晴れ、ときどき、美学。 皆川公美子のクミシュラン~★★★ 

クミシュランは、あなたの人生を豊かにするイベントを開催しています。そう、シアワセは感性チャンネルの上に。
【美・アート・心・お仕事】それぞれのクミシュラン。


テーマ:

倶楽部クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 

 

初めまして!

株式会社 クミシュラン代表

倶楽部クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 


 

 

幼い頃から美しいものが好きで
美しい絵、音、人、色、物など・・・
絶対的な美を追いかけ続けています。


音楽も、
絵画も、
ステージも、
工芸も、
人の生き様も、

クミシュランのなかでは等しいエネルギーを放つ、

<同じジャンル>です


「美意識」・「品格」を磨く。

美しいものに触れ感性を養う。


よく聞く言葉ですよね、

でもそれはどういうことを差すのでしょう。

 


「美しいもの」あるのではなくて、
見る人の心がそう感じて、

はじめてこの世にあらわれるもの。

 


例えばそれが人工物であれば、

”それを作った人と見た人の心の共鳴”です。
自然であれば、自然とあなたとの共鳴です。

名画と言われる絵画の数々だって、

幻日を忌憚なく言ってしまえば、

”キャンバスのうえに化学塗料をべたべたとぬりたくったもの”ですし、
クラシック音楽だって、”違う周波数の音波を並べたもの”

同じ音列でも、
同じ絵画でも、
何も感じなめれば、
美しくもなんともないゴミになることだってあります。

例えばゴッホの絵は、
発表された当時がけんけんがくがくゴミ扱いだったんですよね。

なにかを見て美しいと思ったり、感動したりするって
なんて不思議なことなんでしょう。

 

image

 


美しいものがそこにある、のではなくて
人の内面の美しさのエネルギーに
外にあるもののエネルギーが反応する。。
もっと言えば共鳴する。。。

そういうことなんだろうなあと思うのです。
(それについてもっと語った記事はこちらにあります

美しいものなんて、この地上に存在しません

 

 

倶楽部クミシュランは、美と感性に意識を向ける方が
安心して語ったりシェアすることができる場所として
いつもここにありたいと思っています。


そして、これら一連はすべて、軽やかに、楽しくね!
私のモットーです

(この軽やかに、楽しくね!が意外と大切です)


音を浴びて感性をひらき、

お食事やトークでシェアをする会、
ゲストを迎えた少人数トークの会や、
アート遠足、
感性・五感のシェア会、
一日おひとり様カスタマイズのプライベートクミシュラン、
イベンターとしての企画やオーガナイズについてシェアする講座、

今まで様々なイベントや会を主催してきました。
これまでに開催したクミシュラン(オープンイベントを含みます)
これまでに開催したクミシュラン(オープンイベントを含みます)Vol.2

 

image

image

 

様々なイベントを企画してきて気づいたことがありました。
 

 

それは「場のチカラのもつパワー」です。

日本では、感情を抑え気味に表現する傾向が
あります。

それは時には、”禅”・”瞑想の習慣”として

海外で美徳として表現されます。

 

四季を感じる心、江戸時代から庶民の間でも伝統芸能が

愛されてきたココロ・・・

 

日本人ほど繊細で美しい感性を持った人種はいない!

そう叫びたいです!

 

 

もっと、感性を解放してみませんか?

 

会員制になった”倶楽部クミシュラン”は、

”自分の感性を安心して解き放てる場所”です。

その場にいる人、みんなが心いっぱいに感じるって、

決めている場所。

 

そこにはアーティストも驚く「共鳴」が生まれるでしょう。

 

<画像で見るライブイベント>俱楽部クミシュラン特別イベント



これまでエンターテイメントやアート業界には、

「個人的な好み」は通用しない、社会的な位置づけが必要だ
声高に叫ばれてきました。

常識だとか
社会的な正しさとか、
そういうものにも”ある機能”があります。
大切なものだということは否定しないけど、
そこを個人のシアワセの出発点にするのは
結構危険なことです。

星がいくつついてる、だとか。

どこどこのコンクールで優勝した、だとか。

外からの考えで「感じること」をスタートさせずに、
すべて、個人のなかからスタートさせたい。
(個人、わたし、というものすら本当はないものだという
理論もあるけれど、それはまた別の機会に)


 

わたしは個性というエゴを

力一杯感じて人生を生き抜きたい!


