晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

クミシュランは、あなたの人生を豊かにするイベントを開催しています。そう、シアワセは感性チャンネルの上に。
【美・アート・心・お仕事】それぞれのクミシュラン。


テーマ:

クミシュラン 皆川公美子です。

 
エレクトロ ミーツ クラシック。
テクノ界の王子様(多分に私見あり)ジェフ・ミルズと
東京フィルハーモニー交響楽団そして
若手の指揮者バティスットーニさんの
斬新なコラボ演奏会が開催されました!
 
事件!
 
このコンサートは去年も行われ即日完売で
行きそびれた私は、
1年後、思いを達したのであります。
 
{84E6B455-0E3F-47C9-B1A4-F0817638E764}
 

あ〜〜面白かったです〜〜♡
 

ジェフ・ミルズは、90年代にデトロイト・テクノとして、ぐいぐい頭角を表し、

エレクトロミュージックを代表する存在になりました。

今までに地上に存在しない新しい音源をクリエイトするフェティシズム、

そして全体として上品さを失わない端正さがわたしの好きなところでした。

 

 

今回東フィルとのステージで、後半にプラネッツという60分の大作を発表。
アコースティックなオーケストラと、エレクトロの音源は、もともとプラグドかアンプラグド(電気を通しているかいないか)が違うので、バランスが難しいです。

どんな風にバランス取るのだろうと思っていたら、

それはもう見事なPAワークでした。

 

見たことのない織物のような。
絹糸と、太さも質感も全く違う宇宙繊維が混じっているような、

それでいて、七色に光る!という印象です。

曲は太陽から始まって水星、金星、地球、火星と太陽系をハズレにむかって進んで行くのですが、
ミニマル・ミュージックにはメロディみたいなものはあまりありません。


【質感の音楽】です。


太陽系の外へ行くほど、想像もできない質感の、なんともキテレツな空気が漂う音になります。
壮大なイマジネーションの宇宙の旅でした。
あーへんな生き物いそう、みたいな(笑)

オーケストラとテクノは人間が作る音楽と機械が作る音楽で、ビート感がまるで違うのです。それもまた面白い質感の織物になるのにひと役買っていました。

 

{627B0309-5489-4122-97A4-158A9ED60D29}
(右端の黒い部分にジェフ・ミルズのDJブースがあります)
 
 

 

爆クラ、プロデューサー湯山さんに拍手👏
指揮者、アンドレア・バッティストーニに👏
すんでのところでここコンサートに気づかせてくれた市川 美保子さん、ありがとうございます!
東フィルの友人たちにも大きな拍手を👏

素晴らしいチャレンジをありがとうございます!!

まさかジェフ・ミルズがタキシード着るなんて思ってもみなかった( ^∀^)

 
 
 
{F1DDB00A-9306-43BB-8A83-32AAD3B2FED0}
 
{00473259-B305-4AD6-A470-8B06717AE07B}
こちらが実は今回の演奏会の要、PAチーム。
ここで電子音とアコースティク音のバランスをとるから
成り立つ音楽会です。
 
 
{4814E078-7168-407B-9CF7-5B54819F850F}
ジェフミルズとツーショットだ!!
 
 
でも実はオーケストラの中にいた友人は
「この音楽だけはわからない。気分が悪くなってしまった」と語ってくれました。
これまでこんな遠近が狂うようなコラボはやっていないのですもの、
まだちょっと遠いのですね!
お疲れ様です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

3月もクミシュランは和!

 

➡︎日本のはじまり、奈良へ行こう!!

なうな仏教!春日大社に坊主現る。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12243414841.html

 

➡︎春日大社で春分の節目を。特別お祓い席 あと5席。

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12239061103.html

 

➡︎奈良世界遺産の数は日本一!

http://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12249012723.html

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

子どもたちに生きるチカラと感性を!

