晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

感性キッズ〜感性は人生のセンサー。
親も子も、本来の自分で自分の人生に熱中しながら生きていく


テーマ:

感性キッズ主宰 皆川公美子です。

 

今朝 結局学校へ行った次女は

駅に向かう車のなかで言いました。

 

レディ「お母さん、うちはお母さんみたいに

楽しそうに自由に生きてる人がいるし、

お母さんのまわりのきぎょう?

って人もみんな楽しそうだからいいけど、

友達のみんなどうやって生きてるんだろうって思うんだ」
  
 
女性「どういうこと?」
  
 
レディ「学校つまんない」

「塾つまんない」

「将来の仕事はつらいもの」

「まわりに楽しそうな大人いない」
そんなんで、生きる目標とか夢ってさ言われてもさ、、、、、
ないよね?
   
  
女性んーーーーーー


ぐうのねもでませんけどね(笑)、
  

学校に行かないことを選んでいる子どもたちは
このへんのことを察知している子が多いのではないのだろうか。

 

上記のようなことに違和感を感じるよ!っていう。


生きる、

を自分の価値観で選ばせてくれと言っている。
(そしてそのなかに敏感・繊細気質であるHSCの子たちが多く混ざっているのでは・・・という仮説です)
 
 
デンマークで育った子どもが日本へ来て、
「日本では子どもの権利はどうなっているの?」

と聞いたと言う話をつい先日聞きました(驚)、

 

子どもたちの能力はすごい。
社会への夢を見せよう


中学生以上の子どものまわりには、

親でない「すてっきな大人」を配置しよう!
 

塾の先生でも、
習い事の師匠でも、
近所のおじちゃんでも、
地区センの将棋好きのおじいちゃんでも!

 

 

 

 

 

 

 

※写真はイギリスのロックバンド、

エコーベリーのボーカル、ソニアだちゃん。

大好き。


 

 

高感受性ちゃん、繊細ちゃん、敏感ちゃんと

社会の融合点を見つける感性キッズ。

育児書の普通にはまらないその個性は、ギフトです。

 

 

 

サイトオープンもうすぐですので楽しみにしてください!

image

 

これからの社会を生きる子に、自分の個性を表現する、心を動かす体験を

クリックhttp://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12291085996.html

 

 

感性キッズには

 

① お子様の体験ゾーン

 

1月13日(土)
オーガニック料理家 菅野のなさんと味覚体験イベントを開催しました。

詳細はこちらからどうぞ

image

image

imageimageimage

 

 

 

 

image

2017年5月のキッズレコーディング体験満席にて開催しました!

image

2017年11月 第2回キッズレコーディング体験満席にて開催しました!

 

image

8月には「夏休み親子おかたづけ体験」を満席にて開催しました!

講師は家と心の片付け師 新見和恵さん。

お片付けについて考えたことのなかった子どもたちの、

意識と気持ちを【変心】させました。

その様子はクリックこちらです。

 

 

② 22時オンラインの場があります。

image

 

 

パソコンこれからの22時オンライン のラインナップはこちらです

 

先取り情報はメルマガ(無料)にてお知らせしております。

K子メールどうぞご登録ください

 

 

22時オンラインでは

 

外国や関東以外からもご参加いただき、

自宅にいながらにしてステキな講師と会えて

世界が広がる!というご感想をいただいています。

 

お子様の環境を広げるさまざまな視点のお話を聞いてみませんか

 

《これからのオンライン22》

 

高感受性ちゃん、繊細ちゃん、敏感ちゃんの

天才性と社会の融合点を見つけるオンライン。

 

以下のような指針でプログラムを作成しています。

・豊かな世界、はどうやってどこへ行けば体験できるか。➡︎世界を知る

・子どもと私を「社会の需要」からでなく「その人の資質」から見る➡︎本人の資質を知る

・上記の基準を満たすお話を、普段会えない人から聞く

・HSC(Highly Sensitive Child)のお子様のお母さんがつながる

 


映画動画販売しています映画
これまで開催した会の動画を販売しています。

 

ご参加を逃した方、是非ご利用ください。

オンライン22動画販売フォーム

→https://ws.formzu.net/fgen/S37082942/


 

パソコン1月11日(木)

HSCの子の感覚〜シュタイナー学校協会代表のはたりえ先生

シュタイナー教育とは?子どもの本質、発達段階を知る。
~からだ、こころ、あたまが育つ時期~

シュタイナー学校・元校長&オイリュトミスト はたりえさん

詳細: 

http://ptix.at/KcT9WI

 

 

パソコン1月29日(月)22時~

「それでHSC(highly sensitive child)って、どゆこと?」
〜皆川公美子より


プロファイルすることは目的じゃない、
でもそういう子が20%いると知ることは
お母さんがラクになることかもしれない。
定義や現状を知る限りお話しします。

 

お申込み http://ptix.at/IkXhVl

詳細 https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12346503115.html

image

 

パソコン2月8日(木)

「HSCだった私。」
でも今起業家たちとバンバン仕事してて、大学休学してるけど全然平気
〜ベンチャーとシッターの仕事で
今を生きる小島祐衣里さんゲスト

 

お申込み詳細 http://ptix.at/GfB4Bc

 

月に2本以上の講座をご用意いたします。

 

 

◆【参加ホーダイ】月5,000円プラス税

 

*一月に2〜3本を見放題。

*見忘れた、子どもと一緒に寝落ちした!も大丈夫

 復習にも使える記録動画見放題。

*お友達へご紹介特典:参加ホーダイにご入会された場合はAmazonチケットをプレゼントします!

 

ご入会はこちらからどうぞ。

クリック http://peatix.com/group/53989/

※「メンバ―になる」をクリックしてください

ご退会方法はこちらをご覧ください

 

◆【お試し(単発)受講】ご希望のかたは

各イベントページからお申込みください。

お申込みください。

サンキュー価格ハート3,900円(+税)➡︎12月より価格改訂させていただきます

 

ニコ幼児のお母様 

小小学生のお母様

㊥中学生のお母様

boy中学生・高校生ご自身 向きのアイコンです。 

(お支払いはカード決済またはコンビニATM決済で、ひと月ごと5,400円(税込))

 

お母様もお子様も自分を生かして自由に生きるための、
世界観と具体策のデパートです。

 

これからのラインナップはこちらです。

 

※最初にPeatixへのログインが必要です。

お名前・メールアドレス・パスワードのみでご登録いただけます。

Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

※オンラインCafe のコンセプトはこちらをご覧ください。

 

※ご参加方法の具体的な流れについて知りたい方はこちらをどうぞ。

 

K子メール先行情報をメルマガ(無料)にて配信しています。

  是非ご登録ください

 

 

メガホンオンライン22・ご感想いただいています

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12297551181.html

 

 

お問い合わせはこちらへどうぞ。

info@kumichelin.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

感性キッズ主宰 皆川公美子です。

 

毎朝くりひろげられるドキドキな

 

「留年すれすれチャレンジ」。


起きられる?起きられない?

行く?行かない?

 

というのを親も子もドキドキしながら繰り返しています。

 

それはひとえに高校の卒業証書がほしいから。
高校卒業認定試験(昔の大検)より簡単に手に入るから。


その奥には

「自分のやりたい勉強をできる大学には行きたい」

という娘の希望と
 

バイトにしてもなんにしても

高卒と中卒で差別される日本の慣習にトラウマを感じるかもしれない

というわたしの杞憂があります。

そんなのほんとはいらないんだけどね!
 

でもなんか

「卒業証書ほしいだけ」

の毎朝のストレスにだんだん耐えられなくなってきて、

今朝はじっと考えていました。
 
そのとき、思ったんです。
 
私は娘に、生きることそのものをガマンさせてないか?

 


  

ガマンというものにも種類があります。
 
①生命の根元レベルのガマン。 
 
②やりたいことのために、これをすれば到達できるのガマン。
 
③ささいな日常レベルのガマン。
 
・・・・・・・・・・・・・・・

①は行動や移動の自由を奪われるという生命レベルのガマン。

存在そのものを認められてない、

ありのままをなかったことにされてるという、

存在否認に対するガマン。

→これ致命的。
 

②はこのイベント成立させるためには、

こんなめんどくさいラベリングでも頑張ろうというのや、

この子に学校いかせたいから

それほど好きでないパートでもやっちゃおうとか。

 

目的のためにがんばるガマン。
  
 
③洗濯物毎日たたむのはめんどくさい、とか(笑)
毎回支払いをするのはめんどくさい、

引き落としにしてほしい、とか(笑)

電車通勤しんどい、とか。

(これが日常レベルガマンでない精神状態の方もいらっしゃります)
 

少し前に

「全員が自由に生きるなんてありえない。

ガマンすることも大事だと子どもに教えるべきだ」

 

というご意見をいただいて、

もやもやしていたのですが、わかりました。
 

②と③のガマンは教えるべきで

仕事している人は全員、

生きている人は全員しているガマン。
 

でもこれ、子どもは実は知ってます。

 

ほんとうにやりたいことのためだったら、教えなくてもガマン強くやります。
 
重大問題なのは、

生きることそのものを、【ガマン】にさせていないか?

