温泉×酒÷音楽≒テディ熊谷

サックスやフルートを吹いてるテディ熊谷のブログです。今までこっそりと温泉日記・酒日記を書いてきたのを公開することにしました。もちろん音楽のことその他も随時に。


テーマ:

出石の皿そばを平らげた後に駐車場に戻ってきたら、すぐ近くに気になる建物を発見。

手づくりハムなどの加工肉製品の販売所のようだが、右にある「揚げたてコロッケ・トンカツ・メンチカツ」の文字が気になるにひひ

 

 

もうちょっと何か食べたい我々は、その場でつくる揚げ物をテイクアウトでもするかということにニコニコ

 

 

但馬の郷

 

 

 

店内の隅に「できたて工房」と言うのがあり、順番に注文を聞いて揚げていく。

幟のメンチカツが決めてとなりにひひメンチカツ125円と1つずつ。

 

待つこと10分ほど、熱々のメンチカツがやってきた。

 

 

手のひら大のサイズのそれは、見た目はちょっといびつで、まあ普通。

 

 

とりあえず混んでいる店内を出て、外の看板前へ。

それではひとくち。

齧った食べさしの写真が続きます、苦手な人はスミマセンm(_ _ )m

 

 

さすが肉加工製品を販売するだけあって、肉の旨味はしっかり。

揚げ方も当然サクサクで、これは旨いぞと思っていたら・・・。

 

 

ものすごい肉汁ビックリマークにひひ

小籠包を食べるぐらいのスープ量。

こんなに肉汁に満ちたメンチカツは初めてであるニコニコ

こぼれ出る熱い肉汁にハフハフ叫びながら、至福の125円を味わったにひひ

 

 

 

但馬の郷

 

兵庫県豊岡市出石町鉄砲19-1

0796-52-2111

9:30~18:00
木曜日定休


2017年1月入店

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

出石温泉「湯元館」になかなか満足できた我々は、出発が遅かったためすでにお昼時を迎えていた。

三が日明けの出石の目抜き通りは観光客でなかなかの混雑。

せっかくだから出石そばを食べたい。

ところが出石そばの店は、の界隈で50軒ほどあり、リサーチとかしてこなかったのでどこに入るべきか判断できない(^^ゞ

とりあえず公共の駐車場に車をとめ、徒歩で何となく街並みを歩く。

目に入ったのがこちら。

 

 

ここにしようか。

むむ、駐車場が1台分空いてた(^_^;)

 

 

そば処 桂

 

 

 

出石そば自体も久しぶりだ。

基本的にこの出石地方以外で店を見たことが無いが、全国的にはどうだろう、あまり知られてないのか。

こぶりな皿に2~3口分の蕎麦を載せ、それが基本5皿で一人前なのが普通の状況のようである。

予め薬味も用意され、好みに応じて薬味を追加していくような感じ。

蕎麦が分けて出されるのは出雲そばにも似ているが、あちらはぶっかけスタイル。

出石そばも以前はぶっかけだったようだが、今はそば猪口にいれたつゆに浸して食べる。

 

 

座敷テーブルに通されしばらくすると店内も一時的に落ち着いてきた。

 

 

車移動なので酒関係は無し。

左ページの出石皿そば850円をとりあえずそれぞれ一人前ずつ。

 

 

メニューの後半には「おいしい出石皿そばの食べ方」が載っていたが、至極当たり前のことしか書いてない。

「出石皿そばには、基本的な食べ方は御座いません」…なのだそうだ。

 

 

そう言うわけでこれ↑は日本酒と大き目猪口ではなく、そばつゆとそば猪口。

つゆ自体は江戸前ほどの濃さはなく、どぼっとつけて辛すぎるってことはない。

かえしよりかつおの風味がしっかり香る、関西のつゆ。

 

 

二人分が大きな盆に一緒にのせられて運ばれてきた。

手前の薬味にはとろろが写ってない。

玉子はうずらのそれではなく、しっかり鶏卵。

蕎麦は十割ではないが、風味もコシも程よくあり、美味しい。

当然一人5枚では足りなく、と言って腹いっぱいにする感じでもないと思い、とりあえず3皿ずつ追加。

 

