晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

クミシュランは、あなたの人生を豊かにするイベントを開催しています。そう、シアワセは感性チャンネルの上に。
【美・アート・心・お仕事】それぞれのクミシュラン。

倶楽部クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 

染五郎さん歌舞伎を見に行きましょう!≧(´▽`)≦

➡満席になりました。キャンセル待ち承ります。

 

 

染五郎さんは言わずと知れた日本歌舞伎界のプリンス。

その演技力の確かさには定評があります。

松本幸四郎さんの息子さんで、松たか子さんのお兄さん。

歌舞伎では常連のお客様よりお声がかかります。「よ!高麗屋!!」ってねグッド!ウインク

 

歌舞伎だけでなく、舞台や映画、ドラマでも大活躍で、

海老蔵さんや中村獅童さんとともに

日本の歌舞伎から新しい演劇まで、背負っていかれるお方ですね。

 

6/25からは

シネマ歌舞伎史上最大のカメラ19台で撮影した

超大作アテルイが全国で封切りになりますので、

今はご本人もその話題でもちきりのようです。

➡︎ご本人のブログです。

 

➡︎シネマ歌舞伎歌舞伎nextアテルイ映像  これすごそう!

 

 

 

1973年生まれ。43歳。

➡︎プロフィールはこちら。

 

重鎮、というポジションでもなく

もはや、若手でもない。

ノリに乗ってる日本を代表する役者さんです。

今回は割と気楽に楽しく見られる舞台ですので、

生の染五郎さんを間近で目撃しましょう。

 

野球チームもやっていて、中村獅童さんや海老蔵さんと

同じチームだとか。。。

 

 

解説は、わかりやすさに定評のある名倉民子さんです。

➡︎前回のみなさまのご感想はこちらです

 

(前回の様子です)

 

名倉さんは日本文化に造詣が深く、

お茶も嗜まれます。

 

昨年はニューヨークで野点のイベントをされました。

 

 

名倉さんより。

「今回は、「巡業」といって全国のホールをまわる歌舞伎公演を、

クミシュランで皆様と一緒に楽しみたいと思います。


巡業は、歌舞伎座などで行われる公演と比べ、

良いお席でリーズナブルに見られることが一番の魅力です。

会場の雰囲気もライトで気楽に楽しめるので、

歌舞伎を見たことがない方にもぴったりの公演だと思います。


公演の主役は、市川染五郎さん

歌舞伎の名門のお家の方で、ご存知松たか子さんのお兄様です。

舞台映えするスッキリとした姿と、歌舞伎に対する熱すぎる情熱をお持ちの、今ノリに乗っている役者さんです。
作品は有名な赤穂浪士のお芝居コミカルな踊りなど、見ごたえのあるラインナップとなっております。
ぜひこの機会に、歌舞伎の世界に足を踏み入れてみませんか?

皆様にお会いできますことを楽しみにしています!」

 

歌舞伎の番頭さんがお友達だったり、

月に何度も何度も歌舞伎に足を運ばれる歌舞伎LOVEの名倉さん。

日本の心と、日本のホープの役者さん、そして日本のお話で

笑いあり、ホロリありの歌舞伎のステージへぜひご一緒しましょうね。

 

☆☆☆==================================================☆☆☆

 

【日 時】 2016年7月1日(金) 11:00~16:00くらい

 

 

【内 容】 11:00~12:00  

                                    お食事をしながら、名倉民子さんの歌舞伎解説を聞く

          12:30~16:00くらいまで  歌舞伎観劇(王子 北とぴあ)

 

              松竹大歌舞伎

              ご挨拶/晒三番叟/松浦の太鼓/粟餅

            [出演]市川染五郎 / 市川高麗蔵 / 中村歌昇 /

                        中村壱太郎 / 嵐橘三郎 / 他

 

【場 所】 王子・北とぴあ お食事の場所はご参加者にお知らせいたします。。

 

【参加費】12,000円 (チケット、名倉さんの解説込み。ご飲食費は各自ご精算くださいませ。)

 

【入金のご案内】 ※後日別メールにて事務局よりご案内いたします。

 

 

お申し込みはこちらへお願いいたします。

PC・スマホ

https://ws.formzu.net/fgen/S96551661/

 

携帯電話

https://ws.formzu.net/mgen/S96551661/

 

正面特等のとてもよいお席ですので、ぜひご一緒いたしましょう!

満席となりました。キャンセル待ち承ります。

 

☆☆☆==================================================☆☆☆

 

お待ちしております!

 

 

 

 


 

星倶楽部クミシュラン特別ライブイベント星

一般募集開始しました!

6/24(金) 「身体とろけるオーボエと世界のドラマはあなたの上に

《ゲスト》 ・ベルリン在住 世界的オーボエイスト渡辺克也氏    
・パリと日本を行き来するベストセラー翻訳家 松本百合子氏

お申込みはこちらからどうぞ。(一般募集開始しました)

 

7/15(金) ライブペインティングアート

《ゲスト》

世界でただ一人、ローラーペインティングの

ライブパフォーマーさとうたけし氏

お申込みはこちらからどうぞ。

 

 

     【オープンイベント・語らせて!倶楽部クミシュランお茶会サーキット】        会員制の倶楽部クミシュランを発足しました。    
世界を舞台に活躍するアーティストや講演者とありえない近距離・また少人数で接し、ワールドを浴びる一期一会の体験の会。生きるための感性や品格が磨かれ、内側から輝く人になりたい方、第一線で光り輝く方達と知り合う場が欲しい方、どなたでもご入会可能です。    

         
6/10(金) 13時~15時半 パレスホテル東京アフタヌーンティー        
➡︎NYの風全開バージョン        
■6/14(火) 13時~15時半 パレスホテル東京アフタヌーンティー        
➡︎NYの風全開バージョン
   

お申し込みはこちらへどうぞ    
https://ws.formzu.net/fgen/S5346668/

 

オープン クミシュランこれからのイベント

 

6/16(木)ながいわよしこさんゲスト 「ハイブランドと雑誌の会」vol.11

➡満席・キャンセル待ち承ります

 

6/28(火)ながいわよしこさんゲスト 「ハイブランドと雑誌の会」vol.12

 

7/1(金)      
名倉民子さんゲスト講師 
染五郎さん歌舞伎へ行きましょう 

 ➡満席・キャンセル待ち承ります

 

7/5(火)ながいわよしこさんゲスト 「ハイブランドと雑誌の会」vol.13

 

7/9(土)山口由起子さんゲスト 美的世界の住人さんいらっしゃいお茶会vol.9

 ➡満席・キャンセル待ち承ります

先行ご案内の登録について    
美的世界の住人さんいらっしゃいお茶会(ゲスト山口由起子さん)    
 こちらからどうぞ。
   

     
ハイブランドと雑誌の会(ゲストながいわよしこさん)      

  こちらからどうぞ。        

       
※ご登録いただいた方には一般告知に先駆けてご案内いたします。
   

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
倶楽部クミシュラン 皆川公美子です。

野村萬斎さんのござる乃座53rdの観劇会を催しました。

image

大東豊美さんゲスト講師です。

image
この会は萬斎さんが主催し、演目も決めていらっしゃる会と伺いました。
一人芝居など、チャレンジングなものをいれていらっしゃいます。

梟山伏
出演:野村裕基・深田博治・・内藤連(3/23)/中村修一(3/27)


見物左衛門 花見
出演:野村萬斎
萬斎さんの一人芝居すごかった。


素囃子「早舞」

お囃子のトランス!といった趣

鬮罪人
出演:野村萬斎・野村万作・石田幸雄・高野和憲・中村修一・飯田豪・野村裕基・岡聡史

ほんとうに笑いました!