 

子どもにとって生きる、とは日中の時間全部。


わたしは 生きることをガマンとイコールにさせてないか?
 

生きることは、ガマンなんだと、

親として一番やっちゃいけないことをやっていなか?
 
 
全国のがんばってくださってる先生方、ありがとうございます。


いい先生がたくさん命をかけてやってくださってることを

ひしひしと感じていま==す!

 

問題はそうでない先生も多いってことです^ ^

 

 


 

 

高感受性ちゃん、繊細ちゃん、敏感ちゃんと

社会の融合点を見つける感性キッズ。

育児書の普通にはまらないその個性は、ギフトです。

 

 

 

サイトオープンもうすぐですので楽しみにしてください!

image

 

これからの社会を生きる子に、自分の個性を表現する、心を動かす体験を

クリックhttp://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12291085996.html

 

 

感性キッズには

 

① お子様の体験ゾーン

 

1月13日(土)
オーガニック料理家 菅野のなさんと味覚体験イベントを開催しました。

詳細はこちらからどうぞ

image

image

imageimageimage

 

 

 

 

image

2017年5月のキッズレコーディング体験満席にて開催しました!

image

2017年11月 第2回キッズレコーディング体験満席にて開催しました!

 

image

8月には「夏休み親子おかたづけ体験」を満席にて開催しました!

講師は家と心の片付け師 新見和恵さん。

お片付けについて考えたことのなかった子どもたちの、

意識と気持ちを【変心】させました。

その様子はクリックこちらです。

 

 

② 22時オンラインの場があります。

image

 

 

パソコンこれからの22時オンライン のラインナップはこちらです

 

先取り情報はメルマガ(無料)にてお知らせしております。

K子メールどうぞご登録ください

 

 

22時オンラインでは

 

外国や関東以外からもご参加いただき、

自宅にいながらにしてステキな講師と会えて

世界が広がる!というご感想をいただいています。

 

お子様の環境を広げるさまざまな視点のお話を聞いてみませんか

 

《これからのオンライン22》

 

高感受性ちゃん、繊細ちゃん、敏感ちゃんの

天才性と社会の融合点を見つけるオンライン。

 

以下のような指針でプログラムを作成しています。

・豊かな世界、はどうやってどこへ行けば体験できるか。➡︎世界を知る

・子どもと私を「社会の需要」からでなく「その人の資質」から見る➡︎本人の資質を知る

・上記の基準を満たすお話を、普段会えない人から聞く

・HSC(Highly Sensitive Child)のお子様のお母さんがつながる

 


映画動画販売しています映画
これまで開催した会の動画を販売しています。

 

ご参加を逃した方、是非ご利用ください。

オンライン22動画販売フォーム

→https://ws.formzu.net/fgen/S37082942/


 

パソコン1月11日(木)

HSCの子の感覚〜シュタイナー学校協会代表のはたりえ先生

シュタイナー教育とは?子どもの本質、発達段階を知る。
~からだ、こころ、あたまが育つ時期~

シュタイナー学校・元校長&オイリュトミスト はたりえさん

詳細: 

http://ptix.at/KcT9WI

 

 

パソコン1月29日(月)22時~

「それでHSC(highly sensitive child)って、どゆこと?」
〜皆川公美子より


プロファイルすることは目的じゃない、
でもそういう子が20%いると知ることは
お母さんがラクになることかもしれない。
定義や現状を知る限りお話しします。

 

お申込み http://ptix.at/IkXhVl

詳細 https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12346503115.html

image

 

パソコン2月8日(木)

「HSCだった私。」
でも今起業家たちとバンバン仕事してて、大学休学してるけど全然平気
〜ベンチャーとシッターの仕事で
今を生きる小島祐衣里さんゲスト

 

お申込み詳細 http://ptix.at/GfB4Bc

 

月に2本以上の講座をご用意いたします。

 

 

◆【参加ホーダイ】月5,000円プラス税

 

*一月に2〜3本を見放題。

*見忘れた、子どもと一緒に寝落ちした!も大丈夫

 復習にも使える記録動画見放題。

*お友達へご紹介特典:参加ホーダイにご入会された場合はAmazonチケットをプレゼントします!

 

ご入会はこちらからどうぞ。

クリック http://peatix.com/group/53989/

※「メンバ―になる」をクリックしてください

ご退会方法はこちらをご覧ください

 

◆【お試し(単発)受講】ご希望のかたは

各イベントページからお申込みください。

お申込みください。

サンキュー価格ハート3,900円(+税)➡︎12月より価格改訂させていただきます

 

ニコ幼児のお母様 

小小学生のお母様

㊥中学生のお母様

boy中学生・高校生ご自身 向きのアイコンです。 

(お支払いはカード決済またはコンビニATM決済で、ひと月ごと5,400円(税込))

 

お母様もお子様も自分を生かして自由に生きるための、
世界観と具体策のデパートです。

 

これからのラインナップはこちらです。

 

※最初にPeatixへのログインが必要です。

お名前・メールアドレス・パスワードのみでご登録いただけます。

Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

※オンラインCafe のコンセプトはこちらをご覧ください。

 

※ご参加方法の具体的な流れについて知りたい方はこちらをどうぞ。

 

K子メール先行情報をメルマガ(無料)にて配信しています。

  是非ご登録ください

 

 

メガホンオンライン22・ご感想いただいています

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12297551181.html

 

 

お問い合わせはこちらへどうぞ。

info@kumichelin.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

感性キッズ主宰 皆川公美子です。

 

●ある日の会話から

 

ムスメレディ「お母さん、バイトにさ、
      大人なのになんでそんなに怒っちゃうの?っていう人がいるの」
  
 
女性「そうなんだ。どういう怒り方するの?」
  
 
レディ「たとえばコップの置き方とかさ、
お客さんへ持って行き方とかさ、
あんたこんなのも知らないの?
私最初からできたってガミガミ言うの。


もちろんこっちが新米なんだけどさ」
  
 
女性「ああ、なるほどそれは 
<わたしすごいだろ!どや!> かな。
ショウニンヨッキュウってやつかもね。
Kにすごいって認めての欲しいの。」

 

 
レディ ・・・・・・・・・・!(◎_◎;)
 

そうなの!?

大人なのに??

・・・・・・・・・・・!(◎_◎;)
 
 
レディ「ちっちゃっっっ!!!」
   

・・・・・・・・・・・・・
女性(爆)
だよね、だよね。

大人って意外とちっちゃいの、ごめんごめん(笑)

 


 

 

高感受性ちゃん、繊細ちゃん、敏感ちゃんと

社会の融合点を見つける感性キッズ。

育児書の普通にはまらないその個性は、ギフトです。

 

 

 

サイトオープンもうすぐですので楽しみにしてください!

image

 

これからの社会を生きる子に、自分の個性を表現する、心を動かす体験を

クリックhttp://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12291085996.html

 

 

感性キッズには

 

① お子様の体験ゾーン

 

1月13日(土)
オーガニック料理家 菅野のなさんと味覚体験イベントを開催しました。

詳細はこちらからどうぞ

image

image

imageimageimage

 

 

 

 

image

2017年5月のキッズレコーディング体験満席にて開催しました!

image

2017年11月 第2回キッズレコーディング体験満席にて開催しました!

 

image

8月には「夏休み親子おかたづけ体験」を満席にて開催しました!

講師は家と心の片付け師 新見和恵さん。

お片付けについて考えたことのなかった子どもたちの、

意識と気持ちを【変心】させました。

その様子はクリックこちらです。

 

 

② 22時オンラインの場があります。

image

 

 

パソコンこれからの22時オンライン のラインナップはこちらです

 

先取り情報はメルマガ(無料)にてお知らせしております。

K子メールどうぞご登録ください

 

 

22時オンラインでは

 

外国や関東以外からもご参加いただき、

自宅にいながらにしてステキな講師と会えて

世界が広がる!というご感想をいただいています。

 

お子様の環境を広げるさまざまな視点のお話を聞いてみませんか

 

《これからのオンライン22》

 

高感受性ちゃん、繊細ちゃん、敏感ちゃんの

天才性と社会の融合点を見つけるオンライン。

 

以下のような指針でプログラムを作成しています。

・豊かな世界、はどうやってどこへ行けば体験できるか。➡︎世界を知る

・子どもと私を「社会の需要」からでなく「その人の資質」から見る➡︎本人の資質を知る

・上記の基準を満たすお話を、普段会えない人から聞く

・HSC(Highly Sensitive Child)のお子様のお母さんがつながる

 


映画動画販売しています映画
これまで開催した会の動画を販売しています。

 

ご参加を逃した方、是非ご利用ください。

オンライン22動画販売フォーム

→https://ws.formzu.net/fgen/S37082942/


 

パソコン1月11日(木)

HSCの子の感覚〜シュタイナー学校協会代表のはたりえ先生

シュタイナー教育とは?子どもの本質、発達段階を知る。
~からだ、こころ、あたまが育つ時期~

シュタイナー学校・元校長&オイリュトミスト はたりえさん

詳細: 

http://ptix.at/KcT9WI

 

 

パソコン1月29日(月)22時~

「それでHSC(highly sensitive child)って、どゆこと?」
〜皆川公美子より


プロファイルすることは目的じゃない、
でもそういう子が20%いると知ることは
お母さんがラクになることかもしれない。
定義や現状を知る限りお話しします。

 

お申込み http://ptix.at/IkXhVl

詳細 https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12346503115.html

image

 

パソコン2月8日(木)

「HSCだった私。」
でも今起業家たちとバンバン仕事してて、大学休学してるけど全然平気
〜ベンチャーとシッターの仕事で
今を生きる小島祐衣里さんゲスト

 

お申込み詳細 http://ptix.at/GfB4Bc

 

月に2本以上の講座をご用意いたします。

 

 

◆【参加ホーダイ】月5,000円プラス税

 

*一月に2〜3本を見放題。

*見忘れた、子どもと一緒に寝落ちした!も大丈夫

 復習にも使える記録動画見放題。

*お友達へご紹介特典:参加ホーダイにご入会された場合はAmazonチケットをプレゼントします!

