1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-11 02:16:53

今年も3.11のこと、アップします

テーマ:ぶつぶつつぶやき1

私の生涯のなかで忘れられないこと。

それはいろいろあるけれど、あの3.11はやはり特別だった。

たまたま東京にいて揺れを体験し、テレビ中継を見て驚き、さらに現地を取材して心が震えた。

 

今年も3.11後に、綴ったブログをアップします。

 

 

 

東京・市ヶ谷駅で総武線を降りた途端だった。ゆらりときた。まるで大きな船にでも乗っているかのような長い周期の揺れだ。


3月11日。大学の広報誌の編集打ち合わせで東京に出張。時間に余裕をもって飛行機の便を選んだつもりだったが、予想以上に羽田からの移動に時間がかかり、少々あせりながら総武線の先頭車両を降りたときそれはきた。


地震だった。
 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

すぐ揺れは収まるだろうとタカをくくっていた。しかし、なかなか収まらない。とにかく15時スタートという会議に間に合うよう日テレ通りを歩き出したけれど、まだ揺れている。


情報を取ろうと、てっとり早く福岡の事務所に電話。すると東北地方で震度7以上の地震が起こったという。だが、そのとき知り得た情報はそこまで。


携帯からニュースを見ようにもつながらない。再度、事務所に電話をかけたが、
もうつながらない。これじゃ、なんのための携帯なのか。


とにかく会議場所に行ってみると、すでに集まっていた編集スタッフのみなさんも不安そう。それでも、会議は始まったのだけれど、なかなか揺れは収まらず、時に下から突き上げるような縦揺れもまじって落ち着かない。


会議自体は30分も続いたろうか。でも、揺れは止まる気配を見せない。会議中も携帯でニュースにアクセスを試みるが、まったくつながらず。情報がないとこんなにも不安になるものなのかと実感する。


それでも揺れ続けている時間から考えると、相当大きな地震だということはわかった。しかし、映像を見るまで、被害の大きさがわからなかった。


会議がひと区切りついて、隣の部屋にあったテレビを見た。


ぼうぜんとなった。


東北地方が津波でとんでもないことになっていたのだ。見入っていたスタッフの間からもその惨状に「うわっ」とか「ひどい」とかの断片的な言葉しか出てこない。


中継映像に人が乗ったままの車が津波に流されるさまが一瞬まじり、息をのむ。結局、会議はお開きになったのだが、首都圏はほとんどの電車が運行をやめるか、大幅な間引き運転で大混乱となり、スタッフも帰れない人がほとんど。


わたしも宿泊予定のホテルまで行けない。いわゆる帰宅困難者になったのだが、大学側の好意で建物1階が開放されることになり、そこに泊まることになった。


窮屈な格好でソファに寝入ってしまったため、体のあちこちに痛みを覚えながら起床。大学や、誰かが差し入れてくれたパンなどをいただく。そうこうするうちに福岡に帰れるか不安になったが、午後の便はほぼ定刻通り飛ぶことが、携帯を通してわかったのでひと安心した。


ところがテレビでは空港が大混乱しているというので、スタッフのみなさんへのあいさつもそこそこに、とにかく羽田をめざす。

 
運よく、電車の接続もスムーズでなんとか空港に到着したが、空港ビル内はいつもの様子とはまったく違っていた。一夜を過ごしたであろう人があちこちに疲れた表情で床にすわりこんだり、寝そべっている。カウンター前にキャンセル待ちの人が長い行列をつくっており、確かに大混乱していた。


でも、印象的だったのはみなもの静か、というか、進まない行列に叫んだり怒鳴ったり、大きな声をあげる人がおらず、じっと耐えているというか、今の状況をすなおに受け入れている。逆にヒステリックな空港アナウンスが耳障りでしょうがない。

 
そういえば、地震直後の東京のみなさんの行動にも驚いた。泣き叫ぶでもなく、怒号を上げるでもなく、落ち着いて周りの状況を判断し、集団ヒステリーを起こすこともなく行動している。あの、ゆらっと来た瞬間、パニックに陥ることなく、すみやかに電車から降りる姿には感動すら覚えた。


