2013-07-30 01:07:32

京都、はんなり桜旅 その4

テーマ:本州・四国・北海道の取材
えっ、この猛暑に桜かい!! すいません、生来の無精と多忙に引きずられ、ようやく桜旅も最終章へ。おいおい、あと2~3月後は紅葉の季節だよ、なんて声には耳をふさぎ、知恩院から円山公園、北白川、動物園、東寺へと参ります。


こちらは知恩院。開門時間を過ぎていたので入れませんでした。

そこから円山公園へ。枝垂です。


北白川です。とにかく人が多い。外国人観光客の団体さんもわんさと
いらっしゃました。


ああ、こういう所でいつかは食事をしたいもんですな。


まだ、北白川です。


こちらは平安神宮前の枝垂。平安神宮も閉門時間になっていて、
参拝できませんでした。



こちらは動物園横の疎水を背景にした夜桜。美し。








東寺の夜桜、4連発。ここもきれいでした。

というわけで、はんなり桜旅はおしまい。
次回は一度、行ってみたかった居酒屋というか食堂というか、
京極スタンドを中心に、京都プチ旅へご案内。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-20 03:26:42

京都、はんなり桜旅 その3

テーマ:本州・四国・北海道の取材
梅雨のうっとおしい天気が続くなか、桜の記事も暑苦しいが、まだまだはんなり旅は続く。

今回は哲学の道、銀閣寺、下鴨神社、賀茂川沿いへ。

ところで京都はしだれ桜が多い。

その理由をググってみるも、これとした理由が見つけられなかった。しいていえば、桜の代名詞ソメイヨシノが生まれたのが江戸末期だったことと関係があるもよう。どなたかご存知ないですか?


哲学の道。この日の人出は尋常ではなく、
銀閣寺参道などまともに歩ける状態ではなかった。京都人気はすごい。


こちらも哲学の道。


どうです、この人の多さ。


銀閣寺から西方面を望む。


こちらは下鴨神社。境内にはそんなに桜は多くない。


この門の向こうに十二支分の社がある。
下が砂利地のためか、車いすも往生。
このご婦人のお連れだけ、中でお参りされていたようだ。


こちらは賀茂川ベリのしだれ桜。


賀茂川べりはこんな感じ。北の方へ桜並木が続く。


賀茂川には飛び石が。やはり渡りたくなるよね。


こちらは賀茂川のすご横にある出町枡形商店街の老舗、満寿形屋さん。
鯖ずしの元祖をうたっておられる。あいにく、昼の営業が終わっていた。
この向かいに総菜屋さんがあって、そこで弁当を購入。
賀茂川ベリでランチを楽しんだ。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-05-12 23:13:28

京都、はんなり桜旅 その2

テーマ:本州・四国・北海道の取材
前回の平野神社から北野天満宮へ。いわずと知れた菅原道真公を祭った神社だが、今回、初めて訪れた。で、ここはやはり梅の名所であり、紅葉の名所で、桜は今ひとつ。しかし、社殿の造りの立派さには目を見張り、思わずほぉーとため息がもれた。細かな装飾のいわれなどわからなくても、見ただけでほぉーと思わせるのは目に見えない力、オーラのようなものがあるからか。









こちらは北野天満宮のあとに訪れた西本願寺の門前町とそこにたたずむ
西本願寺伝導院。明治45年に竣工し、当初は浄土真宗信徒の保険会社と
して使われていたという。時のなせる技か、京の町並みに意外と馴染ん
でいるのが面白い。設計は築地本願寺を手がけた伊東忠太。なるほど。


で、こちらは西本願寺門前町界隈で見られた住居表示。森下仁丹が提供していたのか、このあたりのほとんどの住居表示に仁丹のマークが。なんとホーロー製である。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-05-01 19:35:58

京都、はんなり桜旅 その1

テーマ:本州・四国・北海道の取材
福岡ではとっくに桜の季節は終わり。所用と仕事で行った京都も終わったようだが、東北は今が盛りだという。北海道ではまだ雪のところがあるし、なんか変な天気だな。

それはともかく前回に続いての京都旅。この時は桜の季節にちょうど合ったみたいで、昨年同様、京都の桜を堪能できた。

初回に紹介するのは平野神社。たまたま夜桜も楽しめて、ラッキーだった。
















いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-04-16 12:12:16

京都、ときどき仕事旅 その4

テーマ:本州・四国・北海道の取材
ちょくちょく京都に行っていながら、なかなか足を踏み入れることのなかったのが京都御苑だ。同志社大学の前にあってアクセスはいいのだが、とにかく広いだけという印象が強く、見てもつまらんと思い込んでいたからだ。

ところが今回、蛤御門の撮影の仕事があって御苑に行ってみた。

確かに広かった。京都らしい寺社の風雅などを求めるとがっかりするだろう。でも、ファインダーを通してみると、結構、前衛だったりする。周りの広さと人との間が実に非現実的で、勅使河原宏や初期の市川崑の白黒映画を思わせるのだ。

そこで画像は白黒にしてみた。撮影中、たまたま雨が降ってきたけれど、これもよかった。

さて、どうだろうか?











いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。