 

ご入会はこちらからどうぞ。

クリック http://peatix.com/group/53989/

※「メンバ―になる」をクリックしてください

ご退会方法はこちらをご覧ください

 

◆【お試し(単発)受講】ご希望のかたは

各イベントページからお申込みください。

お申込みください。

サンキュー価格ハート3,900円(+税)➡︎12月より価格改訂させていただきます

 

ニコ幼児のお母様 

小小学生のお母様

㊥中学生のお母様

boy中学生・高校生ご自身 向きのアイコンです。 

(お支払いはカード決済またはコンビニATM決済で、ひと月ごと5,400円(税込))

 

お母様もお子様も自分を生かして自由に生きるための、
世界観と具体策のデパートです。

これからのラインナップはこちらです。

 

※最初にPeatixへのログインが必要です。

お名前・メールアドレス・パスワードのみでご登録いただけます。

Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

※オンラインCafe のコンセプトはこちらをご覧ください。

 

※ご参加方法の具体的な流れについて知りたい方はこちらをどうぞ。

 

K子メール先行情報をメルマガ(無料)にて配信しています。

  是非ご登録ください

 

 

メガホンオンライン22・ご感想いただいています

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12297551181.html

 

 

お問い合わせはこちらへどうぞ。

info@kumichelin.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

感性キッズ 皆川公美子です。

 

【今日のムスメバイトコンサル】

 

長女が「バイト(飲食)、どうしようかな〜」と車の助手席から話しかけてきました。

 

どういうところがなんかすわりが悪い感じ?と聞くと、

(飲食関係2軒目なのですが)同僚とコミュニケーションがうまくとれなくてイライラするし、

ざわざわと大人数すぎるところは疲れてしょうがない、と。

  

 

きた、HSCの特徴がでてる。

 

 

彼女にとって、静かな環境や、おちついて気持ちをやりとりできる場所こそが「幸せにはたらける場所」です。

 

120席などというどでかいところで、忙しい時間にバックヤードで罵声が飛び交うようなところは、

気持ちが常にイライラざわざわしてしまって、

満足感がでないのです。

もちろんそこで体育会系に「負けないわ!っと」楽しむことができるお子様は、

そこに強みがあるのでとてもいいと思います。

 

でもHSCの子はとにかく「場を選ぶ」必要がある。

 

児童精神科医の長沼先生はこのようにおっしゃっています。

「敏感すぎるのは、弱さやわがななではなく、

生まれ持った「気質」です。

 

HSCは子ども時代の環境次第で、成長が大きく変化します。」

大人になってから心の傷を癒すよりも、

子ども時代に傷つきを防ぐ方がはるかに大切です。

 

 

大声でのやりとりはそれだけで消耗してしまって、あなたの良さがでないから、

いい感じのカフェやこじんまりした雰囲気のいい店長さんややってる雑貨やさん、

みたいなところを探すほうがいいかもしんないね、と話していました。

 

 

探し方は、もちろん「人脈ルート」で。

「こういうとこない?」

「こういう人知らない?」と自分から言いまくるんだよ。

ネットで探すのは、こういうところは無理だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

感性キッズ主宰 皆川公美子です。

 

 

「中学や高校で自殺しちゃう子は、
自分で世界が選べないから死んじゃうんだね。
Kはお母さんの子でよかったよ」


不登校がちの次女が昨日、車のなかでしれっと言いました。
 

image


彼女は今、外国へ行ってみるという選択をしたいのです。
でも出席日数などの条件が合うかがわかりません。
 

今日は学校面談で「うちの子を応援してください」とお願いに行くのですが、
もともとうちの子は無気力で学校に行かないのではなくて、
「なんか違う」(それを説明できない)の。

学校へ行けない子のほとんどは、この
「なんか違和感がありすぎる」
なのではないかとわたしは思う。
 

子どもはもともとエネルギーに溢れた存在でさ、
はじめっから無気力な子なんていないのですもん。
その証拠に彼女は家で韓国語を勉強したり、本を読み漁ったり、

自分の使いたいように時間をつかって、明らかに人生を進んでいます。
 

 

 

でも「なんか違う」と口に出すと、「わがままだ」と言われる。
自分の生きる場所を選びたいというのは、
本当にわがままなのかな。
わたしはとってもすばらしいことだと思ってます❤️
 
  image


子どもたち世代は、
概してわたしたち世代より魂レベルがずっと上なのではないかと常々思うの。
だから
「大人の都合でできた世界」に違和感を感じたら、
その子はその場に身を置くことができないのではないかと思う。
そういう子がいっぱいいるんだよね。
 
 
これからさき、私がせっかくもらったチャンスなので
「世界を選びたくなっている子ども」がどうしていけるか、
トライと検証を重ねます。
現実的に「自立するところまで選べない」のか。
そうではなくて(抜け道的に今はなるけど)
自分の意志を尊重しながら、

日本という社会とも喧嘩別れせずにやっていける方法があるのか。
 

申し訳ないけど、
詳細はメルマガでのご報告になると思います。
ご覧になりたい方はジョインしてください。
http://www.reservestock.jp/subscribe/68452
 
 
・・・・・・・・・・・・・・
そうそう、今夜は外国を体験してみたい子のための
留学特集だよ!お母さん、どうぞ知っておいてください。
21時まで受付できます。

日本が合わない子、積極的に今の学校NOな子、「世界は広い」のよ!
お申込み➡ http://ptix.at/PQ3QPq

 

 

 

 


 

 

お母様が視野を広げ、ご自分もお子様も自由でいられるための

講座をご用意することを心がけています。

お子様の感性を育み、自分の本当の幸せはなんなのかということにリーチ

できる子どもに。

 

 

サイトオープンもうすぐですので楽しみにしてください!

image

 

これからの社会を生きる子に、自分の個性を表現する、心を動かす体験を

クリックhttp://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12291085996.html

 

 

感性キッズには

 

お子様の体験ゾーン

image

こちらは2017年5月の子どもレコーディング体験より

 

次回は11/19 です!満席となりましたありがと
キャンセル待ちご希望のかたはこちらのフォームにご記入ください
➡  https://ws.formzu.net/dist/S37694443/

 

 

image

8月には「夏休み親子おかたづけ体験」を満席で開催しました!

講師は家と心の片付け師 新見和恵さん。

お片付けについて考えたことのなかった子どもたちの、

意識と気持ちを【変心】させました。

その様子はクリックこちらです。

 

 

22時オンラインの場があります。

image

 

 

パソコンこれからの22時オンライン のラインナップはこちらです

 

先取り情報はメルマガ(無料)にてお知らせしております。

K子メールどうぞご登録ください

 

 

22時オンラインでは

 

外国や関東以外からもご参加いただき、

自宅にいながらにしてステキな講師と会えて

世界が広がる!というご感想をいただいています。

 

まずは6ヶ月、お子様の環境を広げるさまざまな視点のお話を聞いてみませんか。

 

《これからのオンライン22》

 

子どもに教えたいのは、

豊かな人生を歩くための選択肢となるビジョン(方針)と具体例。

生きる場所を選べることを、教えられる親になる。
 

 

以下のような指針でプログラムを作成しています。

・豊かな世界、はどうやってどこへ行けば体験できるか。➡︎世界を知る

・子どもと私を「社会の需要」からでなく「その人の資質」から見る➡︎自分を知る

・上記の基準を満たすお話を、普段会えない人から聞く

 


映画動画販売しています映画
これまで開催した会の動画を販売しています。

 

ご参加を逃した方、是非ご利用ください。

オンライン22動画販売フォーム

→https://ws.formzu.net/fgen/S37082942/


 

11月

パソコン11月8日(水)

image

留学メジャー国ではないチリへ、

「枠外」の経験!18歳の今

〜我が子に超ど級の体験、高校生の交換留学60年の老舗AFSという手段

お申込み:http://ptix.at/PQ3QPq

 

パソコン11月24日(金)
 子どもの感性を育てる食のおはなし。

毎日滋養ご飯〜日常のなかにハレとケのご飯を組み込む(仮)

わくわくワーク代表 菅野のなさん

 

お申込み:http://ptix.at/Vf92I4

 

 

パソコン12月14日(木)

大学での交換留学でデンマーク・コペンハーゲン大学へ

 

東京大学 法学部・米原さん

 

 

パソコン 12月22日(金)

子どもたち、これからどうやって仕事に出会う?

子どもの強み発展版「学校・塾では教えてくれない目からウロコのおはなし」

 

山口由起子さん

 

パソコン1月上旬予定

シュタイナー教育とは?
~からだ、こころ、あたまが育つ時期~

 

パソコン1月下旬

子どもに教えるお金の話、第一歩

 

 

等々、

国境のない世界を生きる

人間力ある子どもを育てるための

セミナー、インタビュー、対談を続々企画中です。 

(変更の可能性もあります)

 

ご期待ください。

月に2本以上の講座をご用意いたします。

 

 

◆【参加ホーダイ】月5,000円プラス税

 

*一月に2〜3本を見放題。

*主宰皆川とやりとりできる専用メールアドレス付与

さらに

*リアル会のとき、ご参加特典があります。

例)9月6日のお坊さんの会(リアル会)通常5,400円➡会員様価格3,240円

*開催動画を会員様価格で購入できます。通常3,240円➡会員様価格1,080円

 

ご入会はこちらからどうぞ。

クリック http://peatix.com/group/53989/

※「メンバ―になる」をクリックしてください

ご退会方法はこちらをご覧ください

 

◆【お試し(単発)受講】ご希望のかたは

各イベントページからお申込みください。

お申込みください。

3,000円(+税)

 

ニコ幼児のお母様 

小小学生のお母様

㊥中学生のお母様

boy中学生・高校生ご自身 向きのアイコンです。 

(お支払いはカード決済またはコンビニATM決済で、ひと月ごと5,400円(税込))

 

お母様もお子様も自分を生かして自由に生きるための、
世界観と具体策のデパートです。
【参加ホーダイ】では、多角的な「世界観」「方法論」を手にいれていただくために

最低6ヶ月、その後は必要に応じて継続いただくことを推奨いたしております。

 

これからのラインナップはこちらです。

 

※最初にPeatixへのログインが必要です。

お名前・メールアドレス・パスワードのみでご登録いただけます。

Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

※オンラインCafe のコンセプトはこちらをご覧ください。

 

※ご参加方法の具体的な流れについて知りたい方はこちらをどうぞ。

 

K子メール先行情報をメルマガ(無料)にて配信しています。

  是非ご登録ください

 

 

メガホンオンライン22・ご感想いただいています

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12297551181.html

 

 

お問い合わせはこちらへどうぞ。

info@kumichelin.com

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

感性キッズ 皆川公美子です。

 

娘がキャンプリーダーから帰ってきた!うれしい❤️

今回は年長さんから小4まで10人の子どもたちを2人でまとめて、

毎日楽しく遊んだそうでした。

 

 

image

 

 

 

 

 

遊んできた、とひとことでいうけど、10人の子どもたちの安全に細心の注意を払い

(普段から厳しい安全講習をうけている、ついでに言うと人権講習、ジェンダーのこと等

かなりすごい教育をうけます)
ホームシックになる子、
反抗的な態度をとる子、
まとまると悪さする子(ありがち(^ ^))、
そういう子どもたちの成長の過程に丁寧に寄り添うのは
並みの精神力じゃできない。
子どもたちからしたら、反抗してぶつかれる存在の大人なんだけど、
まだ若干19歳、ぎりぎりのところでがんばってるのだろう。
みんなが楽しい思い出をつくるために声をからしてがんばってきたのが
よくわかる。
こんな成長の場をいただいて、感謝感謝です。
  
 
思えば小4から、子ども側として参加していて、
最長15日間、自炊もすべて自分たちでする、という
「究極の暮らす」を体験するコースに魅せられて いままで続いているんです。

 

ここのキャンプチームの

「遊ぶ」はほんとすごいですよ!
本気です。

 

 

image

(アルプス子ども会のパンフレットより)

 

 

 

 

上記、究極の暮らすをやるチームは9日間とか15日間とか

参加しているあいだの予定が決められていません。

白紙なんです。

 

そして1日三食すべて自炊です。

まわりにある畑からトマトをとってきて、

とか

お肉も冷蔵庫に入っているものを

まわりのチームとわけあって使う、

そしてなんと、ガスではなく

蒔の火を起こして野外で調理するんです。

3食全部ですよ。

 

これは用意する側もめちゃ大変だもん、

めんどくさいことこのうえない、

それをやってくださるありがたさを思います。

 

 

キャンプリーダーを中心に
(といっても上下関係がありません。

4歳〜大人までみごとなほど平等です。

子どもの意見は小学校1年生であろうと尊重されます)

子どもたちの遊びを話し合って決めるので

夜はなしあっているうちに

明日からみんなで登山しよう!とか決まります。

(だから親には帰ってくるまで知らされません)

それもテントを運んでの山中泊の

本格的なやつです。

山中泊って簡単にいうけど、

登山をしている方ならおわかりでしょう。

危険が伴います

夏とはいえ、寒いときもありますし、

雨がふったらテントのしたはぬかるみです。

舗装された道をのぼるわけではなくて、

岩や石がごろごろしたところもある。

整備されたオートキャンプ場とはわけが違うんです。

トイレだって、自分たちで作ります。

 

 

小学4年生から中学3年生まで8名くらい、

そしてキャンプリーダー数名が

協力して

水のタンクを運ぶ男子、

テントの布ぶぶん、

テントの金属部分、

食料、

そういったものをみんなで分担して

運びながら登山をします。

 

 

うちの子はテント泊のキャンプは3歳のころからやっていたので

慣れていましたが、

この道なき道をいくようなキャンプに

娘も最初どんなにびっくりしたことでしょう。

 

image

(アルプス子ども会のパンフレットより)

 

 

 

帰ってきてそのことをいきいきと語る娘の話をきいて、

私だって

 

「うそ!聞いてない!!そんな危険なこと!?」

 

とびっくりしました。

 

 

でもこれが親の精神力が試されるとき。
親は常時子どもの安全を知って、安心したいので、

すべての行程を詳細に知っていたいのは

親の人情です。

 

 

でもそれは子どものためにはならないと

このアルプス子ども会に教わりました。

すべて知られて、管理されているもとで

保証されている行動範囲なんて

子どもからしたらたかがしれている

囲われた柵からでて、

自分で道を切り開くこと。

それはそのまま、あとの人生にも

同じことが起こるんですよね。

 

 

たとえば、会社で働いたとして、

取引先とうまくいかなくなったとき、

どうしたらいい?どうすればこの先が開ける?

と考える能力というのは、

実はこういうシナリオのないチャレンジのときに養われているのだと

わたしはつくづく思うのです。

 

 

やばい、小3の子が足に怪我をした。

だれかがおんぶをしなきゃならない、

でもそれじゃ、荷物全部もてないじゃないか。

じゃあ、この荷物をどうくみかえて、持てば全員でさきに進むことができるだろう。

そんなことを、みんなで必死で考える。

そういうことを安全で管理された国、ニッポンの子どもでいても

経験させていただけたのは大きなことでした。

 

 

子どもは親に見えないところで冒険する、

そういうときにこそ成長するんだと、

りあるに腑に落ちました。 

 

 

注)すべてのチームがこのようなチャレンジングなコースではありません。

  27コースあるなかで、上級の2〜3コースだけのはなしです。

  つりや野外料理などのコース、ふもとの旅館で適度にアウトドアも経験するという幼児向けの平和なコースももちろんあります。

 

そしてそんなにチャレンジングな体験を提供するのに、どのくらいの準備と

話し合いが行われているか。40年間この会が続いているということ自体が

なによりの証明でしょう。

 


 

思えば10年前、
《ひとりの例外もなく、支え守り合う関係》
このキャッチを信頼して、子どもを預けました。
障害のあるお子さんも普通に参加しているというところを、
ますます信頼したのです。
 
 
そうなのよ、みんな一人残らず輝く部分を持っていて、
支え合って生きている。
身体の一部が自由にならない人がいるのだったら、
それを助けるのは当たり前。
他の何かの部分であなたが助けられるときが必ずある。
 
 
かわいい子には旅をさせろ、というのは
ほんとうにほんとうだと思う。
 
 
 
わたしが信頼する
長野・伊那谷で40年続くキャンプチーム
アルプス子ども会
http://alps-kodomokai.jp/

 

 

お母さん、便りがないのが元気な証拠と

お考えください。

 

と言える団体が日本にいくつあるだろう!

 

 

余談ですが、

 

auの浦島太郎役の桐谷健太さんも

このアルプス子ども会で

思い切り野山をかけめぐった方なんだそうです。

 

 

 

これからの22オンライン・プログラムは以下です!

