はじめにお断りですが。。。

リブログさせていただいたままのタイトルですアセアセ

 

私は、スポンジケーキを焼くのがすごく苦手デス。

 

子供の誕生日にはケーキを焼きますが、

いつもシフォンケーキにデコレーションしています。

 

でも、三男がど~しても

「穴が開いてないやつがいい!!」というので・・・爆 笑

 

こちらのプロのお知恵を拝借して下矢印

 

久しぶりに挑戦しました。

ケーキクーラーの代わりに魚焼きグリルの網てへぺろ

こうなります(笑)

 

 

やっぱり。。。小麦粉がなじんでなかった・・・

中もこんなんショボーン

 

隠れるからいっか・・・

 

「るぅ」さん・・・せっかくのレシピを台無しにしてスミマセン・・・

 

 

 

これでも、今までで一番上手くできました。

 

お決まりのお風呂くまさん、また作りましたウインク

 

デコレーションも苦手。

雑な側面はたいてい写真に残さない・・・(笑)

 

頻繁に作らないと上達しませんね~

 

ちなみに、失敗したとしても、

ケーキは手作りに限る!!

 

卵3個 約30円

小麦粉・米粉合わせても50円ほど。

生クリーム320円

板チョコ4枚300円

イチゴ200円

バナナ1本30円

 

 

と、ちまちま計算してみても

1,000円もかからない。

 

ケーキ屋さんにはとうていかなわないけど、

誰も文句言わないしてへぺろ

 

中は2段で、イチゴとチョコバナナにしてみました。

 

2週間ぶりの読み聞かせでした。

 

毎度反応の良い2年生。

そこ、笑うトコ?みたいなチュー

 

 

「ぼく・わたし」

「わたし、てつぼうはにがて。でも、リボンはすてきにむすべるわ。」
「ぼく、むしにさされるのがだいきらい。でも、ちゅうしゃはがまんできる。」
・・・人によって、得意なことはさまざま。

自分のできる・できない、

みんなのできる・自分のできるなどが、

印象的なイラストで展開されてます。

「みんなちがって みんないい」

といった感じかな。

 

 

 

 

「プンプンぷんかちゃん」

 

プンとすぐにふくれるので、ふみかのあだなは“ぷんかちゃん”。

ひとりの方がおもしろいもん…。だけど本当は…?

心がじわっとあたたかくなる感動と共感のつまった絵本です。

 

 

 

 

昨日は、今年度最後の参観でした。

次男の教室。

次にこの教室に入るのは

卒業式の日・・・卒業証書

 

・・・。

「また明日、この続きで遊ぶからこのままにしちょってっ」

 

と言って寝ようとした三男。

 

なんか、サーカス団みたいなことして遊んでたみたいです笑い泣き

 

おいおいパー今から洗濯物干すんですけど?

 

でも、そんな理由じゃ納得してくれるオトコじゃないんですよっチュー

 

三男:「明日洗濯すればいいやん!」って正論言ってくる。

 

 

私:「写真撮っとくから、写真見て再現すればいいやんキラキラ

って、たったそれだけで、キーキー言わずに

 

「いーねえ!」って自分で写真撮ってましたよ・・・

 

 

こんなアップじゃー再現できんと母は思うんですけどね・・・

 

 

 

そのままでもいいよって言うときもあるんですてへぺろ

 

お片づけの習慣は付けさせたいけど、

こんな想像力あふれる?(笑)遊びだと

片付けるのもったいない気もしますもんね~ラブラブ

簡単に作れるのに見栄えのするポップオーバー。

 

スイーツにするだけでなく、

しっかりお食事にできますルンルン

サンドイッチの代わりにしちゃー場所を取るけど

見栄えする(笑)

 

 

材料(約8~9個分)

卵 3個

小麦粉 150g

牛乳 250cc

オリーブオイル 大3

塩 小1

砂糖 小1

 

たったこれだけキラキラ

 

(レシピは九州で放送される、

アサデスという番組で知りました)

 

 

 

①卵を全部溶く

②小麦粉以外の材料を入れ混ぜる

③小麦粉を入れる

 

型に流し込んで

 

200℃で約30分

 

 

シュークリームの皮みたいになります。

熱いうちにこのままでも美味しいですが、

 

 

冷ましてからサンドイッチみたいにしたり、

 

チョコとバナナ・イチゴ入れたり、

生クリームもプラスしたり

アイス入れたりと、

 

子供が「おお~っキラキラ」と

言ってくれる一品になりますルンルン

 

 

お誕生日にいかかでしょうウインク

押し入れにできたすき間。

すき間があると、ここに何を入れようかな~と

考えがちですが・・・

 

その場所で、誰が何をするか を考えて、

そこにふさわしいモノがなかった場合、

 

無理に何かを収納せず、

臨時のモノが入ってきた時の置き場所にすると

いいですよOK

 

 

「このすき間には、アレがちょうど良い」と

モノを基準に考えてしまうと、

動線は無視されてしまいます。

 

 

ちなみに、私が育った実家では

だいたいこういうすき間には

紙袋が「刺さって」いましたね~チュー

中学生にもなると、試験勉強に親が口を出さなくても?と

賛否あるかとは思いますが、

その子によりけり、親によりけりだと思います。

 

