温泉×酒÷音楽≒テディ熊谷

サックスやフルートを吹いてるテディ熊谷のブログです。今までこっそりと温泉日記・酒日記を書いてきたのを公開することにしました。もちろん音楽のことその他も随時に。

NEW !
テーマ:

七里川温泉から移動し向かったのは、同じ君津市にある立寄り施設。

千葉の中でも源泉の魅力と湯使いの良さで定評のある濃溝温泉「千寿の湯」

 

 

笹川のほとりから自然湧出する源泉を使用した立寄り施設である。

 

 

駐車場スペースも広く、君津市の中でもかなり奥のエリアのわりには訪れる人も多い。

濃溝の滝」の駐車スペースなのかな。

美しい滝の見学をセットにするのが基本なのだろうけど、我々は湯のみなのである(^^ゞ

 

 

瀟洒な建物と濃溝という名のギャップがユニーク。

 

 

濃溝温泉 「千寿の湯」

 

 

 

<のうみぞおんせん>と建物にふりがながふってありますなニコニコ

 

 

入浴料は1000円と、立寄りのみの施設としてはなかなかの料金。

滝をメインに訪れた人が気軽に寄るにはキビシイのではと思わせる。

我々もまあ仕方ないので漱石を支払う。

 

 

自然湧出の冷鉱泉を加温のみでかけ流していることで評判なのだが、壁の「源泉かけ流し」の文字と下の写真その他はあまり関係がなかった。

 

 

我々は利用しなかったが、休憩室もあり、料金内で使用できるようだ。

 

 

けっして広くない浴場に、あいにく先客が数人。

よって浴場内の写真は湯口以外ほぼ撮れず。

 

とは言え浴槽の状況をお伝えしたいので、サイトから写真を拝借…サムネイルぐらいのサイズなのはあしからず。

 

※サイトより拝借

 

浴槽は数人入ればいっぱいの規模。

男女ともこのレベルの浴槽のみで、露天風呂もない。

湧出量が22リットル/分なので無理をしないことは評価できる。

しかしそれにしては料金が・・・(^_^;)

 

 

僅かに黄褐色がかった透明の源泉は、源泉名「濃溝温泉 千寿の湯」。

源泉温度15.7℃pH8.5成分総計0.763g/kg

重炭酸そうだの値で温泉法の温泉となる。

 

 

仄かなタマゴ臭淡いモール臭がある。

淡いタマゴ味淡い甘味を感じた。

 

源泉は湯口から湯の樋を通って浴槽へまんべんなく注がれる。

 

 

↑わかりにくい写真でスミマセン。

 

 

加温しているが、細かな泡付きが多量にあるのが素晴らしいにひひ

ツルスベ感もしっかりニコニコ

炭酸水素イオンは350.8mg、炭酸イオンは18mgだが、数値以上にステキな湯であることは間違いない。

料金は高いが(しつこい)、貸切状態でまたゆっくり入りたいと思わせる湯だ。

 

建物の前に入浴した人は自由に持って帰れる源泉が出る蛇口があった。

 

 

非加熱源泉はこちらでしっかり味わえる。

入浴者に限り、ペットボトルなどで自由に汲んでいってもOKだ。

 

この非加熱源泉のままに入れる浴槽が小さくてもあれば、まさに完璧。

湧出量が少ないので難しいだろうが、それならこの料金でもしっかり納得できるんだけどなにひひ

 

 

 

濃溝温泉 「千寿の湯」


千葉県君津市笹1954-17
0439-39-3791
入浴料 1000円

 

重炭酸そうだの値で温泉法の温泉

15.7度

pH8.5
成分総計 0.763g/kg

22リットル/分 (自然湧出)

微黄褐色透明

微タマゴ臭、淡モール臭あり

淡タマゴ味、淡甘味あり

しっかりしたツルスベ感あり

細かな泡付き多量あり

加温かけ流し


2016年2月入湯
※数値はH12の分析表より

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

養老温泉「天龍荘」1軒だけの立寄りとし、君津市へ移動。

房総半島で珍しい硫黄泉を湧出するという、七里川温泉へ向かった。

 

 

宿泊のできる一軒宿である。

 

 