 

 

《お申込み方法》

8月はご紹介キャンペーン!

参加ホーダイにご入会の場合、

ご紹介者にはアマゾンギフト券1,000円、

ご紹介されたお友達には入会料無料を

プレゼントいたします。

 

◆【参加ホーダイご希望】のかた

(オンラインcafeひと月/参加ホーダイ):月々5,400円(税込)

ひと月に2回ご参加の場合は参加ホーダイがお得です!

*6ヶ月以上の継続受講となります。(退会方法はこちら

*リアル会のとき、ご参加特典があります。

 例えば9月のお坊さんの会 通常5,400円➡︎会員様価格3,240円

*開催動画を会員様価格で購入できます。通常3,240円➡︎会員様価格1,080円

 

ご入会はこちらです

http://peatix.com/group/53989/

※「メンバ―になる」をクリックしてください

 

◆【ワンデイ(単発)受講ご希望】のかたは下記の各講座のURLよりお申込みください。

3,240円(税込)

 

 

 ニコ幼児のお母様 

小小学生のお母様

㊥中学生のお母様

boy中学生・高校生ご自身 向きのアイコンです。  

 


 

8月は

パソコン 8/8(火) 子育てがかわる「子どもの強み」②〜コンサルタント山口由起子さん

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281866174.html ニコ 小 ㊥ boy

お申込み:

http://ptix.co/2tFnk9v

 

image

 

その①を逃した方はこちらで動画販売(3,240円)しています。

8月8日までの宿題もありますのでお早めにどうぞ。

<動画販売フォーム>
➡ https://ws.formzu.net/fgen/S37082942/
 


パソコン 8月10日(木) 「手放しと清算 滝行は人生を映す」~滝行シェア会 by皆川公美子

 

滝行は人生のすべてを映す、といわれていたとおりのことが起こりました。

はじめは怖れで呼吸困難に陥っていたわたしが、

2回目に身体の重心をさげてさげて・・・

そこで見たものは寝息の聞こえるほどの静寂な空間。

 

心配、怖れの世界は自分が作っています。

子育てをするうえで、これを手放せたことが、

子どもの飛躍的な成長につながりました。

わたしは心配ばかりの母親でした。

 

お申込みはこちら:

http://ptix.co/2hfSL9d

 


パソコン 8月31日(木) 母にもわかる量子力学~子どもの可能性と周波数のはなし

ゲスト:みくあゆみさん (めおと愛カウンセラー&開華トレーナー)

 

最近はやりの量子力学。それは遠い遠い物理の世界?いいえ、そんなことありません。

実際に人間が幸福になるというのはどういうことか、

望みを叶えるというのはどういうメカニズムなのか、

日常に応用できるお話です。

 

天才的にわかりやすいお話のみくあゆみさん、ゲストです!!!

お申込み詳細:http://ptix.co/2tPScVn


9月は

 

パソコン9/6 リアル会 なうな仏教と子育て、お母さんに向けて

                                浄土真宗僧侶 大來尚順さん  ニコ 小 ㊥ 

第1回は9月6日(水)14時~16時 代官山でリアル会をやります。会いに来てね!

リアル会は別途料金がかかります5,400円➡︎参加ホーダイ会員3,240円

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12282619709.html

 

お申込みはこちらからどうぞ。

http://ptix.co/2uoPqJo

 

image

 

image

 

image

 

 

 


パソコン 9/12(火) 子育てがかわる「子どもの強み」③〜コンサルタント山口由起子さん

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281866174.html ニコ 小 ㊥ boy

お申込み(ワンデイ受講):

http://ptix.co/2tFlplc

 

image

 


パソコン 9月29日(金)

  足は人生の土台〜子どもの足をつくる

  フットケアスペシャリスト 石井園子さん ニコ 小 

詳細近日発表


 

10月は

パソコン10/11(水)

紫月あゆみさんゲスト

「感性の奥の奥の奥がプロフェッショナルの領域」

詳細近日公開します!

 

パソコン10月27日(金)

母にもわかる量子力学②~子どもの可能性と周波数のはなし

ゲスト:みくあゆみさん (めおと愛カウンセラー&開華トレーナー)

お申込み:近日公開します

 

image

 

 

11月

パソコン日程調整中

 

留学メジャー国ではないチリへ、

「枠外」の経験!26歳の今

〜我が子に超ど級の体験、交換留学60年の老舗AFSという手段

 

 

その他、

お金メンタリティを扱うゲームセミナー、

海外の性教育ってどんな感じ?

「幸福度世界ナンバーワン」デンマークに留学した人の体験談、

いろいろな教育法のリアルを聞きたい!

 

等々、

 

企画中です。 (変更の可能性もあります)

ご期待ください。

等々

月に2本以上の講座をご用意いたします。

 

国境のない世界を生きる

人間力ある子どもを育てるための

セミナー、インタビュー、対談を続々企画中。

 

 

 

◆【参加ホーダイ】がお得です。

東京でリアルセミナーですと半年12本で約10万円かかるセミナーが

先生方のご協力をいただき、オンライン開催にすることで

6ヶ月12本 32,400円を実現しました。

(お支払いはカード決済で、ひと月ごと5,400円(税込))

 

 

*リアル会(オフ会)のとき、ご参加特典があります。

 

*「見直したいわ」に答える開催動画を会員様価格で購入できます。

 

ご入会はこちらです。

http://peatix.com/group/53989/

※「メンバ―になる」をクリックしてください

 

 

*1ヶ月での参加はできません。最低6ヶ月のコースです。

(ご退会方法は上記ページ、またはこちらからご確認いただけます)

 

これからのラインナップはこちらです。

 

 

◆【ワンデイ受講ご希望】のかたは上記の各イベントページからお申込みください。

3,240円(税込)

 

※最初にPeatixへのログインが必要です。

お名前・メールアドレス・パスワードのみでご登録いただけます。

Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

※オンラインCafe のコンセプトはこちらをご覧ください。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281040805.html

 

※ご参加方法の具体的な流れについて知りたい方はこちらをどうぞ。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281119179.html

 

K子メール先行情報をメルマガ(無料)にて配信しています。

是非ご登録ください。

https://www.reservestock.jp/subscribe/68452

 

メガホンオンライン22・ご感想いただいています

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12297551181.html

 

 

お問い合わせはこちらへどうぞ。

info@kumichelin.com

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

感性キッズ 皆川公美子です。

 

先日は

ムスメの友達女子大生たちがうちに泊まりにきていて、

黄色い笑い声が絶えず聞こえる

とっても華やかな1日でした。

 
{AF96204C-45B0-492A-A2FE-BA2CCCCC3CFF}
 
花火を観に行こうとみんなでうちに着付けをしにきて、
 
あの先生の授業面白いよね、
サークル合宿いつ?
今度のテストのノートとってる?
昨日起きたら集合の時間だった〜
 
話題はつきません。
 

 

{B151539E-D59D-4461-BA6C-9E36FB197E22}

(花火に出かけた様子)


 翌朝、みんなでご飯を食べながら
おしゃべりしました。
 
 
彼女たちの軽いおしゃべりの奥にある関心事は
このあとの学生生活に控える
就職戦線のこと。
 
早い子は
大学のキャリアガイダンスにマメに顔を出して
早くも情報を仕入れています。
 
そして話は小さい頃どんな子だったかという話になりました。
 
Aちゃん
 
私は大人しくてシルバニアファミリーとか好きで全然活発じゃあなかった。
お家で遊んでることが好きで、、、
 
 
Bちゃん
 
バスケとかやってて、活発だったけど
本を読むのが好きで、、、
 
 
Cちゃん
 
数学の必ず答えがきちんと出るところが好き。
国語とか、自分がこう思うっての答えに書いてもバツされるから嫌いになった。
 
 
みんな個性豊かです。
 
 
強み、という概念について
説明しました。
生まれた時からそっちの方向に脳が発達していて、
ついつい興味が寄っていくこと、
ついつい注目していること、
そこにヒントがあるという話です。
 
シルバニアの子は、
内向きの
(内的世界への)
意識が強くて、それは活発じゃあないということではなく、内向きのエネルギーが強いということ。
それは誰にでもできることではないんだよ、と。
 
 
世間でいい、とされるのは
太陽のように屈託無く
「はい!はーい!」と教室で
手を挙げるタイプの子。
 
それはもちろんいいことだけど、
全員それになるのがいいのじゃない、
そういう個性の子はそうできるのがいいけれど、
シャイで内向きの子は
もくもくと作業を進めたり、
人と人の間に立ったり、
作戦や企画を立てたり、
そういうことにたいして
チカラがあることが多い。
 
 
だから、みんな、自分の個性の向きを知って
それに見合う職場を
探してね。
 
 
そして自分を否定することなく、
ありのままの自分で
生きて行こう!
 
