食べる水族館

テーマ:

東京湾の臨海埋め立て島に位置する”食べる水族館 ”ってやつに行ってきました。


ここは泳いでるお魚さんを生きたまま売ってくれるのです。

ただし一般人が帰るのは土日のみ。平日は料理屋さんたちがいいものを物色して買っていくわけです。


その場でさばいてもらって焼いて食べるのも可(野外のバーベキューコンロはめらめら燃えております)、だけど、雰囲気は全然おしゃれでも綺麗でも落ち着くってわけでもないので、、車の人はぶっぱなして家に帰ってきてからゆっくり舌鼓を打つという選択肢もありかと。


あおりいか、上海蟹、えび、をゲット。


泳いでいるのを網ですくってもらえるの。


広島にいったとき活きイカのお刺身(イケスから活きたまま取り出してさばいてくれた)がチョーおいしかったから、ちょっとやみつきなんですよ。活きイカの刺身。


で、イカを刺身用にさばいてくれ(さばき代300円)と頼んだら


「持って帰るならさばかないよ!鮮度落ちるもん。そんなならスーパーのイカとかと変わらなくなっちゃうもん。泳いでるの買ってる意味ないよ。」


とお店のお兄さん。


ぶっきらぼうながら、自分の仕事にすごい誇りもってる姿がかっこいい。

店の前には

「魚が好きな人のみお立ち寄りください」とデカデカと書いてあるし(笑)。

こっちが話し掛けるまで「いらっしゃいませ」も言わないし(笑)。


けど帰りがけには

「違うイカもいいの入るときあるし、モノはその日によって違うから、毎回楽しめるよ。」

と言っていた。


ということで、大特急で車をぶっぱなし、家路へ。

旦那が活きているイカ君をおそるおそるさばく。


うっうまいーーー。

さすが1杯1150円もしただけのことはあった(100グラム550円)。


イカ墨とげそはパスタにしましたー。

AD