ゲスト講師 大東豊美さん

image


image


まずはみなさんで神楽坂ランチ。
ここで大東さんの狂言の楽しみ方などを伺い、
楽しい時間をすごしました。
{33CB6AA8-9768-424D-83E6-2E9AD4F67EBD:01}


image

image


image


そして国立能楽堂へ移動。

{A7A566BB-E513-4AAD-8347-AC679F79E090:01}

{6B36D176-166E-4CA6-ACD5-BE9B7D5B2741:01}

{E0987DCA-AB43-4D31-B09C-636B7088DF6A:01}



終わった後駅のホームで皆さんで
萬斎さんのステージに接した喜びを語り合いました。


人間の生きる普遍的な悲哀というか、
おかしみというか、
狂言というのはそういうものを
「これはあなたの物語でもあるのです」
とていねいに すくい上げて見せてくれます。

真摯に生きてれば生きてるほど、
はたからみると滑稽に見えて可笑しい(*^_^*)のですよね。

それを萬斎さんは見事に演じていらっしゃりました。
萬斎さんが真剣な顔で演じれば演じるほど
きょとんとした可笑しみが加わり、
笑いたくなっちゃう。
会場はくすくすわははと笑う時に
なんだか人間が生きるの愛おしさを感じて
ホロリと涙まで出てきてしまう。
そんなステージでした。


神さまはきっと人間が地上で一生懸命生きているのを愛おしく笑ってみていてくれるでしょう。
それとステージの上の世界=狂言がかさなります。



そういう狂言ってね、
もともと能の深遠さ、深刻さに対するお口直し的な立ち位置だったみたいなのですね。
笑いの時間だから、おトイレどうぞ~的な。

でもそこに、
人の生きる本当のきらめきがある。
普遍的な真実があって、
そこに人は惹かれるのよね。
あはは、まいっか、笑って行こう、みたいに。




《ご参加の皆さまどうもありがとうございました!》

山際真紀さん

藤野曜子さん

・Sさん

清水理佐さん

原田美絵さん

・Oさん

磯部雅代さん

・Wさん

・リセットセラピスト 
 今成輝和さん




【語らせて!倶楽部クミシュランお茶会サーキット】

会員制の倶楽部クミシュランを発足しました。
世界を舞台に活躍するアーティストや講演者とありえない近距離・また少人数で接し、ワールドを浴びる一期一会の体験の会。生きるための感性や品格が磨かれ、内側から輝く人になりたい方、第一線で光り輝く方達と知り合う場が欲しい方、どなたでもご入会可能です。

■4/8(金)12時半~14時半 マンダリンオリエンタルアフタヌーンティー➡︎満席

■4/15(金) 11時半~14時 アマン東京 アフタヌーンティ➡︎満席


《追加しました!》

■4/11(月) 13時~15時半パレスホテル東京アフタヌーンティ

■4/27(水) 13時~15時半パレスホテル東京アフタヌーンティ 

お申し込みはこちらへどうぞ

https://ws.formzu.net/fgen/S5346668/


《遠方の方はハングアウトへどうぞ》
4/5  4/11です。

http://ameblo.jp/tomokotmk/entry-12141444014.html



クミシュランのこれからのイベント

4月19日
 山口由起子さんゲスト「美的世界の住人さんいらっしゃいお茶会vol.7」
 ➡満席・キャンセル待ち承ります

5月9日(月)
 ながいわよしこさんゲスト「ハイブランドと雑誌の会」vol.9
 ➡満席・キャンセル待ち承ります

5月11日(水)
 ながいわよしこさんゲスト「ハイブランドと雑誌の会」vol.10
 ➡満席・キャンセル待ち承ります
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン皆川公美子です。

名倉民子さんをガイドにお迎えし、
浅草の新春花形歌舞伎に行ってきましたよ~。


{3A999114-3EDA-4027-957E-A50382D7E550:01}
すてきな皆様方が集まってくださりました。
まんなかの鮮やかん黄色のお洋服が名倉民子さん。


翌日の名倉さんのふぇいすぶっく
皆川公美子さん主催のイベントで歌舞伎の観劇前レクチャーをさせていただきました!歌舞伎は初体験の方が多かったのですが、皆さん感性が本当に素晴らしく、たくさんのことを舞台から感じていただけたようです。私も楽しかった!
歌舞伎を含めた芸術って、作る側と観る側の生命と生命のぶつかり合いだな、と思う。自分ときちんと向き合って生きている人ほど、舞台から色々なことを感じている。良い物を感じたいなら、自分と向き合って生きることだ。それが感性を磨くということなのかな...などということを参加者の皆様をみていて思いました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。』

奥深い言葉だと思います。


感性ってなんだろうと思うと、
外のものを感じているような錯覚がありますが、
結局は「自分のなかにあるもの」が
外の刺激(歌舞伎や音楽や絵画やなんでも)によって
共鳴しているということじゃないかと思うのです。

だから体感=体幹 なのではないかと思ったりします・・・



image
ゲスト講師の名倉民子さんは、
月に何度も歌舞伎に行くほどの歌舞伎好き。
ご出演の若手役者さんとも親交がおありで、
きっとそこでも歌舞伎の情報をいろいろゲットされているのでしょう。

image
解説はホテルの最上階、スカイツリーがすっごくよく見える
絶景レストランです。


image
解説くださる民子さん。

「花形歌舞伎の見どころは、若い役者さんたちが
一所懸命に努める姿、
今回もお一人をのぞきみなさん平成生まれの
若いかたたちばかりです。」


中村国生(くにお)さん は中村橋之助さんと三田寛子さんのご長男。成駒屋。


中村米吉さんは22歳!中村歌六さんの息子さんで女方。播磨屋。



尾上松也さん。
正統派イケメン。
今回義経千本桜で主役の忠信=子きつねの役でした。
(泣かされた~。)
前田敦っちゃんと交際しているという報道でにぎわいました。

公式ブログ http://ameblo.jp/onoe-matsuya/




坂東新悟さん
すばらしい女方(また修行中とはいえ)になられるのではないかと
思いました。
ただはんなり女らしいというより、しなりがあるというか
しなやかというか、義経千本桜の静御前が素晴らしかった。

民子さんオススメ、新悟さんブログはこちら➡︎http://ameblo.jp/goroku456/




中村隼人さん
お父様は中村錦之助さん。
正真正銘イケメン 二代目のイロオトコという感じの隼人さん。
オフィシャルブログはこちらです。http://ameblo.jp/ha-yatonakamura/




