• 14 Sep
    • 【随時更新】演奏情報

      次の演奏9月23日足利カンマーオーケスター定期演奏会@足利市民会館  9月25日クローズド 10月1日俺のフレンチTOKYO、イタリアンTOKYOランチタイムコンサート 10月2日俺のフレンチTOKYO、イタリアンTOKYOランチタイムコンサートw/釣川有紗 10月8日演奏予定 10月10日俺のやきとり@新橋w/釣川有紗 10月15日俺の揚子江@東銀座w/竹川由紀乃 10月22日足利カンマーオーケスター移動劇場 10月23日足利カンマーオーケスター移動劇場 10月24日演奏予定  ブログランキングに参加しておりますので、もしよろしければポチリお願いします      にほんブログ村    にほんブログ村  心あたたまるポチリをありがとうございます    出演情報  チケット等のお問い合わせはkumiko.s.music@gmail.comまで   音楽ビヤプラザ銀座ライオン(銀座)  お店のHPはこちらから!  俺の○○にて出演しております! 挙式演奏やセレモニー演奏を首都圏で・・・  いつでもどこでも演奏致します  フルートと箏やハープ、ピアノなどなど・・・ご希望のユニットor単体で伺いますので、まずはkumiko.s.music@gmail.comまでご連絡くださいませ  雨天の場合は楽器の都合上難しいですが、外用の楽器も所持しておりますので、お気軽にお問い合わせいただけたらと思います 

      59
      2
      テーマ:
  • 13 Sep
    • やきとりでアンパンマン。

      昨夜は俺のやきとりにて、釣川有紗ちゃんと演奏してまいりました すべてのステージの最初はお料理番組の曲、そして定番クラシックから、秋らしく枯葉、少年時代…枯葉とのシャンソンつながりで愛の讃歌…。3ステからは小さいお子様がいらしたので、リトルマーメイドや美女と野獣。 そして、アンパンマン。 銀座でアンパンマン。 あの曲、歌詞の良さももちろんですが、コード進行が美しくて、結婚式とかにも使われていいくらいの綺麗なコード進行だと思うのです。 ドラマチックに。 壮大に。 やきとりのお店で、アンパンマン 大人のアンパンマンと題して。 ずっとやりたかったんですが、アリスちゃんが素敵なアレンジを即興でやってくれたので夢が叶いましたそれにしても、なかなかのギャップですよね。 アリスちゃんのピアノのお陰で心に響く、豪華なアンパンマンになったのではと思います。 そして、楽屋で他のピアニストさんからアンパンマンの歌詞の背景を教えていただき、ますます私たちは感情移入 中々いい盛り上がりだったように思います。 アニソンを全力で、クラシック的な技巧や表現も入れながら歌い切る! またそんなステージにもチャレンジしたいと思います こちらは合間の休憩で食べに行ったかぼちゃクリームおうどん。うどん最高。

      4
      テーマ:
  • 08 Sep
    • SCOTサマーシーズン2016 ②古北水鎮のグルメ

      演劇祭に行ったのにご飯の話ですか、というツッコミはさておき。昨年いった古北水鎮のシェフが来日してめちゃめちゃ美味しい中華の出店が出てたのでした。毎日北京ダックを2,3皿主人と一緒に食べ、堪能。やはり北京ダックうましおそらく3,40個の北京ダックを食したと思われます…笑 北京ダックを作っているところも激写。お顔は移しませんでしたが、いつもニコニコ素敵なシェフの方々でした。 古北水鎮、いいところだったなー万里の長城も見られて、 ベネチアのような、いや、中国版ディズニーシーのような風景。 また次のブログで演劇の話でも笑。

      2
      テーマ:
  • 05 Sep
    • 吹奏楽の夏は…まだ終わらない!

