音楽10大NEWS

テーマ:


プライベートでもブリトニーは注目の的!


2005年、アメリカのYahoo!検索ランキング1位に輝いた、ブリトニー・スピアーズ 。やはり彼女の注目度はズバ抜けて高い。20049月にダンサーのケヴィン・フェダーラインと結婚したことも世界的なトップニュースとなったが、20054月には公式サイトを通して妊娠したことを報告、そして9月に男の子を出産した。5月から6月にかけて、ブリトニーとケヴィンの普段の生活をありのままに描いたリアリティ番組『ブリトニー&ケヴィン:ケオティック 』(DVDも発売中)が放映されるなど、ブリトニーの私生活に世界中の熱い視線が集まった。11月に発売したリミックスアルバム『B・イン・ザ・ミックス ~ベスト・リミックス~ 』も、もちろん好調だ。



映画、音楽、コミックで「NANA」旋風


 矢沢あいの大人気コミック「NANA」が、中島美嘉 宮崎あおい の主演で実写映画化。9月に公開されて以来、ロングヒットを記録しているが、その人気は原作のコミックと映画だけにとどまらなかった。「NANA starring MIKA NAKASHIMA」として大崎ナナ役の中島が歌った主題歌『GLAMOROUS SKY 』、レイラ役の伊藤由奈が「REIRA starring YUNA ITO 」として歌った劇中歌『ENDLESS STORY 』が、ともに大ヒット。1217日に発表された第38回日本有線大賞では伊藤由奈がこの曲で最優秀新人賞を受賞。ほかにも、TETSU69大塚愛 木村カエラ などが参加し3月に発売したトリビュートアルバム『LOVE for NANA~Only 1 Tribute~(Black Stonesヴァージョン) 』、ジャケット違いの『LOVE for NANA~Only 1 Tribute~(TRAPNESTヴァージョン) 』も大きな話題となった。



ベテラン・アーティストたちが続々リリース


 国内外のベテラン・ビッグアーティストたちが、ニューアルバムを発売して音楽シーンを盛り上げてくれた。まずは、サザンオールスターズ 7年ぶりとなる『キラーストリート 』は2枚組全30曲という聴きごたえ十分な作品となった。そして、山下達郎 7年ぶりとなる『SONORITE 』を発売。小田和正 5年ぶりの新作『そうかな 』で1位となり、自身が持っていたチャート首位最年長記録を「579か月」に更新した。洋楽でも、大御所たちの新作が目白押し! 8月に、ザ・ローリング・ストーンズ 8年ぶりの『ア・ビガー・バン 』、そしてエリック・クラプトン 4年ぶりの『バック・ホーム 』を発売。9月には、ポール・マッカートニー 4年ぶりの『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード 』を、10月にはケイト・ブッシュ 12年ぶりとなる『エアリアル 』を発表している。



東欧の小さな国から世界の「マイアヒ」に


 2005年の洋楽でもっとも話題を集めたのが、ルーマニアとウクライナの間に位置するモルドバ共和国の3人組ユニット、オゾン の『恋のマイアヒ 』(正式タイトルは『DRAGOSTEA DIN TEI~恋のマイアヒ~』)。その勢いは社会現象にまで発展し、同曲を収録したアルバム『ディスコ・ゾーン~恋のマイアヒ~ 』は80万枚を超えるヒットを記録し、今年の年間洋楽チャート1位となった。「マイアヒ」現象は日本だけではなく、ヨーロッパ14か国で1位を獲得し、ビルボードのヨーロッパチャートでは10週連続1位と大ヒット。そして、さらに追い討ちをかけるべく、ボーナストラックとDVD付きの『DISCO ZONE~恋のマイアヒ~最強盤 』が1221日に緊急発売された。



歌手の本田美奈子.さんが38歳の若さで逝去


 116日、歌手の本田美奈子. さんが急性骨髄性白血病のため亡くなった。本田さんは19854月に『殺意のバカンス』でデビュー。同年『Temptation 』などを発売し、多くの音楽賞の新人賞を獲得した。以降、『1986年のマリリン 』『Oneway Generation 』などのヒット曲を生み出している。1992年には、オーディションでミュージカル「ミス・サイゴン」の主役のキム役を手に入れ、それ以後も「レ・ミゼラブル」「屋根の上のバイオリン弾き」「王様と私」など、ミュージカル女優としての地位を築き上げた。彼女の死を惜しむファンの想いが届き、遺作アルバム『アメイジング・グレイス 』は18年ぶりとなるオリコントップ10入りを果たした。127日に発売した『CD&DVD THE BEST 』もオリコン19位を記録した。


もちろん、私の中のBestは悩みもなく、

「SINGER SONGER」

この目でCOCCOをみて

聴くことができる日が来るとは思ってもいませんでした


あと、東京事変のライヴツアー

その後のメンバーチェンジ・・・

いろいろ、あった2005年音楽シーンでしたか??

