~ お気に入り登録のお願い(2015.2.24更新) ~

石鎚山ヒルクライムに関するブログは下記サイトに統合します。

石鎚山ヒルクライム公式ブログ

http://ameblo.jp/ishizuchi-hillclimb/


久万高原町のご紹介

愛媛県久万高原町(くまこうげんちょう)は、2004年(平成16年)8月1日に上浮穴郡の久万町、面河村、美川村、柳谷村が合併して誕生しました。
583.66k㎡という県内最大の面積は、香川県の約1/3に匹敵。

北東には西日本最高峰の石鎚山と、その南麓に広がる面河渓。南東には、日本三大カルストのひとつ四国カルストと、豊かな自然の懐に抱かれています。
平均標高約800mの大自然の中で育まれた先人の誇りや文化を受け継ぎ、里を守りながら暮らしてきた人も魅力の、自然と歴史が融合した高原のまちです。


モンベラーの久万山ブログ モンベラーの久万山ブログ モンベラーの久万山ブログ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月26日(金)

シャトルバスの運行について

テーマ:石鎚山ヒルクライム

石鎚山ヒルクライム実行委員会では、一般観戦者選手以外の随行者(ご家族など)用に、スタート会場と各駐車場間にシャトルバスを運行しますのでお知らせします。


-----------------------------------------------------------------------------------
開始前~競技終了まで
(関門→おもごふるさとの駅(スタート会場))

5:30→5:40     10:40→10:50

5:55→6:05     11:10→11:20

6:30→6:40     11:40→11:50

7:05→7:15

7:40→7:50

※8:00~10:30はレースによる交通規制のため運行休止


乗り場は「関門」付近です。



 
-----------------------------------------------------------------------------------


(旧面河小→おもごふるさとの駅(スタート会場))

5:30→5:40      8:40→ 8:50

5:55→6:05     10:10→10:20

6:30→6:40     11:10→11:20

7:05→7:15

7:40→7:50

8:05→8:15


乗り場は、旧面河小グランド横の建物(幼稚園跡)付近です。
モンベラーの久万山ブログ


-----------------------------------------------------------------------------------
競技終了~
(おもごふるさとの駅(スタート会場)→関門駐車場)

14:00→14:10

14:30→14:40

15:00→15:10

15:30→15:40

16:00→16:10



(おもごふるさとの駅(スタート会場)→旧面河小)

13:00→13:10

13:30→13:40

14:00→14:10

14:30→14:40

15:00→15:10

15:30→15:40

16:00→16:10


発着場所は、おもごふるさとの駅の敷地内です。下の写真付近を予定しています。

モンベラーの久万山ブログ


シャトルバスは40人乗り・29人乗りのバスと、10人乗りキャラバンが時間帯によって運行します。

車両の「シャトルバス○○便」表示をご確認いただき、ご乗車ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年08月25日(木)

石鎚山HC大会冊子の送付など

テーマ:石鎚山ヒルクライム

第6回石鎚山ヒルクライムまであと1週間ほどとなりました。

台風10号の動きが心配ですが、会場では路面の清掃作業など、関係するみなさまのご協力で準備がどんどん進んでいるようです。

選手のみなさんは最終調整時期かと思いますので、体調を整えていただき、大会当日は久万高原町で爽やかな汗を流していただきたいと思います。


さて、実行委員会事務局より、大会冊子などは本日発送されるとの情報がありましたので、取り急ぎお知らせいたします。

(以下、冊子をデジカメ撮影。雑な写真ですみません・・・。)


1

なお、前回までと変更になっている点がいくつかありますので、冊子がお手元に届きましたら十分ご確認ください。


変更点その①:受付会場

当日受付会場は、これまでの仕七川小学校から、久万高原町役場面河支所に変更

(前日9/3は、おもごふるさとの駅で変更ありません。)
4

国道33号線から、会場に向かって走行し、通仙橋(愛媛では珍しい、縦型信号の交差点)を左折し、約3分です。

混雑が予想されます。この場合は、会場付近にある旧道(町道)の路肩に停車させ、受付会場に徒歩移動をお願いします。(係員の誘導に従ってください。なお、決しして県道沿いに駐車しないようご注意ください。)


