30代での働き方

テーマ:

昨日のWBS、結構面白かった。

私は人事やっているもんで(いろんなこと兼任させられているの)、興味シンシンで拝聴しましたよ。

お話はリクルート総研(?)の大久保さんというお方。


現代社会で会社人として求められる資質(要はemployabilityのことね)は以下の3つ


1. コミュニケーション能力

2. 対自己能力

3. 問題解決能力


1.については言うまでもないが、これが一番大事。

つまり自分の思っていることを相手に納得させ、事を動かしていくためには必須項目なのだ。自分の頭の中でぐちゃぐちゃ考えているだけじゃ意味なし(どんなすんばらしいことでも)。

学校の勉強はぐちゃぐちゃ考えているだけでいいわけだったわけですが、周りの人間を巻き込んで事を動かしていく、というのが一番キモなわけですな。

単にギャーギャー言うだけじゃ本当の意味で人は動かないもんだしね。納得させないと。


2.は目標達成に向けて最短距離で結果を出すために何をするべきか、自分をコーディネートしていく力。


3.は自分で課題を設定し、解決する手段と道筋を割り出し、それを遂行し、自分で解決して行く力。



そして、この人の話で一番面白いなーと思ったのは


「30代では、自分はこれで行く!ということを確定し、他の可能性を自ら全て捨てよ!ここで他の可能性を捨てきれずウダウダやっていると、40以降で使えないゼネラリストが完成されていきます。これは非常に危険です!!」


みたいなことを言っていた。まあ言葉の使い方とかは私の脳内変換(まねきねこさんのパクリ)の可能性大ですが笑。

文、このままだとテレンス・リーだもんな。


確かに。

けど、なかなか他の可能性、捨てきれないんだよね(笑)。

AD