晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

クミシュランは、あなたの人生を豊かにするイベントを開催しています。そう、シアワセは感性チャンネルの上に。
【美・アート・心・お仕事】それぞれのクミシュラン。

クミシュラン皆川公美子です。

【クミシュランは世界中から美を集めちゃいます!】

5月の末にNYに行くことになりました。

目当てはもちろん全開でパワーのあるウツクシモノ!

アートもステージも楽しみです♡
 

一昨年オープンのニューミュージアム(西澤立衛さん建築)
{8DE0078F-C978-407E-88FE-1C47E7FBFF9D:01}


グッケンハイム美術館(フランクロイドライト)

{28865D72-1BC6-462F-894B-C6C73EBE6899:01}


MOMA(大好きな谷口吉生さん)

{A23B5F3A-0E7A-4836-B60B-F1885D03D33B:01}


それにフィラデルフィアの世界最大級の個人コレクション、
バーンズコレクションも行こうと思ってる。

{B4A7AD5D-4C00-4255-A429-6671CA5E5BA7:01}



 
クミシュランの売りはですね(笑)、
ソフト力、セレクト力です。
 
 
そこにあるものを、ただ、持ってきたりしないで
どうやったら最高の形で、
お客様の体にしみわたる形で、
お見せできるか、
1日中そのことばかり考えています。
 
うつくしいもの、
パワーがあるものというのは、
何も有名なものばかりとは限りません。

有名でなくても、
駅で弾いているバイオリンにだって、
真実の光が宿っていることがあるんです。

それを確実にキャッチするのが
クミシュラン。
社会の常識や、
大多数の人気投票や、
そういうものを否定しないけど、
それに頼らない。

そう、自分の中にいて、
常にニュートラルに
世界に委ねる、
ということが、
世界を信頼するということが、
力点としては
大事なんだとおもうのです。

あ、話がそれました。

ニューヨーク、たのしみにしてて下さいね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 皆川公美子です。

建築物が好きです。

今六本木の21_21design museumでやっているフランクゲイリー展にちなんで

しばらくフランク・ゲイリーの作品をとりあげてみようかな。


ホテルマルケスデリスカル



http://www.starwoodhotels.com/luxury/property/overview/index.html?propertyID=1539&language=ja_JP


スペインのホテルです。
100年以上の歴史を誇るワイナリーの横に
突如、違う星の惑星のような
ホテルができた!

地元の人にしてみたら多分そんな感じではないでしょうか















9月で調べてみたらお値段は最安値で1泊5万円台。

スペイン北部の町でフランスの国境方面です。

行ってみたい!!

*************************
フランク・ゲイリー展  2016年2月7日(日)まで

六本木  21_21 DESIGN SIGHTにて

展覧会詳細はこちらです
http://www.2121designsight.jp/program/frank_gehry/




・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クミシュラン、エキス満載イベント

{023EEE75-85C3-4BF7-9F23-303AB6065C20:01}



ここに、クミシュランのエキスは全部入れ込んでいます。

どうぞ会いに来てね!

お正月プレゼント価格は 今日1月5日までです。

➡︎★2/26チェロとトークライブで
場の共鳴なパワフルさを自分にしっかりセットする



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 皆川公美子です。

行ってみたい、私の身体で。コーナーは久々の投稿かも。


ポルトガルのアゲダという町で行われるアンブレラのフェスティバル。

2012年から毎年7月1日~9月30日に行われるそうです。

フェスティバル等でめちゃ盛り上がるのは
8月。






こんなライブ会場で音楽を聞いたら、
明るく盛り上がるだろうなあ~。


<アゲダへの行き方>

 

◇Campanha(カンパーニャ)駅 ※ポルト市内

↓ 普通電車・50分

◇Aveiro(アヴェイロ)駅

↓ 普通電車・35分

◇Agueda(アゲダ)駅

◆運賃:上記2本の列車で片道5.55ユーロ
※列車の本数が1~2時間に1本と極めて少ないので、
 事前に下記列車の時刻表サイトにて時刻を調べていくと良いです。
 http://www.cp.pt/passageiros/en/

 