ほんものの親子体験 キッズ・クミシュラン 

メールマガジン(無料)読者登録はこちらへどうぞ 

 

http://www.reservestock.jp/subscribe/68452


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

倶楽部クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 
2017年1月13日(金) 15:00〜

雁の童子(宮沢賢治)
〜笛とオイリュトミーによる平和の祈り〜

に伺いました。
{9F8B7E5B-B5FC-49F8-BF39-9B4BD524EBBC}
左が舞と語りのはたりえさん、 右が笛の雲龍さん
 
{2D743122-9C3F-456A-8B6A-D0CC3543DD87}
 
{6179859E-FF39-44F8-8C57-34712057106E}
 
{694E4CD1-16E0-4591-8C0C-DB1728ED1664}
 
{6D3A1E07-61A6-419F-B971-06BDF65EFBE1}
 


雲龍さんの笛は、いつも神様に献笛される《響き》として聴かせていただいてたんですが、
今日は宮沢賢治さんの【雁の童子】という物語を推進する《演奏》としてひとつの流れを創られていたのがすごく印象的でした。

 

オイリュトミー(オイリュトミー(Eurythmy)とは、オーストリア神秘思想家教育家であるルドルフ・シュタイナーによって新しく創造された運動を主体とする芸術である。ある種の舞踊ないし総合芸術パフォーミング・アーツであるとも言われる。)の

はたりえさんの舞と創られた場は、

宮沢賢治のかたりであくまで淡々と流れていました。

 

題材となった「雁の童子」は、大乗仏教の源流となっている地域であるタクラマカン砂漠のオアシス都市を舞台としています。

その地域での天使の壁画の発掘をきっかけにして、雁の老人から須利耶圭に託されて育てていた雁の童子の前世の関係(須利耶圭の雁の童子は前世には親子で画家の須利耶圭が童子の壁画を描いた)が明かされ、

雁の童子は天に帰っていくという物語です。
 

親子の悲哀の場面、

子供が天に還っていくという

なんとも胸を締め付けられる場面を

 

ただあること

 

として、そっと置かれたような最後の台詞で
なんだか涙が出そうでした。

 

・・・・・・・・・・・・・

ものすごく起伏があるというのではない、

静かに流れる多様な笛の音と

淡々とした語り、

そして地面に深く根ざしていると感じるような舞。

終始静かな空気のなかで、物語が進行しました。

観客は頭のなかで想像の翼を広げていたと思います。

何を見ているかわからない、

でも深い味わいの空気のなかで

時間は進みました。

 

こういうびっくりさせる仕掛けを持たないステージは

昨今では珍しいと思います。

人の注意を引こう!としないで

人を1時間半引きつけておくのはむずかしいことだからです。

 

でもこのステージではそれがなされていました。

だまって大人が自分のなかに世界を作っている。

ひとりひとりが自分のなかに集中していたと思います。

すごい!

 

感性上級者でないと、

長時間意識に集中するのはむずかしい。

でもそれができたならば

今、ここにいる自分のなかにいて、

残る映像の旅が自分のなかに永く残ります。

 
{8320326B-CD7C-4028-9884-D18F4EFE953B}
雲龍さんと。
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 

♣倶楽部クミシュラン公式サイト

  http://kumichelin.com/

 

 

3回チケットは3月末まで、

期間特別価格です!

 

 

♣️倶楽部クミシュラン チケットについて →お申込みフォーム

 

★ビジター参加:¥28,000

*倶楽部クミシュランのイベント初めての方もご購入いただけます。

 

★3回チケット: ¥80,000 
*一般のお客様に先駆けて優先的にご案内します。

*倶楽部クミシュランのイベント初めての方もご購入いただけます。

 

★ビジター参加特典3回チケット: ¥80,000¥60,000

<2017年3月末まで>
クミシュランにお越しになったことがある方は

¥60,000にてご提供させていただきます

<2017年4月以降ビジターでご参加の場合>

イベント当日か翌日に次回からの3回チケットのご購入をしていただきますと
¥60,000にてご提供させていただきます。

★5回チケット: ¥100,000 
*一般のお客様に先駆けて優先的にご案内します。
*イベント1回あたりが¥20,000となりますので、大変お得です。

★プレミアム会員権(特別年間会員):価格詳細はHPをご確認くださいませ
*入会金別途¥20,000がかかります。
*追加料金はかかりません。

*年間を通じてすべてのクミシュランイベントでお席をご用意させて戴きます。
*プレミアムお食事会へのご参加権
特別ライブエクスペリエンスのゲストにお招きする各界著名人、
アーティストとの懇親会を企画しております。

 

 ♣️倶楽部クミシュラン チケット→お申込みフォーム

 

※プレミアム会員・チケットのお申込みについてのお問い合わせは
→入会お問い合わせ事務局<rinkara.minagawa@gmail.com>まで
   

 

  