 
{C1D14EE8-7EE7-48EE-831A-04BD081A6D7A}
 

 

 

 

 

 

 


感性キッズは子どもの感性を伸ばしながら

社会への着地点はどこだろうと共に考える場です。

 

サイトオープンもうすぐですので楽しみにしてくださいね!

image

 

これからの社会を生きる子に、自分の個性を表現する、心を動かす体験を

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12291085996.html

 

 

お子様の体験ゾーン

image

 

 

お母さんのオンラインの場があります。

image

 

 

これからの母22時オンライン のラインナップはこちらです。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12284021739.html

 

先取り情報はメルマガ(無料)にてお知らせしております。

どうぞご登録ください!

https://www.reservestock.jp/subscribe/68452

 

 

母22時オンラインの題材は

うちの子交流会・これからの世界はどうなるの?・

グローバルってなに?・日本という感性

おもろい大人 等々!

これからのプログラムは以下です!

 

 

《お申込み方法》

 

◆【参加ホーダイご希望】のかたはこちらから。

(オンラインcafeひと月/参加ホーダイ):5,400円(税込)

*最低6ヶ月の継続をお願いします。

*リアル会のとき、ご参加特典があります。

*7月までご入会のかた、入会金(税込2,160円)無料キャンペーン中です!

*開催動画を会員様価格で購入できます。

http://peatix.com/group/53989/

※「メンバ―になる」をクリックしてください

 

 

◆【ワンデイ受講ご希望】のかたは下記の各講座のURLよりお申込みください。

3,240円(税込)

 

 

 ニコ幼児のお母様 

小小学生のお母様

㊥中学生のお母様

boy中学生・高校生ご自身 向きのアイコンです。  

 

 


7月は

 

パソコン 7月7日(金)「デンマークの家族・仕事・子そだて、そしてしあわせ観」

     〜デンマーク人トーマス・タキルドセンさん(人材キャリア会社CEO)

     コペンハーゲンより中継 ➡︎終了

*英語でおはなし、通訳がつきます(トーマスさんは日本語もかなりわかります
  ニコ 小  ㊥ boy
 

開催報告

➡ http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12290892171.html

 

image


 

ついにきました!これを知ると、子どもの目の前のテスト点数は全く気にならなくなります。

3ヶ月連続講座

パソコン 7/11(火) 知ると劇的に子育てがかわる「子どもの強み」①〜コンサルタント山口由起子さん

ニコ 小  ㊥ boy

詳細:

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281866174.html  →終了

 

image

 

 

パソコン 7月27(木) AIの世界はどこまで進んでいるか?シェア会~皆川公美子

 

 

image

詳細

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12294825390.html

お申込み(ワンデイ受講): 

http://ptix.co/2tzKT72

 


 

8月は

パソコン 8/8(火) 子育てがかわる「子どもの強み」②〜コンサルタント山口由起子さん

 

既に開催しました「子どもの強み」①〜子どもの強みの構造 
をご覧になりたい方には動画販売がございます。(3240円)
次回までに強みを見つける練習をすることで
その②でより実りがありますので、お早めにどうぞ。(ビデオのなかに説明があります)


◆動画お申込みフォーム
https://ws.formzu.net/dist/S37082942/

 

◆講座詳細

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281866174.html ニコ 小 ㊥ boy

お申込み(ワンデイ受講):

http://ptix.co/2tFnk9v

 

image

①を見逃した!という方には動画販売がございます。

どうぞご利用ください。

https://ws.formzu.net/fgen/S37082942/

 


パソコン 8月31日(木) 母にもわかる量子力学~子どもの可能性と周波数のはなし

ゲスト:みくあゆみさん (めおと愛カウンセラー&開華トレーナー)

 

最近はやりの量子力学。それは遠い遠い物理の世界?いいえ、そんなことありません。

実際に人間が幸福になるというのはどういうことか、

望みを叶えるというのはどういうメカニズムなのか、

日常に応用できるお話です。

 

天才的にわかりやすいお話のみくあゆみさん、ゲストです!!!

お申込み詳細:近日中公開します!


9月は

 

パソコン 初旬 なうな仏教と子育て、お母さんに向けて

                                浄土真宗僧侶 大來尚順さん  ニコ 小 ㊥ 

第1回は9月6日(水)14:00〜16:00

代官山でリアル会をやります。会いに来てね!

(※リアル会は参加費別途かかります)

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12282619709.html

お申込みはこちらからどうぞ。

http://ptix.co/2uoPqJo

 

image

 

image

 

image

 

 

 


パソコン 9/12(火) 子育てがかわる「子どもの強み」③〜コンサルタント山口由起子さん

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281866174.html ニコ 小 ㊥ boy

お申込み(ワンデイ受講):

http://ptix.co/2tFlplc

 

 

image

 


パソコン 9月29日(金)

  足は人生の土台〜子どもの足をつくる

  フットケアスペシャリスト 石井園子さん ニコ 小 

 


 

10月は

 

パソコン日程調整中

留学って今どうなの?

〜メジャー国ではない国へ、豊かな異文化体験がわたしの人生に与えたもの 

 

 

 

等々

月に3〜4本の講座をご用意いたします。

リアルセミナーをご自宅で受けられるチャンスです。

 

 

 

 

◆【参加ホーダイご希望】のかたはこちらから。

(オンラインcafeひと月/参加ホーダイ):5,400円(税込)

月に2本以上ご覧になる方は、こちらがお得です。

*最低6ヶ月の継続をお願いします。

*リアル会のとき、ご参加特典があります。

*7月までご入会のかた、入会金(税込2,160円)無料キャンペーン中です!

*開催動画を会員様価格で購入できます。

http://peatix.com/group/53989/

※「メンバ―になる」をクリックしてください

 

 

◆【ワンデイ受講ご希望】のかたは上記の各イベントページからお申込みください。

3,240円(税込)

 

※最初にPeatixへのログインが必要です。

お名前・メールアドレス・パスワードのみでご登録いただけます。

Facebook/Twitter/Google+のアカウントからもログインできます。

 

※オンラインCafe のコンセプトはこちらをご覧ください。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281040805.html

 

※ご参加方法の具体的な流れについて知りたい方はこちらをどうぞ。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12281119179.html

 

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 

先日、娘との会話をフェイスブックに投稿したら

たくさんの反響をいただいたのでシェアします^^

 

 

 

FB

 

ムスメが帰ってきて食事をしながらおしゃべりをしてます。

 

ム「あのさあ、今日さYと偶然会って1時間駅で話し込んじゃったよ。
実はさ、去年の暮れに部活辞めたくて死にたくなっちゃってさ、

そんときもYに会いに行ってさ、

なんかあの子の明るさに救われてさあ、部活やめるの踏みとどまったんだよね。」

 

私「なんでそんなに辞めたかったし、死にたかったの?」

 

ム「わかんない。そういうときない?」

 

私「あるある。なんだかわかんないけど、生きてるのが重たくなっちゃうときってあるよね」

 

ム「だよね。そんときもさ、練習するのはいいんだけどさ、

人と合わせるのがいやでいやでしょうがなくな っちゃって。
で、Yが「死にたくなったらうちのところに会いに来てからにしてね」って言うからさ、

じゃあ会いに行く前に死にたくなんないとかなあ、

なんて言ってやだ〜って二人で笑ったんだよ」
 
 
文字にすると超シュールな感じですけど、うちでは普通の会話です。
 

人間アッパーなときばかりじゃない。
イケイケなときもあれば、調子があがらないときもある。
スローガンがうざくてたまらないときも、
友達に誘われてもどうしても行きたくないときも。
それは普通のことだって言ってます。
 
 
子供達が幼い頃、特に長女はとっても繊細で人混みが大嫌いだったので、
ドラマとかでよく見る子ども像(無邪気に走ってきてお菓子をねだるみたいな)

と違うなあ〜と思って他の子も含めて観察してました。
 

幼い子どもは一般的に
「太陽みたい」に明るくて無邪気だといるラベリングがされてるよね!
でも観察していると本当に「太陽みたいに無邪気な子」は全体の2割くらいかなと思ってました。
そして、太陽のような子である必要もないっ。
あたりまえだけど。 
  
 
オチはないのですが、
なんだか妙に落ち着いたニュートラルな空気ただよう
リビングより。
ムスメたちはスマホで爆笑映像を見ています。
中継でした(^ ^)

 

 

 

 

この投稿に、たくさんのいいねやシェアをいただきました。

皆さんからいただいたコメントは・・・

 

 

三上さくらさん

 

 んー、なんかちょっと救われた気持ちになりました~

 

日南田淳子さん

 

子どもたち、ほんと~~~~~に
さまざまで、いつも、
それぞれ、まぶしいです!!