◆切符の購入:
・行き⇒Campanha駅カウンターにて、Agueda駅まで通しで購入
・帰り⇒Agueda駅から乗った列車の車内で、
    車掌さんからCampanha駅まで通しで購入



町おこしの一環なんだろうけど、
アイデアに脱帽ですね!
写真の力ってすごいもの。

メルヘンな町。
駅は完全無人ながら
このお祭り期間は人で賑わうようです。

◆関連情報リンク

 

Umbrella Sky Project facebookページ(祭でのイベント開催情報をチェック!)
http://www.facebook.com/UmbrellaSkyProject

 

【ポルトガル・アゲダ】空一面を覆い尽くすカラフル傘祭り”Umbrella Sky Project”
(詳しい列車時刻の調べ方、傘ストリートまでの詳細地図等)
http://yepoggy.blog.fc2.com/blog-entry-546.html

スペインに行きたい!とずっと思っているので
ポルトガルにも足を伸ばしたいな~。





クミシュランのこれからのイベント

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 皆川公美子です。


アルマーニがミラノに、食品貯蔵庫を改築した「衣装貯蔵庫」のミュージアムをオープンしました。




私、アルマーニが好き! 

「正統派の服の中で」今を追求するオトコギに惚れる。

スーツなどですね。

奇抜なスタイルや奇をてらったことをしない、というのは逃げ場のない感じだと思うのです。

ごまかしがきかないから。

もちろん思い切り奇をてらったファッションだって
好きです。D&Gとかの。

私の場合、お洋服のフォルムそのものを好き、というのはもちろんあるのですが、
デザイナーのクリエイティブ哲学、みたいにふれると
きゅんきゅんしてしまいます。



とはいえさ、
アルマーニはスレンダーで背の高い人に似合うイメージですよねえ。
私もいつか痩せたら、アルマーニを着ようっと。
(←全然やせそうじゃないね。。。)




以前、アルマーニの映画について書いた記事を載せますね。
アルマーニの別荘がまた、すばらしいのです~。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-11938878082.html


アルマーニホテル ミラノ  ➡★

アルマーニ シーロス  ➡★


来年あたり、ファッションの信田マダムと

フィレンツェのライター、たでひろこさんと

ミラノツアーを組みたいと思いますので、楽しみにしてくださいね。





クミシュランのこれからのイベント
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン 皆川公美子です。


今朝したFacebook投稿。


マニアック・キラーの皆様へ愛をこめて。


東京オペラシティで「ミラー・ニューロン」という展覧会をやってます。
精神科医の高橋さんのコレクションでものすごい現代美術作品が140点ほどならんでいるのだけど、6月28日来週の日曜日までです。

➡公式HP 
高橋コレクション展 ミラー・ニューロン


展示されている名和晃平さんの作品。


ミラーニューロン、ボディ業界や医療業界の方は、
え?とふりかえるような最新ワードなのでございましょうや?
ものすごくおもしろい切り取り方だと思って、興味津々です。
これはもしかして、感性のひとつの正体?!?!?!



【今回新たにタイトルに選ばれた「ミラー・ニューロン」とは、他者の行動を見て「鏡」のように自分も同じ行動をしているかのように反応する神経細胞を意味し、それは他者との共感や模倣行動をつかさどるとも考えられています。】




本展によせて
コレクター・精神科医 高橋龍太郎


ミラーニューロンはイタリア、パルマ大学のジャコモ・リゾラッティによって、1996年発見された神経細胞である。

実験者がエサを拾い上げたときに、それを見ていただけのマカクザルが、エサを取るときと同じ脳の部位が活動したことに由来する。

このように他者の行動を自分もやったかのように映すニューロンは、人間にも存在することが確かめられている。

人間はこのミラーニューロンによってもたらされる模倣行動によって、他者の行動を理解し共感する。人間の言語をこのミラーニューロンによって獲得されたものとする学説もある。


しかし人間にとって最大の模倣は自然への模倣だろう。アリストテレスは、芸術は自然を模倣するとして、模倣(ミメーシス)を人間の本質と高く評価した。1980年代以降現代アートは模倣と引用によるシミュレーショニズムの影響なくしては語れない。