駐車場にはそれなりに車があり、人気の施設なのである。

 

 

七里川温泉

 

 

 

千葉で「天然硫黄」と名打ってる温泉があると知ったときはちょっと驚いた。

 

 

ユニークなフロント。

立寄り入浴料は800円と、千葉では標準料金。

 

こちら七里川温泉、もちろん温泉がメインなのだが、いろりの宿というのも売りなのだ。

 

 

館内には「いろり亭」という食事処がある。

 

 

壁に掲げてあるメニューは、一般温泉施設では考えられない豊富さニコニコ

 

 

酒を飲まずしてこういったものを楽しめる自信がないので、残念ながらスルー。

 

 

ああ、楽しそうだ。

 

 

勝浦の地酒「腰古井」か、あああ。

 

気を取り直し(^^ゞ、浴場へ。

 

 

浴場へは廊下を進み、階段を少し上がったところにある。

 

 

何とも頼もしい字面にひひ

 

 

浴場は男女別に、そろぞれ内湯と露天風呂。

男女は入れ替わり制。

露天風呂は大きなものが1つの浴場と、それよりは小さい浴場が2つのパターンがあるようだ(違っていたらスミマセン)。

 

 

駐車場の状況で予想できたが、先客が何人か。

まあ仕方ないと腹をくくるが、先客以前に我々に立ちはだかるものがあった。

またしても、湯気である(^_^;)

 

 

載せるレベルには到底ない写真であることをお許しくだされm(_ _ )m

視界は真っ白、ホワイトアウトだ(^_^;)

 

 

洗い場を撮ってみた↑が、何のことやら・・・(^^ゞ

 

 

無色透明の源泉は源泉名はそのまま「七里川温泉」。

源泉温度16℃の、総硫黄とメタケイ酸と炭酸水素ナトリウムの項で温泉法の温泉に適合している。

成分総計は0.69g/kg

総硫黄は硫化水素イオンが1.1mg、チオ硫酸イオンが0.5mg、リン酸水素イオンが0.2mg、遊離硫化水素が0.2mgの計2.0mg。

pHは表記が無かったが、中性から弱アルカリ性のようだ。

当然加温しているが、かけ流しにて使用されていた。

加水も消毒も無し。

 

 

2か所ある湯口からの源泉は、浴槽の規模からすると投入量は決して多くはないものの、ややコクのあるタマゴ臭はしっかりある。

 

 

くっきりややコクのタマゴ味が美味しい。

 

 

硫黄泉らしいスベスベ感もしっかりあったニコニコ

 

露天風呂エリアへ。

常時入浴者がいて、写真はこれだけ。

 

 

ここで使用されていた源泉は内湯の硫黄泉ではなかった。

井戸水を加温して使用しているとのことだが、僅かに黄色がかった透明

タマゴ臭は全く無いが、僅かな鉱物風味僅かなほろ苦味があり、小さな黒い湯の花もある。

加温かけ流しであり、スベスベ感もしっかり

別源泉ととらえてよいレベルだにひひ

 

建物の入口には非加熱源泉がそのまま味わえる飲泉所がある。

 

 

硫黄泉らしい白い湯の花が美しい。

 

 

タマゴ風味がよりくっきりにひひ

 

次は君津市でもう1湯、非黒湯を。

 

 

 

七里川温泉


千葉県君津市黄和田畑921
0439-39-3211
立寄り入浴料 800円

 

総硫黄とメタケイ酸と炭酸水素ナトリウムの項で温泉法の温泉

16度
成分総計 0.69g/kg

無色透明

ややコクのあるタマゴ臭あり

ややコクのあるタマゴ味あり

しっかりしたスベスベ感あり

加温かけ流し

露天風呂は微黄色透明、微鉱物風味、スベスベ感、黒い湯の花を持つ鉱泉を加温かけ流し


2016年2月入湯
※数値はH17の分析表より

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

勝浦つるんつるん温泉の後、ご当地グルメである勝浦タンタンメンを食べたかったのだが、どの店もまだ営業前とかで時間が合わないしょぼん

断腸の思いでエリアを移動、房総半島最大の温泉郷、養老温泉へ向かう。

 

