そもそも、私がブログをはじめた理由は

オシャレ+デキル+時代に逆行するバブリーな20代半ば女子の

めくるめく日常を綴ったブログに超はまってしまったのがきっかけだ。


医者、テレビ局員、商社マン、代理店マン(超大手限定)の両手では数え切れないほどの3高男(死語)を

手玉にとりつつ毎日毎日ものすごいレストランでメシを食らい、休みの日にはクルージングだ、高級ホテルだと接待(?)されまくる、デフレスパイラルを完全に超越した彼女の日常に乾杯、てなわけで

ハァハァ言いながら、ひどい時は1日10回以上アクセスしていた!

当時は忍者ツールなんて存在しらないから、会社からも頻繁にアクセス(大汗)。

ええ、ダメリーマンですが(何か)。


確か、それを発見した検索ワードは”モテ女”だったような。

なんで、そんな検索をかけたのかは今となっては思い出せません。


で、ブログも持たぬまま、コメント欄に当り障りのない、超すりよった感じのコメントを残してみたりして

ちょっとした友達気分を味わっていたわけだが、ブログやってなかった私はURL欄に何もかけるわけもなく

「私もブログはじめたらアド教えますねー」

なんて書いてたけど、実際はじめてみたら

そういうオシャレ系女子とはかなり目に遠いところにいる自分を感じざるをえないわけで

ブログはじめたはいいが→URL教えられない→リアル友達になれない、

という負の連鎖にはまっているわけです。


どう考えても、そんなバブリーでオシャレーな美人女子が

「郵政民営化反対」

とか

「ほりえもんについての私の一喜一憂」

なんていうショーもない話題にのってくるはずはなく、日替わりで時に極右に時に極左に触れまくる

私の主張なんてどうでもいいわけであり。


っていうか、オシャレーげな女子はあんまり主張しないからこそかっこいいんだよね。


あ、私はリアル社会ではそんな自己主張女じゃありませんから(フォローになってない)。


何を言いたいんだか分からないが、ともかくブログは書きたいことを書くのが私のスタイルであり

そんな殺伐としたこのブログを見捨てずにコメントやらトラバやらしてくれる親切な方々(野球の結果教えてくれたり!深謝!!)がこの日本にはいるわけだ。


樹海の中にさまよいこんだ女はそこに一筋の光明のようなもの感じるのだ。


AD