      吹奏楽の夏、終わった方が多数だと思います。嬉しいことに、西関東に進んだ指導校が二校先日もみっちり指導してまいりました まずは体の使い方の復習。股関節のストレッチやヨガの木のポーズを使って体をフレキシブルに使えるように準備。そしてお腹の使い方の確認をして胸部の確認もして…。 基本に戻るって大切だなと思っています。私も時折きちんと基本のきに戻らなくてはと思っているのですが、なかなか…。指導しながら久しぶりに基礎練一人パーティーでもしようと思いました ソロの吹き方やブレスの確認、地区大会と県大会の二回本番通して見えてきた課題がきっとあったかと思います。 課題を自覚すること。人から言われるでなく自分で自ら気づく努力をすること。上達するには大切な点。 これができる生徒ちゃんたちなので、かなり上手になりました さてさて。皆が思い通りの演奏になるように、かっこいい演奏が出来るように祈っています。応援してるぞー!! 写真は生徒ちゃんのお母様が差し入れてくださいました!とっても美味しかったです。ありがとうございます。

      2
      テーマ:
  • 04 Sep
    • SCOTサマーシーズン2016 ①磯崎新さんの設計と野外劇場

      富山県南砺市利賀村の野外劇場。今回のシーズンでは、この野外劇場の設計のロジックを設計者である建築家の磯崎新さんのお話を聞く機会がありました。 テアトロオリンピコというイタリアに昔からある劇場の設計と静岡にある楕円堂の設計。そしてここの野外劇場の設計の共通項。そして日本のお能の劇場とヨーロッパの劇場の違い。中心軸の有無。中心軸の先にあるものの概念。 何かの裏話や美しく見えるためのロジックというのは専門外の私から見ていても、とても分かりやすく美しいものでした。 ロジックが美しいからこそ美しく見えるのか、はたまた、美しいからこそきちんとロジックが成り立っているのか。 ザハさんと今の新国立競技場についてのお話も出ました。私はザハさんのデザイン好きだったんだけれど、残念でした。隈研吾さんのデザインも、浅草にある建物のデザインも好きだけれど。 余談ですが、今回はオリンピックのデザイン面がメディアに大きく取りざたされており、デザインの本質とかけ離れたところでワーワー言われていて、主となる観点を見えなくさせるやり方にきちんと気づかない人は気付かないまま流されるのだ、と違った側面も見えた気がします。 ロゴだって、佐野さんの方がどんなデザインにも馴染みやすく、前回の東京五輪のオマージュといった感じで、スマートな印象がありました。例えば、コカコーラのパッケージについていても伊右衛門のパッケージについていても綺麗ですが、新しいロゴって伊右衛門には合っていてもコカコーラには合わないような。佐野さんのデザインと対照的な?ものを選んだのでしょうが、あのわかりやすいthe japan!天晴!みたいな分かり易すぎるのは私はあまり好みではないですね。フジヤマ!ゲイシャ!テンプーラ!みたいな。外国人観光客をバカにしているわけではないですが、そういう狙った感じに思えるのです。 最初からあれが出て来れば、「へー、まぁ日本らしさって感じで、わかりやすくていかにもですねぇ、ふーん」って思いますが、佐野さんのあのスマートなデザインの方がよく練られていていろいろな考えが酌み取られて、デザインに奥行きがあるように感じられるのです。まんまなんですもの。 おっと、余談が長くなりました。 そして、今後の日本という映像も最後に見たのですが…エルサレムなんとかという曲が使われており、日本はやがて違う神様(宗教)に支配されるのでは、という結論だったかと思います。エルサレムは様々な宗教の発祥の場所ですよね。はてさて、今後日本はどうなっていくのでしょうか。 ロジックも美しい! そう思える講演でした。聞けてよかった、見れてよかった! 磯崎さんの設計された舞台は野外劇場だけでなく合掌造りの劇場もあって。もう兎に角、光の陰影が本当に美しいのです。 演劇というのは劇場も含めて作品である、劇場が50パーセント占めている、という話も磯崎さんからではないですが、出ました。確かに合掌造りで見る演劇は、ひのきや茅葺の匂い?が心地よく、香りもまた作用しているとは思わずにはいられません。都内の劇場では同じ気持ちで見ることはできないなぁ、と。 野外劇場では至近距離で大きな花火も見られるのですが、花火の表現も多彩で面白かった。これは開演前。闇が広がっていて、イサムノグチさんの石の像?もあって。 美しかった。池の反射も。 美しさの裏側にある怖さにもビビる花火だな、と今年も思いました。 野外劇場の花火の写真はググったらきっと出てきます。日本で唯一の花火も見られて終演後に舞台上で日本酒が飲める舞台です。 来年も参りますので、素敵だなと思われたら利賀村でお会いしましょう