養老温泉は市原市と夷隅郡に跨って養老川沿いに宿が並ぶ。

元々は天然ガスの湧出によるガス利用が先で、源泉は副産物のような感じだったらしい。

やはり温度は無いのだがほとんどが黒湯系。

透明な湯が湧出している宿もある。

ブログを始めるずっと前に立寄った「滝見苑」は透明な湯だったなぁ。

 

事前調査は全くせず、メイン通りをブラブラ。

とある宿は休業で入れず、目にしたのはこの看板。

 

 

立寄り入浴はなかなかの料金だが、千葉としては普通レベル。

 

 

この「天龍荘」にしてみよう。

 

 

養老温泉 「天龍荘」

 

 

 

訪れたのは10時過ぎだったが、立寄り入浴OKとのこと。

 

 

ではお邪魔します。

 

 

立寄り入浴料は800円

部屋は10室と大きな宿ではないが、フロントは広々していた。

 

 

浴場は階段を少し上がる。

 

 

浴場は男女別の内湯が1つずつ。

浴場・浴槽の大きさは違い、男湯の方が広い。

 

では浴場内へ。

 

 

構造はシンプルで、浴槽も数人が入れそうなものが1つ。

 

 

洗い場の広さも浴槽に見合ったレベル。

シャワー付きカランが並ぶ。

 

 

敷地内に湧出する自家源泉を使用しているが、源泉名はシンプルに「養老温泉」。

各宿で名前に差別化をあまりしてないようだ。

源泉温度15.4℃pH8.2ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉を加温・循環して使用。

成分総計は2.05g/kg

湧出量は掘削自噴23.3リットル/分

 

このように加温・循環使用であるが、浴槽に向かうカランが2つ。

 

 

こちらからはセルフで非加熱源泉加温源泉を自由に足せる。

 

 

源泉は淡めの黒褐色透明~浴槽内でややささ濁りしている。

アンモニア臭ヨード臭モール臭を感じた。

千葉の源泉でアンモニア臭をちゃんと感じたのはここが初めて。

甘味淡い塩味淡いヨード味がある。

消毒の嫌な塩素臭は無い。

 

シャワーを捻ると源泉であった。

 

 

カランももちろん源泉。

 

 

湧出量を考えるとなかなか贅沢である。

 

カランから溜めた源泉を再び観察。

 

 

茶色の湯の花がしっかり観察できる。

かなり源泉をそのまま浴場に供給されていることが分かる。

 

 

では再び浴槽へ。

浴槽のカラン、非加熱の方を優先的に開放にひひ

 

 

オーバーフローも確認でき、かけ流し気分を味わえた。

 

 

そしてツルスベ感はしっかりニコニコ

炭酸水素イオンは911.1mgと総計の半分近い。

炭酸イオンの数値は新しい分析表には載ってなかった。

 

源泉にかなり魅力を感じた我々。

ご主人に頼んで源泉井を観察させてもらった。

 

 

井戸が2つ。

奥のタンク状のものは源泉を溜めているのか、または天然ガス関連のものか。

 

 

源泉井では浴場の非加熱源泉で感じた風味にプラスしてタマゴ臭をしっかり感知できた。

 

 

そしてこの泡である。

天然ガス(メタンガス?)の湧出もしっかり見て取れる。

このガスによって自噴するのだ。

 

事前調査無しで立寄った「天龍荘」、しっかり源泉そのものに触れることができ、思っていた以上に満足できたのであったにひひ

 

 

 

養老温泉 「天龍荘」


千葉県夷隅郡大多喜町葛藤163
0470-85-0311
立寄り入浴料 800円

 

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 (弱アルカリ性・低張性・冷鉱泉)

15.4度
pH8.2
成分総計 2.05g/kg

23.3リットル/分 (掘削自噴)

淡黒褐色透明~ささ濁り

アンモニア臭、モール臭、ヨード臭あり

源泉井でさらにタマゴ臭もあり

甘味、淡塩味、淡ヨード味あり

茶色の湯の花あり

しっかりしたツルスベ感あり

加温循環

カランより源泉を自由に投入可


2016年2月入湯
※数値はH21の分析表より

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

飯岡温泉「グロリア九十九里浜」で一泊し、朝から勝浦までひた走る。

これまた遠いのでした(^^ゞ

途中見かけた酒蔵に思い付きで寄り道をしたとは言え、やはり飯岡温泉が特に離れていたんですなぁ、今回の行程では。

 