私の関わり方は、一問一答キラキラ

かなりオススメ上差し

 

いつもよりコミュニケーション取れてたりしててへぺろ

 

一人で黙々と勉強しているより

問題出されて、答えることで、記憶に残りやすいです。

 

それと、一番のメリットは、しっかり褒められることおねがい

できなかった問題ができるようになってくるからキラキラ

 

 

あわよくば、試験中にポワワ~ンと

おかんの顔が思い浮かんだりするかもしれないラブ

 

 

中学の勉強なんて教えられな~いパー

でも、問題なら、偉そうに出せる(笑)

 

やってると、私も一緒に覚えたりして音符(すぐ忘れるけどタラー

これから春にかけては、子供と一緒に
モノの整理をするのにもってこいの時期なんですよね。
 
「もうすぐ〇〇」って魔法の呪文がてへぺろ
 
もうすぐ〇年生だしね、と言うとちょっぴり
お兄さんお姉さんになった気分で
サクサクと動いてくれますルンルン
 
 
 
我が家は無駄に収納場所が多く、
それって実はやっかいなんですタラー
 
まだまだとっておこう、と思って
整理するのを後回しにしてきたおもちゃ・・・
 
今日は次男、三男と一緒に整理しました。
 
これはすべて、手放すモノですアセアセ
 
捨てるモノは、写真に撮っていませんが、
ゴミ袋1袋分ありました。
 
いかに後回しにしてきたか・・・・てへぺろアセアセ
 
 
この写真のものは、きれいだしまだ使えるモノばかり。
 
 
子供が一番よく分かる、モノの手放し方は
「トイ・ストーリー3」
 
あれは、子供のおもちゃ整理のバイブルキラキラ
 
次に使ってくれる人にあげた方が
おもちゃもその人も喜ぶよ、と
取っておくのが大切にしているってことではないと、
すぐに理解できます。
 
手前にある黄緑↑のは、
小3の復習用の教材です。
 
 
これらを、ブログを読んで下さっている方に
もろーてもらえたらいいなあと・・・
 
子供用の机もあります。
上の写真で取り忘れましたが、
しまじろうの兄妹もいます。
 
押し入れの中で、次のアンディーと出会えるのを
待っています。
facebookやLINEなどの繋がりのないかたは
 

とどけ!妻のオモイ!

テーマ:
夫はいつも、椅子に服を掛けます。
 
彼にとって、ここが一番動線がいいのでしょう。
次の日に着る服を、夜わざわざここにかけて
寝ています。
 
それは いいんです。
 
 
ただ・・・・お願いだから
カーディガンだけはやめてくれーーえーん
 
だって
 
 
 
こうなるからっゲッソリ
分かりますか??突起が2つもやもや
気になりだしたら落ち着かない(笑)
 
 
こういうのが、イヤだ。
ほんと、イヤだ。(笑)
「想像してごらんえー」と言いたくなります。
 
 
でもコレは、私のカーディガンじゃないし。
もう、口うるさいのはやめました。
 
だから私は今日も
こうします。片手でねてへぺろ
我が家の中1の息子、スマホはまだ持たせていません。
 
周りの友達は持っていて、
スマホゲームの話について行けないといいます。
 
似たようなことがあったのは、
小4の終わり頃、3DSを持っていないのが
とうとうクラスでたった一人になった時、
泣きながら、欲しいと訴えてきました。
 
その時はさすがに、今までよく我慢したと
買ってあげました。
 
 
スマホとなると、話は別で
みんなが持っているからといって
じゃあ買おうかってことには、なれないのです。
 
親としては、持たせておけば、
帰宅時間の心配などが減り、便利になるかもしれませんが、
 
使用時間やら姿勢やらのバトルが
避けられないことが目に見えているので
持たせようという気にはなれません。
 
買ってあげたらきっと喜ぶだろうけど・・・
それよりきっと、バトルになる。
スマホに時間を取られる。
 
 
こんな時代にいる息子が気の毒に思えてきますタラー
 
悩ましくて最近眉間のシワが増えました・・・
同じお悩みをお持ちの方、きっと多いですよねっショボーン
 
持たせている方の、メリットデメリットを
お聞かせいただけたら嬉しいですクローバー
山口県の給食人気メニュー
チキンチキンごぼう
 
鶏もも肉(小さめカット)とごぼうをカリッと揚げて、
ゆでた人参と枝豆とを(写真はインゲン代用)
 
甘辛いタレにからめたものです。
ボウルごとでスミマセン・・・
これも、てりたれがあれば
からめる前に、もう一度煮きって
さらにとろみを出して、ボウルで和えます。
 
 
 
もう一品
けんちょう
 
山口の郷土料理だそうですが、
よく給食に出ています。
 
どこかで食べたことがないので、
なんとなくこんなモノ、と言うことで・・・
 
生粋の山口の方のダメ出しよろしくおねがいしますキラキラ(笑)
 
 
いちょう切りの人参と大根を出汁で煮て、
豆腐を手でちぎって入れて
てりたれで味付け。
 
水分がなくなるまで煮る。
と思う(笑)
 
 
てりたれのおかげで、給食再現もオモイのまま!?
 
ちなみに、息子達に「給食のけんちょうってこんなの?」と聞いても
覚えてないそうです・・・そんなもんかなあタラー