      2
      テーマ:
    • 東京と富山を2往復の2週間。

      ご無沙汰しております。この2週間、お仕事しては富山県は南砺市利賀村まで行き、帰京してはまた利賀村へ…というノンストップ2週間でした もしご覧いただいている方の中で、ここ数年ブログを読んでくださっている方がいらしたら、もしかしたら毎年利賀村に行っていることにお気づきかもしれません。単純な旅行でもなく…演劇の大ファンで趣味を大切にしている…とかでもなく…そしてフルートを吹きに行っているわけでもないわけですが。 おヒマな方でお気になられる方が万が一いらっしゃいましたらこのブログを根掘り葉掘り検索していただけると、答えがわかるかと思います。 ま、別にどうでもいいしーそんなんー も思っていただいても、勿論構いませんむしろそんな方が私も気楽です笑 お仕事レポートと、富山県で出会った色々。綴っていきたいと思いますので、次のブログからお楽しみいただけたらと思います。

      2
      テーマ:
  • 25 Aug
    • 俺のやきとりでした!

      俺のやきとりにて原口沙矢架さんと演奏してきました4ステージ終わって、ちょっとほっと一息 お越しいただきました皆さま、ありがとうございました 今回は晩夏を意識して少年時代を取り入れてみたり…。 この黒いのは…な、なんとハープ。とは言っても今日は使ってませんが笑沙矢架さんはピアノもハープもマリンバもいけるマルチタレントな方なので、そのうちハープでもご一緒できると嬉しいなぁ、なんて思ってます 今日の衣装はお揃いキラキラです 次に沙矢架さんと一緒なのはきっと11月くらいでしょうか。 来月も俺のやきとりに出演致します9月らしい、秋を少しずつ感じられる曲が演奏できたらと思っています

      7
      テーマ:
  • 23 Aug
    • アンクでした。

      お盆休み初日は銀座アンクにて演奏しておりました ゴーベールのファンタジームチンスキーのソナタ1楽章フォーレのファンタジーバッハのソナタホ長調ミニョンファンタジーマルタンのバラード など…ボリューミーに演奏してまいりました 写真は皆が知っている曲を一人二役で…ネタとしてはかなりアリだなーと思って演奏したのでした

      2
      テーマ:
  • 21 Aug
    • 俺のイタリアンTOKYOとイタリアンTOKYOでランチタイムコンサートでした。 その2

      そしてお盆最終日の8/15はピアニストの釣川有紗ちゃんと な、な、なんと偶然にも靴が一緒ダイアナの10cmヒールパンプスなのでした この日は確か…おもちゃの兵隊の行進曲チャルダッシュカルメンの前奏曲乾杯リベルタンゴ赤いスイートピー私のお気に入り天国と地獄 を演奏したんだった気がします。多分。 有紗ちゃんとは9月も共演があります(*^^*)楽しみ楽しみー この写真には裏話が。最初にとった写真がこれ。 ひぃー!私の足パンパンだよー と嘆いてたら、有紗ちゃんがサクサクと加工をしてくれました。それが本文中の写真であるこちら。 確かにふくらはぎがスッとしたー アプリで加工がこんなにできるなんてすごいですねぇ。なんのこっちゃって感じですが、多少太ってもアプリでどうにかできるなんて便利な時代です。

      2
      テーマ:
  • 20 Aug
    • 俺のイタリアンTOKYOとフレンチTOKYOでランチタイムコンサートでした。その1

      今月は心身ともにバタバタしていて、なかなかブログアップもできていませんでしたので、先月末のことから… ピアノの原口沙矢架さんと一緒に出演してきました(*^^*) もう長いことお世話になっているので色々なレパートリーがあり、とてもありがたいピアニストさんです  控え室ではこんな感じで…へへへリラックス 次の共演は8/24(水)の俺のやきとりです 週の半ばではありますが、是非是非お越しくださいませ

      3
      テーマ:
  • 19 Aug
    • N響jazz@芸劇

      シンフォニックジャズ。優等生な美しい響きのオケとただただカッコよく圧倒的なトリオ。 前半はシンフォニックジャズを堪能して、後半は相反する存在がどう共演していくのか気になるなぁと思いながら聞いていました。どちらもそれぞれの良さがあってとても楽しいコンサート。素敵だった。 打楽器、管楽器と弦楽器で奏者のノリがちょっと違うように見受けられましたが楽譜的なものなのかしら。それにしても美しかったなぁ。 山中千尋さん、生でいつか聞いてみたいなぁと思ってたら…素晴らしかったです。かっこいいし、しなやかだし… 響きがよく混じり合っていて、いい席でした!今回行けなくなっちゃったから、とチケットをくださったSさん、ありがとうございました

