羽田圭介、おそろしい。

{C49108D5-8310-4C7A-9E37-8B3DA4E90A1A:01}

衝撃的な作品だった。

書評を読んでいたから、多少の覚悟を持って読み始めたが(しかもなかなか読み始められなかったが)、予想を超えて刺激的だった。

高度な(?)性的嗜好者の詳細なプレイ内容に思わず顔をしかめてしまった。

ただし、単なる快楽を求める性的嗜好者の話ではない。
快楽を超えたところにあるひと言では説明できない思考を描く。

2つの物語の2人の「サトウ」の物語のエンディングに、この後どうなるのだろうと心配してしまったが、当人たちはまんざらでもない。
むしろ快楽の中にいる。

本作について作者は「スクラップ・アンド・ビルド」以上に自分の名刺代わりにしたい作品と発言している。
しかし、この作品を最初に読んでいたら、次に手が伸びない人もいるのではないか。
そのくらい難しい作品だと思うが、それだけ良くできた作品とも言える。





AD

コメント(4)