しかしシミュレーションといえば、日本には本歌取り、見立て、やつし等、千年の歴史がある。とするなら日本の現代アートシーンは、正面に西欧のアートミラーがあり、背後に千年の伝統ミラーを見据える合わせ鏡の只中にあることになる。


それは世界のアートシーンのなかの稀有な痙攣する美になるのか。はたまた無限に映し返される煉獄に過ぎないのか。



この投稿を小笠原和葉さんがシェアしてくださり、
そのフィードにひょんふぁ玄花さんが投稿されたことが
とても興味深い・・・



{DFD67A6E-39EF-4B5C-9743-062E048429E6:01}


「潜在意識の奥の奥は分離なくみなつながってるとすると、
ミラーニューロン的な働きがあって当然ともいえる」

ワンネスとかの世界は、言葉をききかじっているだけで
それほど詳しくないですが、

みんなの意識が底の底でつながっている、
という説はよく聞きます。




おもしろい!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
クミシュラン皆川公美子です。

京都ですごいものが公開になってました!!(*'▽')
昨日まで関西にいたのに、知らなかった。


「光の茶室」

圧倒的すぎる!!
吉岡徳仁さんはニューヨーク近代美術館(MOMA)
とかにも作品が収められてます。
ある時間になると(16時ごろ?)、太陽の角度で虹がでる仕掛けなようですよ!




以下、ネット上から集めた情報ですので、
関西地区のかた、どうぞご参考になさってくださいませ。


関西でなくても行きたい!



『吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵』は、京都とフィレンツェの姉妹都提携50周年を記念して4/9から展示されてます。
会場となる「将軍塚青龍殿」は、大正3年に建てられた総檜造りの武道場を移築したもので、京都の重要文化財です。


京都市を一望できる標高220mの大舞台の上で、自然と一体化する小宇宙的な空間を味わえます。

また、将軍青龍殿には、日本三大不動の一つに数えられ、平安仏画の最高峰ともいわれる「青不動明王像」が奉納されています。こちらも合わせて拝観できます。



会場:京都 将軍塚青龍殿 京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28

会期:2015年4月9日~2016年4月(予定)
時間:9時~17時  (16:30受付終了) 会期中無休

料金:拝観料500円


アクセスとしては、◎ 京都市営地下鉄東西線「蹴上駅(けあげえき)」からタクシーでワンメーター(もしタクシーでいかれる場合は帰りのタクシーを頼んでおくことをお忘れなく。)
◎ 青蓮院門跡より、30分毎の片道100円シャトルバス(8時30分~20時30分の0分と30分に発車)△ 徒歩30分 (坂道なので、結構きつそうです)  だそうです。




(写真はネット上からお借りしました)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
リンカラ ~ 皆川公美子です。

家具のなかで、椅子が一番好き!第2弾。   第1弾はこちら。


今日も私の偏ったマニアック記事にお付き合いくださって

本当にありがとうございます。


椅子のことを語りだしたら、
ちょっと止まらなくなる私ですが、
どうぞお付き合いください。


今日は歴史的名作チェアーのなかでも、

ちょっと華やかなものから行こうかな。

{C4C4D1D4-F1C1-44A3-9E6E-CDF16A7B09B8:01}

この椅子の名前はマシュマロ・チェア。

名前からしてわくわくする名前です
ジョージ・ネルソンというアメリカの作家の作品で
アンディ・ウォーホールなんかと同時代です。




{789021C9-4B55-4150-AA56-3D250C6E466A:01}
同じ時代のアメリカの
レイ・イームズも椅子業界の巨匠です。
この時代のものは、家具屋さんでは
アーリーアメリカン、とか言われていますね。

そして、この社長椅子(笑)、機能面を追求されているとともに
デザイン面で、これ以上ないほど

「えらそう」 (笑)


椅子という作品をとおして、
そういうメンタリティ的な部分も表現できるなんて
すごいと思いませんか?あはは。



処はとんで、スカンジナビア半島へ行きます。

{7B4DBD27-7BB1-4E80-BDC0-0A51AF420264:01}
これはアルネ・ヤコブセンというデンマークの作家の代表作のひとつ
アント・チェア 文字通り、アリの椅子ですあり