 

ひとりひとりが”今、ここ”で、
シアワセだと感じること
まわりに伝わっていって、
結果、家族がシアワセに、
ご町内がシアワセに、
地域がシアワセに、
それがずっと行って
世界に平和が訪れるのではなかろうか。


規制や罰則では、本当の意味での平和はこないもんね。

波及はいつも個人から外へなみうっていくもの。


話が大きくなりすぎましたね?(笑)
「俱楽部クミシュラン」に話を戻しましょう。
”皆川公美子の自己紹介”ですが、

わたしの今まで、生まれてから今まで。

 

 

その全ての集大成であり、

スタートがこの倶楽部クミシュランです。

 


*******************

皆川公美子のプロフィール


幼少期より絶対音感があり、5歳から母の意向によりピアノ教育を受ける。

同時に 小中学校時代は水泳に明け暮れ、市の水泳大会で表彰を受ける。 


転校をきっかけに、水泳を辞め吹奏楽部へ入部、フルートを始める。

当時某テレビ局の番組「フルートとともに」の講師にあこがれ、

その講師が東京藝術大学の教授だったことから

静岡から東京へ月に一度のレッスンへ通い出す。

現役で武蔵野音楽大学フルート科に入学、翌年東京藝術大学・器楽科に入学。

 

在学中には、劇団四季のオーケストラの一員として 百回以上の公演に参加。

卒業後は、ドイツ・ケルンあたりで数ヶ月放浪。

帰国後 WOWOWの音楽制作会社に入社、

その後ソニー・ミュージック・エンタテインメントにて制作ディレクターとして、

昼夜なく仕事に励む日々を送る。 

プロジェクトマネージメントやマーケティング、レコード制作の経験を積む。

 

結婚後も仕事を続けるが、妊娠を機に退社。

出産後、子どもが病弱だったためワークライフバランスについて見直し、

日々、沈む夕陽の美しさに心を震わせながら子どもたちと一緒に暮らすことを選ぶ。 

 

小学校で、PTA会長等ボランティアをひととおり経験。

生来のイベンター気質がここでも発揮され、

800人規模の小学校のお祭りを学校フェスタとして企画、音頭をとる。

先生、保護者が演奏するバンドを企画・参加。 現在なお続いている。

 

その後、祖母の影響で好きだった着物の資格をとり、

着物講師、着物ショップにパート勤務するも、管理業務が全くできず退社。

自宅で着物サロンを目指し、46歳の時初めて起業に目を向ける。

 

その後企画者としての強みが発揮され、

人と人を継ぐ場・企画が浸透していき、

自身の心の琴線に触れるもの・人・アート・イベントの提供をする「クミシュラン」に発展。

 

2016年「オーケストラのなかで音場を味わう」を

目標に倶楽部クミシュランを法人化、どこにもない感性イベントを主宰、

現在にいたる。

 

クミシュランのわりと波乱の人生の物語を読みたい方は

クミシュラン皆川公美子ができるまで

をお読みくださいませ。

 

 



********************

 

クミシュランは体験できるライブイベントや感覚FIVE(五感にフォーカス)を

会員の皆様にご提供しています。

 

みなさまと「見たことがない・経験したことのない美しいものをシェアする場」

企画しておりますので楽しみにして下さい!!!

 

お目にかかれますのを心から楽しみにしています。

 

image

 

 

 

♣️倶楽部クミシュラン♣️ チケットについて

ビジター参加:¥28,000

*倶楽部クミシュランのイベント初めての方もご購入いただけます。

 

3回チケット: ¥80,000 
*一般のお客様に先駆けて優先的にご案内します。

*倶楽部クミシュランのイベント初めての方もご購入いただけます。

 

ビジター参加特典3回チケット: ¥80,000¥60,000

<2017年3月末まで>
クミシュランにお越しになったことがある方は

¥60,000にてご提供させていただきます。

<2017年4月以降ビジターでご参加の場合>

イベント当日か翌日に次回からの3回チケットのご購入をしていただきますと
¥60,000にてご提供させていただきます。

5回チケット: ¥100,000 
*一般のお客様に先駆けて優先的にご案内します。
*イベント1回あたりが¥20,000となりますので、大変お得です。

プレミアム会員権(特別年間会員):価格詳細はHPをご覧ください
*入会金別途¥20,000がかかります。
*追加料金はかかりません。

*年間を通じてすべてのクミシュランイベントでお席をご用意させて戴きます。
*プレミアムお食事会へのご参加権
特別ライブエクスペリエンスのゲストにお招きする各界著名人、
アーティストとの懇親会を企画しております。
こちらはプレミアム会員権をお持ちの皆様のみへのご案内とさせて戴きます。

*本物のプレミアムなアーティスト、著名人との会

きちんとお話しをしていただける人数での会を考えております。
そのため会員数の増加に伴い、抽選または先着順になることもございます。
その場合は次回へ優先枠を残し、
会員皆様にプレミアムな会へご参加いただけるように致します。

 

♣️倶楽部クミシュラン チケット→お申込みフォーム

※プレミアム会員・チケットのお申込みについてのお問い合わせは
→入会お問い合わせ事務局<rinkara.minagawa@gmail.com

 

※各種お問い合わせはクミシュラン事務局<rinkara.minagawa@gmail.com>まで

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クミシュラン ~ 皆川公美子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります