晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

クミシュランは、あなたの人生を豊かにするイベントを開催しています。そう、シアワセは感性チャンネルの上に。
【美・アート・心・お仕事】それぞれのクミシュラン。


テーマ:
クミシュラン皆川公美子です。

今日はこれから名古屋へ向かいます。

{424CA88D-8FBF-4D95-972C-E4382F020102:01}

先日ヒロミシスルのフレンズデーでゲットしたコート。
この襟のボアはインナーコートです。


駅のホームで強い朝日を浴びながら、

暖かいお茶を持って立っていられてシアワセです。

フランスで同時多発テロが起こり、
世界が青ざめ、恐怖と悲しみに覆われている。

フェイスブックでは、たくさんの人の顔が
トリコロールになり、
(顔写真の上からトリコロールを載せられるようにした、FBの公式ボタンがいたるところに)
フランスのときだけ悲しむのはどうなんだ、とか全体論的な議論がさかんです。


でも、私はこういうときほど、
自分の中に戻りたい。
みんなはどう思っているかは、
自分がどう感じてどんな風に強いのか、
でも今自分はどんな風にシアワセなのか、
そこをひとつひとつ確認する作業が
必要だと思う。



{CCB3DA8F-7B0A-4024-9ABC-60771FF1437B:01}

人が、トリコロールにしようが
しなかろうが
基本的には、

ほっとけよ。


なんです。

みんな自分がどういう気持ちか
外に向かって表明してるだけ。
その全体の数を数えて結論を導くことに、
意味があるのかしら。

さあ、今私はどんなにシアワセなことがらを持っている?


名古屋で新しい出会いが待っている。
空が青い。
世界は光にあふれてる。
窓から暖かい光が入り、
身体に当たってる、
河の上を通って水のきらめきが見えた。

そして今朝会えなかったけど、
夫が海外出張から帰ってきたおねがい
娘たちが、元気に学校へ行った。

あと100個は書けるね!

でも私はコーヒーを飲んでもっとシアワセになるので、
このへんで。

今日もたくさんのウツクシイものに
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クミシュラン 皆川公美子です。

【10/22・木 自分の仕事をどう魅せる?~あなたのフロント企画力アップ講座】


ニューリリースの講座をやります
「クミシュランて全然違う企画ばっかりよくあんなにガンガン投げるね」
と言われて、
いや~企画が得意だわ(^◇^)、
と強みとして認識しました。


例えば、お花を題材にしていても
「イケテル花嫁のフローラルブーケ」
「午後4時。台所の小瓶の草花たち」では、
驚くほど世界観が違いますよね。


そう、企画とは「ものごとの切り取り方」なんです。


・ご自分の商品アピールのお茶会やイベントはどんなふうにするのがいい?
・講座の見せかたやどんな風に銘打つか、考えてますか?
・イベントタイトルってすごくすごく大事です
・何かのチグハグさを感じるとお客様は申し込まない
・ワーク いっぱい練習しましょう

どうやって企画しているかはブログに書いてみましたが、
(コメント欄)
実際にご自分で発想することができるように、
たくさんワークをやっていただこうと思っています。
参加者同志、リアルに人のイベントも考えてシェアしましょう。
私も思いつく限り、湯水のようにアイデアを出します(笑)


少人数でやりますね~。
先行でお申込みいただいていますので、
気になる方はお早めにどうぞ。コメントかメッセージお願いいたします。
(お試し8000円・10/22 14:00~16:00です)

➡1時間で満席になりました。ありがとうございます。
お試しの日はもう一日、週末開催をしますので、お待ちくださいませ。


photo by あぶさん大関 学​






クミシュランのこれからのイベント

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クミシュラン 皆川公美子です。伊東昌美さんによんでいただき、お話会をさせていただきます。

お題は「幸せな仕事の入口を探そう」。

私の仕事のやり方は、それをやってワクワクするか、
というのが大きな基準になっています。
これをやっておいたほうがいいだろうな、とか
頼まれたからやろう、とか
そういうことからは意識して離れる、と心に決めています。

なぜかというと
やりたくないことはお客様にも伝わるからです。
どんなに取り繕って、うまく告知を書いたつもりでも
お客様はそんなことにだまされるようなことはありません(笑)

そうではなくて、心から共有したいと思うことを
正直に、直球で投げようと思います
伝わるかどうかということもあるけれど、
それがシアワセの秘訣だと思います。



まあ、ワタシのことはいいのですがね、

あなたの、
お仕事の入口のことを一緒にお話しましょう

とても好きなことどまんなか、で仕事をしなければ、ということでもありません。
「どまんなかの周辺」だっていいじゃないですか。

好きなことのどまんなかで仕事を「しなければならない」ということでもないのです。

~でなければならない、はいつだって、カラダを縛ります。

そしてきゅっと心をしばります。

そして何が正義か、ということも自分をぎゅっと縛ります。

心をなるべく、ふわふわな状態に置いておけるのは、

どんなことなのか。

本当の意味でリラックスして、自分の中身を掘り下げるということについてお話しましょう。

人に言われたことでなくて、自分の中から出てくることで仕事をしないと

続かないもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「仕事の幸せな入り口を探そう」ご案内~(^_^)