この椅子は黒い塗装蟻のタイプもあり、
そちらの椅子は本当にアリのようです。
シンプルながら、ウィットに富んでいて
ステキな作品ですよねえ~




この椅子はデザインされた当初そんなに爆発的に売れると思われてなくて、

プロトタイプ(試作品)の段階での打ち切りが予定されてました。

けれど作者のヤコブセンは強気で


「売れ残ったものは全部私が買い取ります!!!」

と宣言したそうです。

ビジネスには時には勝負が必要という典型的な例ですね。



{5ECA5FD3-AC5F-4F5E-95BE-372440D2048A:01}
こちらは同じヤコブセンの大ヒット商品、

セブンス・チェア。数字の7に似てますね。

日本でも愛されているデザインでカフェなどによくありますよね。
ヤコブセンの国デンマークでは、
本当にどこにもかしこにもこの椅子があります。

区役所の待合スペース、
カフェ、
学校、
スーパーのすみっこのスペース(笑)などなど。


それだけデンマークの人たちがヤコブセンのことを誇りに
思ってるんだなあというのが伝わってきます。




さて、国の誇り、とくればそう、

次は日本の作品です。

日本人の作品もいくつか、

このヴィトラ・デザイン・ミュージアムに収蔵されています。



{3D6F47A7-8CE4-40BA-8C2B-815B6E56ABC5:01}
こkれはバタフライチェアという名前です。

柳宗理という人をご存じですか?

カトラリーやヤカンも有名ですよね。




生活品の美と機能、ということの追求に

生涯をかけた方でした。


余談ですが、うちもこのヤカンを使っていますが、

デザインの美しさだけでなく、

底のところの熱伝導の良さにものすごくこだわって

設計されているそうで、

初めて使ったとき、お湯の沸く時間の速さに

ほんとにびっくりしました


柳宗理のことを話し出すと

彼が命をかけて作った美術館(博物館?)

日本民芸館のことを語りたくなっちゃいますが、

長くなるので別記事にしますね!




