晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

クミシュランは、あなたの人生を豊かにするイベントを開催しています。そう、シアワセは感性チャンネルの上に。
【美・アート・心・お仕事】それぞれのクミシュラン。

クミシュラン皆川公美子です。

今日は感性を開く、香りのイベントを開催いたしまいた。

ゲスト講師は 秋田英子さん。

感度の高い感性とそれを語る言葉をお持ちで
本当に頼れるアロマセラピストさんです。
一度秋田英子さんのイベントをやらせていただきたいと
思っていたのが、念願叶いました

目黒のファッションブランド「ヒロミシスル」さんの素敵なアトリエを
お借りしてのイベントとなりました。
(まわりにかかっている素敵なお洋服たち、すべてヒロミシスルブランドの
作品です)

image
ゲスト  
アロマベール 秋田英子さん


まずは自己紹介タイムにて
お洋服のアガるポイントとともに そのキーワードを書き出し、
それを色や形で表すというワークをやりました。

それからひとつひとつの精油の香りを確かめて
自分のイメージ、その精油の色を考えるとしたら何色か、
をメモします。


image

image

image
みなさま真剣に香りを感じます。
自分の中の好き嫌い、快・不快に寄り添う時間。

それから精油を選んで、まずはブレンドを作ってみます。

image
当たり前ですが、みなさん好きな香りが違う。
「今まで選ばない香りだったけど、
ブレンドに入れてみると全然イメージが違うね・・・



image
自分でブレンドの割合を決めて、配合していきます。


image
かたやまあきこさん
アロマにはもともとお好きで
狙った香りにむかってサクサクと進んでいらっしゃるように
お見受けしました。
感性を使うこと、とてもお上手ですよね
スポイトを扱う目が真剣そのもの


image
一番右

原田美絵さん
FB秋田 英子さんのご指導のもとに、クミシュラン皆川 公美子さんのperfumeを作る会に参加しました。一つの香りに皆さんそれぞれのワード、全く思いもつかない感想等心ときめく時間でした。私のアロマperfumeは、ズバリ
「豊かな晩秋」です。実り多き明るい優しい時間をイメージしました。


立っていらっしゃるのは
スピリチュアルカウンセラー
鶴岡ようこさん
FB久々のワーク!
楽しすぎたので、帰り道ボーッとしてしまいました。
(今回、この企画のコーディネートをしてくださいました
本当にありがとうございます!)

ようこさんはご自身が元デザイナーさんです。

➡︎早速ご感想をアップしてくださいました




image
おまじないネイリスト・ルーン占い
イシヤマミュウさん
FBクミシュラン皆川公美子さんのイベントに参加して、新しい香りに出会ってきました。

単体だと苦手な香りも、他の香りとのハーモニーの中だと好きだと感じたり。
香りは、一番最初に脳に届く五感。
身にまとう香りが変わるだけで、気持ちが変わりますね。
ところで、新しい髪形が気恥ずかしくて、帽子をかぶって出掛けてきました(^^)♪」

ミュウさん、どんな香りにされたんでしょう~

image
わたしも真剣に香りを選びました。
最初はベルガモットとレモンで華やかで爽やかな香りを狙っていたのですが
だんだんすっきり感もほしくなりユーカリをまぜたりして・・・


image

このブランド「ヒロミシスル」のデザイナーさんのヒロミさん。
今回この場所を快くお貸しくだり、ありがとうございました。
終わってからお洋服の相談など受けていただきました。
このアトリエにある服はみんなヒロミさんがデザインされてます。
来年春夏のお洋服がディスプレイしてあって
そのブルーの美しさに目を奪われました

14日に年に4回しかないフレンズデーがありますよ!
http://ameblo.jp/tokekotokeko/entry-12016845712.html
ご興味ある方、ぜひどうぞ!
わたしも行きます

image
真剣に香りを選ぶ・・・


image




image
ジュエリーデザイナー
奥野貴子さん
FB感覚で手さぐりする感じが楽しかったです^^

若干風邪気味で「鼻、大丈夫?」って思いながら行ったんですけど、全然OK!でした。
行ったことなかったんですが、今度アロマショップに行ってみよう~っと\(^o^)/」

感覚の手探り、まさに!わたしもその感覚です。


{E2DF725F-8451-488B-8BA1-7B6CA092080E:01}

後列左
リーディングセラピスト
武田まさこさん

FB今日はありがとうございました。香りをつくるのは初めてでしたが、
説明上手な英子さんと、公美子さんのおかげで楽しくできました。」


まさこさんの神社リーディング、とても精度が高いのでぜひ。
今、期間限定モニターを募集なさっているかも。。。。


後列 右
アトリエ ルル ラズリン
さとうのりこさん
 11月27日に代官山でイベントをなさいます➡︎ご案内こちら

素敵なパスケースを作るワークショップがありますよ!


ゲストの  
アロマベール 秋田英子さん
FB皆川公美子さん's クミシュラン主催
あなたのperfume作り
ワークショップ。
おかげさまで、皆様のステキな笑顔で
終えることができました。
主催の公美子さん、コーディネーターようこさん、アトリエをお借りしたヒロミさん、ご参加下さった皆さまに感謝です!
精油ブレンドの香りワークショップは
皆さまの表情、発想の変化を
味わうことができ
ヴァイオリン演奏を聴いて頂くのと同じくらい大好きな時間です。


・・・・・・・・・・・・・

感性にフォーカスして、それを手探りするような作業。
とってもおもしろかった。
自分の感性にはフォーカスしているつもりでいましたが、
香りの分野は未知の感覚もありました。
やっぱ、回数って大事ね
嗅覚は人間の脳に一番近いと言われています。
一番原初的な感覚器官だとも言われていますね。

それだけに、記憶に残りやすいし、
何かの出来事と香りの記憶が結びついていることもありますね。

香り、は漠然と好き、というジャンルでしたが、
もう少し意識を向けてみたいと今回思いました。
今まであまり熱心に足を踏み入れたことのないアロマショップ、
とてもいいお店も教えていただきましたし、
ぜひ行ってみよう~~


みなさま、ありがとうございました。
そしてこのアトリエでの開催を快くお受けくださいました
ヒロミシスルの大島社長、どうもありがとうございました




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 皆川公美子です。

お待たせしました(*^_^*)

秋の感性3部作イベントのお知らせです。
11/11 (水)  香りで思い切り感性を開く(➡︎このイベント)
11/23(月・祝)  書道で無心になり、墨の香りにつつまれる~藤枝七美さんゲスト
12/5 (土)    自分の感情を小さな絵に~いせざきとうこさんの言葉に導かれて


まず香りイベント。
ご自分の一番アガるお洋服に合わせて
アロマオイルをチョイスし、
ブレンドの加減を調節して、
ご自分専用パヒュームとして または
お化粧水として お持ち帰りいただきます。

➡︎満席になりました。キャンセル待ち受付いたします。



頭で(左脳で)考えることではなくて、
右脳を使って感じとる、こと。
にフォーカスしてみようというイベントです。


自分は今、どう感じているのかな?
それを感じると身体のどこに反応があるかな?
この香りは好き?それほどでもない?