変更点その②:40代スタート方法の変更

出走者が多い40代カテゴリは、2グループに分けて出走することになります。


○40代第1G・・・ゼッケン501番~615番)、9:20スタート

○40代第2G・・・ゼッケン616番~743番)、9:25スタート

スタート前待機時点で、2グループに分かれます。

参加者数が多いため、安全管理面等の面からご理解をお願いします。

5


前日スケジュール
2


当日スケジュール

3

以上、取り急ぎ情報提供します。

詳細が決まれば、実行委員会facebookでも情報発信するそうです。

https://www.facebook.com/ishizuchi.hillclimb/



不明点は下記までお問い合わせください。


【事務局】久万高原町教育委員会 内

 ℡: 0892-21-1111

 mail:kyouiku@kumakogen.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月22日(月)

石鎚試走 2回目

テーマ:石鎚山ヒルクライム

隙間時間ができた土曜日、今年2回目の石鎚試走に行ってきました。

スタート会場までは自走して約30分、自宅から土小屋行って帰っても3時間見とけば完了という好立地?なのに、今年はまだ2回目です。

さすがに本番までもう来れないかなということで、朝からのイベント準備を終えて、試走~ちょっと休憩~夕方からのイベント参加、という予定をたてて、3時くらいまでに帰る感じで自走で出発。


出てすぐの面河川沿いは本当に涼しく、そろそろロングにもいい季節になりつつあることを実感します。


スタート会場、第2駐車場に多くの車が停まってるので、石鎚試走組が多数いることを確認。

市場スタッフも、やはり2週間前になると多いということで、40人以上の方が来られているようでした。

ここでは、高知県から来られたjamhooさん と久万高原HCゴール以来の再会ができました。

jamhooさんの出発を見送ってから、市場スタッフと談笑し、しばらくしてから登坂開始。

さすがに各地を転戦されているだけにしっかり走られていて、第1ゴールに近いところでようやく追いつくことができましたが、コース途中では言葉を交わさせていただいたり、第1給水所では、jamhooさんが参加された県外レースの様子などをお聞かせいただいたりと非常に楽しく登らせていただきました。

県外レースへの参戦はもちろん、連日厳しいトレーニングをされて大会に臨まれる姿勢、本当に頭が下がります。

レース前の試走という貴重な時間にお付き合いいただきまして誠にありがとうございました!!


さて、第2区間は前回と違って強度を上げ目に登って到着。





今日の土小屋は快晴でした。

ここでも町観光協会のスタッフがツアー催行のため待機していたので、しばらく談笑。

去年も同じ日に、同じことしてたね~という話になって、去年も隙間時間に登ってきたことを思い出しました。


夕方からのイベントのため、土小屋で休憩した後、爽やかな笑顔で登ってこられるjamhooさんにご挨拶をして、ギュイーンと家に戻りました。

さぁいよいよ残り2週間、休脚日を増やしつつ、体調と筋力は維持して本番に備えたいと思います。



下る途中で見える石鎚、疲れも吹き飛ぶ久々の絶景でした。


※夜はみかわ納涼まつり。

準備~運営、片づけて家に帰ると23時。

今日もハードな一日でしたとさ。


みかわ納涼まつりのフィナーレを飾る花火は谷間に広がる爆音と、頭上に降ってくるような感覚で人気の高いイベントです。

個人的にもイチオシですのでみなさんどうぞ!!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016年08月18日(木)