民子さんのレジュメには登場人物やあらすじがまとめられています。
そしてストーリーをなぞりながら、楽しくお話してくださり、
引き込まれます。

頭のなかで場面を想像しながら、観劇1回目を脳内で見ている感じ。


名倉民子さん

当時の私が歌舞伎を見て思ったことは、
「あ、私これで生きていける」ということ。なぜか、大きな安心感を感じたのでした。
その安心感の正体、当時はわからなかったのですが、今考えると自分の中に「基準」ができたからかな、と思うのです。
美しさの基準、正しさの基準、一流の基準。
変化が早く、様々な価値観が存在する現代の世の中では、
何が大切なのかわからなくなってしまうことが多々ありますが、
歌舞伎は何百年も私たち日本人が受け継いできた「基準」というものを教えてくれるのです。

また、歌舞伎は本当にたくさんの美しさに溢れています。
衣装や化粧の色彩、女形さんの所作、ストーリーの中に見られる人間の情、「大向う」の掛け声の粋など...そんな美しさを発見する度に、
自分の中の「日本人
DNA」が呼び起こされるのを感じます。    


image


image


image


image


image


image

説明を聞いたあとは浅草公会堂へ移動。


さあ、幕があがります!

image

歌舞伎は
「一声 二顔 三姿」といわれているそうです。

まずは「声」なのですね。

それを思って聞くとほんとに声の届き方には違いがありました。

今まで歌舞伎は数回の経験でしたが、
やはり染五郎さんの声の響きはすごかったし、
ベテラン勢はお歳を召しているはずなのに
なぜかすごく声が届く。


お腹の底からだしている、なんてことは当然中の当然なのですが、
それでも何かの違いがでるのです。
声の大きさを機械ではかったら多分おなじくらい。
野球ではよく「重い球」という表現をしますよね。
同じ150キロでていても、
球の「重さ」が違うと。
あのニュアンスと同じような気がします。

みなさん大きい声はでているのですけれど、
それにしてもこちらへの共鳴度合いが違うというか・・・。

とてもおもしろい経験でした。

{C3049B82-4138-4676-A83E-EC4D7E2C22CC:01}
プログラムは

◼︎お年玉 年始ご挨拶

◼︎歌舞伎十八番の内
毛抜き

◼︎義経千本桜
 ~川連相館の場       でした。


ご一緒くださったみなさま、ありがとうございました。


当日のわたしのイデタチをどなたかが見たいとおっしゃってくださったので、
貼っておきますね。

image

image

image



ご参加くださいましたのは、


商品プロフィール&まんがライター
りんどうまきさん


おひさまの日記
エイミーさん


ジャンクナス裕子さん


眉職人
riccaさん


ものづくり&カウンセリング
あおいまいさん


ダンス・ヨガスタジオ主宰
清藤美智子さん


出口ちひろさん



英語コンサルタント
星敦代さん


自家製麹料理アドバイザー
浅賀明日香さん


パーソナルコーディネーター
信田教子さん


みなさま、ありがとうございました

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン皆川公美子です。


「体感アートツアー」を開催しました。

ところは、大好きなDIC川村記念美術館
千葉の佐倉というところにあり、
東京駅八重洲口から直行バスで1時間ちょっと。

image


こんなにすごいところなのです。
お城!と思いますね。
遠からず

広大な敷地のなかに、白鳥の泳ぐ池と
11もの部屋をもつ広大な美術館。
民間の美術館なのに、ものすごいのです。
わたしの大好きな美術館

そしてそのなかのひとつに
マークロスコルームというところがあります。
その部屋の体感がすごい!ので
「絵画で感じることを体感しよう!」というテーマで開催しました。



image
まずはレストランでお食事。

image


image


image


ご参加の方で、自己紹介のあと、
身体に意識を向けていただきます。
「どのお料理が一番すきだった?」
「それはどんな感触?感じ?擬音語でもいいし、、」
「今身体のなかをスキャンしてみる意識でなぞってみると、どんな感じ?」
「右足が冷たい」「胃のあたりが重たい」・・・
「お腹が熱い・・・」

自分の身体の状態や味わっているものについて
なかなか深く意識している瞬間はありません。
それをやってみて、「感性でとらえたり、感じることで捉えるモード」
に入っていただきます。

それから美術館へ

image
レストランを外からみたところ。



image

白鳥たちがくつろいでます

image


image


ここからは館内なので
写真を撮ることができませんでしたが・・・

image

お部屋ごとに特色のある展示をやっています。
ヨーロッパ近代絵画の部屋。
レンブラントの部屋。
彫刻の部屋。
日本画の部屋。
フランクステラの大型作品の部屋。

そして「マークロスコのシーグラム壁画」の部屋。

{6967EBA3-F6F0-49EC-B8D4-33DD67852427:01}

ここの体感はものすごいです。

わたしなどはあたまがきーーんと押されるような感じ。

ご参加のかよこさんは目をつぶってもその迫力が感じられるのはなぜ?
と書いていらっしゃいます。

➡︎マークロスコの扉(かよこさんオススメブログ。感じ、についてよくわかる)


「ここらへんが、き、気持ち悪い~」
「持って行かれる・・・」
「ずっときーーんと言ってる感じ」

ここのお部屋だけ空気の密度が違う気がします。
ロスコはこの大画面のキャンバスには
その意味がある。
「大きな絵を描くとき、画家はそこに入り込む」


あそこは自分が元気なときしかは入れません。
監視員のおばさんがずっとあそこに座っているのを
心配になってしまう。。。。
健康状態は大丈夫なのか。。。
ずっとうなだれていらしたけど。。。
(多分静かにしていらしただけです

この絵の前では、人が泣き出したり
祈りの心境になったりいろいろなことが起こるようです。

色や形で人を感動させる、ということを排除して
深い精神的作用を起こす、
ロスコは自己表現に絵を用いることなど
全然関心がない
、と言っていました。


超ベヴィー級の空気です。


image


そのあとの2回はフランクステラ他の
現代美術。

メンタリティがあっかるい
正直ほっとしたりして・・・

image
このあとお茶室で

「感じたことのシェア」をしました。

ここがこのイベントの醍醐味です!

次回に続く




image


image


ご参加くださった

画伯ヒーラー
仲丸ともえさん

デザイン・アーティスト
大橋かよこさん

矢口沙綾さん

ありがとうございました!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クミシュラン 皆川公美子です。

【チケット予約のため募集開始2016.1/17 新春イケメン歌舞伎♡】

イケメン歌舞伎、見たい人集まれ~♡
クミシュラン新春特別企画、新春花形歌舞伎を
名倉 民子さんのガイドで見に行きます。

➡︎満席になりましたありがとうございます。


*こちらは大阪の花形歌舞伎の写真。

 
ほとんどが平成生まれ、
いま乗りにのっているオールスター若手ばかりで
初心者にもわかりやすい演目なのですごく楽しめると思います。
はじめてだけど、見てみたい~な方ほど楽しめるというわけです。
 

チケットはとあるルートから、よい席をお取りくださるそうですよ!
た、た、たのしみ!
これから歌舞伎を見てみたいって方は、
この歌舞伎から入りましょう♪( ´▽`)
 

以下、超~~美しい、名倉民子さんより!