2015年08月11日(火) 
テーマ:

瞬殺でお話会を満席にしてしまう

皆川公美子さんをゲストに、

「仕事の幸せな入り口を探そう」

というテーマのお話会をやります。

私は瞬殺で満席にはならないのでにひひ

まだお席がございます音譜


クミシュランこと、皆川公美子さんのお話会。

第二回目を開催します。



日時:9月30日(水)14時16から時まで

場所:仲町台 「フレスコ」



 横浜市営地下鉄ブルーライン 仲町台駅徒歩3分。
 
 店内の大きな窓から公園を臨む、最高のロケーション。
 
 せせらぎ公園内に位置するテラスレストランです。




  

参加費:¥7,000


お申し込みは、こちらから


幸せかどうかはてなマークということ。

美しいかどうかはてなマークということ。

この二つを軸にお仕事を展開している

公美子さんのアドバイスは、

きいているだけでワクワクするし、

ムクムクとやる気もアップしてきます。

「公美子さんが上司だったら、

ハッチャキになって働いちゃうな!」

お話会の打ち合わせをしていて、

思わず私の口から出た言葉がコレでした。

今よりもっと<幸せに>お仕事がんばりたい方、

ぜひ、公美子さんに会いにきてね!






クミシュラン★これからのイベント
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クミシュラン 皆川公美子です。


おかげさまでクミシュラン会、いつも満席いただいてます。

ありがとうございます~~~


{BC334C14-A4C0-4EFA-9DE0-CFCD0137ED9D:01}

{62D5B27C-118E-449F-98CE-312A5917F188:01}

{BD3F42B8-C719-465B-A588-B59A11B2FBEE:01}

{4FFC3ECE-477F-4F4A-9E2E-D0C798E0D4D9:01}





{929D7EFE-4FF4-4BAD-B606-020AB753ECD6:01}




{79BB883D-1670-44B9-9712-DDF274784CA9:01}
この写真が大好きです。みんな思いっきり幸せそう



{95047C1E-AA1A-4FC6-A665-E9BDD4F6D43D:01}




{A3921237-7154-4128-87A4-C8975C951759:01}




{E6B385E4-A28E-43E4-8E33-BE462D624F58:01}




{EF180263-5990-472E-B9F8-AA7FEB56D4A9:01}




{DBBDABC7-CAA5-4E8A-8F84-A327EC255EEC:01}




{1599DEC2-04C0-4745-BABA-39C0E900F757:01}






{CAC03ADF-E4C0-4ACC-8A75-2EBAB0A124F2:01}




{B7543479-A884-4560-B422-449DE09AF5C8:01}

浅野ゆみこさんと 井手口雅恵さんこの笑顔からはじまりました)。



クミシュラン会は、何かに役立つスキルを会でご提供する会でないことも多いです。

「文章がうまく書けるようになる」とか

「ビジネスがうまく行くようになる」とか

そういうものではなくて、

「共に共鳴する」 とか 「感性を使ってわかる」という

「何かを味わう会」であることも多いです。


それはご参加の方にしてみたら、とってもイメージしにくいかも(笑)


でも満席になるのはなぜか。

企画のことを書こうと思います。

企画をたてるときに大事なこと①。



イベントだったら何にでも共通するのが、

「その会に行ったら、自分にどんなことが起こるのかを明確にイメージできること」


これは言われれば、当然だよね、ということですが、

どうでしょう、イメージできていますか?


これが例えば「文章講座」だったら文章がうまくかけるようになるんだな、ですけど、

どんな文章がうまくなるのか、
どういうシチュエーションで役に立つ文章なのか。



「強み発掘会」だったら「自分の強みがわかるんだな」ですが、

グループで発掘するのか、
マンツーマンでやるのか、
そういう環境のことも参加者にとっては重要ですよね。






これがね、たとえばゲストをおよびして楽しむ会の場合、

ここが不明瞭になることはよくあります。

「そのゲストだから、どういうことが起こるのか」ということです。




もちろん、扱うのが明快なスキルではないわけなので

何が起こるかはよくわからないのがゲストをお招きするときの醍醐味なのですが、

「こういうハナシをしたいと思っている」とか

「彼女はこうだから、こういう話が聞けるはず」とか、

その企画者の切り口

というものを明確にしておく必要があります。

それは、たとえ、参加者の方や、

ゲストの方に

言わなかったとしても、

明確にイメージしておく
必要があると思っています。

その引き出しを持ってるか持っていないかによって

当日のイベントが変わってくるからです。




例えば「このゲストのかた、素敵だから会いに来てね~」というのは

一見誰でも来られそうですが、

参加する側から言うと、何が起こるかわかりにくいから

入りづらいということがあります。

「いやいや、その方に会えるだけでいいからね。」という参加者の方は

ありがたいですね!(笑)