 

8皿、ごちそうさまでしたニコニコ

 

次は出石の食べ物ネタ、もう一つ。

 

 

 

そば処 桂

 

兵庫県豊岡市出石町宵田104

0796-20-6021

10:30~17:00
木曜日定休(祝日の場合は営業) 盆・正月は営業
無料駐車場有


2017年1月入店

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年11月も半ば、年末の声も色々聴こえてきているものの、マイペースな湯記事はスミマセン、まだ2017年1月ネタ(^^ゞ

正月の三が日明けにお馴染みの湯友と二人でユル~く廻った兵庫の湯シリーズを少々。

 

向かったのは但馬の城下町でも知られる出石。

個人的にはかなり久しぶりの来訪だ。

皿そばを出す出石そばでも有名だが、それは後程。

まずは湯を目指す。

 

出石温泉には「乙女の湯」という大きな日帰り施設があるが、そちらはスルー。

同じ源泉を使う湯元の「湯元館」へ。

 

 

やはり古風な逆さクラゲのこの看板にグッと来ないで何が湯ヲタかにひひ

 

 

建造物にも大きな温泉マーク。

条件反射的に近寄るのであったにひひ

 

 

この建物はあくまで浴場の施設だが、向かいにある「ウィンブルドン」という宿泊施設に泊まれば、1泊2食付き5500円でこの湯元館の湯に入り放題らしい。

我々は立寄り利用である。

利用は11時から。

 

 

出石温泉 湯元館

 

 

 

正月のしめ飾りもりりしい看板には徳川の湯と称されている。

とは言え、江戸時代からの湯ではなさそうだ(^_^;)

 

 

入浴料は300円

兵庫県の立寄り施設としては、破格の安さであるニコニコ

しかも露天風呂もあるのだ。

 

では2017年の初湯(温泉)を目指し、浴場へ。

 

 

ウッディな館内は、なかなか新しい。

 

 

正月の湯を楽しむ先客が何人か。

 

 

回数券を買うと…なんと1回200円。

地元の人がうらやましいぞ。

 

まずは内湯から。

 

 

数人以上がゆったり浸かれる浴槽が奥に1つ。

2面に窓があり、開放感がある。

 

 

窓から見える庭園もなかなかの趣き。

 

 

両サイドにある洗い場はシャワー完備。

 

 

ごく僅かに黄色がかった透明の源泉は、源泉名がそのまま「出石温泉」。

源泉温度30.3度pH8.56アルカリ性の、ナトリウム-炭酸水素塩泉

純重曹泉である。

成分総計は1.051g/kg

湧出量は掘削・動力揚湯で280リットル/分ある。

 

浴槽縁の排湯孔↓。

 

 

加温してのかけ流し使用だ。

 

 

香りにあまり特徴は無いが、重曹泉によくある土や草の感じさせる生っぽいニュアンスが少しある。

重曹泉らしい甘味と、ごく僅かな塩味を感じた。

 

 

重曹泉らしいしっかりとしたツルスベ感があるにひひ

ちなみに炭酸水素イオンは488mg、炭酸イオンは13.4mg。

これらとアルカリ性が合わさってのツルスベ感であろう。

糸状や綿状の、黒や灰色の湯の花が多数舞っていた。

ただし髪の毛も多く、営業開始してからさほど経ってないのに湯の管理(掃除)は今一つ。

 

次に露天風呂へ。

 

 

広々としており、寛げる雰囲気だ。

使用源泉は同じ。

 

 

こちらでは徳川吉宗の湯と命名されているが、さらに由来は不明(^^ゞ

そして手前のお地蔵さんをよくご覧あれ。

タイガーズの帽子をかぶっているにひひ

 

 

よい塩梅に加温されており、源泉の印象は内湯とほぼ同じ。

 

 

加温してのかけ流しである。

 

 

嫌な消毒臭などもない。

 

 

浴感もしっかりツルスベは同じく、しょっぱなからお肌スベスベニコニコ

 

 

おっさん二人、ゴキゲンな初湯を堪能した。

 

 

 