香り(嗅覚)は
一番プリミティブな感覚器官と言われています。



image

ゲスト講師は秋田英子さん!➡︎プロフィールはこちら

アロマベール主宰。
慶応義塾大学・大学院卒。
アロマのプロであり、
多数のワークショップをされています。
(余談だけど投資のレポーティングのお仕事もされていて
感性をビジネスに結びつけるセッションもしていて、
ヴァイオリンの演奏もプロ級。
左脳も右脳もこれほど活性化って人
そうはいないな~といつも感心している次第です)


image


このイベントでは、
ご自分の好きなお洋服に合わせて
アロマオイルをチョイスし、
丁寧に香りを感じながら
ブレンドの加減を調節して、
自分の大好きな香りをさぐります。
パヒュームとして または
お化粧水として お持ち帰りいただきます。



自分が感じる、
自分の心地よさ、
自分の今の状態。

そしてそれが自分のお洋服にどんなふうにマッチするかな?
どんな色にこの香りは合うかな?

そんなことを感じながら
自分の感性にアクセスしていただけるように
このワークショップを進めます。


わたしは個人的には最近、デパートの1階のあの強い香りにちょっと疲れてきた感じがあって
安らいで身体が開くような、
自分の
「いい香り~」

が欲しくなっています。


①ご自分がアガるお洋服を着てきてください。
好きなお洋服ならもちろん普段着でもオッケーです。
この洋服から連想して、このお洋服に合う香りは
どんなのかな~と作りますので、
着ていて楽しい服、それに合わせる香りを作りたいお洋服をどうぞ
お召し下さい。

image

(©樋口秀子)
image
(©坂本美奈子)


image

(©芳賀幸子)



②アロマオイルをどのように配合するか感じるコーナー

秋田英子さんのご説明にしたがって、
まずはいろんなアロマオイルの香りを比べてみましょう。

各々のアロマオイルのキャラクターをわかったら
次はブレンドに挑戦してみましょう。

割合をかえることでまったく違うものになるので
リラックスしてお楽しみください。

はじめてでもご心配はいりません。
専門家の秋田英子さんは体調によって
そのときの気持ちや状況によっても
選ぶオイルが違ってくるとおっしゃいます。
自分の今に正直に、好きなオイルを選んでいただけるよう、
丁寧に時間をとりますので
どうぞ安心してお越しください。

ご自分のブレンドが決まったら、

外出先でご自分の香りをシュッの香水
パヒュームにしてもいいですし、

おやすみ前に幸せの香りにつつまれる基礎化粧品
お化粧水にすることもできます。

image

もちろんご自分の配合レシピをお持ち帰りいただけますので、
材料をそろえて、また調合していただくことができます。
(どこで買えるかなどの情報も英子さんに伺います)


③ご自身のアロマブレンドスプレー紹介とシェアタイム

他の方はどんな香りを
そのお洋服に合わせられたでしょう。
いろいろな香りと
いろいろなアプローチを聞くのは
とても楽しい時間です

シェアタイムも楽しみになさってくださいね。


頭で判断をせまられることが多い日常のなかで
一瞬、自分の感性をすくいあげてみる。
そこにはほんとうにおもしろい発見があると思います。


今回は特別にファッションブランドのアトリエをお借りします。
天井の高い明るいアトリエの空間も楽しみになさってください

image

image
奥がゲスト講師の秋田英子さん。
こちら側はファッションブランド・ヒロミシスルの
デザイナーのヒロミさんです。


image
今回、ヒロミシスルさんの素敵なサロンで開催させていただきます。


【アガるお洋服とあなたのアロマPerfume】

日時   2015年11月11日 13:00~15:30

■場所   目黒のアトリエ(ご参加の方にお知らせします)

■参加費  レジュメ付き、アロマオイル、希釈剤、デフューザー等すべて込み
      10,000円



こちらからお申込みくださいませ。

➡︎満席
キャンセル待ちされる方はメッセージにその旨お書き添えの上、
お申し込みください。

PC・スマホは
  https://ws.formzu.net/fgen/S87822246/

携帯用
 
 https://ws.formzu.net/mfgen/S87822246/
  
  


ご自分の内側に出会う、特別な時間になると思います。

大いにワクワクでお越しください。

image

お待ちしております!


この打ち合わせ日のことを書いてくださいました。

ゲスト講師の秋田英子さんより
今日は、皆川公美子さんのクミシュラン企画で感性と右脳をイキイキさせるためのイベントと...


今回のコーディネートをしてくださっている
スピリチャルセラピストのYOKOさんより
サロンの浄化と打ち合わせ~






クミシュランのこれからのイベント

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン皆川公美子です。

久しぶりに感覚FIVE会を開催させていただきました。

この会はご自分の思考タイプ、情報処理のタイプ、表現のタイプが
視覚、聴覚、言語系のどこに重点があるかということを
テストシートを使って明らかにしながら

要するに
自分が見ている世界と、他の人が見ている世界の違いを感じ取っていただこうというものです。

{9F7FB93E-DCAF-44C3-B81F-C3BBFCD03D12:01}
左から
元外資系秘書
戸枝明美さん


保健師・チャネラー・フラワーデザイナー
安藤実里(みのり)さん

絵に言の葉を添えます
篠崎優美さん
ヴィオさん

意識デザイナー・スピリチュアルカウンセラー
松田仁さん

資産運用アドバイザー
柿添あいさん

ジャズシンガー
アユーラさん

にお越しいただきました。

image

場所は大好きな国立新美術館。

image



image
ワーク中。


image
面白かったのは、言語系の方がいち早かったこと。


image


今回は言語を軸にしている方が多かったです。

自分のなかで物語にしていたり、
映像と言葉のあいだを行ったり来たりしている、
または
言葉を言葉のまま、
何かに変換することなく
処理していらっしゃるという方もいました。