地震に対する心構えが違うのだろうか。


さらにあれだけ揺れたにもかかわらず、翌日、電車から見た街並みに建物の崩壊もなかったことにも驚いた。昔のモルタル造りのアパートもちゃんと建っていたのだ(部屋のなかまではわからないけれど)


そんなこんなで、なんとか帰福。帰宅する途中、ついでだからと、先ごろ開業したJR博多シティによってみた。

どの店も大にぎわいだった。それはいいことだけれど、目の前に広がる平和過ぎる光景と、ついきのう見た東北の映像や自分の体験とのギャップが大き過ぎて、言葉が出なかった。

 




2011年6月のブログ



ここ半年、かなり忙しく、このブログも3月の大震災に東京で遭遇したことを書いて、しばらくちゃんと更新していなかったが、ついにその被災地に取材で行くことになった。


最初に訪れたのは塩竈市。市長にインタビューしたのだが、話を聞くと浦戸という大きな島が市の沖合にあって、それが大きな防波堤の役目を果たしてくれたそうで、市内の中心部は水に浸かる所もあったものの、建物が全壊するような被害はあまり出なかったという(もちろん島では建物が流されるなどの大きな被害を受けている)



実際、市内を歩いても地盤沈下している箇所は見られたものの、報道で伝えられているような一面壊滅という状況ではなく、建物はかなりしっかり残っていた。

 

 

 


 

駅近くにあるお寿司やさんも元気に営業中だった。よし、これは地元に貢献しなきゃ、なんていいながら、取材チーム一同でおいしい魚やお寿司をいただくことにした。
 



板さんに話を聴くと、建物は流されなかったらしい。でも、「ここまで水は来たんですよ」と指をさしてくれた。
 



お店は4階建てだそうで、板さんは波が来たとわかった時点で、急いで3階まで上がったという。


こういう立ち直った店(でも、改装などにかなりの借金を背負ったらしい)のことがあまり伝えられていないのでうれしかったが、それはほんの一部であることが翌日訪れた気仙沼でよくわかった。


一部の報道で、被災地はもう落ち着いたみたいに思っている人もいるようだが、5月末時点での現実はこうである。


気仙沼では地元新聞の記者を取材したのだが、彼も知り合いなどからそんな電話が入ると憤っていた。現地ではようやくがれきを片付けるための道路が形を現した程度に過ぎず、まだまだ復興に向けてほんの小さな一歩しか踏み出せていないのだった。


塩竈では観光客に戻ってきてもらうためと、住民の意気を上げるためにも夏祭りは絶対やるそうだが、気仙沼ではそういう状況だから、早々に夏祭り中止が決定されている。


一応、6月に基幹産業であるカツオの水揚げが再開できるよう市はめざしているそうだが、それも裏付けがあってのことではなく、目標を立てることで復興への意気を上げようということらしい。実際はカツオが水揚げされても市場がない、倉庫がない、流通のためのトラックがないなど、関連産業は壊滅状態で、ないない尽くしなのだ。


 驚いたのは市内を流れる大川という川の両側で、被害状況がころっと違うことだ。


川の手前の地区は壊滅。でも、川向こうにはしっかり家が残っている。同じ気仙沼のなかでもこうも違う。


先述したように同じ東北でも復興に向けて進んでいるところもあれば、気仙沼のようにまだこれからというところもあり、事情は自治体によって異なるし、その自治体内でも地域によって被害規模が大きく違う。

 
このことはやはり現地に行かないとわからなかったことだ。

それにしても、政治の軽いことよ。

あの人たちは現地でなにを見てきたのだろう。

 

 



 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-04 11:46:00

あけましておめでとうございます。

テーマ:ぶつぶつつぶやき1

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

いやはや、半年ぶりの更新。

2017年、仕事始めはこのブログの更新からでした。

 

昨年は厄年。しかもおみくじで大凶を引いいたものの、

大病もせず、なんとか無事に過ごすことができました。

さて、今年はどうなることやら。

 

例年ですと、1月はゆるやかなスタートになるのですが、

おかげさまで前半はすでに仕事が詰まり気味。

 

その月になってみないと

どれだけ仕事が舞い込むかわからない稼業

(うちの事務所の場合)ではありますが、

健康に留意し、一歩一歩、進んでいくことにしましょうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-06-09 01:19:31

写真展のご案内

テーマ:最近の仕事

ひさびさのブログ更新。

このたび、ご縁があって、わたしが1992年から10年ほど暮らした佐世保市で写真展を開くことになりました。

ご縁というのは、写真展会場である佐世保市博物館島瀬美術センターの館長、安田恭子さんのことで、昨年、たまたま佐世保での仕事の帰り、館長をお訪ねしたら写真展を開きませんかとすすめられたのです。

安田さんとは、わたしがハウステンボスでハウステンボスニュースという来場者向け広報紙の編集長をしていた時からの知り合いで、安田さんは当時、ハウステンボス美術館の学芸員を務めておられました。

今回は佐世保市で開くということで、長崎や佐世保に関連した写真を選んでの展覧会になります。

話をいただいたのが昨年10月。まだまだ先だと思っていたら、あっという間に開期が迫ってきて、少々、あせっているこの頃。よろしかったらお越しください。

期間は6月20日の11時頃から6月26日の17時まで。途中、火曜日が休館です。
初日と最終日は会場に控えていますので、お会いしましょう。
もちろん、観覧無料ですよー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-11 01:21:10

5年目の3.11 東京で体験したあの瞬間、6月、現地を取材したとき思ったこと

テーマ:ぶつぶつつぶやき1

5年目の3月11日がやってきた。
そして、今年もあの時、東京で体験したこと、その後、取材で塩竈や気仙沼に行った時のことを再アップします。

また、今年は私が会員となっている福岡県中小企業家同友会の広報誌「月刊同友」に、このブログを再編集したものを掲載していただいた。ありがとうございました。




東京・市ヶ谷駅で総武線を降りた途端だった。ゆらりときた。まるで大きな船にでも乗っているかのような長い周期の揺れだ。


3月
11日。大学の広報誌の編集打ち合わせで東京に出張。時間に余裕をもって飛行機の便を選んだつもりだったが、予想以上に羽田からの移動に時間がかかり、少々あせりながら総武線の先頭車両を降りたときそれはきた。


地震だった。







すぐ揺れは収まるだろうとタカをくくっていた。しかし、なかなか収まらない。とにかく15時スタートという会議に間に合うよう日テレ通りを歩き出したけれど、まだ揺れている。


情報を取ろうと、てっとり早く福岡の事務所に電話。すると東北地方で震度7以上の地震が起こったという。だが、そのとき知り得た情報はそこまで。


携帯からニュースを見ようにもつながらない。再度、事務所に電話をかけたが、
もうつながらない。これじゃ、なんのための携帯なのか。


とにかく会議場所に行ってみると、すでに集まっていた編集スタッフのみなさんも不安そう。それでも、会議は始まったのだけれど、なかなか揺れは収まらず、時に下から突き上げるような縦揺れもまじって落ち着かない。


会議自体は
30分も続いたろうか。でも、揺れは止まる気配を見せない。会議中も携帯でニュースにアクセスを試みるが、まったくつながらず。情報がないとこんなにも不安になるものなのかと実感する。


それでも揺れ続けている時間
から考えると、相当大きな地震だということはわかった。しかし、映像を見るまで、被害の大きさがわからなかった。


会議がひと区切りついて、隣の部屋にあったテレビを見た。


ぼうぜんとなった。


東北地方が津波でとんでもないことになっていたのだ。見入っていたスタッフの間からもその惨状に「うわっ」とか「ひどい」とかの断片的な言葉しか出てこない。


中継映像に人が乗ったままの車が津波に流されるさまが一瞬まじり、息をのむ。結局、会議はお開きになったのだが、首都圏はほとんどの電車が運行をやめるか、大幅な間引き運転で大混乱となり、スタッフも帰れない人がほとんど。


わたしも宿泊予定のホテルまで行けない。いわゆる帰宅困難者になったのだが、大学側の好意で建物1階が開放されることになり、そこに泊まることになった。


窮屈な格好でソファに寝入ってしまったため、体のあちこちに痛みを覚えながら起床。大学や、誰かが差し入れてくれたパンなどをいただく。そうこうするうちに福岡に帰れるか不安になったが、午後の便はほぼ定刻通り飛ぶことが、携帯を通してわかったのでひと安心した。


ところがテレビでは空港が大混乱しているというので、スタッフのみなさんへのあいさつもそこそこに、とにかく羽田をめざす。

 
運よく、電車の接続もスムーズでなんとか空港に到着したが、空港ビル内はいつもの様子とはまったく違っていた。一夜を過ごしたであろう人があちこちに疲れた表情で床にすわりこんだり、寝そべっている。カウンター前にキャンセル待ちの人が長い行列をつくっており、確かに大混乱していた。


でも、印象的だったのはみなもの静か、というか、進まない行列に叫んだり怒鳴ったり、大きな声をあげる人がおらず、じっと耐えているというか、今の状況をすなおに受け入れている。逆にヒステリックな空港アナウンスが耳障り
でしょうがない。

 
そういえば、地震直後の東京のみなさんの行動にも驚いた。泣き叫ぶでもなく、怒号を上げるでもなく、落ち着いて周りの状況を判断し、集団ヒステリーを起こすこともなく行動している。あの、ゆらっと来た瞬間、パニックに陥ることなく、すみやかに電車から降りる姿には感動すら覚えた。


地震に対する心構えが違うのだろうか。


さらにあれだけ揺れたにもかかわらず、翌日、電車から見た街並みに建物の崩壊もなかったことにも驚いた。昔のモルタル造りのアパートもちゃんと建っていたのだ(部屋のなかまではわからないけれど)


そんなこんなで、なんとか帰福。帰宅する途中、ついでだからと、先ごろ開業した
JR博多シティによってみた。

どの店も大にぎわいだった。それはいいことだけれど、目の前に広がる平和過ぎる光景と、ついきのう見た東北の映像や自分の体験とのギャップが大き過ぎて、言葉が出なかった。





2011
年6月のブログ



ここ半年、かなり忙しく、このブログも3月の大震災に東京で遭遇したことを書いて、しばらくちゃんと更新していなかったが、ついにその被災地に取材で行くことになった。


最初に訪れたのは塩竈市。市長にインタビューしたのだが、話を聞くと浦戸という大きな島が市の沖合にあって、それが大きな防波堤の役目を果たしてくれたそうで、市内の中心部は水に浸かる所もあったものの、建物が全壊するような被害はあまり出なかったという(もちろん島では建物が流されるなどの大きな被害を受けている)



実際、市内を歩いても地盤沈下している箇所は見られたものの、報道で伝えられているような一面壊滅という状況ではなく、建物はかなりしっかり残っていた。




駅近くにあるお寿司やさんも元気に営業中だった。よし、これは地元に貢献しなきゃ、なんていいながら、取材チーム一同でおいしい魚やお寿司をいただくことにした。



板さんに話を聴くと、建物は流されなかったらしい。でも、「ここまで水は来たんですよ」と指をさしてくれた。



お店は4階建てだそうで、板さんは波が来たとわかった時点で、急いで3階まで上がったという。


こういう立ち直った店(でも、改装などにかなりの借金を背負ったらしい)のことがあまり伝えられていないのでうれしかったが、それはほんの一部であることが翌日訪れた気仙沼でよくわかった。


一部の報道で、被災地はもう落ち着いたみたいに思っている人もいるようだが、5月末時点での現実はこうである。


気仙沼では地元新聞の記者を取材したのだが、彼も知り合いなどからそんな電話が入ると憤っていた。現地ではようやくがれきを片付けるための道路が形を現した程度に過ぎず、まだまだ復興に向けてほんの小さな一歩しか踏み出せ
ていないのだった。


塩竈では観光客に戻ってきてもらうためと、住民の意気を上げるためにも夏祭りは絶対やるそうだが、気仙沼ではそういう状況だから、早々に夏祭り中止が決定されている。


一応、
6月に基幹産業であるカツオの水揚げが再開できるよう市はめざしているそうだが、それも裏付けがあってのことではなく、目標を立てることで復興への意気を上げようということらしい。実際はカツオが水揚げされても市場がない、倉庫がない、流通のためのトラックがないなど、関連産業は壊滅状態で、ないない尽くしなのだ。