      2
      テーマ:
  • 11 Aug
    • 本日は銀座アンクにて演奏いたします(*^^*)

      銀座アンクでの演奏は 2030-2230- の2ステージです。 2030からはムチンスキーのソナタマルタンのバラードゴーベールのファンタジー 2230からはバッハのフルートソナタホ長調ノブロのメロディタファネルのミニョンファンタジー他 の予定です。 きっと今日からお休みの方も多いと思います。連休初日ですし、是非お越しくださいませ明日お仕事の方もエネルギーチャージしに是非

      テーマ:
  • 09 Aug
    • ガレ展@サントリー美術館

      土木展の後ガレ展にも行ってきました。私、ガレって印象派の画家さんと間違ってまして… コロー、ミヨー、ルソー、ガレー…みたいな感じで。 ポスターも写実的だけど、印象派じゃなかったっけなー?なんて勘違いして会場に入ったら、きれいなグラス、あれあれ? なんて思ったら、この人は画家じゃなかったんですね。あぁ、うっかり。 とても美しく、本物ってこういうことなんだよなーと思って見ていました。 絵画もいいですが、立体も見ていて楽しいですね。円錐のツルツルしたところに色をつけたり、ガラスを重ねたり…産みの苦しみはあるでしょうが、沢山の技が見えた展覧会でした。 昔宝石展に行った時に、暗いところであまりにキラキラしていて綺麗ですが目が疲れてしまったのてますが、やはりガラスということもあり少し暗め。そこまで目は疲れませんでしたが、絵画の方が目に優しいなぁなんて感じたのでした(^^;; 土木展はポップで楽しい感じ。ガレ展はホンモノ。 メリハリのある梯子でした

      4
      2
      テーマ:
  • 08 Aug
    • 土木展@六本木へ

      音楽を演奏する者。音楽を作る者。音楽をアレンジする者いろいろな表現のスタイルが音楽だけでもありますね。 土木って展示になるのか?!と思っていましたが、なっていました笑土木を表現すると、こんな感じなのかなーと。 とてもポップでおしゃれな土木。土木の世界に飛び込む若者が少ないそうで、きっと間口をひろげるためにもポップで楽しい土木をイメージしてもらえる展示だったのでしょう。 もっと土臭い、泥臭い、汗臭い…けれど人間のエネルギーを感じるような土木というイメージが私にはあるのですが、展示からは遠かったです。土管があったりして、ちょっとマリオ気分も味わえそうな展示。 こんなものまで、売ってました笑 安全第一とか書いてあったら、もっとらしかったのかも…?? 白い壁にこうやって展示する、って楽しいですよね。映画館みたい。 ここ最近こういうものが増えたように思いますが、映像も理解するにはとても早いツール。でもこういうのばっかり見ていると直接的すぎて想像力が衰えそうで、これまたバランスが必要ですよね。 これは金属のペラペラ1枚だとしなってしまうけれど、おなじ表面積、もしくはそれ以下でも加工のしようによって立派な橋となる、という展示だったかと。 細かいパーツが描かれています。 音楽家もおなじ楽譜に書かれた音符をただ吹くだけじゃなくて、効果的に吹かないと意味がないよなーなんておもった展示なのでした。 コンパクトなので、ちょっと六本木で見るには丁度良いくらいの展示なのでした。

      2
      テーマ:
  • 06 Aug
    • トマのミニヨン。

      昨日がオペラ、ミニヨンを作曲したトマさんのお誕生日だったそうで。 フルートではミニヨンファンタジーというミニヨンの中の曲が使われたものが有名です。 この曲はよくコンクールの課題になってたり、試験で演奏されたり、勿論コンサートでも演奏されますが、今年になるまで演奏したことのない曲でした。何というか、コンクールだと、ミニヨンを選ぶ人が多いので王道路線の曲なんだよなー思って、私は違う曲を選びがちだったのです。 聞く場はたくさんありましたので、曲がどんな感じか、とか音の並びは知っていましたが、やってみて確かに吹きやすそうな曲だよなぁと思って練習しています。 メゾソプラノの方が歌うアリアが入っていて、この部分が私はとっても好きです この曲は8/11の銀座アンクにて演奏致します。お時間ありましたらお越しいただけたらと思います。どうぞ宜しくお願い致します!

