アミノ酸の一種であるアスパラギン酸は女性にとって見逃せない栄養素。疲労回復はもちろん、美肌効果もあるんです。
新陳代謝も良くしてくれます。
さらに抗酸化作用のあるグルタオチンやビタミンA、肌荒れに効果的なビタミンB2やビタミンC、妊娠中には欠かせない葉酸も含まれており、女性にとってありがたい食材です。
穂先に含まれているルチンは、毛細血管を強くし、動脈硬化の予防に効くと言われています。
コバルトや微量の鉄分なども含んでいるので、貧血にも良いそうですよ。

アスパラガスでダイエットとアンチエイジング手に入れちゃいましょ!

AD

人参ダイエット♪

テーマ:



うさぎや、馬が好んで食べると言われている人参ですが
うちのうさぎはそのままだとあまり食べてくれませんでしたが
最近は年のせいかすりおろすと食べてくれるようです。
この人参さん、実はこんなにすごいんですよ。
ダイエット中のあなたの素晴らしい味方になってくれることうけあいです。
さらにリバウンドしにくし、美肌効果も満載です。

人参の栄養面では、緑黄色野菜の特徴であるカロテンの多さが特長の一つです。
にんじんのカロテンをビタミンAに換算すると、100g中4100IUもあり 、これは、1日の成人男子の必要量の2倍以上です。
しかもカロテンは、生で食べるよりボイ ルしたり、油で調理した場合のほうが、ずっと吸収率がよくなるという利点がありま す。
ビタミン摂取は生にかぎると、せっせとにんじんサラダを食べている人は、考え方を切り替えたほうがいいかもしれません。
また、カロテンは皮の部分に多く含まれてい ますので、なるべく皮は捨てずに利用したいものです。
にんじん特有の甘みは、蔗糖とブドウ糖が含有されているからです。
カロチンのほかにもビ タミン類は、B1、B2、Cを少量含み、ミネラル類のカリウム、鉄、リンも豊富に含まれています。
このうち、カリウムは余分な塩分を排出して、血管の内と外の浸透圧を調節することで血圧を安定させ、 一方の食物繊維には便通を良くして、腸内の発ガン物質など有害物を体外へ出す働きがあります。
ただ、ビタミンCを酸化させる酵素アスコルビナーゼを含んでいるので、大根おろしとまぜたりすると、 せ っかくの大根のビタミンCが破壊されてしまうので注意しましょう。
根だけでなく、葉の部分にも栄養素が豊富に含まれています。 たんぱく質は根の3倍、カルシウムは根の5倍、 脂質、含水炭素、鉄分などいずれも根より葉のほうが豊富に含まれています。
今日からあなたも人参美人めざしましょう♪
AD


抗菌作用大腸菌や黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ菌などの食中毒のもととなる菌の増殖を抑える働きがあります。

抗虫効果・・・鯖などの魚介類の寄生虫を抑えます。そういう意味でも、刺身にワサビは付きものなんですね。

がん予防効果・・・色々な焦げががんの原因になるとされていますが、ワサビにはこの焦げ物質を分解する働きがある事から、がん予防の一助となるとされています。

血栓予防効果・・・血液中の血小板の凝集を抑制し血栓の予防効果があるそうです。

わさびに含まれる「6-MITC」(6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート)と呼ばれる成分は、体内に取り込んだ異物の解毒を促進し身体の外へ排出しやすい形に変換させる効果があることがわかっています。

さらに、化学物質や紫外線、放射能、電磁波などの物理的な要因による、DNAや染色体細胞の突然変異(変異原性)を抑制する効果も報告されています。

また、西洋わさびなどのわさび類は、酸化の原因物質を無毒化し、活性酸素を抑える「ペルオキシダーゼ」という酵素を含んでいます。

もともと人間の細胞には、活性酸素と戦う「グルタチオン」という物質を備えていますが、グルタチオンは加齢とともに減少するもの

しかし6-MITCは、細胞内のグルタチオンの生成を活性化するため、アンチエイジングの効果も高いとされています。

ダイエット中はさまざまな栄養が不足しやすく、何かとストレスをためてしまいがちですが、わさびを摂ることで、活性酸素を抑制する抗酸化作用も期待できるため、効率よくダイエットを進めることができるはずです。



AD