映像処理の方は概して結論や全体を見たいという特性があります。

言語、聴覚系の方は、概して経過が大事で
ああで、こうで、こうで、ああでとプロセスを楽しんでいる。
という特性があります。

その結果、

「もう~~~~、前振りはいいから早く結論言って~~!」
(視覚系➡︎聴覚系)

とか

「こうなってああなっってを楽しんでるうちに、結論はなんだったか
わからなくなっちゃうの~」とか(聴覚系のつぶやき)

そういうことが起こるわけです。

でももちろん、ひとの特性は、バランスがどこに偏っているかという問題で
どこかひとつだけの特性でいきているということはありえません。

ファンタジータイプのひとは映像と言語のあいだを行ったり来たりしているわけですし、

辞書タイプのひとは、聴覚と言語のあいだをいったりきたりしています。

image
会が終わった後で、ニキ・ド・サンファルの展覧会にいきました。

image

image


ニキ展をイメージした展覧会ケーキ


会のなかで
意識デザイナー・スピリチュアルカウンセラーの
松田仁さんが、時間軸についてお話くださいました。

時間に対する意識には
アラブ型と西洋型とがあって、
自分の体を突き抜けて前後にはしっている時間のイメージはアラブ型、
自分を通らずに左右とかにはしっているひとは西洋型だそうです。
未来から今への時間軸を整理して段取りをするのがうまいのは
西洋型、というお話をきいて、
みんなでなるほど~~~となりました。


算数ができて、数学になると急につまづく子は
映像でとらえていて、概念にもっていくのが苦手という子が少なくありません。

また、算数の途中式をすっとばして答えがでがちな子は映像系の子に多い。

そして学校の先生は言語系に偏っている場合が多いので
(言語で理解して、言語で表現するテストをくぐり抜けている方たちなので
当然ですよね)
映像系や聴覚系でものごとを理解する子ども達のことをわかりづらい。


ということが90年代に問題になったこともありました。
先生の認知特性タイプに多様性をもたせたほうが、
多様な子どもの特性に合わせた授業になるし、
理解されない認知特性の子どもがすくなくなるのじゃないか、、、と。

けれどもやはり、プレゼンや説明が苦手な映像系の人が
先生という職業につくことがむずかしかったりという現実があり、
その議論は下火になったようでした。


お子様が、漢字の書き順をどうしても覚えられないというお母様、
お子様は映像認知の特性で、
もしかしたら漢字を図形としてとらえているのかもしれません。
そいういう子は、書き順がいつまでたっても覚えられません。

でも別の強みがありますから、
心配いらないです~
例えば映像認知の子どもは写真にとったように人の顔を覚えることができます。
私など、人の顔が覚えられなくて恥ずかしい思いをすることが多々有りますが、
接客や営業職の人で、
人の顔を覚えられることを強力な武器にしているトップセールスも
少なくありませんね。


弱いところはクローズアップせずに
自分の強みで勝負すればいいと思うのです。


リハビリテーション理論などでもそうだといいますが、
弱い(できない)ところはフォーカスせずに
強い(できる)ところをフォーカスして訓練していくことで
全体的な能力のかさあげになるので
結果として弱いところも伸びてくる、ということが
起こるそうです。


なんか話がそれちゃったかな、
まあいいっか。(笑)





クミシュランのこれからのイベント


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 皆川公美子です。

FB算数や数学のとちゅう式を書かないでいきなり答えが分かる。

でもとちゅう式を書かないと点数を減点される、でも書けないんです。
お子さんがそういう状況だって話しをよく耳にします。



それは脳の認知の仕方が違うから、仕方がないのです。

学校の先生は言語・聴覚系認知の方が多いから、
とちゅう式を経過しないと答えは出ないと思い込んでる。
節がある。


でも映像系の認知の子どもたちは、いきなり答えが分かる子が多い。

みんなが自分と同じものごとの捉え方をしているという思い込みを、
はずせばハッピーになる人は多いよね(^з^)-☆


っていう投稿をしたら
すごく反響があってこんなふうでした。


{EFDDD6B7-3935-4F8C-B5C9-6489A9435E1B:01}

{43DC3CBF-5057-4226-8351-3275EDE8C242:01}

{22CCB2C3-7745-4158-95ED-F0CDCA8766ED:01}
{391E2EE9-F05E-492B-BB00-F7C3D717708F:01}



{6793CA8A-6697-4D8F-9C8F-2E680AC382B6:01}

{FDF869B7-9515-4D6D-B64F-06C73643BBDB:01}


感覚のことって、
ほんとみんな

「自分と同じ世界をみんなが見ている」と錯覚していますよね。

数学・算数でいきなり答えが出る子もいる、

でも論理的思考を育てるためには途中式が必要だという論理が
世間の大多数である。

でもそもそも


脳のつくり→認知の仕方、は訓練によって違った方向から
見たり、
自分の認知の仕方を変えたりすることはできるのか?

大いに疑問であります。

すごく興味があります。

誰か教えてください。






クミシュランのこれからのイベント
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン皆川公美子です。

久々の感覚FIVE会やります

「あなたの見ている世界。」

あなたは世界をどうとらえているか。
「4つのポジショニング」4つポジが行動綿でのポジショニングだとしたら、
これは感性面でのポジショニングのお話です。

人は自分が見ている世界が常識で、
自分が見ている世界をみんなも見ていると思い込んでいます。
もちろん私も

でもね、あなたが捉えている世界と
だんなさんが捉えている世界と
隣りにすわっている友人のAさんが捉えている世界はみんな違う、

と言われたら驚きますか?

あたりまえじゃん
そんなの

と言う方、すごい

私は結構おどろいたんですよね。

思い出の中に、自分が出てくる人と
自分が全く出てこない人がいる、と聞いたらどうですか?
ご自分はどちらですか?


どこかの場所への案内をするのに
地図を描く人と
言葉でずらずら書く人がいるのは
なぜだと思いますか?