ね★

良いお年を!!!


AD

2005年 音楽10大NEWS

テーマ:

2005年も、新しいスターやトレンドが数多く生まれた音楽界。Yahoo!ミュージックマガジン編集部が独断で、今年の10大ニュースを決定! これで今年のミュージックシーンがわかります!?



●2005
年、大ブレイクした3


 今年もっとも大きく飛躍したのは、やっぱり倖田來未 。セクシーなダンスと衣装、そして高い歌唱力で、10代の女の子を中心にエロかっこいいと支持され、ベスト盤『Best~first things 』がミリオンヒットに。そして、シンガーYUKIとラッパーCICO2人組ユニット、BENNIE K 。コカ・コーラのCM曲『Dreamland 』で話題となり、人気も上昇。11月発売のアルバム『Japana-rhythm 』は、オリコンチャート1位に輝いた。もう1組、1月発売のアルバム『Def Tech』が口コミでヒットを記録したDef Tech。セカンドアルバム『Lokahi Lani』と合わせて270万枚のヒットを記録。今でもグングンとセールスを伸ばしている。




惜しまれつつも、解散したアーティストたち


 2005年も、多くのファンから惜しまれつつ解散したグループやバンドがいる。なかでも衝撃的だったのが、日本でも絶大な人気を誇るデスチャこと、デスティニーズ・チャイルド ビヨンセ ミッシェル・ウィリアムス ケリー・ローランド はソロとしてもヒット作を生んでいるが、3人が集まった時のパワフルな歌とダンスが見られないのはさみしい限り。日本でも、北海道出身のガールズバンドのZONE 41日の武道館公演を最後に解散。Do As Infinity 6年間の活動にピリオドを打った。さらに、スーパーカー HUSKING BEE という実力派バンドも解散。これには、多くのファンも「まさか!?」と驚かされた。


iTunes Music Store」が国内サービスを開始


 iPodをはじめとするMP3プレーヤーの普及により、音楽の楽しみ方も大きく変化しつつある。84日、アップルコンピュータが音楽配信サイト「iTunes Music Store」をオープン、日本国内でのサービスをスタートさせた。登録楽曲数は100万曲で、1曲あたりの販売価格は90パーセントの楽曲が150円、その他10パーセントが200円という低価格。アルバム単位で購入すると、さらに割安となる場合が多く、販売数を伸ばしている。ビッグアーティストの独占販売コンテンツがあったり、フリーダウンロード曲があったり、新しい試みも多く見られる。そのほか、ライブ音源をライブが行われた1時間後に配信したり、CD化されない配信のみの新曲をリリースするなど、さまざまな音楽配信サイトが独自のアプローチを試みている。ユーザーとしては、今後、音楽の映像配信コンテンツにも期待したいところだ。



チャリティー・イベントに大物アーティストたちが参加


 日本でも音楽フェスがすっかり定着してきたが、今年はチャリティー・フェスが目立っていた。7月に開催された「ap bank fes'05」は、プロデューサーの小林武史 と櫻井和寿が設立した環境プロジェクトへの融資機関「ap bank」主催のイベントで、井上陽水 浜田省吾 佐野元春 中島美嘉 など、多くのアーティストたちが参加した。124日には、世界の貧困問題を考えるイベント「White Band FES.」がさいたまスーパーアリーナで開催され、GLAY MISIA らが参加。世界規模なイベントとして7月に行われたのが「ライヴ8」。ロンドン、パリ、ベルリン、ローマ、フィラデルフィア、トロント、そして日本の幕張でも開催された。



異色コラボで、アーティストの新しい魅力が開花


 コラボレーション。違う個性を持った2組のアーティストがひとつの作品を生み出すという、まさにファンにとって夢の企画。過去にも話題となったコラボは多いが、今年も異色コラボがミュージックシーンを盛り上げてくれた。代表的なものとして真っ先に名前があがるのが、GLAY×EXILE 。ロックバンドとボーカル&ダンスユニットという組み合わせが多くの人たちを驚かせたが、おたがいの個性をうまく生かしたシングル『SCREAM 』はオリコンチャート1位を獲得した。ほかにも、電気グルーヴ スチャダラパー というベテラングループ同士の融合や、ファッションプロデューサーのNIGO を中心に、m-flo RIP SLYME のメンバーらが集結したTERIYAKI BOYZ CHEMISTRY Crystal Kay による実力派ボーカリストのユニットも大きく注目された。そのほかにも、くるり のメンバーとCocco が結成したSINGER SONGER や、2005年唯一のシングルミリオンとなった修二と彰 の『青春アミーゴ 』などコラボ花盛りの年であった。










AD

早く来い濃い!!!!お正月

テーマ:

1月11日よりニューアルバム「大人(アダルト)」に収録の「喧嘩上等」の

プロモーションビデオが一般オンエア開始となります。

MTVの先行オンエア→1月7日

                               <SR猫柳本線より>

ちゃんのところでしったさ★

うれしいね。うしししし・・・

一月に事変は動くのね(去年もだしね)

楽しみがたくさん

haiji
AD


このところすっかりダークサイドに落ちていたKUMIKです

皆様のブログに行ってこころがどれだけ癒されたことか・・・

大切なことが見えなくなっていて

本当に

人の不幸を願うような・・・

何が正しくて、何がいけないことなのか・・・
私の中で大切なものを失ってまで人を蹴落としたいのか・・・
そんな日々でした

そんなとき、


相対的幸福と絶対的幸福にたどりついたのです。
相対的幸福は、経済的豊かさや社会的地位など、自分の外の世界から得られる幸福。

絶えず外部にある何かと比較しなければ、自分の存在意義を明確にできません。

私はまさに、これなのだと思います。

だれだれに比べて・・・どれだけ自分が劣るかという非常に短くて、

非常に惨めな物差しで生きてきました

このことに気が付いたのは、去年の終わりから今年の春にかけてでした

私と同じ相対的幸福で物事を考える人の比較対照になったときからです

彼女と私の違いは彼女は自分がどれだけ人より長けているかという

もの差し出あったこと

そして、その物差しであってはならない、

彼女より私の方が・・・


そんな人と比べることによって生まれる幸福は

ひとたび環境条件が変われば、たやすく崩れ去ってしまった


その時の彼女との関係に亀裂が入ったのはいうまでもありません

それからかなり月日がたっているのに未だに私は引きずっていた


これに対して絶対的幸福は、
自分が基準です。

自己肯定感が強く、自分に対して正直である
こと行動には打算がなく、人に対して見返りを求めることもありません。
いつも笑顔で、まわりに愛を与えながら、人生そのものを楽しみます。
本当にこういう人になりたいのです

打算的でなく、周りに愛を与えられる。

そして何より、自分に正直であること

私にとって、最も難しくて、最も私が求めているものです

人の顔色ばかり伺う癖はなかなかどうにも抜けて行ってはくれません


日々精進です

これからの人生は

自分を信じ、自分に正直にそして人に愛を与えられる人になりたいです


ということです

みなさま、連休はいかがお過ごしか??

私はね、何してたかな(笑)


23日にHMVで事変が載ったフリーペーパーもろうてきたよ

那子 ちゃんHMVにおいてあるよ

っておしえてもらったからね

しかし、わかりにくい(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

予約の台の下においてあった


記事書こうと思ったけれど

jamira ゴンがすてきにお写真UPされていたのでTB

http://ameblo.jp/jamira/entry-10007358379.html

ここみて

(^_^;)手抜き

違うちがう・・・ジャミゴンがよかったからよ

内容はね・・・

素敵よ

林檎さんによる、曲紹介★

いいわね♪いいわ♪

一月が楽しみ


そして夜は

お・た・の・し・み

Mステ

林檎ちん以外しゃべってないじゃん

あややといっしょじゃん

ちょっと。残念

殿方のお声もききたかったわ

衣装も髪型もよかったわ

素敵よ


で一日あけて

(みんな大奥みた??)


25日の夜

岸田くんとaikoがでるから

「ユーミンのオールナイトニッポンTV

みたわ

那子 ちゃんところで写真UPされているから

観てみて★

て・・・手抜きじゃないもん

う・・・う・・・


岸田くん出番少なくない??

浜崎さん出番おおくない??

Aikoかわいかった

唄っていたときの

ふりふり白スカートかわいい!!

岸田くんのラジオネーム

「最後はキダ・タロー」

むちゃくちゃいいよね

私もすき(笑)

あんな髪型の岸田くんは勘弁だけど・・・

眼鏡には戻って欲しいからね


そんなわけで、全体的にはよかったんじゃないの

(って上から目線で・・・笑)

林檎班大会(恵比寿)のレポートが、 ヤフーミュージックマガジン に掲載されています


内容はさて置き(笑)


林檎ちゃんアップの顔がめちゃくちゃいいわ

写真観にGOGO!!


林檎班大会(恵比寿)のレポートが、 ヤフーミュージックマガジン に掲載されています

さてさて

皆様どんな素敵なChristianイブをお過ごしになりまして?

ましゃんてぃさんのブログを拝見していて 

Christianかぁ~って気づかないほど

縁遠い日です(笑)

ましゃんてぃさん素敵なグリーティングカードありがとでやんす


今年はChristian好きの両親と過ごそうかと思っておりました

一応○○家をもうすぐ脱退するし


しかし朝起きると

く「今日は夜いるよ」


母「私たちミレナリオの点灯式みにいくから適当に食べてね(o^-')b


(-.-;)


予定ないさ

なにそれ

って感じでショックでした


誘われないし…(_ _)σ∥


さて 私はChristianに縁が昔からなかった


幼稚園がお寺にあったのでChristian会はなかったです


そのかわり花祭り(お釈迦様のお誕生日)があったのさ


園歌に「良い良い良い子、仏の子」って詩があったくらい

シュールな詩でしょ?