 ◆2017年 クミシュランイベント(予定)◆


2月  【会員様限定イベント】感覚FIVE 「WA」~着物はコミュニケーション~ 
3月  感覚FIVE 「NARA」〜「今仏教が熱い。なうな仏教のありか」
4月  【会員様限定イベント】感覚FIVE 「SHOKU」 
5月  【特別ライブエクスペリエンス】~CHOKKAN~
6月 (企画中)
7月  感覚FIVE 「TABI」~香川一泊二日イサム・ノグチ、瀬戸内アートをめぐる~
8月  【特別ライブエクスペリエンス】~NOU~
9月  感覚FIVE 「OTO」 10月  (企画中)
11月 【特別ライブエクスペリエンス】「SHOW」
12月 (企画中)

*アーティスト・ゲスト様のスケジュールによる内容、
日時の変更の可能性がございますことを、ご了承ください。

実は企画中のイベントには誰もが知る”あの人”がゲスト!の可能性もございます
(決定次第お知らせします!)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

倶楽部クミシュラン皆川公美子です。

 
{F076E3E3-33D8-4239-8CC1-F90814B088A4:01}
 
サントリーホールで開催された
ライブイマージュに行ってきました。
 
レコード会社時代にお世話になったアーティストがたくさん出ていて、
子育ての時代には長らくご無沙汰していたのです。
久しぶりにたくさんの方にお会いすることができました。
 
音楽というのは不思議なもので、
その人の人生を映していると心から、
そう思います。
20年前と
同じ曲を演奏しているとご本人はきっと思っていらっしゃる、
けど昔演奏していたメンタリティーと
少しずつ少しずつ違う局面に離れていて、その流れはまるで川のよう。
 
今そこに現れているメンタリティーを
ご本人は携えて人生の川の上を楽しく流れていらっしゃるのでしょう。
 
人生の上に絶対的なものなどありません。その時々何を選び何を感じるか、辛いことや苦しいことも後から考えると
ギフトになっていることがなんとたくさんあるでしょう。それを1つずつ味わって味わって歩くことが人生の喜びなんだと感じます。
 
人生究極、いろいろありました終わり。
なのだ!(笑)
 
 
 
{BA46F9CC-3CCA-4F30-939B-C3602BC434EA:01}
 
演奏が終わった後は夫と遅めの晩御飯。
子供たちが大きくなってやっとこういう時間を持てるようになったねと笑っています。
 
 
{713B1785-FEA6-46F5-92BD-C99E36DB324E:01}
 
デザートはもちろん、レモンのタルト。
幸せな夜のまとめに相応しく♡

 

 

倶楽部クミシュランとは?    
倶楽部クミシュランってどうやったら入れるの?    


メール「感じるクミシュラン15話完結メール」のご案内メール
倶楽部クミシュランのエッセンスが詰まっておりますので
良かったらご一読くださいませ。
自分のなかに新たな感性を発見するクミシュラン・ステップメール

PCスマホの方はこちらから
携帯の方はこちらからどうぞ。

 

♣️倶楽部クミシュラン♣️ チケットについて

ビジター参加:¥28,000

*倶楽部クミシュランのイベント初めての方もご購入いただけます。

 

3回チケット: ¥80,000 
*一般のお客様に先駆けて優先的にご案内します。

*倶楽部クミシュランのイベント初めての方もご購入いただけます。

 

ビジター参加特典3回チケット: ¥80,000¥60,000

<2017年3月末まで>
クミシュランにお越しになったことがある方は

¥60,000にてご提供させていただきます。

<2017年4月以降ビジターでご参加の場合>

イベント当日か翌日に次回からの3回チケットのご購入をしていただきますと
¥60,000にてご提供させていただきます。

5回チケット: ¥100,000 
*一般のお客様に先駆けて優先的にご案内します。
*イベント1回あたりが¥20,000となりますので、大変お得です。

プレミアム会員権(特別年間会員):価格詳細はHPをご覧ください
*入会金別途¥20,000がかかります。
*追加料金はかかりません。

*年間を通じてすべてのクミシュランイベントでお席をご用意させて戴きます。
*プレミアムお食事会へのご参加権
特別ライブエクスペリエンスのゲストにお招きする各界著名人、
アーティストとの懇親会を企画しております。
こちらはプレミアム会員権をお持ちの皆様のみへのご案内とさせて戴きます。