 
驚いたのは市内を流れる大川という川の両側で、被害状況がころっと違うことだ。


川の手前の地区は壊滅。でも、川向こうにはしっかり家が残っている。同じ気仙沼のなかでもこうも違う。


先述したように同じ東北でも復興に向けて進んでいるとこ
ろもあれば、気仙沼のようにまだこれからというところもあり、事情は自治体によって異なるし、その自治体内でも地域によって被害規模が大きく違う。

 
このことはやはり現地に行かないとわからなかったことだ。

それにしても、政治の軽いことよ。

あの人たちは現地でなにを見てきたのだろう。


























いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-02-28 03:07:13

佐世保は今日も雪だった その2

テーマ:ぶつぶつつぶやき2

酒をちびちびやりながら、ミシェル・ペトルチアーニの「ラウンド・ミッドナイト」を聴いている。時間は深夜というか、朝3時を過ぎた頃。振り返れば、約一か月前のこの時間、佐世保駅で車中泊し、持参したパソンコんで原稿を書いていた。

前回の続き。

思いもよらぬ大雪で電車は有田駅でストップ。長時間、待たされた挙句、電車は佐世保に戻ることになった。なぜ、佐世保なのかというとその理由はわからないが、翌日の始発に転用しようということだったのかもしれない。

その有田での停車中、差し入れとしてパンと飲み物が配られ、地元の人の好意で毛布も配られた。どうも、乗車客のどなたかがFacebookかツイッターで現状を発信したところ、地元の人が動いてくれたということらしい。

車内の暖房が心もとなかったので、この毛布はありがたかった。また、駅の待合室でおでんの差し入れもあったそうだ。私はコンビニで買ってきた酒でほろ酔い気分だったので電車を降りてまで好意に預かることはしなかったが、毛布といい、おでんといい、本当にありがたかった。あの天候の中、たくさんの毛布を集めるのは大変だったと思うが、有田の人の行動力には感謝するばかりである。

さて、初めての車中泊。佐世保駅に着いたらJRから再度、パンや飲み物、それに毛布の差し入れがあった。毛布は真空パックしてあり、おそらく緊急用に準備されていたのだろう。

それにしてもJR社員があまりにも平身低頭するのには少々、違和感を感じた。大半の客は自然災害(?)として、この状況を受け入れていると思えたからだ。

それはともかく、あの座席で眠るのはやはり無理があった。体を伸ばせないため、目が冴えてしょうがない。そこでパソコンで仕事をして眠気が来るのを待つことにする。

で、いつの間にか寝入ったらと思ったら、周りが騒がしい。どうやら始発便に乗る人がそろそろ乗り込んでいるらしい。それで目を覚まし、毛布などを片付ける。

そんなこんなでとにかく列車は発車。きのうよりはスムーズに走るが、途中、雪の状態を確認しながらの走行となり、速度は上がらない。

ようやく特急らしいスピードに上がったのは佐賀の肥前山口を過ぎたあたりか。今回の雪は佐世保から佐賀平野に出るまでがすごく、除雪もままならなかったのだろう。

めったに見られない雪景色なので、車中は車窓越しに写真を撮りまくる。私が車中泊を決めたのも、こういう非日常の景色が広がることを期待していたからだが、確かにこんな佐世保線沿線、佐賀平野を見るのは初めてだった。

結局、佐賀平野でスピードを上げたといえど、博多駅に着いたのは12時前。ゆうに6時間かかったことになる。

ちなみに運転士さんは昨日と同じ女性の方。有田駅で運転席に長時間座りつつ、前方の信号をずっと見つめ続けていた姿が印象に残っている。



有田駅で差し入れされた星条旗柄の毛布。この毛布は誰が使っていたんだろうと、思いがよぎる。


駅前というか有田の国道沿いのセブンイレブンで購入した酒とつまみ類。


JRからの差し入れ。


セブンイレブンへ行く途中、散歩中の犬に出会った。


車中で原稿書き。


車内から撮った翌日の有田のまち。


翌日の佐賀平野。こういう景色を撮りたかったから車中泊を選んだのかもしれない。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。