家では両親がChristianとかイベント好きだからやりましたよ


ちなみにサンタさんからChristianプレゼントに日本の歴史全20巻とか

古事記とか根暗なプレゼントを頂きました


良く欲しいのわかったなぁ~って子どものころ驚きました(笑)


いらないのは百科事典をもらいました

当時じゃまだなぁって思いました

起きたら山積みでしたから(笑)


あ ちなみに昨日イブよるはカレー食べにいきました


美味しかったです


牡蠣のグツグツ煮込みカレー甘口です


辛いの苦手です

寂しいかな、ゲーセン行って メダルゲームで

大フィーバー起こしてしまいました

1050枚もでてきてびっくりよ(-_-;)

お兄さんのマイクパフォーマンスで言われた時切なかったわ


なんで最近のゲーセンはマイクで話すのかしら?

迷惑よ(ε´)

そのあと さらにボーリングに行ったの

いつも50くらいなのに


108だったわ

なんなの(ε´)


だからChristianなんて嫌いなのよ(笑)

どんなもんだろ紅白歌合戦

テーマ:

どんなもんだろ紅白歌合戦

こんな感じで曲決定

前回同様グループ魂 【初】 『君にジュースを買ってあげる

に大注目

観よ

あとはまさよしなんで『One more time , One more chance

紅組
AI
【初】 『Story
aiko
4】 『スター』
石川さゆり
28】 『天城越え』
伊藤由奈
【初】 『ENDLESS STORY
大塚愛
2】 『プラネタリウム』
川中美幸
18】 『二輪草』
倉木麻衣
3】 『Love, Day After Tomorrow
香西かおり
13】 『無言坂』
倖田來未
【初】 『倖田來未 スペシャルバージョン』
小林幸子
27】 『越後絶唱』
ゴリエ
【初】 『Pecori ♥ Night
坂本冬美
17】 『ふたりの大漁節』
島谷ひとみ
4】 『亜麻色の髪の乙女』
鈴木亜美
3】 『Delightful
天童よしみ
10】 『川の流れのように』
DREAMS COME TRUE
10】 『何度でも~紅白スペシャルバージョン~』
中島美嘉
4】 『雪の華』
長山洋子
12】 『芭蕉布』
夏川りみ
4】 『涙そうそう』
浜崎あゆみ
7】 『fairyland
一青窈
3】 『ハナミズキ』
平原綾香
2】 『明日』
藤あや子
14】 『むらさき雨情』
BoA
4】 『抱きしめる』
松浦亜弥
5】&DEFDIVA 【初】  『気がつけば好きすぎて盛り上がって♪LOVEマシーン!』
松任谷由実 with Friends Of Love The Earth
【初】 『Smile again
水森かおり
3】 『五能線』
モーニング娘。
8】 『気がつけば好きすぎて盛り上がって♪LOVEマシーン!』
森山良子
10】 『さとうきび畑』
渡辺美里
【初】 『My Revolution


どんなもんだろ紅白2

テーマ:
白組
アリス
2】 『アリス プレミアム 2005
五木ひろし
35】 『ふりむけば日本海』
winds
4】 『十六夜の月』
mflo
【初】Akiko Wada 29】 『HEY!
氣志團
2】 『One Night Carnival
北島三郎
42】 『風雪ながれ旅』
北山たけし
【初】 『男の出船』
グループ魂
【初】 『君にジュースを買ってあげる
CHEMISTRY
5】 『almost in love
ゴスペラーズ
5】 『ひとり』
コブクロ
【初】 『桜』
さだまさし
17】 『広島の空』
スキマスイッチ
【初】 『全力少年』
SMAP
13】 『Triangle
TMRevolution
3】 『WHITE BREATH
D51
【初】 『NO MORE CRY
Def Tech
【初】 『My Way
TOKIO
12】 『明日を目指して!』
鳥羽一郎
18】 『海の匂いのお母さん』
氷川きよし
6】 『面影の都』
布施明
21】 『少年よ』
細川たかし
31】 『北酒場』
ポルノグラフィティ
4】 『ジョバイロ』
前川清
15】 『夜霧よ今夜も有難う』
美川憲一
22】 『愛の讃歌』
森進一
38】 『おふくろさん』
森山直太朗
2】 『風花』
山川豊
11】 『海の匂いのお母さん』
山崎まさよし
【初】 『One more time , One more chance
WaT
【初】 『僕のキモチ』