*本物のプレミアムなアーティスト、著名人との会

きちんとお話しをしていただける人数での会を考えております。
そのため会員数の増加に伴い、抽選または先着順になることもございます。
その場合は次回へ優先枠を残し、
会員皆様にプレミアムな会へご参加いただけるように致します。

 

♣️倶楽部クミシュラン チケット→お申込みフォーム
※プレミアム会員・チケットのお申込みについてのお問い合わせは
→入会お問い合わせ事務局<rinkara.minagawa@gmail.com

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クミシュラン皆川公美子です。

{BF77F988-BB5C-4390-982F-74939880A480:01}


今夜は古澤巌さんのバイオリン+ベルリンフィルクインテットを聴いてました。

古澤さんはレコード会社時代から20年以上のご縁です。
あのツヤツヤとした色気、
健在だった~。(音楽のだよw)

昔付き合ってた人に会うような、馴染み感、ああこの感じだわとすわりのいい感じ(音楽がだよ)

あのセクシーな音楽を、
やっぱりすごく愛してる。
(音楽の、、←うるさいw)

地上のタカラ、
ありがとう♡


{3CF8BD49-EFA8-466C-8105-170D837D0355:01}



{A558E4C6-D3C6-4CA9-935B-42B1AA1F98E9:01}



{70970A23-BE41-4B96-86F0-870D6D2FD593:01}

外へでて、
クリスマスだと気付いたわ♡





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クミシュラン 皆川公美子です。

友人のコンサートに行きました。

大学時代の同級生です。

たかおりちゃん、て言われてた。

大学出ていらい初めて彼女の演奏を聞いたのではないだろうかと思うくらい、

前回がいつだったか思い出せない。

ほど昔。

image

昔から

意志のある、演奏だと思ってた。

端正でね、でも秘めた情熱。

ゆらがない演奏、そんなイメージでした。

今回はマイクを通した音だったけど、

教会のような響きのところで演奏した音を聴きたい!と

心から思った。


image

来年、山口由起子さんと
イベントをするのに、
前半で

彼女に弾いてほしいと思っています。

っていうか、

もう、

弾いて!って言いました(笑)

image


チェロの音は、

男性の声。


強くも優しくも語れます。

それを身体で受け取ってほしいなって

思っています。

image

2月の最後のほうだと思う。

皆さま楽しみにしていてくださいね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クミシュラン 皆川公美子です。

チェリスト 伊藤悠貴さんのコンサートに行きました。

新見和恵さんに教えていただきまいた。
家族ぐるみのお付き合いだそうです

26歳。イケメン。
あ、そこじゃない。
すばらしい、ほんとうにすばらしい演奏でした。
(でも欲をいえば、ホールにもう少し残響がほしかった)
15歳で単身ロンドンに渡って、研鑽を積み、
数々のコンクールを制覇。
その輝かしさはしたのプロフィールをごらんください。


{D616709A-3360-4F40-AB5D-D98FE6394C6D:01}


プログラムはこちら。
{441D595D-99D1-4E2F-8053-36E0B37647EA:01}
有名な小品のオンパレードで、
欧州各地をめぐる旅、という構成でした。

なんというか、やんちゃな男の子がチェロが好きで好きで
楽器にとびついて弾いている、というそんな趣に聞こえました。
ブラームス国際コンクールはじめ数々の輝かしい受賞歴をお持ちの
方に、
そんな言い方、失礼かもしれないのですが、
色気~というより
やんちゃ~という感じがしたのは私だけ?
そこがまたすんごい魅力なんだと思うのです。


{4C0F9B12-82B2-442B-A564-01B66A8A07A5:01}

チェロは私自身も大好きな楽器です。
次に生まれ変わったらチェロを弾きたい。

って一緒に行ったチェリストの友人に言ったら、
「今生でやればいいから、左手の指を開く練習だけはしといて」
と具体的な指示をいただきました(笑)


{5C81DBFF-FC08-4980-B361-857213DC68F6:01}
ピアノも素晴らしかった。



{69C277BD-C7B4-4C9B-B51E-D697C74DA118:01}


この会を運営していらしゃるのは、
元スタインウェイ・ジャパン社長の鈴木達也さん。
ピアノ社交界の重鎮ともいうべき鈴木さんのお話は
とても楽しかったです。



image
ワインが振舞われて、軽くフラミンゴな私。ワイン
新見和恵さん(右)教えてくださってありがとう!
これからまだかずかずコンサートがあり、
2016年2月まで日本におられるようでしたよ!

伊藤悠貴さん公式ページ

あ~コンサートはいいなあ!
たのしかった







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クミシュラン 皆川公美子です。

{00614602-A927-46EA-B173-8586DCA1C380:01}

{9831F71B-9AC2-41E5-93D3-39A4A1CF3880:01}


{D0ECFF4E-75EE-492C-A9F2-FED841E9059A:01}

清水瑠衣子さんに連れて行ってもらったライブ、

ドラムストラック。

全席にジャンベがおいてあって、
完全参加型のライブなのです。

生きたビート、

踊るビート、

飛び跳ねるビート、

ノンストップのビートが

楽しすぎて立ち上がって踊り出しそうでした

もうほんと^~~~にオススメです。

命を謳歌するってこういうことよ!

見に行って、人生が変わる人もいるでしょうってくらい

➡️公式ウェブサイトはこちら


{B6390928-0B01-4310-B720-ACF201F1BB60:01}
左はオペラ歌手の濱名さおりさん。
右が南アフリカの子育て 本がアマゾンで1位 、清水瑠衣子さん。
(リンクあとではりますね~)

{7ED26279-9D2C-4217-B3D8-425B3B473474:01}
日本人とは思えない、きれいな二人のドレスをご堪能くださいませ。



清水瑠衣子さんゲストのクミシュラン会を

10月8日に都内で開催します!

本を出版することについて

南アフリカの陽気な子育てについて、

その他いろいろ(笑)

お伺いしたいと思います。

瑠衣子さんの超明るいオーラを

浴びに来てください

近日中に募集開始します







クミシュランのこれからのイベント
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クミシュラン皆川公美子です。

緑が店中にあふれている、素敵なカフェに行ってきました。



{E4393F41-CF48-4BFB-81F8-60F2E15CF370:01}


かかっている音楽というのはその空間を左右しますね。


こんなに癒しの空間だけど、

ブリティッシュポップロックがかかっていた。

惜しい

リッキー・リー・ジョーンズとか、

あまりビートが前面に出てない落ち着いた静かなやつ、

そして女性ボーカルがいいと思うの~(^o^)

サラ・マクラクランもいいかなあ。

でもキャロル・キングとかじゃなくて。。

そして、オーディオのアンプのセッティングが低音寄りすぎだから、

もうちょいミディアムに戻したほうが、、、

とかうるさいですよね、ワタシ。。。

ごめんなさい。。



{FFDEDAD1-EBCD-4F7F-8F8C-303A2879E776:01}

とても落ち着く空間でした。 音がもう少し小さければ・・・



{695661F3-349B-435E-BDDD-EF287344A0C2:01}

水槽のとなりのお席に座れて、シアワセ。



{39D75108-DF97-4041-8F0F-9B884B6CE50C:01}



{F87029A0-A7D3-4326-98E7-DB368D4268A9:01}



{36D3CE2D-EBE6-42D6-8892-39377C57FE1C:01}

そういえば、
カフェにかなり大きな音で音楽がかかっているというのは、

ヨーロッパではあまり聴いたことがありません。

人はおしゃべりに花をさかせ、

それがお店のBGMになっているのです。

私はそれが贅沢な空間だと思うのです。

音というのは、空間のキャラクターを左右しすぎるので。



{C617BF6B-DBFE-432A-AAF8-12CE23BBBF05:01}


月曜日はボサノバ、

火曜日は女性ヴォーカル、

水曜日はクラシック(オケじゃなくて、室内楽がいい)