【新春浅草歌舞伎は、正月の浅草にて花形役者だけで行われる
毎年恒例の歌舞伎です。花形役者とは若手の役者さんのことです。
  
歌舞伎役者は一生演じるため40歳くらいまでは若手で、
花形役者と呼ばれます。
それにしても今回の役者は本当に若い!
花形のよさは、若くてピチピチの姿(笑)はもちろんのこと、
芸に対する真剣なまなざし、
さわやかな演技♡なんです

【私が歌舞伎を好きな理由】

私が歌舞伎を初めて見たのは、8年ほど前。
当時あることで人生に行き詰まっていた私は、
世の中を知るために色々な芸術に触れていて、
その中に歌舞伎がありました。

当時の私が歌舞伎を見て思ったことは、
「あ、私これで生きていける」ということ。なぜか、大きな安心感を感じたのでした。
その安心感の正体、当時はわからなかったのですが、今考えると自分の中に「基準」ができたからかな、と思うのです。
美しさの基準、正しさの基準、一流の基準。
変化が早く、様々な価値観が存在する現代の世の中では、
何が大切なのかわからなくなってしまうことが多々ありますが、
歌舞伎は何百年も私たち日本人が受け継いできた「基準」というものを教えてくれるのです。

また、歌舞伎は本当にたくさんの美しさに溢れています。
衣装や化粧の色彩、女形さんの所作、ストーリーの中に見られる人間の情、「大向う」の掛け声の粋など...そんな美しさを発見する度に、
自分の中の「日本人
DNA」が呼び起こされるのを感じます。    



 前回名倉さんのナビゲートで行ったときの記事

 期せずして涙。初心者の歌舞伎鑑賞 ~名倉民子さんのナビゲート

 ➡︎
歌舞伎・連獅子はテクノ・トランス!~初心者の歌舞伎・魂持って行かれ編




【新春イケメン歌舞伎】

■演目  年始お年玉ご挨拶
     
     毛抜き

     義経千本桜 

日時:2016年1月17日 (日)
    
      13:00~
  歌舞伎お茶会~歌舞伎を見まくっている名倉さんの
  「生き生きとした演劇として歌舞伎が見られるガイド」

  15:00~18:30 浅草の劇場にて観劇

 
■参加費  15,000円(チケット料込み)
      15,700円(チケット料・イヤホンガイド込み)
      歌舞伎経験がまだ浅いかなと思われる方はイヤホンガイド
      をオススメします。
      その場面の時代による意味、現代と異なる言葉遣いなどを
      解説してくれます。
ご飲食代は各自でご清算くださるよう、お願いいたします。

■場所  浅草


11/20くらいにとあるルートへお願いする予定です。
そのあとでも多少の調整はきくと思いますが、
保証の限りではございません。
ご都合がお分かりになる方は、お早めのお申し込みをお待ちしております。



お申し込みはこちらからどうぞ

PC・スマホの方

https://ws.formzu.net/fgen/S96551661/

携帯電話の方

https://ws.formzu.net/mfgen/S96551661/






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 秋のプレミアム軽井沢ツアー。

ゲストは波岸歩さん。

本当に嬉しいことに、キャンセル待ち・満席での開催となりました。
{82B72314-4645-4C6A-BCC9-5BD8DCB36DBC:01}

image




image



まずはレストラン・個室をとってのランチ。

ル・ボン・ヴィボンというお店でコースをいただきました。

ここのお料理、本当においしかった。
私はメインは魚料理をいただきましたが、
香りが良くて驚きました。

image


image


image


image



image




image

メインのお魚料理。


image


コースをいただきながらわたしから、
感性のお話をしました。
これは、普段、感覚five会でお伝えしていることのミニ版です。

見ることで身の回りの世界を脳に取り入れている人、
聴くことで取り入れている人、
言葉で世界を構成し直して自分の世界に
取り入れている人、

大きく分けて3パターンを
どのようなバランスで使っているだろう、
どこが一番得意ですか?
それによって周りとのコミュにけーションはどうなっているでしょう、
そして例えばどういう職業の人はここを使っていることが多い、

そんなお話しです。

写真のように世界をパシャっと画像で切り取っている人は、
思い出の中に自分が出てきません。
当たり前だよね、自分がとった写真なのだもの。

でも、言葉で世界を記憶している人は
思い出の中に自分が出て来ます。

映像タイプの方が取り入れている情報量は並みじゃないので
かえってコトバが追いつかない人が多いのも特徴です。
デザイナーがプレゼンが得意でないパターンが多いのも
認知特性によることが多い・・・。


みなさんがご自分のことを話してくださるのも面白くて、
時間を忘れました。

image




そのつぎは波岸歩さんの
ニューリリースのエネルギーワーク。
始めの一歩を後押しし、
それぞれにコトバを降ろしてくださいました。

image

私は倶楽部クミシュランのことをイメージしていましたが、
【巻き込む】というキーワードが出てきました。
(波岸さんは、私が何をイメージしているかを知りません)


{BD062E92-7096-4983-ACAC-8696497D6AE5:01}


レストラン。
シェフもステキな方でした。
「今日の軽井沢は、年に数回レベルの
気持ち良さですよ!」なんて教えてくださいました。
{425050C5-D940-4EA6-AE4B-2826E2010C2F:01}

{4B0483C0-2E69-4188-91F9-8820F738590A:01}
レストランからは、秋から冬へ向かう軽井沢の自然を堪能しながら、千住博美術館へ。


{8A868498-92C9-4776-B2CF-FC89F154A800:01}



{C7A8556F-2374-40A5-B054-D0CC8F4AE86D:01}



{611864FC-B5F4-4FDA-A21D-3F562183C265:01}



着いた!

{43BFF53F-FA26-4087-9EC6-FC20275FB6C3:01}

こちらは西沢立衛さんの建築で
建物自体もすごく美しい。


{E568ADE3-6106-4E5A-9412-10F39ED27915:01}



{0C5B8639-200F-436A-9C8C-050F1900F99D:01}

アプローチを歩く皆様。
{204F1256-140E-4131-9CDD-E513339B6181:01}



人口灯をほとんど使わず、
自然光のみで見せようとするつくりでした。
絵に自然光が当たると傷む、という理由で
日本のほとんどの美術館では
日光を中に入れないつくりです。
けれどここは、違いました。
自然のの共生、そとの自然を館内にとりこむかたちで
そしてそこに一緒に絵も存在している。


千住博さんは、
人が自然の側に立つ、ということを
日頃から説いていらっしゃり、
それを設計の思想に取り入れているのだなあと思いました。
{A3F3576F-810E-4B63-9101-8019704BE9B0:01}

{EA0F4213-F92E-4FE0-962B-EE11E93C81CA:01}

{81146ABE-F265-4FBB-9556-B5F1327DBE43:01}

ウォーターフォールという
イタリアのヴイエンナーレで受賞している作品は
専用のお部屋があり、
本当に滝の前にいるよう。

千住さんの作品は、
そのものが、滝。
そのものが、世界です。
作品の前に立つのではなくて、
そこに世界があって、
中に入るような感覚です。

今回の体験では絵の世界に入って
それぞれ個々がどのように感じるか、
体感があるのか
何を感じるのか、
知識以外の「体験」の部分も
よ~く感じてみてくださいとお願いいたしました。


その世界は、
どこの次元のどこの世界だろう。
聴こえる音、
音の響き方、
空気の密度、
まわりの明るさ、、、


どうぞ千住さんの作品の前に立って見てください。
銀座の画廊でもいいですが、
一度は、
ここ軽井沢、千住博美術館へどうぞ。

館内のものすごく気のいいところで、
さらに!
波岸歩さんが、
お財布ヒーリングをしてくれました。
そして一人一人にアドバイスを。

なんて盛りだくさんな企画!
って我ながらそう思いました(笑)



image


image

浅野屋カフェに立ち寄った組。







{482548A8-75D8-42E8-AD28-FB3525C0D1C2:01}

{9A1F1BFF-B96F-4CA7-9974-0B55AE26DFC9:01}

りんどうまきさんの美しい写真を拝借しました。

最後に今回のステキなメンバーを
ご紹介ラブ

ゲストの
サイキックカウンセラー
波岸歩さん


まんがも描けるプロフィールライター
りんどうまきさん
イラストレーターさんなので、
絵の質感を綿密に見てられました。
図録を嬉しそうに抱えてかわゆす!



