宝石ブルークミコ Information宝石ブルー




クミコ最新シングル

~三木たかし未発表の名曲~

「純情」 (日本コロムビア)

CW/誰のための愛

好評発売中!





つんく♂プロデュース!湯川れい子作詞

「うまれてきてくれて ありがとう」 (日本コロムビア)

CW/イルカの子守唄

日本レコード大賞作曲賞受賞!

好評発売中!





クミコ話題のシングル

「広い河の岸辺」(日本コロムビア) 

絶賛発売中!ロングヒット中

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-27 10:05:22

英介さんとリハーサル

テーマ:ブログ
これがダメなら、今度はこれ。

てんで、母親の骨粗鬆症治療は、飲み薬に。



いろんなクスリがあって、いろんな治療法がある。

処方のしかたもさまざま。



医療はまったくもって日進月歩だ。






そのあと、今度の成城ホールコンサートのリハーサルへ。


このコンサートのおかげで篠井英介さんと、毎年一度ご一緒できる。



七夕みたいだ。




英介さんと、しばし親の話。

金沢のご両親には、ずっと良くしていただいた。



お父さまは、もう天国にいってしまわれたけれど、お母さまはお元気だという。


とはいうものの、腰が曲がって、でもアタマはしっかりしてて助かるの。


と英介さんがいう。





うちもねえ、なんだかんだ。



こんな話をする年になった私たち。



初めて会った時は、英介さん、まだ20代だったはず。




ああ。時の流れ。





もう、おじいさんおばあさんになった私たちが容易に想像できる。



これまた楽し。





英介さんは、去年より、そしてその前より、ずっと元気そうだ。



ピアノ横に立つ、その背中の広さに、なんだか安心する。


元気で良かった。





今回、二人で昔唄った歌など唄います。


もう、30年ぶりくらいなのに、なんだか唄える。


これまた楽し。




乞うご期待です。


















クミコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-26 10:17:00

今日は整形外科

テーマ:ブログ
今朝は母親の整形外科。


数ヶ月続けていた骨粗鬆症の治療。

毎日、自分で注射を打つ、というもの。

これが効かないことがわかった。




画期的治療とされたものだけど、効く人ばかりではないらしい。


げんに、まわりでもこの治療をあきらめた人が多い。



副作用が出たり、全然効果がなかったり。



なかなかうまくはいかないものだなあ。



さあてと。


だからどうする。



先生、たのんまっせ。



待合室はあいかわらず混んでる。


まだしばらくは順番こないだろうな。



ちなみに、この先生かなり美人。


天は二物を与えるのだなあ。


いいなあ。
クミコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-25 10:48:03

みんながちょっとずつ

テーマ:ブログ
ホームにその男性はたたずんでいる。


躊躇しているようだった。




車内にいる私は、思い切って声をかける。


「これに乗られますか?」



男性は、ほっとしたように「はい」




すぐに、そのひとの手をとり、車内に誘導し、ドア付近の取手をつかんでもらう。






私は、それからは何気なく、かれの後ろにいて気配を消すようにする。




もし、なにか手伝うことがあったら、それはその時。






これまでも、目の悪いかたが困っているなとおもえば、声をかけてきた。



拒否というのはなかった。



ただ、自分でできる、自分でしたい。そんな思いのかたもおられる。





目の見える者は、ちょっとのお手伝いをそれぞれがすればよいのだと思う。



けっして深入りすることなく、まさに通りすがりでちょっとずつ。




そうすれば、目も見えないかたがたの不安は、かくだんに減る。









どこで降りるかなあ。

そう思っていたら、私と同じ駅。




この男性は、外出にまだ慣れていないようだった。




「もしよろしければ私につかまってください」



「はい。では肩を」





彼は、私の右肩に手をおく。






「階段です」


「どちらの改札ですか」


「右に曲がります」


「ここから自動改札です」




こんな具合に最小限のことを、彼にだけ聞こえる声で告げる。






そして。



表に出て。



あれれ、また私と同じ方向だ。




また肩に手を置いてもらう。





「信号待ちです」


「左に曲がります」




途中、男性が「ごめんなさい」と言っている。



どうやら、彼の杖が通行人に当たったらしい。





こうして神経をすり減らしながら、まだ若いこの人は、毎日をくらしているんだろうなあ。






「私は、ここを曲がります」


「あ、僕はこのまま真っ直ぐに行きます。ありがとうございました」





「お気をつけて」

かれの腕の当たりをさわって、お別れをする。







ときどき、電車のホームで目の悪い方が落ちてしまう事故がある。



だれかが一言、声をかければいいのだ。




スマホから目をはなして、ちょっとまわりを見渡せばいいのだ。




そこには必ず「人」がいる。



こまっている「人」もいる。


不安な「人」もいる。


助けを声を出さずにまっている「人」もいる。






こんこんこん。

杖をたたきながら行く後ろ姿に。




幸あれ。


幸あれ。
























クミコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み