何かの情報を頭のなかに入れるときに、

視覚情報(写真や映像)のまま、そのままを録画している状態の人がいれば、
(要するに記憶が自分の目で見た絵)

世界を物語のようにイメージにして、そのイメージを頭のなかで言葉に変換している人もいれば、(要するに自分も記憶の中に登場している)

聴覚(聞いたこと)を、一番大きな足がかりとして頭の中に入れる人もいれば、

様々です。

要するにテーブルの上のコップの水を3人で見たとして、
三人三様、まったく違うことを捉えている可能性が大です。

そういうことを認知特性と言って、

映像系の人は、小学校で算数の授業にとても苦労したのはなぜか、

言語系の人がデパートの接客に苦労したのはなぜか、

ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」の文体が好きな人と、
とても気持ちが悪く感じる人がいるのはなぜか

とかね、いろいろあります(笑)

以前この会に参加してくださった方で、

立体のとらえ方について(空間認識)

「え?これはみんなができることではないの?」と

ご自分の特性のなかの「できること」に気づかれて、

サービスメニューを増やされた方もいらっしゃいました。


そのくらい、世界をどのように捉えているかは人それぞれです。

この会では、質問に答えて得点化するワークも
やっていただきます。

どういう特性の人が、どんな職業についていることが多い、とか
逆に建築家のガウディはこういうパターン、
作家のルイス・キャロルはこういうパターン、などのお話をとおして、
ご自分のパターンを振り返る材料にもしていただきます。

他の方の話しを聞くのもと~~~ってもおもしろいですよ。

自分とあまりに見ている世界が違うから。

そして認知特性の違いによって、結論にいたる話しの組み立てや

スピードなども違うので、

夫の話しを聞いていて「で、結論を先にいってちょうだいな!」とイラチになることも

最近はなくなりました。

一度ご自分の特性についてワークをやって確かめてみませんか?

向いている職業のおおよその傾向や、

説明の組み立て方を相手によってかえたほうがいいことも分かります。

ヒーラーの方たちはある方面が突出していることがとても多いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回は六本木・乃木坂にあります国立新美術館のカフェで開催いたします。

先にカフェにて認知特性についてのミニ・セミナーを行い、

その後お時間のある方、ご興味のある方は展覧会をご一緒しましょう。

ニキ・ド・サンファル展をやっています。




彼女は10代のころ、LIFE誌 や VOGUE誌でモデルを務めていました。
20代のころに重度の精神疾患をわずらい、芸術家に転身します。
「射撃絵画」で注目を浴び、
その後、女性の社会的役割をテーマとした作品を数多く生み出しました。ニキの創作活動は絵画や彫刻に留まらず、映画、舞台、建築、執筆などジャンルを超えて展開されました。

晩年はアメリカのサンディエゴ郡ラ・ホーヤに居を構え、作品制作に取り組みました。現在、サンディエゴ郡サンティーに設立されたニキ芸術財団がニキの作品と資料の保護に努めています。


左がニキ。右は那須にニキ美術館を作ったYOKO増田静江さん。


こちらはイタリア・トスカーナにあるタロット・ガーデン!
ぜったい一度行きたい!


京都に旅行したあとのニキの作品。

精神世界に入って行ったと思われる彼女の世界。
実物の前に立って、どんな印象を受けるかご一緒に
見てみましょう




■感覚FIVE会~あなたの見ている世界

日時: 9月28日(月) 11:00~13:00 感覚FIVE会 
              13:00~ ご希望の方は上記「ニキ」展覧会を
                                      ご一緒に回りましょう

場所: 六本木 国立新美術館 &カフェ   ➡満席

キャンセル待ちくださる方は、メッセージ欄にキャンセル待ちと明記の上、
お申し込みください。

参加費:8000円 (レジュメ・ワーク付)

展覧会入場料&ご飲食代は各自ご精算くださいませ。
(カフェには入場料をお支払いいただかなくても入れます)


お客様のご感想集はこちらをご覧ください。➡★


お待ちしております!

スマホ・PCはこちらへ

http://ws.formzu.net/fgen/S83960092/


携帯電話はこちらへどうぞ
http://ws.formzu.net/mfgen/S83960092/






クミシュランのこれからのイベント
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン  皆川公美子です。

今日は、ジャンクナス裕子さんとコラボ、

食と美の感覚FIVE会でした。



{2184D0AE-E21E-4B09-B9D4-0EC9F172B0E5:01}


準備万端で、みなさまをお迎えします。

{681E6555-A505-4ADC-8E4F-ED549B7B8F27:01}




{DB7B710D-8B62-4C2B-8EE2-3D6510AFFD0A:01}




{E12A5EC7-89A5-4C0D-8BB9-819213C58115:01}




{904B7F79-7C58-46BF-AE0E-0AE2254A1A11:01}




{E71DAF98-8C4E-4C52-AA71-5A445E141950:01}
ジャンクナスさんは、今回のこのイベントのために試作を繰り返し、
五感に訴えるお料理という、
とてもレアなメニューを作ってくださいました。


料理のタイトル、すごいですよ。

「黒、黒、黒、白、赤。」
中に白のスープが隠れた、黒豆とカリフラワーの二層のスープ。動物性食品を使わなくても調理法でかなり旨味が凝縮された濃厚な食べるスープです。生のカリフラワーとピンクペッパーがアクセント。
{994EEE9F-D46C-46A0-ABD7-2F3C2DDF1FDA:01}

「3原色の誘い。」

スイスチャード、ビーツと鮮やかな野菜を使用し、エディブルフラワーと数種の赤の食材を組み合わせて真紅に仕上げたドレッシングでいただく、お花畑のような目にも身体にもパワフルなサラダです。
こちらも野菜の旨味が凝縮したかなり濃厚なソースは、野菜が苦手な方にも美味しかったと好評いただきました。
{F47B483F-7CFE-45FE-AD0F-96415E54BE9E:01}


「白いボール」

里芋マッシュボールのふんわりフリット。
チーズ、アンチョビの辛味とキャラメリゼナッツ、ベリーソースの甘味、ねっとりとろりカリカリと口の中で様々な要素が渾然一体となる一皿です。一番人気でした♫
{AD7C66C6-7D5A-4E2F-A65F-E7701AC96544:01}

「MR,バレンタイン」
ミートソースにココアがはいっていて、とってもおいしい。
{776ACA05-C58A-4B93-BBB2-F90E56CA4863:01}



デザートは「弾けるEND。」 ぴちぴち・ぱちぱち音がします。
楽しい 音のするデザートなんてはじめてです。
{ADE63A9E-871D-4345-9397-BD9FB4FF2F03:01}






{80AC7373-DC01-4131-BB80-41132FE24FF6:01}


ブルーグリーンのお洋服、名倉民子さん
歌舞伎が大好きガール
「歴史に美しさを感じるんです。
歌舞伎もそうだけど、おばあちゃんのしわとか、時間をへたものを
ああ美しいと思う。
歌舞伎は女形がとても大好き。
中村七之助さんや菊之助さんのことを語らせたら止まらない」

今度7/25に歌舞伎ツアーを開催されますよ!!


右から2番目。今若恵理子さん    anon-eriko
食べることが本当に好き!とおっしゃるだけあって(笑)
幸せそう~に食事をされる姿はまわりを幸せにします。
コミュニケーションワークショップのファシリテーターや、
http://www.a-h-c.jp/tc_menu.html
心理検査MBTIなどをされています。
http://www.mbti.or.jp/
感覚で味わうのが得意なのだなあとお話を伺っていて思いました。



{49860F9F-02BC-4538-A88E-5A4ACAF8D2FA:01}
何が入っているのだろう~~っと考えながら。



{16A9AED1-B1E5-4E2C-81EF-F727678B0397:01}




{2DCB6423-D5B1-42CB-9741-EF8FBF3D2643:01}
私、入ってないよ・・(笑)

{18D7EB7A-5F46-41BA-97F6-5CFF4646C085:01}
右から

マキボンジュール、ことマキボンさん
アクセサリーの制作・販売をされています。
「アクセセサリーそれ自体がきれいとかって、ワタシはあまり興味がないんです。
つけている人をトータルに輝かせることのほうが大事。
だからわたしは シンプルで付けている人が輝くようなものを作りたい」という言葉に、
場にいる全員がお~~~っと感じ入りました。

浜頭貴美さん 

カルトナージュの教室を主宰されています。
早速FBに投稿してくださったので、転載させてくださいね。

「美と食の感覚FIVE会」へ

ご近所に住んでいながら、いつもニアミスでお会い出来ない、皆川 公美子さん。
一度、公美子さんの感性に触れてみたくて。

食に対するこだわりと、いつも美味しそうな料理に釘付けの、ジャンクナス 裕子さんのお二人がコラボするこの会、直感で参加を決めました。

メニューから、?…これはなんだらう?どんなイメージと、想像が膨らみます。

視覚、味覚と楽しめ、すべてとても美味しいのです
お二人の提供する感性を五感で感じ、とても素敵なひと時でした。

自分の感性は?ワークでは、やっぱり視覚優位。ましてやカメラアイタイプ。

私、一度でもお会いした方は、必ず印象にあります。
場所とのリンクもかなりの確率で当てはまります。

言葉で発するより、見たまんまなんです。

片付けは苦手だけど、整っていないシーンが視覚に入ると、騒つく、モヤモヤを感じるのでしょうね。

心をクリアに、私の感性、五感が活かされるのは、整った空間なのかもしれません。
アンテナ張って、色々見る機会をふやしてみよう。
今日は素敵な1日でした♡
第2弾も企画してほしいな~。


ありがとうございます。

{38B6E93B-1EB7-4F15-903F-E91585EFE511:01}

左から。

藤井啓子さん。
このあと、オーケストラの練習に行かれましたが、メッセージをくださいました!
今日は音を映像的にとらえる余裕はなかったのですが、帰りに「最初のフレーズはうっすら森に朝日が差す感じのピアノかな」とか「あそこのスタッカートは金平糖みたいな感じだな」とかイメージしてたら、とっても楽しくなっちゃいました。(あっ、曲が「ヘンゼルとグレーテル」序曲なんですけれど)音楽のとらえ方が、なんだか変わった感じです。感覚FIVEの威力すごいです! これから演奏するのが楽しみです♪
ありがとうございます!良かった



森口千穂子さん   

ソーシャルワーカーをされています。
本当に繊細な感覚をお持ちで、今日もびっくりしました。
匂いにすごく敏感だったり、
色やその他選ぶものに、丁寧なアプローチがあって新鮮に
お話をうかがいました。
次回会うときは、赤のお洋服で



橋本祐美子さん

学校の先生をなさっておられます。
舞台芸術が大好きとおっしゃる、アクティブでステキな方。
紫のお召し物、とってもお似合いでした。
発達障害と言われる子どもたちのお話、とても印象に残りましたよ。
いつもありがとうございます



関本伊世さん
美容家で、引き算の化粧品を自らプロデュースされています。
来月臨月なのに、すっごく元気にご参加くださりありがとうございました!
FB投稿に感激ありがとうございます!
感覚FIVE会♡大満足(≧∇≦)こんな素敵で楽しくて、美味しくって、自分の新しい発見ができる会は他にはないんじゃないかな?

大大大満足な会でした♡

こんな感覚で食べ物を食べた事がなかったので、自分の使ってなかった感覚なんかも発見できたり、ワークでは、自分の記憶や今までのパターンで何が周りよりも優れてたりするのかとか、そんなのもグラフで出てきて、面白かったでーす♡

私は視覚優位者で、三次元で物事を見たり感じたりするのが得意らしいです(^-^)今の仕事にもすごく生かされてるなという発見もありました♡

これは確実にリピーターです‼︎産後は赤ちゃん連れて( ^ω^ )


奥のオレンジの入ったステキなワンピースは須賀原陽子さん
長く化粧品のお仕事をされていました。
「聴くということだけに徹しているうちに、
お相手の求めているスタンスというのを感じ取り、
それに合わせることをやっているうちに、
別の場所を求めるようになりました。」
というお話とても印象的でした。
たぐいまれな感受性をお持ちなんだと思います。
それは誰にでもできることじゃない・・・ですよね。
インテリアがお好きで、ジャンクナスさんといろいろお話をされてましたよ。


{962D05BA-D41B-40AB-A6F8-6F9C090C2C9D:01}
ワークでは、ご自分の認知特性を得点化して、
どのような感覚で世界をとらえているか、というのを
円グラフにしていただきました。

ご自分のポイントにナットク?それともえ?という感覚?

やっぱりと言う方もいらっしゃいましたし、
意外と言う方もいらっしゃいました。

それぞれの特性の高いところを活かし、
違う特性の方とのコミュニケーションにナットクし、
自分が力を発揮できる環境を意識する、

ということの一助になればとてもうれしいです。



{CFE76D69-EB36-46AF-9181-0FD77C6D3794:01}

みなさま、ありがとうございました。

今日もとてもとても豊かな時間が流れました。
ステキすぎる参加者の方に囲まれて

あ~~シアワセ としか言えない。

感性を開いて、
ものをとらえるというのは、素晴らしい体験ですよね。

感じる、というのは

思考で考える、というのと違って、
漠然とした匂いが漂います。

けれども潜在意識の96%という大きな部分を
開くカギが

「感性」と隣接しているような気がしてなりません。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン皆川公美子です。

ジャンクナンス裕子さんと

先日、感性のシェア会を食とのコラボでできないかとお話していて、
触覚(舌触り・歯ざわり)、味覚、視覚の部分とのコラボレーション企画をやってみよう、というハナシになりました


「食と美の感覚FIVEシェア会やります!!
o(〃^▽^〃)o



➡️残4席になりました。


ジャンクナスさんの食に対する意識の高さは、

ちょっとやそっと高い、のじゃなくて、

プロの高さです。

今日の彼女のお弁当はこちら。
雑誌かと思っちゃう~。



これが日常な彼女の食。

ジャンクナスさんは、調味料まで自分で作るという、
桁外れの実力をお持ちです。
私も柚子胡椒を作るのを教わりました。

プロとしての修業もなさっていて、
包丁研ぎの仕方という分野まで修めておられます。


繊細な感性を持つ、ジャンクナスさんは、
お部屋もとてもアーティスティック。

先日も、雑誌の企画で岡山の「大原美術館」まで出かけるマメさ。

美と食、を追究されています。



ところで、

アートを見て、感動する、
音楽を聞いて、興奮する、

はよく言われる「感性」の部分ですが、

実は日常的にずっと使っている感覚です。




例えばある方は、嗅覚と触覚にかなり大きな比重があるそうな。

例えば香水の香りという意味ではなく、写真で見てもその人の匂いを感じる。

ものは手触りを確かめないと買えないので、カバンでもなんでも
触りまくって買う、というのが日常。
通販は利用しない。と。

そうやって世界を確かめていらっしゃるのですね。


私の場合は、映像イメージで記憶をしていて、
思い出の中に自分が出てきます。
それは言葉で記憶を形成している人の傾向だそうです。


けれども映像をダイレクトに頭の中に蓄積しているひとは
思い出の中に自分が出てきません。
あたりまえだよね、自分の目で見た世界が
記憶、なんだから。



ちなみに、「感性」というのには

直感 ・・・見るようにわかっちゃう。
感受性・・・聞くようにわかっちゃう。
テレパシー・・イタコ的に体感でわかっちゃう。
直観・・・本質的なことが、ただ分かる。


の4つです。



パーティ会場で何も言わなくても目の前にいる人が
帰りたいのだと、わかる。
そういう方はいますか?

直感というものを使って、わかる、という力ですが、
以前「私はこういうのは全然わからないんだよね・・・」と言ったら
その方は常識としてみんなが分かるのだろうと思っていたらしく

「え~~、そういうの、分からないの?」と
不思議そうにしていました。



皆さんはどのような感覚を使っていますか?


人の話を聞いていると、いかに自分とは違う世界を捉えているか
ということに気づきます。
ご自分の特性を知ることは、とても楽しい気づきです。


特に感性を使って仕事をされている方、
ヒーラーさん、
美しいものが好きな方、
心躍るものに囲まれて暮らしたいと思っている方、


感性の話をしませんか?



当日は、色(視覚)、食感(触覚)、味(味覚)を

立体的に交差させたジャンクナスさんのお料理をお楽しみいただきます!

え?何が入っているの?

え?この食感はなに?

ということもお楽しみいただこうと思っています。


















(当日のお料理はすべて同じではない場合もございます。)


5月17日(日)に開催いたします。

当日は、まず、12:00~お料理をいただき、
おいしい~~~~!!!
この食感はなに?
と思い切り味わい、
美しい彩の盛り付けに感覚を開き、
そこでおもいっきり開いた感覚を携えて、
後半では、簡単なワークをしながら、
ご自分の感性の特性を考えたり、
まわりの方のお話を聞いて、ご自分の特徴を確かめたり、
というシェア会をしようと思います。



ご一緒に至福の時間を過ごしましょうね!


感覚FIVE特別企画・食と美のコラボの会


日時: 5月17日(日)12:00~15:00

場所:都内 (ご参加の方にお知らせします)

お料理: 5~6品のコース

参加費: 8,000円 
   *感覚FIVEシェア会にすでにご参加の方で、
     ワークが不必要な方は500円引きいたします。

*食物アレルギーや食べられないモノがある方は、お申込みフォームにご記入くださいませ。

お申込みはこちらからどうぞ ➡満席・キャンセル待ち受付中

PC/スマホ用
http://ws.formzu.net/fgen/S15546599/

携帯電話用
http://ws.formzu.net/mfgen/S15546599/


感覚FIVEシェア会は、普段美術館で、現代アート+シェア会のコラボイベントとして開催しております。そもそもどういうイベント?という方はこちらをご覧くださいね。
➡感覚FIVEシェア会のご感想


ご一緒に楽しみましょう~~~!
 
             

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
クミシュラン皆川公美子です。

品川の原美術館で、

感性のシェア会をしました。

蜷川実花さん個展と共に。

{847CB450-65AE-4624-8248-A54B300E706D:01}


視覚系、言語系、聴覚系の認知のうち、
あなたはどこが高くてどういうバランスでしょう、

というのをいろいろな職業や小さい頃の想い出の形を例にとりながら、
ご説明しました。

視覚系が高いかたは、一瞬にして全体像を見るので
結論先行でいきたいし、
短い時間で全体を把握しています。

それに対して言語・聴覚系が高い方は、
継時処理をするので、プロセスが大事だったりします。

私はよく夫に対して、
「早く結論を言って~~~」ってなるのですが、
それはモノゴトの認知方法に違いがあるということが
大きな原因なのですね。


{2F3F1BDA-5D64-4906-9402-377AA24ED274:01}
左はオペラ歌手の 濱名さおりさん

右はヒーラーのあかりさん。


今回は先生として、やコンサルとして

相手に何かを説明したり、
学習してもらったりというお仕事をしていらっしゃる方も多く、
生徒や子どもやクライアントさんが、
どのような角度で認知をしているのか、
それもとても大きいね~という話にもなりました。