コンテンポラリーダンサー
ダンス・ヨガ・アーユルヴェーダスタジオ主宰
清藤美智子さん

11/9に横須賀の神社で、
ありえないロケーション・ヨガをやるそうです。行きたい!
http://smart.reservestock.jp/event_form/index/88677


セラピスト
武田まさこさん
リーディングをしていらっしゃるマナマコさん。軽井沢の気はどうだっただろう。
ゴールドのウォーターフォールを丁寧に見ていらっっしゃいました。
ほんとうにスンプルに端正なオーラをまとっていらして、安心感のある
マナマコさん。あなたの神社リーデイング、おすすめです!



会社員・プリザーブドフラワーショップ準備中
Rieさん

只今、ワクワクな計画を準備中でいらっしゃいます。
先日のヨーロッパ出張は目を離せませんでした。
ベルギーチョコを日本にご紹介されるかも!
楽しみにお待ちしてますハート


ライフコーチ・研修会社経営
鮫島未央さん
ご自分の影響力を自覚するように、
というメッセージが降りていた。
この方の真実追求はすごいです。
左脳も右脳もいつもすごく高いレベルで、
なんていうのかな「逃がさないよ、真実を」って感じの気迫を感じる・・・。
未央さんの世界が楽しみ!



出張鍼灸師
宮田あずささん
実はエネルギーを動かしながら
鍼灸をされている。
その腕は波岸さんも大絶賛してました。
ご自分の家やサロンまで出張してきてくださいます、


アロマアドバイザー
*key*さん
自由でふわ~っとした本当にステキな空気感のけいさん。
もっと自由でいいのか~と思いました、なんて仰りながら、仙台→長野→軽井沢。
あの、充分自由だと思います(笑)
人を油断させてしまうゆるい空気がとっても魅力的


デザイン・絵の制作
渡辺里香さん
初めてお会いしましたが、デザイナーさんのオーラバリバリのステキなりかさん。
これからもっともっとご自分を解放されていくんだなあと感じました。
雰囲気にとても自由さをお持ちなんだけど、
それがなんというのかな、芯のある強い自由さ、を感じるのですよね。
美しいものをほんとうにお好きなのだなと思いました。


みなさま、本当にありがとうございました!
またお会いするのを楽しみにしています。



波岸歩さんの次の企画は
「お願い事のしかた」クミシュラン会です。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12001889977.html

歩さんのリーディングはほんとうに精度が高い。
昨日もそれを目の当たりにしました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 皆川公美子です。

秋のクミシュラン・プレミアム企画です

一年で一番、風がステキな季節。

軽井沢にて波岸歩さんと皆川公美子のコラボイベントを開催いたします。

ランチと千住博美術館、感性についてのミニ講座、そしてエネルギーワーク2つ付
のおなかいっぱいイベントです

➡︎満席ありがとうございます。ただいまよりキャンセル待ちを受付させていただきます。




軽井沢へ。(東京ー軽井沢は1時間ちょっとです。)


①ランチ
まずは 中軽井沢のビストロフレンチの名店

ル・ボン・ビヴォン へ。



こちらのレストランの個室で、
ランチをいただきながら、
②感覚FIVEのミニ版を皆川がご紹介します。
(今回はワークはやりません)

人はすべてのものごとを自分の感性で捉えています。
もっと言うと、それぞれの脳は世界を違った方法でとらえています。

まず結論ありきで話したい?それとも経過とか前提をひとつひとつ踏みたい?
場所を教えるときは、さっと地図を描く?それとも道順で話す?
想い出のなかに自分が出てくる?出てこない?
小学校のころ、算数は絵で捉えるのと概念で捉えるのとどっちが得意だった?
これらは脳が世界の取り入れ方をどのようにしているか、
人それぞれ違うということに起因します。

人は自分のとらえ方をみんなが同じようにしていると思うから
あれ?ってことや
こら!ってことが(笑)起こるのですね。
お仕事の選び方や適した仕事の仕方、
子どものパターンについても、
お話したいと思います。


行動面での「4つのポジショニング」というものがありますが、
こちらはモノのとらえ方「3つポジ」とお考えいただけるとイメージしやすいかもしれません。


お食事は軽井沢のビストロフレンチ、ル・ボン・ヴィボン。
季節によってかわりますが、同店のイメージ映像を
ご覧くださいませ。



当日のコースはお昼のプチコースです。

お食事の最後に、波岸歩さんの
③「お財布ヒーリング」をしていただきます。

もう、これについてはご説明の必要はないですね。
お財布にたまっている疲弊感をお掃除してとりのぞき、
エネルギーの流れをよくして、お金がどんどん入ってくるように
整えてもらいます。
そして年収設定もきちんとしていただけます。

さ・ら・に
今回、波岸歩さんならではの、
ニューリリースのエネルギーワークをやっていただきます。

④「新たな一歩、クリエイティビティに関するヒーリング」です。

クリエイティビティと言うと、絵を描くの?とか何か新しいものを生み出すってこと?
という連想をする方も多いと思うのですが、
そればかりではありません。

例えば、
「今日はこんなやり方を試してみようかな?」とか
「昨日とは違う意見だけど、こっちのほうがいい気がする」とか
どこかからやってくる自分のインスピレーションってありますよね?
「新しいことをやってみよう」というエネルギーもどこから来るのか分からないけど
やってくることがありますよね?
それは自分の無意識領域からやって来ることが多いのですが、
波岸歩さんはその「新たな一歩」を生み出すことに働きかけるエネルギーワーク
をやってくださいます。

考えてみたら、すべての人が毎日新たな一歩を踏み出すわけですが
お仕事や生活のなかで、
怖れやブロックに煩わされずに、進んでいきたいすべての方へ。

実力主義のサイキックカウンセラーさんのエネルギーワークを
試してみてください。

(波岸歩さんは常時検証を重ね、
実際の作用を確認して本物のエネルギーワークを追究していらっしゃいます。
ニューリリースの今回のワークは特別にモニター様としてお受けいただけるものです。
ぜひみなさまのご感想をお願いいたします。
お名前に関しては公表・非公表のご希望を伺いますね。)


ランチが終わったら次は、お待ちかね!
⑤千住博美術館へ。

波岸歩さんも私もずっとこの美術館に行く日を待っていました





image


この美術館は建築家・西沢立衛さんによります。
プリツカー賞日本建築学会賞作品賞3度、吉岡賞他多数受賞。
西沢さんの建築は真っ白なものが多い。そして曲線を扱うのが
得意なんだなあ~と思います。

