11月19日(土)~20日(日)と『第4回熊野那智黒碁石まつり』が文化交流センターで開催され

のべ400名のアマチュアと日本棋院のプロ棋士8名が参加されました。

今年は、あわせて、『囲碁サミット2016in熊野』が地元はじめ全国10自治体などから200名参加され熊野市民会館で開かれました。

夜の懇親会は、合同で鬼ケ城センターで行われました。

プロ棋士の皆さんです。山城9段、羽根泰正9段、平野則一5段、青葉かおり5段、重野由紀2段、大澤健朗2段、下坂美織2段、羽根しげ子初段、囲碁大使で元AKBの戸島花さんが列席しました。

朝の受付ですが、市の女性職員が担当しました。

 

開会式前の交流センターのロビーくまのみちの様子です。

1日目は団体戦、2日目は個人戦になります。小学生も大人を負かすくらいの実力ある子が集まっています。年々参加者のレベルが上がり、アマのトップクラスが参加しています。

上位クラスの無差別級ですが、小学生や女の子も混じっています。

女子にも囲碁がかなり広まっているのがよくわかります。

熊野市でも毎週子供囲碁教室が開催され、定期的に羽根しげ子初段も教えき来てくれます。

市民会館では囲碁サミットが開催されました。日本棋院の團理事長が来熊されました。

日向市(白石の原産地)、佐賀県鹿嶋市、寝屋川市、北杜市、平塚市、みやま市、尾道市、坂出市(次回サミット開催地)、大仙市(昨年サミット開催地)、益田市、聖籠町からきていただきました。

羽根しげ子初段と大澤健朗2段による講演会です。

夜の懇親会は、鬼ケ城センターでおこなわれ、サミット参加の自治体の方、囲碁祭り参加の選手、プロ棋士など166名参加されました。

乾杯前に熊野の鬼城太鼓の演奏です。

司会の囲碁大使で元AKBの戸島花さんとツーショット。NHKの囲碁の番組にも出ています。

AKBでは異色の囲碁女子です。

 

青葉かおり5段と記念写真。気品があります。

囲碁大会会場では日向市の物産展があります。毎年ですが、私は日向地鶏の炭火焼きを買いました。

地元熊野市も駅前特産品館も出店しました。

お昼の弁当は隣の労働会館で用意しました。担当のお福さんもがんばってました。

みなさんお疲れ様でした。

 

 

AD