途中でワークをしてご自分の特性の大まかな特徴をつかんでいただくのですが、
とてもバランスよくいろいろな認知特性を使っている方が多くいらっしゃいましたYO。




{BEFD8DBC-44E7-41A0-84B2-0773BBC0FA67:01}
原美術館、週末開催は初めてでした。




{88F73326-EB06-4CA2-B62E-6C3AE48FFAE9:01}

{D163C81B-493F-4377-B973-43AC27C35955:01}
右からアロマセラピストの 岩戸紀子さん、
静岡からご参加くださった伊東麻里さん、
カウンセラーの新見和恵さん
私。



{5B1D6EB9-D7C8-41D1-98C5-EE221DF85C79:01}
右側はカウンセラーの新見さん。
この日、整理収納のお話を帰りがてら伺っていました。
家中の整理収納をはじめるとき、どこから手をつけるべきだと思いますか?
「冷蔵庫と食品庫」からなんですって
こんどお話を伺いに行こうと思います。




{B91A6ABE-5352-4D43-B337-1798F875AE01:01}
ピアノ教師の伊東麻里さん。
ウクレレを持って。

みなさん、鋭い感性をお持ちの方ばかりでした。

ご自分が何にアンテナをたてているか、
注意深く見ている。。。


{DF7D6CE4-0F4C-42A9-8640-FBD238FEB05B:01}




視覚を使って、自分の中に記憶を取り込む人。

言語を使って、取り込む人。

聴覚を使って、取り込む人。

人の話を聞いてると、

自分が当たり前と思ってることが、

ちっとも当たり前でないことに

きづきます。

結論や全体像重視なのか、

プロセス重視なのか、

それも認知特性が違うから起こること。

早く結論を言って!と思うことが多々ある人は、単にせっかちな人なのではなくて
、、かもしれないよ。
結論を言わずにダラダラ長く話す人は、プロセスにこそ重きがあるのかもしれないよ。




皆様、すっごく楽しんでくださったようで

ほんとに嬉しいです!

ステキな方ばっかりで、

今日も私は感動しました(^-^)/

皆様、またお会いしましょうね!

ご参加ありがとう、そして会いに来てくださってありがとう!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 皆川公美子です。


感性のシェア会 = 感覚FIVE


感じることで受け取る情報ということにフォーカスしています。


世の中、目に見える文字や

左脳で論理的に受け取れることに
重点が偏りすぎている気がする・・・・。


それはいろいろな角度の話があるのだけど、


例えば、極端なことを言えば

「左の角をまがって50m行くと病院がある」

という地図に書き起こせる情報に関して疑う人はいないですよね。

でも「この瞬間明らかに友人の心が怒りにかわった」というようなことは

当事者がはっきりと感じることであっても

それをまわりに話したときに

「それは気のせいじゃないの?」と言われることがよくありますね。

いや、気のせいじゃない・・・・でも信じてもらえない。

というのはなぜ起こるのでしょうね。




それだけ、目に見える形で証明することができないと、
なかなかこの社会では、そもそも話の土台に載せることが
できません。


けれども、例えばオーケストラの演奏会があったホールで
誰かが  「感動した」  
「こころを揺さぶられた」と叫んでも

「なんで?それは気のせいじゃないの?」

と言う人がいない。

要するに、自分もそこに同調できるような状況がないと

感じて捉えたこと は、信憑性のないこと、の範囲なのですね。

不思議なことです。。。。


それが正しい正しくないということではなく、

そういうものしか受け入れないメンタリティに

大多数の人が走っているということを

私は不自然に感じます。

「世界に対する信頼」がないからこうなるのだな。

なんてとりとめのないことを書くのはやめて、告知行きます!(笑)



先日、ジャンクナスさんがFBに投稿してくださった告知、

とてもすばらしかったので、シェアさせていただきます。


残席あとひとつなので、

どうぞご検討中の方は急いでくださいね!



【5/17(日)12:00~ 『感覚FIVE』食と美の特別企画】

皆川公美子さんが開催されている「感覚FIVEシェア会」にて、
今回お料理をコラボさせていただくことになりました♪

人間は生きていくうえで基本的に「5つの感覚」を無意識のうちに使っていることは周知の事実ですが、

個々で強みをもつ分野の感覚が違い、自分はどのタイプなのか?を探っていくというもの。

感性を使うお仕事をされている方には、自分の傾向を知ることでもっとそこを研ぎ澄ますことができたり、

実は気付いていなかった感覚野への新たな発見をして拡がりが出たり。

 
こういうアプローチで「自分を知る」というのも、なかなか面白いなと思います。


感性の扉は、意識的に感性を刺激すると活性化されるので、

通常のシェア会では美術館に行きアートに触れた後に、皆さんで

ワークをしながら共有をされているそうなのですが

「食で感性を刺激するのも面白いよね?」

というところから、今回のコラボがスタートしました。


考えてみると、「食する」という行為には、様々な感性が絡んでいます。

彩を視て、香りを感じ、口の中で温度や食感、音、味を感じる。

何かが1つでも欠けると、美味しさも半減してしまうもの。

そんなことを意識をして、「感性をフルに使って味わう」ということをテーマに献立を組んでみようと思っています。



お料理の基本の考え方としては調味料・食材は有機など良質のものを使用し、発酵やローフード等のエッセンスを取り入れたヘルシーな調理法で行います。 


※魚、肉、卵、乳製品は厳選したものを使用しますが、多用はしません

※日本発酵文化協会 発酵マイスター

 フードコーディネーターの学校で1年間調理の勉強をしています。

開催は我が家で行いますが、オープンスペースのカフェスタイルで、

寛いでいただける空間でお迎えいたします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・転載以上



今回、試作段階でジャンクナスさんが作られたお料理の数々はこちら!

(当日は少しかわるかもしれません)



どうぞ楽しみにお越しくださいね!