      4
      テーマ:
  • 30 Jul
  • 29 Jul
    • 埼玉で吹奏楽指導!

      コバトン。埼玉県のキャラクターだそうで。 地元である埼玉での吹奏楽フルート指導が今週ピークでした。地区大会、まずは皆抜けられると良いね!強豪校はラスボスである東日本まで行きましょう! 今日も強豪校レッスンでした。 縦を合わせることはバッチリなので横やノリ、符点を正確にするのと、音程を合わせていくポイント、体の使い方…。今後もっと素晴らしい音楽になっていくのではと楽しみです。 今年から実家から近い中学校でも指導スタートとなりました。やはり大宮で生まれ育ったので大宮で演奏したり指導できると嬉しいものですもっと大宮でお仕事できるといいな この学校ではフルートレッスンが初めての生徒さんたちばっかりでしたので、基礎の基礎からスタート。楽器の持ち方や、頭部管のセッティング、フルートがなくても練習できる方法などなど。 さて、私も上手くなってレベルアップしていかなきゃね。よっしゃ頑張るぞー

      4
      テーマ:
  • 28 Jul
    • マチュー・デュフォー!!!

      昨日、どうしても行きたくて、ここは絶対に仕事を入れないと死守してました昨年からベルリンフィルの首席になったマチュー・デュフォー氏の演奏がどうしてもどうしても聞きたくて。 たまには良いですよね、一流に触れていなければ一流に近づけない気がするもので。 最初の萎める花は柔らかくてエアリーな音で。身の詰まった音の音源を聴くことが多かったので、優しげな儚げな表現だったのかな、と思いました。この時は楽器は銀?あまり目が良くないもので良く見えませんでしたが、二曲目からは頭部管が金に見えました。合ってるかなぁ? マルティヌーのソナタも素敵だったなぁ。酔いしれました。 ルーセルの笛吹きたち。やったことないけど、トライしてみたくなるぐぐっとくる演奏でした。 フランクのソナタ!もう、これが聞きたくて行ったようなものです。ヴァイオリンのように美しく豊かに響く低音。フレージングも何もかも…素晴らしかった! とにかくとにかく素晴らしかった 自分のボキャブラリーの少なさを恥じるばかりですが、とにかく素晴らしかったです。圧巻 こんなにハードな曲ばかり吹いても、さらにアンコール2曲ふける体力までしっかりある…羨ましい。性差はあるでしょうが、私もあのへばらない体に近づきたいものです… 太ももをしっかり使って吹いてたなー… いやぁ、勉強になりました。また色々とコンサートに行きたいものです

      1
      テーマ:
  • 25 Jul
    • 今日は銀座ライオン音楽ビヤプラザ出演日です!

      今日はなかなか見応えのあるステージです…というのも、私も初めての7人編成です バス筒井修平さんソプラノ大野康子さんソプラノ北島佳世さんメゾソプラノ吉田貞美さんテノール渡邉公威さんピアノ川崎恵さん とご一緒させていただきます。通常編成で7人だなんて初めてです どんなステージになるかドキドキワクワクです月曜ではありますが、月末の踏ん張りパワーを蓄えに是非銀座ライオン音楽ビヤプラザまでお越しくださいませお待ちしております

      1
      テーマ:
  • 24 Jul
    • リードの現場。

      少し前に足利カンマーオーケスターのリハの時の話。 リードを削っている姿って実はあまりまじまじと見たことがなかったのです。リードを削って作っているというのは知っていても、ホテル泊まりだったら各々の部屋でリード奏者さんたちは作ってたりするので、その現場を見たことがなかったのです。 まぁ、考えてみれば当たり前なんですが、リードを作るのにそのまま削らず、二枚リードの間に赤いプラスチックの板を挟んで、それに沿わせて?削るそうな。 へぇーーー! と懐かしのあの声を出しつつ、吹いている姿は見ていてもそういう場面に出くわすことが今のところそんなにないので、ちょっとした発見でした。 木管楽器で仲間とは言え、リードのないフルートからすると珍しいシーン。 生まれ変わったらファゴットかユーフォが吹きたい齋藤なのでした。

      3
      テーマ:

プロフィール

齋藤久美子

自己紹介:
埼玉県立大宮高等学校普通科卒業。 国立音楽大学演奏学科フルート専攻卒業。 ピアノを4歳、フル...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ランキング

総合ランキング
187118 位
総合月間
199432 位
音楽
2890 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。