そして、その場で参加者さんが聞きたいことを聞ける、というのもイベントの醍醐味です。

けれど、それも漠然と

「聞きたいことはなんでも聞けますよ」

ということのほかに、


「こういうことについて」聞けますよ。

「この人の魅力はこういうところだと、自分は受け取っていますよ

ということを主催者が明らかにしておくことは、

参加する方にとっての存在の安心感につながるんですね。


私はそういうことをとても大事にしています。




逆にね、ゲストにお招きしたい方はたくさんいらっしゃるのですが、

その方をお招きしたときに、

どういう切り口でイベントができるのかということが

ストンと腑に落ちないと

なかなか企画として立ち上げにくいと思っています。

だから「あの方、素敵だなあ~~」と思ってもすぐには

ゲストに来てください!と言えず、

あたまのなかでずっとうにうに考えていることもあります。



「この人いいな~ゲストに来てもらおう!」で会を企画するときは


「○○さんの会では、こんなことが聞けると思いますよ~」

「○○さんの魅力はこういうところで、自分はこのことを聞きたい」と

いつくかのことを告知のなかでアナウンスしておくこと。

または「自分の心の中にしっかり持っておくこと。」


それが意外とお客様に届くと思っています。



でも

来週は、これが逆の立場

私がゲストで何かを聞かれる立場なの。 ➡6月16日お話会

ドキドキ~。

ゲストに呼ばれようとは、想定外でしたわ(笑)

主宰の伊藤昌美さんがステキな絵を描いてくださいました。



これね、先週私がFBにアップした写真をイラストに!


イラストレーター、恐るべし!




この記事のようなエッセンスがたくさんちりばめられた、
幸せ系お茶会・イベントの作り方
講座のなかでお話しします。

「イベントやってみたいけど・・・」
「はじめてなんだけど・・・」
「お茶会開いてみたいけど・・・」

という方、イベント作りにはたくさんの要素があります。
その全体を俯瞰できるような作りにしてありますので、
ぜひお越しください。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リンカラ ~イベント企画の着物人 皆川公美子です。

一ノ瀬洋子さんと

セカンド勉強会、やりますね。

起業ってどんな世界?から

どのセミナーが私に合っている?でも

日常的時間配分はどんな?から

お茶会とか勉強会って?でも

なんでもどうぞ。

おしゃべり会です。


以下一ノ瀬洋子さんの記事を、まるごとコピペ。どうぞ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6/8(日)は・・・
「いまさら」セカンド勉強会
この二人で開催します

どこへでも着物ででかける、
人と人をつなぐ着物の人、リンカラ 皆川公美子
実は某有名レコード会社の
超敏腕マーケッター&制作ディレクター
から、着付け講師へ華麗に転身、
そしてセカンドとしてイベント企画の道へ。
ご存知のとおり、イベントは大人気、
あっという間に満席イベント続出


超大手メーカー勤務14年目、セカンド歴8年、
キャリア系ワーキングマザーの一ノ瀬洋子
本業は商品企画・マーケティング
短時間勤務でプロジェクトリーダーをいくつもこなしながら
続けてきたセカンド経験はヒーラー、セラピストから
イベント企画まで幅広い。
image

<こんな人におススメ>
今の仕事はそんなに悪くないけど・・・
ちょっと他の世界もみてみたい、
私ってこのままでいいのかな?

とモヤモヤしていたり

ワーキングマザーでもセカンドってできるの?
でも本格的なセミナーに行くとなると
それなりに覚悟がいりそうだし・・・

と足踏みしていたり

セカンド始めてはみたものの、
これでうまくいっているのかわからない
でもセッションとかセミナーとか
どれを受けたらいいかわからない

と迷っていたり

「いまさら」聞けないセカンドのあれこれを、
二人に聞いたり、参加者のみなさんでシェアしちゃいましょう

単純に、
セカンドやっている人ってどんな感じ?
皆川公美子や一ノ瀬洋子に会ってみたい!

という方も大歓迎


皆川公美子と一ノ瀬洋子の
【「いまさら」セカンド勉強会

【日時】 6月8日(日)10:00~13:00
【場所】 都内 (お申込みの方にお知らせします。)
【定員】 10名 ➡6名様参加
【参加費】3,000円
     (ご飲食代は各自お支払くださいませ)
 
お申し込みはコチラ
PC・スマホから
http://ws.formzu.net/fgen/S82629939/
携帯電話から
http://ws.formzu.net/sfgen/S82629939/        


皆様にお会いできるのを楽しみにしています




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)