7時前に宿を出て向かったのは、朝8時半から営業している「勝浦つるんつるん温泉」。

開店ダッシュするつもりが着いたのは9時過ぎ(^_^;)

 

 

こうなったらまあゆっくり攻めましょう。

 

 

勝浦つるんつるん温泉

 

 

 

それにしても思い切ったネーミング。

おかげで看板はちょっとカワイイニコニコ

以前は単に「勝浦温泉」とだけ名乗っていた。

 

 

立寄り入浴料は800円

勝手に日帰り施設だと思っていたら、宿泊もできるらしい。

また直営のオートキャンプ場もあるそうだ。

 

カウンターに雛人形があるなと思ったら、別の場所にドーン!!

 

 

雛人形は立春から飾ると聞いたが、この日は立春の前日、節分。

その辺の細かいことはよく分からないが、そういう気分にさせてくれた。

 

建物を進むと、広間がある。

 

 

立寄りでもここで休憩しながらお茶を飲める。

 

 

それでは浴場エリアへ。

 

 

少し前までは内湯と露天の2浴槽だったようだが、我々が訪れたときは改装されたのか違っていた。

他に別料金だが立寄りでも入れる貸切風呂もある。

 

 

運よく我々だけの貸切状態で入れたにひひ

 

 

またもや湯気が目の前に立ちはだかるが、朝日がある分、なんとか写る。

ピカピカの浴場は10人近くは入れそうな大きな浴槽が1つ。

 

 

露天風呂は無いが窓が大きいため開放感はある。

 

 

コの字型の洗い場はしっかりとしたスペースがとられていた。

 

 

使用される源泉は源泉名「勝浦温泉」。

敷地内から湧出する自家源泉だ。

源泉温度18.2℃pH8.33ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

成分総計は3.527g/kgの冷鉱泉を、加温循環・塩素消毒あり。

 

 

湯口からの投入は外からよく確認できない。

循環併用かけ流しかどうかメモに無いが、朝早めだったから湯の状態は悪くなかった。

湧出量が2.5リットル/分と少ないので、常時かけ流しは無理なのであろう。

 

 

色は紅茶色透明

モール泉である。

 

 

淡いヨード臭モール臭、そして残念ながら消毒の淡い塩素臭がする。

淡い塩味僅かなヨード味淡い甘味を感じた。

 

 

塩素を感じたりして残念なところもありながら、しかし大いなる特徴もある。

その名の通り、つるんつるんなのだにひひ

 

 

炭酸水素イオンが906.9mgあるが、何より炭酸イオンが101.3mgと100越えにひひ

しっかりニュルトロ系の湯であった。

 

 

 

勝浦つるんつるん温泉


千葉県勝浦市松野1143
0470-77-0311
立寄り入浴料 800円

 

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 (弱アルカリ性・低張性・冷鉱泉)

18.2度
pH8.33
成分総計 3.527g/kg

2.5リットル/分 (動力揚湯)

紅茶色透明
モール臭、淡ヨード臭、消毒の淡塩素臭あり

淡塩味、淡甘味、微ヨード味あり

強力なニュルトロ感あり

加温循環・塩素イン


2016年2月入湯
※数値はH24の分析表より

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

亀岡温泉ホテルを堪能した後は、この日の宿のある九十九里浜沿いの旭市へ移動。

旭市の温泉は久しぶり(以前はこちら)。

これが思っていた以上に時間がかかった(^^ゞ

距離も相当にあり、湯巡りとしてはかなり無駄のある動きだ。

相変わらずツメの甘い計画である(^_^;)

途中、ラーメン屋で食事をした時間もあったが、目的地「飯岡温泉 グロリア九十九里浜」に着いたのは21時半頃。

当然真っ暗だったので、以後写真は翌朝に撮ったものと混在します。

 

 

以前は別の名前の宿泊施設だったが、平成18年に今の会社が引き継いでこの名前に。

↑の写真の右側を進むと入口がある↓。

 

 

立寄り入浴もやっているが、基本的にはビジネスホテルである。

 

 

飯岡温泉 「グロリア九十九里浜」

 

 

 

飯岡の海からも近いのだが、まずは暗くてよく分からない。

 

 

今回2人でベッド2台のワンルームタイプを借り、素泊まり3000円/人

3~4人部屋だと1人当たりはもっと安くなる。

この料金と、自家源泉であることがこの宿にした決め手であったにひひ

ちなみに立寄り入浴だと800円

 

 

しかし、入浴できる時間が…うわ、22時までだショック!