出石温泉 湯元館


兵庫県豊岡市出石町福住1217-1

0796-52-2871

入浴料 300円

 

<源泉:出石温泉>
ナトリウム-炭酸水素塩泉
(アルカリ性・低張性・低温泉)
30.3度

pH8.56
成分総計 1.051g/kg
微々黄色透明

ほぼ無臭~微生臭あり

甘味、微塩味あり
黒や灰色の湯の花多数
しっかりとしたツルスベ感あり
加温かけ流し

2017年1月入湯

※数値はH21の分析表より

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


 

今年の音泉温楽が近くなってまいりました。

以前告知したときよりも、出演者が増えております。

そしてチケットが残り僅かとなっているそうです。

検討されている方、早めにお求めくださいませ音譜

 

以下はオフィシャル告知より。

 

 

【12月9日(土)~10日(日)音泉温楽2017・冬 信州長野・渋温泉『金具屋』】
いよいよ開催まで一ヶ月を切ってまいりました。
2009年の開催から9年目となる今年、
「音泉温楽」ロゴデザインをリニューアルしました。

http://www.onsen-ongaku.com/shibu2017

<チケット>
音泉温楽商店

http://shop.onsen-ongaku.com/
BASE(会場取り置きのみ)
https://onsenongaku.thebase.in/
チケット、残りわずかとなっております!
チケットをお買い求めの方は、下記などご参考に、渋温泉内の宿泊施設も合わせてお早めにご予約ください。

http://search.shibuonsen.net/facilities/facility_list/
東京から渋温泉までの往復バスチケットも販売中です!
http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp

【イベント概要】
音泉温楽2017・冬 信州長野・渋温泉『金具屋』
2017年 12月9日(土)~10日(日)
長野県山ノ内町渋温泉@金具屋全館
(〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町平穏2202)

<出演>
中村一義(Acoustic set)
DE DE MOUSE
前野健太
Sugar's Campaign
小島麻由美
柴田聡子
カジヒデキ
Alfred Beach Sandal 
サワサキヨシヒロ and NGEO(Naturally Gushing Electric Orchestra)

<サブステージDJ>
サワサキヨシヒロ
ゆけむりDJs
DJ CARP
J.A.G.U.A.R.
Nachu
isseiujiie
DRAMATICBOYS
DJ加賀温泉 feat. Yun*chi

<スケジュール予定>
■9日14:00開場 15:00開演~22:30終了
(17:30~19:30夕食休憩)
■10日11:00開場~14:30終了
※時間は変更となる場合がございます。ご了承ください。
【300名様限定のプレミアム開催】

<チケット>
音泉温楽商店

http://shop.onsen-ongaku.com/
BASE(会場取り置きのみ)
https://onsenongaku.thebase.in/
オフィシャルHP:http://onsen-ongaku.com/
Mail:info@onsen-ongaku.com

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ライブ告知を1つ。

 

9月に開催して好評だった渋谷「Li-Po」でのBalkan Gypsy Musicのライブ

来る12/3に同じく「Li-Po」にて、今回はベリーダンサーを迎えて再びライブがあります。

そのダンサーは茉莉花

 

 

皆さん主体のダンスタイムもしっかりとった、忘年会的に盛り上がろうというライブです。

踊りたい方も音楽を聴きたい方もショーを観たい方も、皆さんお誘いあわせの上、お越しくださいませ~音譜

 

 

『BALKAN GYPSY MUSIC LIVE & BELLY DANCE』
12月3日(日)@渋谷「Li-Po」

http://li-po.jp/
渋谷区渋谷3-22-11サンクスプライムビル4F-A
JR渋谷駅東口より徒歩3分。新南口より徒歩2分。東急東横線、地下鉄半蔵門線・副都心線渋谷駅は出口「16ーB」より徒歩2分。
03-6661-2200

Open/16:00~ 
Show/17:00~ 
Charge/¥2800+order

アフメット伊藤 / ダルブッカ、ヴォーカル
佐々木憲 / アコーディオン
テディ熊谷 / サクセロ
茉莉花 / ベリーダンス

☆ご予約はLi-Poまでお願いします。
03-6661-2200

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。