金沢21世紀美術館➡素晴らしかったよ~。


豊島美術館➡瀬戸内の旅のとき行って素晴らしかった
なんと、記事書いてなかった書きます。
ここは展示物はありません展示物は自然




十和田美術館➡行きたい!(笑)


そして中に展示物のほう、千住博さんは日本を代表する美術家です。
海外でも絵がものすごい高値で取引される世界的画家。。。
元京都造形大学の学長。
(確かアメリカ在住だったような・・・)

千住博氏は東京、京都、ニューヨークを拠点として精力的に制作活動を続け、ヴェネツィアビエンナーレ絵画部門で東洋人として初めて名誉賞を受賞、いま世界で最も注目されている作家です。当館では千住作品を紹介するために、1978年から制作された重要な作品群を収蔵しております。
(美術館HPより)

千住博さんは、
天才三兄弟として世にも名高い千住家の一番上のお兄さんです。
真中の弟さんは、作曲家の千住明さん。
末の妹さんは、これまた世界的バイオリニストの千住真理子さん。
横浜ご出身のアーティストなので、横浜在住のワタシには地元応援感ありありです

もとい。

軽井沢の豊かな自然に囲まれた場所で、
建築と美術が溶けあった美術館。
美しいものからインスピレーションを受けたいかたには、
建築と作品からもダイレクトにクリエイティビティを刺激されることでしょう。


【プレミアム・軽井沢企画~ゲスト波岸歩さん】

■10月25日【日】 現地11:30~16:00ゆっくりできる方は17:00

■ 波岸歩さんの個別お財布ヒーリング
  波岸さんの新しいエネルギーワーク「新しい一歩のヒーリング」
    皆川公美子の感覚FIVEミニ版  が含まれています。

軽井沢駅南口タクシー乗り場に11時20分集合 
  (直接ランチ会場に来られる場合はフォームズにてお知らせくださいませ)
    往路 ご参考: 東京9:56→上野10:01→大宮10:21→→→軽井沢11:13 

  レストランに直接来られる場合はル・ボン・ヴィボンへお越しください。

  帰りの便ご参考
  千住博美術館を4時すぎに出る方 16:35軽井沢発 → 東京17:52(あさま622)
           5時過ぎに出る方  17:38軽井沢発 → 東京18:56(あさま624)


■参加費  10,000円 

   
■ご飲食費(ランチコース2700円)と交通費(列車・現地タクシー乗り合わせ(駅→レストラン10分、美術館→駅10分)・入館料は各自ご精算をお願いいたします。



お申込みはこちらへどうぞ  ➡︎満席キャンセル待ち受付中

PC/スマホ
https://ws.formzu.net/fgen/S25263610/

携帯電話
https://ws.formzu.net/mfgen/S25263610/


一度は見ておきたい日本の美し~~~い場所にて
感性を磨き自分にかえる時間をすごしませんか。
一流の建築家の作品と
一流の美術家の作品。
ものづくりの方もそうでないかたも、
はじめの一歩、
新しい一歩、
勇気がいる一歩、
それをぐいと後押しいたします。

ピンと来た方はぜひいらしてくださいね。

軽井沢の風を感じましょう



お待ちしております

image




クミシュランのこれからのイベント

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 皆川公美子です。


【右脳アートツアーをやりたい】

アートを見る、というと「わからないから」  とか  「見方を教えて」
とおっしゃる方がとても多いです。
その気持ちはよくわかります。
糸がからまったようにしか見えない現代アートを見ると(失礼)、


《ジャクソン・ポロック インディアン・レッドの地の壁画 ネット上より画像お借りしました》


「これはなに?」

「なんのためにこんな絵を描くの?」

「これで何を表しているの?木の茂み?」

とか思っちゃいますよね。


「訳が分からない・・・・」とか。

(訳がわかりたいのは思考なので、その時点で感性は停止しています



でも例えば見たことがないお料理がテーブルにでてきたとき
それが何の原材料からできてるか分からなくても
食べてみて

「あ~おいしい幸せ~~~」ってなることもありますよね?


これは中国に伝わるレンコンの根っこを高地のがけからとってきて、
30日間天日に干して、
2時間蒸し、
やわらかくなったものをすりおろして
それにスープをまぜてすこしのばして
小麦粉をいれて団子にしたものでっす。

という説明は、あなたにとってどのくらい必要なデータですか?

(うちの夫はとてもうんちく好きなので、このデータは必要だと思われます



絵画も同じです。

その作家がどこで生まれて、
どのように暮らし、
どんな青春時代を経て、
どのような職場や
どのような結婚を経て
今この絵を描いたのか。

それはもちろん知的好奇心を大いに満たすおもしろいものです。


ですが同時に鑑賞のチャンネルのひとつだと思うのです。

その絵画が社会的にどのような影響をもたらしたか、

だからオークションが今どのような状況になっているか、

言語化とものごとの座標を示す、左脳的な情報(乱暴な言い方でごめんなさい)

ばかりが、絵をみるものにとっての栄養でもないような・・・・



《大好きなザオ・ウーキーの絵。改装中のブリジストン美術館にあります》



私は「感性でうけとるアートツアー」を開催してみたいなあと思っています。
名付けて右脳アートツアー。


絵画には作家の意識が転写されているので、
そこからなにがし影響をうけます。
意識はエネルギーなので、見るものに働きかける力を持ってるの。


余談ですけどね、今日小笠原和葉さんのPBMで➡こちらをご覧ください
意識の実験をやりました。

それを何も知らない高校生の娘に帰ってから試してみたの。
もちろん娘にはいきさつに関して話しません。


まず娘に椅子に座ってもらい、後ろから両肩に手を置きます。
娘に意識を向けて、そのまま肩に手を置いておきます。
そして娘には「あ、軽くなったと思ったら教えて」と言っておくのです。

娘のほうに意識を向け続けます。

向け続けます

向け続けます。。。


しばらくして娘が「あ、軽くなったよ」と言う瞬間がありました。

それはワタシが娘に向いている意識を、
娘から離して、犬のテツの方に向けたときだったのです

来た   やっぱりだ

PBMで大人がやった実験は、その所以を何もしらない娘も感じることができました。

いっさいの予定調和のない状態で

《白髪一雄さんの作品 ロープにぶらさがって足に絵の具をつけて描く》
この方の作品はものによっては刺激が強すぎて、
気分が悪くなってしまうときがあります。



もとい。

だから絵をみたときに、

作家の意識の転写物である絵画から

なにがしかの影響を受けるのは当たり前のことなのです。



そこから来たなにがしかのエネルギーが自分に影響を及ぼしていて、

「そこにいる私」 は 「あ~さわやかな感じがする」とか

「あ~この人、意外にドロドロした人じゃないの?」とか感じるのですね。


ちなみに「他の作品に比べて赤が多用されている」
や 「構図に工夫がみられる」は

知識の裏付けがある分析=思考の部分でありますので、

感じる、こととは違います。



感じること。

感性でキャッチすること、ということの意味を分かっていただけるでしょうか。



画家や作家の影響の足跡や感触を、自分のなかからすくいあげること、

それが「感性」とか「インスピレーション」だと私は思うのです。


「あ~心の中に風が通るような感じがする」とか

「とてもカラフルな絵だけど、なんか息苦しさを感じる~」とか

「おどろおどろしい妖怪絵図なのに、なんでなの笑っちゃう」とか

そういう感覚が頭をよぎるのは、感性が健康な証拠です。


それは全部正しいの。
あなたが何かから影響を受けて感じ取ったことです。
あやふやなもの、なんかではないのです


(余談ですが、自分の好き嫌いや快不快にふたをして、
後回しにしていると、
この「感性」はどんどん衰退します。)



そう、受け取ったインスピレーションはとても確かなもの。

美というチャンネルを通して、
それを体感してもらえたらいいのに!