木曜日はエレクトリック・アンビエント、

金曜日は無音、

土曜日は小さな編成のモダンジャズ、

日曜日は無音。




こういうのがいい。私は


きっとそれが定着してきたら、

その音楽が好きなお客さんが、

その曜日に集まるようになって、

お店として独特のウェーブのようなものが

できるのではないでしょうか。

なんて。

わからないけど


でも少なくとも、アーティスティックで繊細なお店だということは

印象付けられると思ったりします

{58674202-5079-4B75-A5AB-9BBCECEF6765:01}

{30BD847D-D182-498B-B104-44B174C9A340:01}

植物の癒しとパワーを借りて。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

クミシュラン 皆川公美子です。

今日は夫と二人で砧公園のジャズライブに出かけました。

ジャズボーカリストのアユーラさん。

私のイベントに以前参加してくださったのと、
他のかたのセミナーか何かでご一緒して仲良くしていただいていました。

ふんわりとそよ風のように優しい感じのアユーラさん。

毎日を丁寧に生きていらっしゃる方です。

歌を聴かせてもらうのは、

とても楽しみにしていました。

{F0707C70-65BC-4513-BC1D-C1890E105E96:01}


スタンダードナンバーやボサノバからのナンバー。

1時間ほどのライブでした。

みなさん芝生の上や

世田谷美術館の軒下に

思い思いに場所を見つけての、

楽しい昼下がり。


{91AB21CC-C469-46BE-B989-C0504D47FA8C:01}

桜も咲き始めていて、あと1週間以内に満開になりそう。



{94D302A2-2D6A-4E90-A79A-09F1DFE1A679:01}


木々の間からさす光にも力があります。



{06AAC556-F35A-4AB8-A968-1FD052F7108D:01}


アユーラさんの歌声は

甘くて、

豊かで、

包容力のある、

倍音豊富な、

とても素敵な声でした。


歌詞とかほとんど聞いてなくて(すみません)

彼女の声の心地よさに

身体を包まれていた感じ。

パーソナリティのステキさを知っているだけに、

その声の魅力がかさなって、

豊かな午後を過ごさせてもらいました。

この地上に生まれてきて、

このような美しいものに身を包まれて、

シアワセ。



{048F3F36-CDAB-400E-B4B9-2E422F2583DB:01}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

クミシュラン皆川公美子です。

今日はオペラ歌手の濵名さおりさんにお誘いいただいて、

メトロポリタンオペラの今年1月の公演を映画館で見る、

というのに行ってきました。

横浜の大観覧車の目の前。 

image


11月から始まっているこの、松竹のMet ライブビューイング
演目名上映期間上映時間
ヴェルディ《マクベス》2014年11月1日(土)~11月7日(金)3時間18分(休憩1回)
[ MET上演日 2014年10月11日 ]
モーツァルト《フィガロの結婚》2014年11月15日(土)~11月21日(金)3時間36分(休憩1回)
[ MET上演日 2014年10月18日 ]
ビゼー《カルメン》2014年12月13日(土)~12月19日(金)3時間22分(休憩1回 10分含む)
[ MET上演日 2014年11月1日 ]
ロッシーニ《セヴィリャの理髪師》2015年1月24日(土)~1月30日(金)3時間13分(休憩1回10分含む)
[ MET上演日 2014年11月22日 ]
ワーグナー
《ニュルンベルクのマイスタージンガー》
2015年2月7日(土)~2月13日(金)5時間34分(休憩2回各10分含む)
[ MET上演日 2014年12月13日 ]
レハール《メリー・ウィドウ》2015年2月21日(土)~2月27日(金)2時間53分(休憩1回10分含む)
[ MET上演日 2015年1月17日 ]
オッフェンバック《ホフマン物語》2015年3月7日(土)~3月13日(金)
※TOHOシネマズ六本木ヒルズのみ 3/21(土)~3/27(金)に変更
3時間35分(休憩2回各10分含む)
[ MET上演日 2015年1月31日 ]
チャイコフスキー《イオランタ》
バルトーク《青ひげ公の城》
2015年3月28日(土)~4月3日(金)3時間39分(休憩1回)
[ MET上演日 2015年2月14日 ]
ロッシーニ《湖上の美人》2015年4月11日(土)~4月17日(金)3時間30分(休憩1回)
[ MET上演日 2015年3月14日 ]
マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》
レオンカヴァッロ《道化師》
2015年5月23日(土)~5月29日(金)3時間30分(休憩1回)
[ MET上演日 2015年4月25日 ]



北海道から福岡まで、たくさんの映画館・劇場でやってます。

今日はこちらimage

レハールのメリーウィドウ。こちらのサイトから以下のあらすじ等を転載させてください。


【作曲】
フランツ・レハール(1905年)
【初演】
1905年12月30日 ウィーン、アン・デア・ウィーン劇場
【脚本】
ヴィクトール・レオン、レオ・シュタイン(ドイツ語)
【原作】
アンリ・メイヤックの戯曲『大使館員』
【演奏時間】
第1幕 40分
第2幕 50分
第3幕 20分  合計 約1時間50分


