伊吹山での夏

テーマ:

お盆真っ最中の8月12日前日の雨も上がり、久々に伊吹山に登りました。

朝、9時には登り口に到着。いつからか、入山料が必要とのことひとり300円払いました。

 

雨上がりで足元は非常に荒れて少し滑り気味に上ります。

お盆なんで登山者は多くいました。

4~50分ほどで1合目到着です。視界が一気に晴れました。

ここはスキー場なんですがさらにぬかるんで非常に上りづらいです。

同行者がスニーカーで来たため、私の登山靴を貸してあげ、私はスニーカーで上りました。

それが不幸の始まりでした。

4合目近くで、突然蜂に足を刺されました。なんかみんな騒いでいると思ったら蜂がいたためで、他何人刺された模様です。

さされたといってもたいしたことはないんですが、ちくっとするので、早く降りて軟膏をぬろうかなとおもい、4合目で下山。これもひょっとしてこの先の原因のひとつかな

1合目から、登り口までほどちかいところまでおりてきました。こういう濡れたガレ場で、突然滑って足をひねったと思ったら「ボキッ」と音がした。左足脛骨が完全に折れてました。まったく動けません。折れた瞬間は痛みはありませんが、少しでも動かそうとすると激痛がはしります。幸い、同行者に警察と消防署に連絡取り30分ほどで警察の方1名と、消防署のかた6名ほど来られ、状況見て下山口まで運ぶのは困難なんでヘリの要請をされました。

皆さんの献身的な応対にけがした私は申し訳ないのと、対応に感激しました。

ヘリに釣り上げられた動画を同行者が撮影しました。まさか自分がこういうことになるとは・・・

装備と油断がすべてです。5分ほどで10キロ離れた長浜日赤へ運ばれました。

手術は大阪の病院でおこなわれました。術後2週間で退院しましたがリハビリなど、職場復帰は事故から約40日後でした。ただ、いまげんざいも松葉杖でのリハビリ中です。

アー長い・・・。 手術の翌日の足です。脛骨には金属の棒と上下をボルトで止めています。

迷惑おかけした皆さんにお詫び申し上げます。

AD