2016熊野大花火

テーマ:

8月17日熊野大花火大会が開催されました。14万人の人出でした。

台風で開催が危ぶまれましたが、上々のコンディションで盛大に行われました。

メインの三尺玉(直径600メートルの大花火)も大迫力で響いてきました。



始まるまでのまちでは、お店がたくさん出てにぎやかです。特に記念通りはくまの物産展が開催されました。

開始前の浜の様子です。場所確保大変ですが、12日17時より空いているスペースを自由に場所確保できます。広い浜なのでほぼ全員浜から観覧できます。



お昼のお弁当は支給されますが、瀞流荘のツアー向け弁当があまったのでそれをいただきました。

花火弁当でビールがほしくなります。


 

沖にはクルーズ船が今年は4隻、熊野大花火を観覧するため停泊しています。

これは飛鳥2です。あとパシフィックビーナス、日本丸ことしはじめてなんと外国籍のクルーズ船ダイヤモンドプリンセスもきました。

打ち上げ前に徐々に雰囲気が盛り上がってきます。



打ち上げ前の浜の様子です。



実際の花火は写真ではその迫力が全く伝わらないので、省略します。

TVで有名花火大会の中継やってますが全然つたわりません。やはり実際に見に来ないとだめです。

花火終了後の駅前です。終了直後ですがすでに長蛇の列。最後の鬼ケ城仕掛け見てないのでしょうか



翌朝朝6時には浜の清掃が始まり、7時ころには完了しています。ご苦労様です。

街中もごみの収集が早くからおこなわれ、昨日の喧噪はまったく感じられず、いつもの街に戻ってました。

これでやっと仕事も落ち着きそうです。



AD