すでに終了まで30分を切っている…危なかったビックリマーク

しかも朝風呂はやってないしょぼん

ここまで来て温泉を逃したら意味がないので、浴場へ急いだ。

 

 

浴場は広くはないが、男女別に内湯と露天風呂がある。

 

 

当然終了間際に入りに来る宿泊客が何人か居た。

こうなれば終了しきるまで粘り作戦にひひ

 

 

浴場内は…またもや湯気で真っ白。

どうにもならないレベル(^_^;)

シャワーの使用が多いと湯気が溜まるんですよね~。

 

とりあえず浴槽に近づいてみる。

 

 

3~4人用の浴槽が幅一杯に備え付けられている。

窓の外の露天風呂はこの浴槽の中なり縁なりを通らないと行けない構造だ。

 

 

洗い場はしっかり大浴場設備で、浴槽の広さに比べて洗い場は広い。

ちなみに建物の上階には温泉ではないがシャワー設備があるようだ。

 

 

源泉の詳細な分析表は見当たらなかった。

源泉温度17度、pH8.6のアルカリ性のナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉を加温・循環して使用している。

先述したように、敷地内から湧出している自家源泉だ。

 

 

オーバーフローは残念ながらあまり見られないが、浴槽の縁には源泉由来の沈着らしき模様が見受けられる。

 

 

嬉しいのは浴槽のカランを捻ると非加熱の源泉を自由に注ぐことができるのだニコニコ

これゆえ加温循環併用かけ流しと言ってもよいであろう。

塩素消毒はしているようだがが、嫌な消毒臭はしなかった。

 

源泉は僅かなヨード臭モール臭、そして芳しいタマゴ臭もあるにひひ

しっかりとしたタマゴ味、重曹泉でモール泉らしい強めの甘味ごく僅かだが金気味もあった。

 

 

透明度は15㎝ほどだが、黒が強めの黒褐色

 

 

しっかりとしたスベスベ感が心地よいニコニコ

非加熱源泉をカランから注ぎまくっていると当然湯温は下がってくるが、ラストの客だからよいであろうにひひ

 

 

この写真↑の手前側のガラス戸を開けると露天風呂に出られる。

 

露天風呂はフラッシュを焚かないと写せなかった。

 

 

せいぜい2人までのサイズ。

内湯みたいにカランは無い。

浴槽内で内湯と繋がっているようだ。

 

 

源泉投入が自由にできる内湯の方が当然鮮度はよくなる。

ただ湯気で蒸されれた状態から解放され、海の香りを含んだ夜風を当たりながら浸かるのはやはり気持ち良い。

 

 

日中ならこの壁の向こうに海が見えるはずだ。

 

宿泊したわりに湯に入れる時間が少なかったのが少々残念だったが(朝風呂に入りたかった)、加温循環ながらやはり源泉そのものの魅力もしっかり味わえたのは良かった。

別の飯岡温泉の源泉もいずれチェックしに行かねば。

 

 

 

飯岡温泉 「グロリア九十九里浜」

千葉県君旭市下永井809-67
0479-50-5522
素泊まり 2人の場合は3000円/人 (立寄り入浴 800円)

 

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 (アルカリ性・低張性・低温泉)

17度
pH8.6
成分総計 1.041g/kg

黒褐色15㎝
モール臭、タマゴ臭、微ヨード臭あり

しっかりタマゴ味、強めの甘味あり

しっかりとしたスベスベ感あり

加温循環

内湯で非加熱源泉を自由に投入可


2016年2月入湯
※数値はH18の分析表より

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。