それをもうず~っと考えていました。


誤解のないように申しますが
ワタシも左脳的思考や分析は大好きです。
だってとても刺激的ですもの。

とはいえ、左脳で「解明する」ばかりがアートの楽しみじゃない。

右脳という、体感、インスピレーション、そのことのおもしろさ、
も知って欲しい



その奥で「自分を感じる」という
大切な大切なたいせつ~~~なことが、
あなたの 「シアワセ」 という扉をあけて待っている。

シアワセは、考えるチャンネルではなくて
感じるチャンネルに存在します。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 皆川公美子です。

今日は「モリモリ詰め込みすぎアート遠足~庭園美術館」を開催しました。


私は現代絵画が好きで、近代画以前のものは
それをお目当てにして見に行くことはあまりありません。。

でもこの庭園美術館のリニューアルには
すごく喜んで、ぜひここでアート遠足をやりたいと思ったのです。
庭園美術館は浅香宮家の住居だった、
いわゆる邸宅美術館。


「人の家である」

ということは私にとって特別の意味があります。

そしてステキな
アールデコ。

今回アールデコの時代の絵画を集めて来て
展覧会をやっています。


これをおもしろくお話を聞かせてくれる方はいないかな、
と考えていて

イタリア絵画をご専門に勉強されているヴィオさんにお願いしました!
{02A4C74A-1144-49EA-97EB-BA52FBBEC795:01}




{AE167235-2F8F-4DA0-993C-E74F022D00F5:01}
リニューアルした庭園美術館へ、


そのまえに、

{5DA8E9F2-8608-4706-B4D0-93142F7E15BC:01}
まずは腹ごしらえ


目黒にあるリストランティーノ リベロへ伺いました。

ここ素晴しかったです
1階のお席は14席満席なのですが、
10名で貸切にしてくださいました。

緑に囲まれていて、路地のつきあたりなので、静かで、
人がとおりません。
風がお店の中をとおっているような、さわやかさがあり、
店員さんはびしっと黒のタキシード?を着ています。
特別なときにはとてもおすすめ。



{38EC2534-C6E8-4F4E-8646-8FABB4529EA6:01}

{6481B7A6-5E62-4F2B-9B8C-55F56EBEE8E7:01}

{63729599-F850-4DD6-B5CC-764D460E959D:01}

{0945D86C-2EAC-476D-8327-6CBDC141F269:01}
この人参、すんごいおいしかった!

{62A615FA-1B16-406B-A530-C4443FABBD89:01}

{AF06909F-2340-4BD8-A681-A8B78F3DE0FD:01}

{4F61486E-5EA8-4381-B20F-1C25F65540DB:01}

これにコーヒーがつきました。



お食事の合間と最後に アールデコについての
歴史的背景や傾向などを
ヴィオさんが説明してくれました。

{804888B9-3E26-40D3-BA4E-936367FE164B:01}

{0AB6495C-8F93-4EA2-BADE-4A614533DFCE:01}


その後は庭園美術館の新館にへ

ローラン・ダバディ氏の映像とともに見るパリの「アールデコ建築」

歴史やパリの市街区ごとの特徴、

アールデコのことを実際の生活として体験されたおばあ様の話しなどを
交えての、とてお有意義な講演でした。

フランス人の語る、生活に根差したアート



{0E58E5F0-D33F-4816-8ED0-B86D343C8EFE:01}

ほんと~~に楽しかったですね!

濃厚な時間をみなさまと過ごすことができてシアワセです。

藤井桂子さんが帰ってから、こんなメッセージをくださいました。

facebook「久々のアート遠足濃厚バージョン、何か知識を得られたとか
そういうこと以上に、私の意識の磁場に影響を与えていただいたそうな
そんなみなさんの素敵な場でした。」



{C1628711-8543-467E-9CBE-A3A7FF14285F:01}

中央のグリーンのステキなニットをお召なのは 
コンサルティングで叶える、40代・50代の幸せな生活 新見和恵さん
  ➡レポをあげてくださいました
クミシュラン・皆川公美子さんが大人気の秘密がわかりました♡
新見さんとは2度目にお会いしたのですが、
ふんわりとした春風のような方なのですよ。
ものすごく何かを主張するでもなく、でも心の目で場をしっかりとらえていらっしゃる。カウンセラーとしてだけではなく、人としてものすごく安心感のあるステキな方。私もああいうふうになりたいと、思う訳であります。




左奥にいらっしゃるりんどうまきさん
りんどうさんは、イラストレーターとして活躍していらっしゃるので、
とても美を愛していらっしゃいます。
招致のお仕事やコンサルティングもなさっています。
リアルタイムレポなんてひとつの講座で30本とかがんがんあげるんですよ、すごい!

魅力をカタチにしてココロを動かすレポ&まんが☆イロトリドリノユメが輝くイラストやさん☆
『皆川公美子さん「モリモリ詰め込み過ぎ庭園美術館アート遠足」☆ お食事編』




前列オレンジ色のコートの森口千穂子さん

風に揺れる柳のようにしなやかに ~マニアック系繊細族の、ゆるふわっと世界と共存していくヒント~

ふんわりとしてステキな雰囲気の千穂子さん。
なぜだろう「この人は嘘をいわない」というのが会った瞬間に分かる人。
めがねのお話がおもしろかったよ~~~。
目にものを強烈に見せるメガネじゃなくて、
その人のものの見方に根差した、疲れないメガネ。
理想です!どこで手に入るかは、千穂子さんに会ったときに聞いてください。


{9ABBE6F0-C751-4AC0-9492-D2131D7FBB72:01}
お着物で参加してくださった黒岩みゆきさん
参加してくださってとても嬉しかったです、ありがとう♡
こころととのえアドバイザーをなさっています。
お着物の話しもまた今度しましょうね!
とても素敵でした。写真ではわかりにくいけど、半衿が上品なピンクでした


食生活の自分軸を作る 小寺美江さん
とは「実証できないけど、確かにあるもの」というお話をしていました。
ほんの立ち話でなかなか深く伺えなかったけれど、
次回に続くとしたいです。
美江さんは現在、ご自分の食育アドバイザーの研究の為、
大学へ戻られて、厳しい試験を受けていらっしゃいます。
30ページのレポ7本とか(゚Д゚;)
すごすぎます。


    ジャンクナス裕子さん
    週末にステキなお料理教室を開いていらしゃるジャンクナスさん。
    調味料からご自分で作られ、
    お料理の腕前はそこらへんのレストランのシェフより
    ずっと上です。センスのよさに脱帽なんです
    来月大原美術館のツアーに参加されるというお話を伺いました。
    羨ましすぎる!