 

林モニカさん

 

まーっ、まさに「太陽のように明るくなくてごめんなさい」と思いながら育ちました

皆川さんに子供の頃会いたかった❤️
ちなみに娘には「明」という字を名前に入れたほど😅

「子供って普通無邪気で明るくはしりよるのにな…」と申し訳なく思う、ヒネタ健気さでしたよ。笑

 

つのじ ちよさん

 

温かくてほっこりな空間がイメージできました^ ^素敵なご家庭ですね〜♪

数日前に、娘に学校で死にたくなって、自分のお腹を叩いた…

と言われショックを受けたトコロでした💦

実家にお泊り中の娘が帰宅したら、

私も食事をしながら、おしゃべりをするのが楽しみになりました♪

 

仲丸友恵さん

 

私も子どもらしさと、明るさを求められて緊張しておりました。
んー、漂うニュートラル✨な空気が素敵^_^ 大事

 

福井あゆみさん

 

小学生のときに、公美子さんに出会ってたら、

これまた違う人生だったろうな♡と思います^^

今必要な言葉だったなぁ〜公美子さんに感謝だなぁ〜

と朝からほっこりです。ありがとうございます^^

 

佐伯ようこさん

 

私もひねくれた子でした。無邪気に振舞える友達に憧れたなぁ。

そのままで良いんだよと態度で見せてくれた何人かの大人に救われた気がします😅

 

Kiwa Imanariさん

 

そういう話ができる家族が凄く大切!

ドキッとするけど、話せる空気がなければ絶対に話せないですもの☆彡

そして太陽だけだったら、人の痛みも解らないかも。。。

 

岩山ひろみさん

 

うちの娘はアップダウンが激しく、外では超がつくほど慎重です。

太陽のように明るいのは家の中でだけ。

私が母の期待を背負って「母の思うお利口さん」だったので、

娘には自然体でいてほしいかな、と思っています♡

 

古谷しづかさん

 

私は明るくなかったけど、

子供は明るく無邪気じゃなきゃいけないのかなって思っていた気がします。
どーでもいいんですよね、そんなの(笑)って、今は思います!

 

Yumi Shinozakiさん

 

わーい!そうだよね、本当にそう思う…!
特に男児は、
鼻水垂らして、
膝から血を流して、
果てしなく走り続け、
”いーかげんに帰ってこいー!!”
…って暗闇の中、呼ばなくっちゃ
帰ってこないんだと思ってた!
…でも違ってたんだよね、うちの息子も…!
それが当たり前だったのに…( ;∀;)

 

 

結局、根っから無邪気な子どもってのは大人の願望であって

そんな子は実はいないのかもですね!

 

 

皆さん、たくさんのコメントやシェアをありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 


クミシュランはキッズのための体験事業を始めます。

 

 

学校では体験できない、少人数のほんものの感性体験。

そして大人たちが集まれる場を作りたいというのが、
その手前にあるわたしの一番大きな願いです。

 

 

【感性キッズ&大人room】

気になるかたは、どうぞメルマガにご登録くださいね!

http://www.reservestock.jp/subscribe/68452

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

クミシュラン 皆川公美子です。

 

この春からキッズ・クミシュランを立ち上げようと思っています。

 

なんでそういう気持ちになったのか、というのは

メルマガのほうに連載していきますので、

どうぞ登録してみてくださいね。

(配信解除もすぐにできますので、お気楽にどうぞ。わざわざ言いますけれど、

わたし自身一度名刺交換したらすぐ始まるメルマガの数の多さに辟易としたこともありました。1日で30個くらい来ちゃうと、必要なメールを見つけられなくなりますよね。解除・変更は自由に!というのがモットーです♡)

 

➡︎キッズクミシュランメルマガ登録

 

 

大人向けのイベントをやっているときから、いつか子ども向けを、という

気持ちがありました。

お母さんは誰でも子どもに幸せになってほしいと思っています。

わたしもムスメたちに最高に幸せになってほしい!です。

 

で、しあわせってなんだ?

あえて書きます。

しあわせってなんだ?!

いい会社に入ること?(それはお金を連れてくるから不安を除く大切な要素だ)

いい大学に入ること?(それもいい会社に通じるからしあわせに通じているかもしれない)

いい旦那さんに出会うこと?(それはもちろんそうでしょう)

 

どれも大切な要素かもしれない。

でももうひとつ決めてにかける。

 

だって、例えば超お金持ちになったとて不幸なひとはいるからです。

 

超素晴らしい会社に入っても合わなくて自殺するひともいるからです。

 

超素晴らしい大学にはいっても、ちっとも楽しくないひとも

素晴らしい会社に連結しなかった人も大勢います。

 

わたしたちは今、考えの方向を変えなければいけないと思うのです。

 

この理論と左脳中心の経済社会の中で、

自分自身が主役であるという感じが

世界は自分で選び取ることができるという感じが

薄れているのは大人も子どもも同じかもしれません。

 

「〜〜〜〜という人材が求められています」

「これからは英語力が必須の社会になります。実際に◯◯」

 

う〜〜〜ん、わかった、そこに仕事やお金があることはわかった。

でもそれをゲットしたら本当に幸せになれるのか?

 

もしかしたら・・・・自分の「外側からの要請」や「求人」に答える形で人生を送っていくのはしんどくないか?それにみんな気付き始めていると思うのです。

 

 

シアワセの定義はみんな違うはず。

それなのに、「こういう社会の要請に適応できる人からシアワセになるよ」という

呼びかけに、わたしはどうも乗ることができません。

 

人生を

楽しく過ごすことができるのは

自分の居場所を間違わず、

さいこ〜に座りのいい場所を見つけられる人。

 

ではないでしょうか????

 

 

居場所、というのは「無理することなくのびのびと自分自身でいられる場所」です。

先日、電通で過労で自殺した女性は最後にはウツと診断されていたようでしたが、

まだ判断能力が健康なうちに

「ここはわたしの居場所じゃない。世界はもっと広くて暖かい」って思うことができたら、どうだったでしょう。

彼女のお母さんの気持ちを思うと、いまでも胸が痛みます。

その重要だけど小さな小さな岐路を自分でキャッチできるということは

わたしはとてもと〜〜〜〜っても重要だと思うのです。

 

 

そして危険察知だけでなく、普段から

自分はこっちが好き、こっちはそれほどでもない、

こっちは快感・こっちは不快、という感覚のセンサーを

自分のなかから拾えるということもとても大事、

それこそが

「感性の本体」です。

感性は自分の本心の居場所をサーチするセンサーです。

➡︎好き、は最大の感性

 

 

「自分の強み(生まれ持っての能力、あとから高めた能力ではなくて)と仕事があっていること」

「一緒にいたい人といられること」

「自分という人を尊重してもらえる場にいること」

 

 

という当たり前の自由が尊重されている場所です。

「持って生まれた」能力と「本当の自分」が共存している安心の場です。

 

生き生きと自分のチカラが発揮できて、

毎日が安心に彩られている。

 

それにまさる幸せはないのではないかと思うわけです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

倶楽部クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 

今日はお世辞にも「美しい話」ではないかもしれません。

 

出来事そのものはわたくしごとの極み、なのでございます。

 

そしてそれはほろにがくて甘酸っぱい、人生の海原テイストなのでした。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

うちでは毎日のように「弁当箱バトル」が繰り広げられています。

お弁当箱を絶対にださない次女、

その状況とかれこれ4年間戦っているわたし。

 

夏場は、そうなんです、

お弁当箱をださないということは阿鼻叫喚地獄絵巻図なのですね。

毎日の悲劇は現場でおきています滝汗

 

 

「なんで出さないの!(`Δ´)」

これまでに大きなバトルから(つかみ合いの喧嘩のはてに食洗機が壊れるほどのものね)

小さなバトルまで(嫌味を言って、どっちかがむすっとするくらいのものね)、

なんでお弁当箱をださないんだ、

お母さんに気持ち良く仕事をさせろ、➡︎仕事論バンザイ髑髏

感謝の気持ちとかっていうものは少しはわかないのか➡︎道徳論バンザイ髑髏

ださないと作らないぞ➡︎脅しバンザイ髑髏

出した日は作ってあげるね➡︎アメとムチ風味の脅しバンザイ髑髏

 

様々な飛び道具を駆使して、状況の改善を試みました。

わたしの希望はただひとつ。

 

「お弁当を作ってあげたいドキドキそしてきもちよく作りたい。」

なのでした。

 

でもどのように話し合いをしても、

バトルをしても、

つかみ合いくらい事件になっても、

3年半、手を変え品をかえ交渉を試みても

状況はついに改善されなかったのです。

理由を聞いてもわからない

 

「出したくない」

 

 

は〜〜?ジャンプなんだそれ!(●・̆⍛・̆●)

甘えている、とか

それを聞いてやるから余計に甘えるんだ、という声も

まあまあ聞こえましたが、

彼女がお弁当箱を出さない理由はわかりません、

どのようにしても改善されないということ、

そしてそういう子はよそにもいるらしい、ということだけが

わたしに理解できる事実です。

 

 

お弁当箱が異臭ですごいことになっているというのはまあ、

現実的にただ事ではない状況ではあるのですが、

 

わたしが何よりストレスに思っていたのは

娘がわたしの気持ちを尊重してくれない、と思ってることなんですよね。

こんなに嫌がってるのに、

そういう毎日の嫌がらせみたいの、改善してくれないんだ・・・

人として扱われていないような、

人と人との精神の行き来がないような、

のれんに腕押し、

糠に釘?

