終末期ケア、特に癌末期の方とのコミュニケーションは難しいものです。

人は必ず死にます。
死にゆく人の心は私たちは理解できません。
けれども、理解者であると感じてもらえることはできます。

励ましたり、わざとおどけて見せたりしてはいけません。

眠れないと訴える方に「昼間寝てたでしょう」とか
この先の不安を話す人に自分の周りのにもこんな人がいたけれど
「大丈夫」とか安易に話してはいけません。

反復、間、的確な質問でその方の話を傾聴しましょう。
安易に解決しようとせず、傾聴しましょう。

私にとって、その方の存在は大事であることを伝えましょう。

とても、難しいと感じますか?

ちゃんと、向き合い傾聴してみてくださいね。



AD



小さな時って噂話をしたのでしょうか?
大人の話を聞いて真似してみたり
時にはそれが残酷だったりすることもありますよね。


The human mouth door is unexpected erected
~人の口に戸は立てられない~
話がどんどん広がり原形さえもなくなる時があります。

普段から自分の信頼できる擁護者を作っておくといいですね。

所詮、噂話なんですが
それで思い悩むならばからしいですからね。

笑って過ごせる幸せな生活を送ろうじゃありませんか!

AD



札幌は確実に秋に向かって、朝晩は気温がぐんと下がります。

話し合いでも、会議でもいいのですが
わ~わ~言ったり
大きな声出したり
一人でしゃべりたがる人いますよね。

ファシリテーターや司会の進め方の問題もあると思うのですが

中には、何もかも無視して
大きな声で多弁な人が
良いプランを持っていることもないことがありますね。

問題なのは
会議が終わった後
しゃべらない、しゃべれない人が集まって
決まり事を全否定することですね。

さらに
会議の前から
「あの人うるさいから、黙ってうんうん言っておいて、やってもらえばいいのよ。」なんてね。

裏で、その人抜きで上手に事が運んでたりしてね。



ジェのグラム・エコマップのホームページ

無料書式

AD