    H・Yさま

    ご家族のご事情が大変ながら、
    ご主人さまが行っておいでと言ってくれて・・・
    と参加してくださいました。
    私のブログを読んでくださっていて
    先日書いた、娘の中学校の先生の記事について
    語り合いました。
    ほんの短いあいだの立ち話だったけど、
    ハグしてしまった。
    それほど、今ここで一緒に生きて
    同じものを見て
    同じ場所にいるということの奇跡を
    愛でたい、そういう気持ちでした。



    みなさま、
    ありがとうございました




    {B72E38C1-E14D-4505-A271-8219900B3A2B:01}


    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    リンカラ ~皆川公美子です。


    「あ~生きててよかったモリモリ詰め込み過ぎ庭園美術館アート遠足」(笑)
    を開催させていただきます



    アートナビゲーターのヴィオさん


    私、クミシュラン皆川公美子が

    image


    庭園美術館楽しみまくりツアー =
    豪華3本立てをご案内します




    まずは、お楽しみ① 12:00~
    近所の有名一軒家レストランでランチ



    (お料理は当日のお楽しみ!お店はお申込みの方にお知らせいたします。)


    食べログでも常に4点以上という
    高得点キープな一軒家レストランを考えています。

    メニューは
    こんな感じになろうかと思います。(当日はもう少し違うかもしれません)

    イタリアントマト(サンマルツァーノ)Inzio
    イタリア産トピナンブールのスフォルマート

    イタリアントマト(サンマルツァーノ)Anti Pasto
    北海道キンキの瞬間スモーク 焼き茄子とナスタチウムを添えて

    イタリアントマト(サンマルツァーノ)Primo Piatto 選べます
    グラニャーノ産スパゲッティ 生うにと甘エビのポモドーロフレスカ
    または
    自家製タリアテッレ カルドンチェリ茸とグアンチャーレのカルボナーラ

    イタリアントマト(サンマルツァーノ)Second Piatto
    黒毛和牛ほほ肉とほろほろ鳥、秋野菜のボッリート 3種のソースで

    イタリアントマト(サンマルツァーノ)Dolce
    洋ナシとマスカルポーネのファゴッティーノ

    イタリアントマト(サンマルツァーノ)caffe
    コーヒー、紅茶、エスプレッソ、ハーブティ、各種ソフトドリンク


    極上のお料理を五感で味わいつつ
    アートナビゲータのヴィオさんのお話で、
    これから見る絵の楽しみ方を聞いたり、
    その場に集まったみなさんで、
    その日ならではのお話を楽しみましょう



    お楽しみ② 14:00~
    ダバディ氏のトークショー
    「パリのアール・デコ建築」

    以前、サッカーの日本代表監督トルシエ氏の横で
    トルシエよりもスゴイパッションで檄を飛ばしていたダバディ氏を
    覚えていらっしゃいますか?



    彼、実はすごい人なんです
    7か国語を操る超秀才であり、
    スポーツキャスターであり、
    アーティストの家系でもあります。
    映画雑誌「プレミア日本版」の編集をしていた時代もあります。

    お父さんはかの、ミシェル・ポルナレフの作詞をしていた
    作詞家・作家です
    ヨーロッパではサッカーは「労働者階級のスポーツ」という認識なので
    日本サッカーの仕事をしているとなかなか家族に言えなかったという(笑)
    上流階級の生まれ。


    画像をAmazonよりお借りしました。

    庭園美術館の新館で、

    image

    ダバディ氏による「パリのアール・デコ建築」
    のトークショーを聞きましょう。
    映像とのコラボショーです




    お楽しみ③ 15:30~
    この素晴らしいアール・デコ建築の美術館をくまなく見学&
    「幻想絶佳~絵画」を
    ヴィオさんのナビゲートで鑑賞しましょう


    一度は見ておきたい、美しいアールデコ建築
    もともと宮家の私邸なのですよね。
    今回、修復作業を経て、ピカピカに蘇りました。











    朝香宮家は久邇宮朝彦親王の第8王子鳩彦王が1906年[明治39]に創立した宮家です。鳩彦王は、陸軍大学校勤務中の1922年[大正11]から軍事研究のためフランスに留学しましたが交通事故に遭い、看病のため渡欧した允子内親王とともに、1925年[大正14]まで長期滞在することとなりました。
    当時フランスは、アール・デコの全盛期で、その様式美に魅せられた朝香宮ご夫妻は、自邸の建設にあたり、フランス人芸術家アンリ・ラパンに主要な部屋の設計を依頼するなど、アール・デコの精華を積極的に取り入れました。また建築を担当した宮内省内匠寮の技師、権藤要吉も西洋の近代建築を熱心に研究し、朝香宮邸の設計に取り組みました。さらに実際の建築にあたっては、日本古来の高度な職人技が随所に発揮されました。朝香宮邸は、朝香宮ご夫妻の熱意と、日仏のデザイナー、技師、職人が総力を挙げて作り上げた芸術作品と言っても過言ではない建築物なのです。
    現在は美術館として使われていますが、内部の改造は僅少で、アール・デコ様式を正確に留め、昭和初期の東京における文化受容の様相をうかがうことができる貴重な歴史的建造物として、東京都指定有形文化財に指定されています。


    現代美術家・杉本博司氏監修で、新館もオープンしました!

    image


    やっている展覧会は
    {E0DBC6C8-3E2E-4AED-A056-EE1CEECE6156:01}
    こちらの展覧会を、ヴィオさんのナビゲートでご覧いただきます。

    打合せのときに

    「西洋画のあの時期のものって、時代の背景とか
    絵の成り立ちとかをちょっと知ってると何倍も
    たのしめるんです!

    私、その絵を見ていると、中に自分が入っていることがあってね・・」


    と超うれしそうに語るヴィオさん!

    私、真剣にヴィオさんのナビゲートを楽しんじゃう

    (みなさんを押し分けないように、キオツケマス


    「あ~生きててよかったモリモリ詰め込み過ぎ庭園美術館アート遠足」

    で庭園美術館を、堪能しつくしましょう~


    日 時: 2015年2月15日(日) 
          12:00~17:00くらい
    参加費: ランチ代込み 9,000円 
    ➡満席

    ご都合によりランチ後(14:00)からのご参加も可能です。
    (参加費5000円)

    ランチなしの場合は、お申込みフォームからご指定くださいね。
     


    美術館入館時のチケットは、各自ご精算ください。

    庭園はまだ整備中で2015年春からの開園になるようです。


    モリモリすぎる?

    いやいや、皆さんで目いっぱい楽しみましょう

    集まった皆さんでのシェアも含め、

    思い出いっぱいの日になることでしょう。


    アール・デコとおいしいお料理、そして集った皆さんのお話を
    楽しみに、
    お申込みお待ちしております



    お申込みはこちらへどうぞ  ➡満席・キャンセル待ち受付中ありがと


    キャンセル待ちご希望いただける方は、メッセージのところにキャンセル待ち希望と
    明記のうえ、お申込みくださいませ。

     
    スマホ・PC用
    http://ws.formzu.net/fgen/S67146819/

    携帯電話用
    http://ws.formzu.net/mfgen/S67146819/

    お待ちしております!


    ちぐりすさんのブログ21日間更新祭りに参加しています。。モザイク

    いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)