人としてのコミュニケーションがなりたっていないと感じ、

そこのところに深く傷ついていました。

ときには、出てこないお弁当箱捜索隊として

夜中にあの異臭と向き合いながら

どうしてこんな目に遭うんだと泣きたくなりました。

 

グサグサと傷つくのではなくて、

細かい切り傷がいつも少しずつついているような状態。

毎日ボディブローのように効いてくる。

 

 

本当に様々な葛藤がありました。

「お弁当くらい楽々つくってやれるわたしでいたい」

「栄養的にコンビニ弁当はつらい体に悪い疲れるだろうなあ」

「人生のこの時期だけなんだから、軽々とスルーしてそのくらいやろうよ」

 

 

想いは毎日コロコロとかわるのですが、

本心、毎日安定してお弁当をつくってあげたいと思っていました。

コンビニのものを買う、これはいやだと思っていました。

コンビニのごはんって、続けて食べると身体にダメージありませんか。

最近はコンビニのものをあまり食べないけど

多分腐敗をふせぐ保存料とかそういうものが

胃に後味のわるいものを残すしね。

 

先日、その苦悩どうしたら を話していた席で

ある方が「公美子さんなら、誰も思いつかないクリエイティヴな方法で解決しちゃうんじゃない?」と言ってくれたことがありました。

思ってもみないどんでん返し!うえ

そういうのがいい!!

天から何かが降ってくるのを期待しました。

 

 

 

話は変わりますが、

わたしはもともと、決まった時間に毎日何かをする、とか

同じことを同じようにするとか、

決まった時間に食事をするとか、

そういうのがとても苦手です。

能力としてできません。

以前の職場で商品の数を把握して、

それを同じように書類に書き込む、というのができませんでした。

本人はやってるつもりなのですが、

結果できてない(笑)

なぜかはわたしにもわかりません。

 

単純に

ランダム、が好きなのです。

要するに身体が要求するとおりにする、が好きなの。

 

 

だから朝ごはんを毎日食べなさい、

それが健康に一番いいんだから、

と母親にいくら言われても

 

3食バランスよく食べさせないと

血糖値の安定しない、

キレやすい子どもになる、と

給食新聞に脅されても

 

コンスタントに同じように毎日食べる、

コンスタントに同じように食事を作る、というのに

結局50年かかってもなじめなかった。

 

 

でもずっと世間の圧力に従っておりましたよ、

そうでなくても実際、うちのなかで食事を作るのはわたしだけですしね、

(今は長女がだいぶ食事作りがうまくなってきたよドキドキドキドキドキドキ、ルン!)

 

子どもたちが小さいときは、

自分はいつも食べたくないタイミングで無理やり食事を作る、

(子供たちが飢えるからね)

つわりがひどくても上の子のために死ぬ気で食事を作る、

風邪ひいてしんどくても作る、

熱出していてもつくらざるを得ない。

 

 

そうしているうちに食事を作っていても

さあ!食べようよ!おいしそう〜!という自分のなかの健康美あふるるパワーが削れてきていました、

ほぼ胃袋はそんなに嬉しそうな顔をしていない、

それでもそれを押して押して食事を作る、

実家も遠いし、近くに助けてもらえる親戚もいないし、

どんなときでも食事を作る、

というのに

 

実は疲れ果てている自分がいる、

ということを

今回きっちり自覚しました。

 

 

作りたくないのに食事を作る、

お弁当を作る、

少しずつお腹にたまった怒りは結局「作ってあげてるのに」という思いを

セットにして投影するので、

たちが悪いのですね。

 

 

これをもうやめたい。ほんとにやめたい。そう思いました。

子どもたちが大きくなってきた今、

できるじゃない?

 

 

次女に言いました。

 

 

「お母さんね、ほんとにほんとにお弁当のもろもろに疲れたみたい。

食事も自由に食べたいときに作りたいんだよね」

 

 

するとムスメはツイッターの手を止め、平然とこっちを見て言いました。

 

 

「作りたいときにだけ作ればいいよ。

お母さんもそのほうがストレス感じないでしょう?」

 

 

え??ジャンプ

ストレスだってわかってたのね?

や、、、、やめていいの。

 

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

わたしもっとランダムに生きたい。

そんなこと言っちゃいけないんじゃないか?

という言葉にならないものが身体の奥にありました。

今、相当ランダムに生きてますけど(笑)

食事、というのは最後の最後のとりでだったんだなあ。

娘がお弁当箱ださない、という具体的な事実は

それに引っ張られがちになることなのですが、

ほんとうの根っこは違うところにあったのでした。

 

 

うちのお弁当箱バトルはこのようにして、

あっけなく、

幕をおろしました。

 

 

道徳とか

正義(ただしいこと)とか

そういう次元とまったく違うところで

ただ、「コンスタントに家事をできる自分じゃない」

にオーケーを出そうと思いました。

 

華々しくもないし、

クリエイティブでもない。けどね。

 

そこ?

 

なんですけどね。

 

お弁当が約束されていなくても

ムスメは別に、という感じです。

「コンビニ弁疲れるんだよね〜」とは

言いつつ、

スマホを見ている。

 

 

長女のお弁当がはじまってから6年目のゴーーーール。

 

いいね!

「作りたいときだけ作る。」夢の国。

 

 

ムスメがコンビニ弁当を買うのも今より頻繁になるかもしれない。

でも身体がしんどいな、と感じたら

自分で改善できる人間に育っていくと

信じています。

長女はもう、自分でいろいろ作ったりできるから

部活で忙しすぎる次女をたまに助けてくれるかも。

 

 

 

もちろん子どものいうことです。

「え?お弁当ないの?がっかりだなあ!」などと平然と

言い放つということも

十分予想できるのですが、、、、。

 

 

「お弁当なんて楽勝、ちょこっっと作ればいいのよ!」

ってお母さんになれなかった!

そういうちょちょちょいで家事をこなせるお母さんになりたかったのです。

 

 

 

食事作りをばかにしているのでも

軽くみているのでもありません。

そして作ればけっこう料理は普通にできる。

冷蔵庫のなか見ておつまみちょちょっとつくるのも得意。

夫も君の料理が世界一、と言ってくれて幸せ。

食事は家族の土台だとほんとうに思う。

そして夕飯をつくって、みんなで食卓を囲む時間が大好き。

実は外で飲んでるより、夜は家にいる方が好き。

そして子どもたちの本日のいろいろを聞くのが

めっちゃ楽しい。

 

 

わたしにとって

今いるところがほんとの明日に架ける橋。

 

 

 

とはいえ、これからもほぼ変わらず

家族のために食事をつくり続けるとおもいます。

でもね、

「ランダムにつくっていいんだけど、まあ作ろうか」というのと

「つくらなきゃならないものだどのような状況でもいけ!」というのでは

身体の磨り減り加減がちがうのであります。

 

 

 

日本中でがんばってるお母さん、

 

えらい!

えらい!

ほんとよくがんばってる!

日本人のお母さんが世界中で一番がんばってるよ!

海外の朝食なんて、毎日同じもの、

そしてお弁当はりんごと食パン一枚的なものだもの。

 

 

昔、赤ちゃんをかかえている友人が言いました。

 

「わたしの自由ってね、好きなときに

台所でなにかをぱくって食べることなの乙女のトキメキ乙女のトキメキ」。

 

そうだそうだと思った自分を

懐かしく思い出しました。

 

image

 

 

ピンクサファイア10/13(木) 倶楽部クミシュラン特別ライブイベントピンクサファイア

【ザ・ボディと意識と心とグルーヴ】

第一部:ボディワーカー小笠原和葉さんによる講演

第二部:アフリカンパーカッション

 

 

日時:10月13日(木) 11:00~14:00

場所:都内渋谷区

詳細はこちらの記事をどうぞ。

 

<ビジター様 資料ご請求フォーム>

・PC/スマホ用  https://ws.formzu.net/fgen/S8136643/

・携帯用       https://ws.formzu.net/mfgen/S8136643/

 

倶楽部クミシュランとは?    
倶楽部クミシュランってどうやったら入れるの?    

 

     【オープンイベント・語らせて!倶楽部クミシュランお茶会サーキット】      

 会員制の倶楽部クミシュランを発足しました。    
世界を舞台に活躍するアーティストや講演者とありえない近距離・また少人数で接し、ワールドを浴びる一期一会の体験の会。生きるための感性や品格が磨かれ、内側から輝く人になりたい方、第一線で光り輝く方達と知り合う場が欲しい方、どなたでもご入会可能です。    

 

■9/16(金)13:00~15:30 パレス・ザ・ラウンジ アフタヌーンティ

■10/21(金) 12:00~14:00 リッツカールトン アフタヌーンティ 

     

お申し込みはこちらへどうぞ    
https://ws.formzu.net/fgen/S5346668/

 

オープン クミシュランこれからのイベント

 

■9/20(火)ながいわよしこさんゲスト 「ハイブランドと雑誌の会」vol.15

➡満席・キャンセル待ち承ります

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)