石鎚試走

テーマ:ロードバイク

今シーズン初!!の石鎚山ヒルクライムコース試走に行ってきました。

例年この時期までには数回は登ってるはずなんですが、今年はなぜか8月中旬まで一度も来ず。

現時点の走力を把握するのも大事なんですが、今年初ということで、コースの確認も兼ねる感じで登ってみることにしました。

おもごふるさと市場からアップ兼ねて関門まで。


関門にあった「おもご観光センター」、最近解体しましたので、景観が良くなりました。




単独では全力で走るとしんどいので、ほどほどに10分くらいかけて。

本番、集団効果で8~9分では到達するイメージです。

7分後半から8分前半で行ければな~とは思いますが。

アップの効果か、関門からスカイライン6キロ過ぎの第1ゴールまで、ほどほどの良い強度で走ることができました。

第2区間、久々に登ってみて、斜度の変化がけっこうあることを再確認しました。

見た目より斜度のある第2スタート直後と、ポスト12キロ過ぎからの500mあたりまでは特に注意が必要(個人的に)なのですが、この第2区間は、どこで踏めるか、どこを耐えるかを距離表示見ながら、ペースを少し落とし目で登ってみました。

こんな感じで、2区間計、去年のレースタイムから予想どおり3分~4分落ちくらいな感じでした。


大会当日、転落防止のためにネットを設営していたヶ所には、常設のガードパイプが設置されていて安全対策にひと役買っています。


残念ながら石鎚は全貌を見ることができませんでした。


路面の状況とか気温とか、1回登ってわかることもあったので、次はもう少し上げて、本番に近い感じで登ってみます。


下山は汗冷えしてるので、1枚羽織って降りていきます。

コース全域にブルーラインがひかれていて、次の目標が非常に分かりやすいです。



※みなさんご心配のアブですが、ほとんど心配いりません。

コース中からは姿を消していますので安心して登ってください。

スプレーもまず不要です。


試走に来られる皆さんならご存知と思いますが、試走の場合はこちらの駐車場をご利用ください。

(おもごふるさと市場の前ではなく、下段の駐車場です。)
 

※石鎚試走は午前中でしたので、夕方、夕立ちの前にもうひと走りと思いつき、旧美川スキー場まで。

久万高原ヒルクライムレースから半月ほどたち、レースを思い出しながらのトレーニング、充実した休日を過ごせました。

アジサイ、ほぼ終了してました。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年08月14日(日)

アブ対策でノルマ練

テーマ:ロードバイク

自宅出発の練習コースのひとつ、裏山方面へのノルマ練に出かけてきました。



峠まで行くとちょうど9㎞のヒルクライムコースになりますが、日没までの時間が短くなっているので、その半分、約3㎞ほどの場所まで登ってきました。


久万高原ヒルクライムレースが終わってからは、通勤、トレーニングともにほぼノーマルクランク仕様のカレラばかりです。

新機材導入したら乗る回数が減るかな~と思ってましたが、全然そんなことありません。

重いのは重いんですが、踏み心地が良く、素直なフレームともに最近良さを再認識してます。





単純に脚力の向上には繋がってるのでしょうが、ヒルクライムのようなケイデンス向上対策とはちょっと違うかも。

石鎚のために乗ってるはずなんですが…


さて、この時期のロードではアブに悩まされる方が多いのではないでしょうか。

特に夕方のある時間帯、大量に発生します。

日中でも林間地帯では急襲を食らうことがあると思いますが、ちゃんと対策していれば大丈夫なことが多いようです。(※体質などもあるかもしれません。)





このブログが石鎚山ヒルクライムブログを兼ねていたころ、アブ対策について個人的な経験を綴ったこと(こちら )がありましたが、やはりエアサロンパスも有用な手段だと思っていますが、、、これにはかないません。

現時点で最も効果があると思われるアブ除けで、常にこれを背中に忍ばせて走ってるおかげで、ほぼ無傷で快適に乗ることができます。

いろんな対策しても効果が実感できない、と言われる方はぜひお試しください。


ちなみに、ロード時に襲われる場所は間違いなく背面です。

背中からお尻にかけて、特に念入りにスプレーしておくことで、アブストレスから随分解放されますよ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。