感覚FIVE特別企画・食と美のコラボの会


日時: 5月17日(日)12:00~15:00

場所:都内 (ご参加の方にお知らせします)

お料理: 5~6品のコース

参加費: 8,000円 
   *感覚FIVEシェア会にすでにご参加の方で、
     ワークが不必要な方は500円引きいたします。

*食物アレルギーや食べられないモノがある方は、お申込みフォームにご記入くださいませ。

お申込みはこちらからどうぞ  ➡満席・キャンセル待ち受付中

PC/スマホ用
http://ws.formzu.net/fgen/S15546599/

携帯電話用
http://ws.formzu.net/mfgen/S15546599/


感覚FIVEシェア会は、普段美術館で、現代アート+シェア会のコラボイベントとして開催しております。そもそもどういうイベント?という方はこちらをご覧くださいね。
➡感覚FIVEシェア会のご感想


ご一緒に楽しみましょう~~~!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 皆川公美子です。


昨日行った【感覚FIVEシェア会】も本当におもしろかった。

ご参加の方のなかで、視覚を高い割合で使っている方が

多い会でした。

ご自分の一番幼いころの記憶は、どういう記憶ですか?

3歳のころの思い出・・・・

1歳のころハイハイしている映像・・・

映像で世界を捉えている方は、その幼いころの記憶に自分がでてきません。

当然です。

自分が見ている映像だからです。

でも私もそうですが、映像のなかに自分が出てくる人もいます。

これは認知方式に違いがあるからなんです。


image


感覚FIVEシェア会では、まず美術館で作品を見て、

ワイワイいいながら歩くうちに、

みなさん感性が開いてくるのが分かります。

アートの持つエネルギーを受け取る、

蜷川実花さんの感性をとおして写真を見る。

蜷川実花さんの写真は生物をとっていても

そこに生命感がありません。

「プラスチックのよう」「このブルーが好きすぎる・・・」

それはとても自由で楽しい空間です。

そしてそのあとにカフェで、感性の使い方や特性についてみんなでシェアをします。


image


っていうと難しくきこえるかもしれませんが

要するに
「視覚を主につかってモノゴトを考えたり覚えたりする視覚系」

「聴覚を主につかって考えたり覚えたりする聴覚系」

「言語を主に使って考えたり覚えたりする言語系」と大きく3つにわけるうち、

自分がどの特性が高い割合であるのか、

人の話しを聞いているうちに

だんだん浮き彫りになってくるのです。

(ちょっとしたテストワークもやります。)

そりゃそうですよね、自分の世界が=「常識」だと

みんな思ってる。

でも自分の見ている世界は、

他人の見ている世界と違っていることだってあるのです。

「え?自分の違うとらえ方してるの?!」まずそこに驚く。

そこから出発して

「え?自分にはそんな簡単なことが人には難しいことなの?」とか

そこにはたくさんの楽しい発見があって、

すごくおもしろい!



3つの特性をバランスよく使っている方もいるし、

1つだけ抜きんでてて、あとはほとんど使っていない人もいるみたい。


そこで相手の特性を知って、
コミュニケーションを工夫したり、
自分を活かす分野を考えたり、

そういうひとつのきっかけになるといいなと思います。




「私は人がものを感じること」というのに注目しています

これははかりで計ると100gだ
これは観測によって証明できることだ、
データによる裏付けがなされている、

そういうことのほかに、

なんでかわからないけど、
この人は楽しそうにしてるけど実は帰りたいのだな、とか
友人のことを考えていたら電話がかかってきた、とか
逆のことを言っているけど、本当は嬉しいみたいとか、


とか実証できないけど分かることたくさんありますよね。

当たり前のことなんだけど
それは当たり前のことではありません。
ロボットにはまだできないこのことが
(できるのは時間の問題化もしれないけど)
人間の生きる喜び、楽しみ、苦しみ、怒り、
そういうことを積み重ね、
人生のおうとつと
機微と
ひだと、
満足を
連れてくる
おおもとだと思う。


そういう、証明できないけど、
確信を持ってわかる、こと。


それは今「感受性」とか感性という本当に曖昧な領域として
それ以上触りようがないじゃん、という待遇をうけているジャンルですが、

この「感じること」そこに

人類の未来があるのではないか?!

と私は純粋にそう思うのです。

あ~話しが大きくなりすぎてきたところで、

いただいた感想をご紹介します。

とても分かりやすく映像認知(カメラアイタイプ)について説明してくださっているので
ごらんください。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日の感覚FIVEシェア会の感想をお送りします。


自分の感覚について言葉で知ることができたことが良かった。
それを持ち帰るツールがあったことが本当に良かった。

強みと同じように意識せずにそうなっていることに

現実ではこのような言葉を当てるのか、

と整理がつきました。


私は15年間百貨店にいたので毎日大勢接客するのですが、
名前を「聞いて覚える」のが苦手でした。
はじめは顔が写真として頭に浮かび、その方と似た方?
(顔じゃなく、雰囲気とか必要な物事が同じという意味)の顔が浮かび分類されます。
系統が似てる人にまず分類分けしていたようです。

その時も○○さんに似てる、とか浮かばず似てる人の顔が浮かんで顔写真分類でした。
その後何回かその状態で、その後、お会計の際にメンバーズカードの名前がポスレジに出るのですがその画面をそのまま画面として思い出して名前を覚えてました。
画面の色でロイヤル(会員ランク)とかも分かったので色ごと覚えてた感じです。

そして、これが、カメラアイタイプということなのか、と思い起こせるのは頂いた紙があるからです。


もしお茶会やセミナーでお話しだけで自分でメモを取る形の進行だと、
聞いた言葉を自分の理解する言葉にしてその映像を覚える形の処理になるので満足度がだいぶ違うかと思います。自分が学校の授業についていけなかった理由の一部が分かりました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人の話しを「聞いて理解」することが苦手で
紙などにまとめてあってそれを見ることによって理解するほうが
ずっと頭に入る、ということもおっしゃっていました。

Sさま、ありがとうございます

たくさんのご感想をいただいております➡こちらをごらんください。


4月はリクエストいただき、

4月11日(土)に週末開催します。

11:00~14:00まで

原美術館(品川)andカフェにて行います。

参加費は4000円です。

                                  ➡満席になりました。ありがとうございます。
キャンセル待ち受け付け中です。



お申込みはこちらへお願いいたします。

スマホ・PCはこちらへ

http://ws.formzu.net/fgen/S12092512/

携帯からはこちらへ
http://ws.formzu.net/mfgen/S12092512/


蜷川実花さんの個展とともに楽しみましょう。


ぜひいらしてくださいね


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)