同じ日本人の方の椅子をもうひとつ。


倉又史郎さんのロマンチックなお花の椅子。

{2476B816-12EF-46B2-AF52-379174CD34A1:01}

座り心地はどうかわからないけど
ステキですよね~

オブジェとして、この椅子に見合うお部屋に

置かれていたことでしょう。

{9F87B958-DEE2-4B37-BBD3-33A107880BA0:01}

倉又さんの椅子はもうひとつヴィトラ・デザイン・ミュージアムに収められています。

針金で編んだようなデザインの椅子で、まったく違うタイプです。

とても優秀なインテリアデザイナーだったのに、

50代の若さで91年に亡くなってしまいました。

生きていらしたら今70代。

どんなに素晴らしい作品を残されただろうと思うと残念ですね。




最後に好きな椅子、3連発




{5DD70880-07CA-4C81-87C9-86F85790B84A:01}

ウィーンのヨセフ・ホフマンの椅子。

トーネットの流れをくんでいるけど、

どこかシノワズリーな匂いがありますね。


うつくしい曲木の技術がひかっています。

曲木の技術については前回の記事★
をご覧ください。

中国家具のとなりに置きたいデザインです。




あ、テツがちょっかいだしに来た
一緒に失礼します。

{9F0C3AB0-85E2-4C53-8ACF-685E8C2BCE24:01}

こちらはかの有名な建築家、フランク・ロイド・ライトの椅子です。


すごく重~~~~~~い椅子です。

確か帝国ホテルの設計をしたときに、

中に置く椅子のデザインまでしてしまった、という。

格調の高さが感じられる椅子ですね。




さて、最後にもうひとつ。

これははずせません、名作としては。

{005D9C21-DB03-4927-A463-A32D9199BA0A:01}

バルセロナ・チェア

1929年のバルセロナ万国博覧会のドイツ館のために作られました。

ミース・ファン・デア・ローエ という言うまでもなく、ドイツ人の方の作品です。






椅子とか机といった工業製品には

著作権 というものがありません。


作者がいくら優秀なデザインをしても、

大量に売れても、作家には

著作権使用料としての

二次収入の

お金が入らないのです。


このおかげで、ヒットしたものは

ぐいぐいと世界へ広まり、

日本でも買える。


でも作者や遺族へのデザイン使用料は

ない。


いつも複雑な気持ちでこのことを思ったりもします。



とにかく
ビバ・椅子の世界






















いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

リンカラ ~ 皆川公美子です。


もう30年くらい前から、

憧れている美術館があります。

Vitra Design Museum イン ドイツ。


ここは世界でも珍しい、椅子だけの美術館なのです。


歴史的に意義深い椅子がたくさん収められていて、

もう~~~、素晴しいのです


椅子が大好き


建物からしてステキすぎる
スイスに本社がある家具工場Vitraの
ドイツ支社の敷地内にあります。




私はそこのコレクションの図録を
後生大事に携えて、
時々眺めては幸せにひたるのであります。
{F0682B95-99C5-41D2-9E9F-F0C21D168FF8:01}

図録の中の椅子を少しご紹介。

言っときますけど(笑)

ここに収められている椅子は

世界の名作椅子です

よりすぐりです



{8BBF6FF0-AE6A-4762-A9DA-428345CEB484:01}
歴史的な名作、トーネット作。
1865年からもうかれこれ150年間作り続けられている椅子で
ウィーンのカフェ風。

この椅子は何がすごいかって、
背もたれの部分のカーブしている木のところ、
これは今では何がめずらしい
と思われるかもしれませんが、

「曲木」(まげき)  と言って、
高温の蒸気で蒸した木をこのようなカタチに定着させるむずかしさを

克服!

それはもう、

核心的な技術であり

椅子の大進歩であったわけです







{6C1A36B5-FE36-4EAC-B1DD-EE8A80638B34:01}
マルセル・バウアー 作。 チェスカ。

この椅子のすごいところは、

脚の金属部がコの字になっている、

これは「カンチレバー」という構造です。

この構造によって強度がある、
でも椅子がゆらゆらと遊びのある構造にできて、
なおかつシンプルで美しい、
そういうことが実現した

そう、歴史的な作品なのでした




{7F967903-9ADB-45D6-BD89-2CDECC881535:01}
ランディ という名の椅子。

スタッキングのできる椅子が実現して、
そして強度があって
美しい~



{6AE6666F-08AA-4368-B7DD-5CEF37E97168:01}

これは今でこそ「100均椅子」!!!
ごめんなさい、失礼しました。
当時としては強度があって、スタッキングできて
「象がふんでも壊れない」 ←このコピーに反応した方、いひひ
だったのですね。




{F9E90AEF-4809-4481-B91E-FA0963AB4CE5:01}
おお~~。古き良きウィーン

ホフマンの装飾的な椅子、全部木でできていて
重厚で、、、、でもどんだけ重たい椅子でしょう。
美しいですね。
掃除するときにちょっと動かして・・・
とかできない椅子だよね、多分。





{BF9D49F0-937F-49BB-A501-DBCB1689FAD5:01}

でました!コルビジェ・チェア
ワタシ的には左のページのモーモー柄のほうが
好きです。
今でもデザインオフィスとか、ちょっとおしゃれなビルの1階ラウンジとかに
ありますよね。
コルビジェは建築が有名で、それもラブだから、
それはまた別記事で。


人が座る、椅子って魅力的です。

人の重みが加わるという強度が考えられていたり、
座った時の快適性が求められたり、
人が座るということを込みで
デザインが考えられていたり、

椅子は家具のなかで、とても特殊なポジションです。チェア

だからこそ、様々な制約がある。

それをすべてクリアすることで
出来上がるデザイン。

デザイン者は人口工学の知識や、パイプ椅子
デザインの知識や、椅子
強度の知識、椅子
そして材料となる素材の知識が
必要です。いす?


そこにロマンを感じるのです。低座椅子


今日はヴィトラ・デザイン・ミュージアムの

コレクションで

お楽しみいただきました。

椅子記事、次回もうひとつ書きます。




あ~見ているだけでシアワセ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)