国家は“想像の共同体”とも呼ばれましたが、

まさに今、その枠組みは意味を失いました。

名実ともに虚構の産物です。

 

その“国家幻想”の消滅と同時に、

社会から『幸福の正解』もなくなりました。

いい大学に進学し、いい企業に就職し、

結婚ができれば安泰だという従来の幸せモデルはもはや機能しない

 

今、僕たちが向き合うべき課題は、

『いかにいい大学に入るか』ではなく、

『いかに自分だけの幸福を見つけ、追求するか』です」

 

国家が設定した義務教育を経て、

健全な労働者となるーー

これまでの幸せのロールモデルをなぞるのをやめ、

自分だけの幸福を追求するということは、

用意されたレールの上を歩くのを拒否するということだ。

では、レールから外れた後はどうすればいいのか。

 

「進むべき方向、何のために何をするのか、

どんな風にするのか、すべてを自分で決め、

自ら責任を負いながら突き進めばいいんです。

新しい時代を楽しく生きるために欠かせないこの原動力を、僕はシンプルに

『没頭する力』と呼んでいます。

 

僕はこれまでの人生で、

親や学校教育に忠実だったことは一度もない。

僕が唯一従っていたのは、

何かにのめり込んでいく自分、

つまり『没頭』です。

 

それが僕を数々の遊びに、

パソコンに、そして幾多のビジネスに向かわせてきた。

 

僕にお金や学び、

そして何より生きる楽しさを与えてくれたのは、

学校ではなく、没頭という体験だったと断言します。

 

とにかく、

今の自分が夢中になれるものに徹底的にハマればいいんです」

 

たしかに好きなことに夢中になるだけでいいのなら、

これほど幸せなことはないだろう。

しかし、この弱肉強食の世の中、

それで本当に食っていけるのだろうか?

 

「僕は常々、

『遊びは未来の仕事になる』と言ってきました。

IT業界の仕事を思い浮かべれば、

『遊びから生まれたもの』の割合がとても高い。

 

現在、世界で大ヒット中のSNSアプリ『スナップチャット』は、

送った写真などが最大で24時間で消えてしまうという特徴があり、『所有』よりも『アクセス』に価値を見出すデジタル世代の若者に受けた理由がこれです。開発者のエヴァン・スピーゲルも、『重要なのは〈楽しさ〉』と語っています。

 

この『楽しさ』は、幸福にもつながります。

僕は、これからの幸福の指標は

『感情のシェア』だと考えています。

その感情とは、『楽しい』『嬉しい』『気持ちいい』といった『快』です。『快』をシェアすると、そこにたくさんの賛同者が集まり、つながっていく。そして、つながった全員に豊かさがもたらされる。

 

 

 

この共感こそ、

これからの世界を動かす原動力です。

 

ピコ太郎は、

『快のシェア』をグローバルな単位で実現した好例です。

彼自身も、初めから世界的ヒットを狙ったのではなく、

自分の『面白い』『楽しい』をシェアしたい

という純粋な思いから動画を作ったと話しています。

 

やりたいことに本気で取り組めば、

必ず支持してくれる人が出てくるということです」

 

やりたくないことをやらされているだけでは、

いいものは生まれないし、そもそも続かない。

 

職を得るのが困難な時代、

むしろ無理に外へ求めるのではなく、

自分の中で本当にやりたいことを見極め、

腰を据えてそれに取り組んでみることで、

おのずと道は開けるのではないだろうか。

 

『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論』より


 

転載以上。

 

このホリエモンの文章をお読みになって

どのようなご感想をお持ちになったでしょうか?

 

・全面的にそのとおりだ!と思った方、

・そうは言っても「デキるホリエモンならではの成功法則では?」と思った方、

・極端すぎる!と思った方、

・それって起業家だけにあてはまる、サラリーマンには関係ないんじゃ?と思った方、

 

いろいろいらっしゃるかと思います。

 

わたしはといえば

「没頭力」をつかって「楽しさ」「得意」をつきつめていくやり方、大賛成!

 

苦手は結局、多大なエネルギーと時間をつかって克服しても、

社会へ出てからそれほど役立たないな、というのが実感です。

 

「細かい作業が苦手」

「ルーティンワークが苦手」

「数学の問題が苦手」

等々

 

それらは克服したところで、得意な人には最後まで勝てません。

 

それより得意を伸ばして、

人が追いつけないようなもので勝負したほうが、

ずっとパフォーマンスがあがります。

 

 

今日は勝ち負けモードなの?

 

そうですね!(笑)

 

子どものシアワセモードは

勝ち負けとはクロスしないという考えも

とてもうなづきます。

自分の内面が満ち足りていればいいのですもの。

 

けれど勝ち負けというのは語弊があるにしても、

社会のなかで、

我が子が現実的にシアワセを見つけるにはどうしたらいいのか、

理想論ではなくて現実に考えていきたいと思います。

サラリーマンでも公務員でも主婦でも主夫でも起業家でも、

必要なのは没頭力。

とホリエモン。

 

今目の前にある大好きなことに、

すごい馬力で取り組む、

そのパワーが無敵だということは、誰もがうなづく原理ではないでしょうか。

 

親ができることは、

いろいろなことを体験させてあげて、

子どもたちが自分の「これ好き!」という

「快」のセンサーで没頭力に出会う手伝い、

それにつきると思います。

 

人が没頭している顔は、大人でも子どもでも美しい♡

 

 

 

 

 

メールマガジン(無料)

「子どもたちに生きるチカラと感性を!」本物の親子体験キッズクミシュラン

→ご登録はこちらからどうぞ

 ※ご登録いただきますとバックナンバーもご覧いただけます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)