あらすじ

【時と場所】 
1905年当時、フランス・パリ

【登場人物】
ダニロ(T、Br): 公使館の書記官
ハンナ(S): 老富豪の未亡人(ウィドウ)
ツェータ男爵(Br): パリ駐在のポンテヴェドロ公使
ヴァランシエンヌ(S): ツェータ男爵の妻
カミーユ(T): パリの色男
ほか

【第1幕】
時は1905年当時、舞台はパリ。パリにあるポンテヴェドロ(仮想の小国)公使館では、公使のツェータ男爵が悩みを抱えていました。それは、老富豪と結婚後わずか8日で未亡人となったハンナが、パリに居住を移したこと。もしハンナがパリの男と結婚したら、莫大な遺産が母国ポンテヴェドロから失われることとなり、国の存亡に関わるのです。
そこでツェータ男爵は、公使館の書記官ダニロを彼女と結婚させて、遺産が他国に流出するのを食い止めようとします。実はダニロは、ハンナと過去に愛し合っていた仲でしたが、身分の違いから彼の親族が反対したため、結婚できなかったという経緯がありました。彼は、大金持ちとなったハンナに、いまさら結婚したいと言い出せません。ハンナとしても意地があるわけで、素直になることはできません。
 
【第2幕】
翌日、ハンナ邸で開かれた夜会で、ツェータ男爵の妻ヴァランシエンヌが、パリの色男カミーユに口説かれていました。ヴァランシエンヌは自らの扇子に「私は貞淑な人妻です」と書いて誘いを断ります。けれど、ヴァランシエンヌはとうとうカミーユの誘いを振り切れず、庭の小屋で二人きりになります。それに気付いたのが夫のツェータ男爵。怒って現場を押さえようとすると、小屋から出てきたのはカミーユとハンナでした。ヴァランシエンヌを救うためにハンナがうまく入れ替わったのです。そして成り行きでハンナは、カミーユとの婚約を発表します。それを聞いて驚いたのはダニロ。彼は心の中の動揺が隠せません。彼の動揺する姿から、ハンナは自分への愛を確かめることができました。
 
【第3幕】
祖国存亡の名目もあり、ダニロは、ハンナとカミーユの結婚を阻止しようと、ハンナを説得します。カミーユとの結婚は無しとなり、ダニロとハンナは和解しましたが、それでもダニロは結婚を申し込もうとしません。
このときハンナは、亡夫の遺言に「再婚するなら、彼女は全財産を失う」とあることを明らかにします。それを聞いて喜んだダニロは、即座に求婚しました。ハンナは喜んでこの申し出を受けて、遺言の続きを明らかにします。そこには「彼女の失った全財産は、再婚した相手に与える」とあったのでした。
ところで、ハンナ邸の庭の小屋にヴァランシエンヌの扇子が落ちていたことから、カミーユとの一件が、ツェータ男爵の知るところとなります。ツェータ男爵がヴァランシエンヌに離婚を告げると、彼女は扇子を開くように言います。そこにはもちろん「私は貞淑な人妻です」と書かれており、ツェータ男爵は妻に許しを求めたのでした。


・・・・・転載以上


いろいろありますけどね、

恋愛のドタバタコメディです

笑えるし、明るいので私が大好きなオペレッタ。

まあ、志村けんのバカ殿さまに匹敵するくだらなさです。

そしてそこが最高

リアルな人生ってドタバタコメディですもの、

全体を通して、

その愛おしいたくさんの人生に圧倒されて涙が出てしまいます。

2幕に入ってすぐの、ヴァリアの歌、高波動すぎて泣きました。

ハラハラ、、ハラハラ、、涙が流れる感じです。




メトロポリタンオペラ、

やっぱすごい!

歌手のレベルがすごいというのはもちろんありますけど、

この複雑に絡み合った恋愛や夫婦愛を

情愛豊かに、それでもって、軽やかに、明るく、人生を笑い飛ばす、

そんなメンタリティに仕上げられるのは

あっけらかん~のアメリカのパワーかなと感じました。

ヨーロッパの作りはああはならないかも。




あ~このように美しいもの、
音楽のパワーをあびられて、

幸せです

MET ライブビューイングのご案内はこちら。

2015年の5月までやってます

近くの劇場・映画館でぜひ体験してください

{9594FF03-1553-4956-BCB3-A136E6D16BB9:01}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)