kumako note

            


テーマ:





わぉ。。
天下泰平さんのこの記事、読んでみてください。。

半年経っても腐らないハンバーガー
2013年01月15日15:50


ポテトも。。
トマトまで。。

(ちなみに、怖くて動画は観てません。)






近所にこのハンバーガー屋さんがありまして、

年末年始の引越し片付けの間は、
食事の準備もなかなかできなくて、
ほとんど外食していたのですが、

夜、あまりに疲れてしまった時、
近所でさっさと済ませたくなり、
フィッシュバーガーならいいかと思って、

夫婦2人で歩いて向かいましたが、
店舗が近づくにつれ、左足に激痛が走り、

これは身体が拒否反応をしている。。
と思ったので、
急遽、もう少し先の和食屋さんへ行ったんです。

和食屋さんへ向いはじめたら、
足の痛みはウソのように消えました(笑)
ほんとだよ!!


やはり自分の心の声、身体の声は正しいのだ。。
これからも素直に聞いておこうと思ったのでした。。

そして、正しい判断ができるように、
いつも余裕をもって生活したいものですな。。






















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:





最近、関東はずっといい天気ですが、
九州はまだ雨なんですね。

鹿児島知事選は、脱原発の向原さんが負けてしまい、
がっくりしておりました。。
官邸前のデモが大規模になってきたとはいえ、
まだまだなんですね。残念でした。。

あれから、色んな方のデモについての記事を読んで、
考えてました。

「再稼働反対」だけではダメで、
「自然エネルギーやフリーエネルギーの技術の解放」を
要求するデモになっていったらいいなと思いました。



しかし、私はもう官邸前デモには行けないなぁと思っていて、
なんでかっていうと、整然とデモをやっていたとはいえ、
怒声のコールをずーっと聞いていたら、本当に疲れまして。。

それからずっと体調が良くありません。。笑

1週間経って、風邪がやっと良くなってきて動けるようになったので、
雑用であっちこっちバタバタしていて、疲れていたのでしょうか。

昨日の夕方、エアコンもつけず、ソファでうたた寝をしてしまい、
目が覚めたら、激しい吐き気と頭痛が。。

窓は開いていて、風がよく通っていたけど、
多分、室温は30℃超えていたと思われます。

これはなんだろう~と思いつつ苦しんでいて(笑)
これって熱中症かも?と気が付くまでしばらくかかりました。

気が付いて、やっとエアコンをかけて、保冷剤で首など身体を冷やしましたが、
一向に吐き気がおさまらず。。
身体のだるさや頭痛もひどいんだけど、吐き気のほうがつらいという感じで。。


その後、ダンナが帰ってきてから、お風呂を沸かしてもらい、
無理矢理お風呂に入りました。
汗だくだったし、身体を冷やしていたら足が冷えてきて、
それも辛かったので。。

そしたら、不思議と吐き気だけは収まりました。

多分、表面身体が暖まり、内蔵の熱も一緒に発散してくれたのかなと
思うのですが、荒療治だったかしら。。

また体温があまり上がってはいけないと思い、
湯船には1分くらいしか入らなかったけど、
お風呂の浄化作用ってすごいなぁ!と思ったのでした。

おかげで夜はぐっすり寝られました。
吐き気ってうなされるから、今晩は眠れないかもと覚悟していたんですが。
良かった~。
今朝はすっかり元気です。

でもまだ少し、頭痛と脳みそが熱い感じはするので、
今日はおとなしくしていることにします。




ということで、私はデモの現場にはもう行けない。。
あの強力なエネルギーに太刀打ちできるくらい強くなったら行けるかも。。
今は、遠くから念力送ります!!笑

皆さんも、体調管理と熱中症対策、気をつけてくださいね~。















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



今、テレビで子宮頸癌ワクチンのCMが流れていました。

最後に「もっと守ろう」で検索してください。とのことだったので、
なんで「子宮頸癌ワクチン」じゃないのかなと思って検索してみると。。

「もっと守ろう」なら、検索項目の上位は
「もっと守ろう」キャンペーンばかり出てきますが、

「子宮頸癌ワクチン」で検索すると、
2項目目に「子宮頸癌ワクチンの危険性」って出てきました。
2項目以降も、警告する項目が多くヒットされました。

ワクチンの危険性を隠すための「もっと守ろう」で検索ってことかもね。。


最近、このワクチンのCM、また更に爽やかになって、
多く流され始めているので心配してたんですが、

打とうかなと思っている方、
娘さんを持つ親御さん、
よくよく調べてよくよく検討してくださいね。。



※追記です

参考ニュース
http://www.yakuji.co.jp/entry24299.html
http://www.asahi.com/health/news/TKY201206270538.html

これらの記事には、ワクチンとの因果関係がなぜないのか、
ちゃんとした説明がありません。

突然死のリスクが高い心室頻脈発作の基礎疾患を持っていたからとか、
筋肉注射の痛みや恐怖によるショックが原因とか、
これは推測でしょう?

本当に因果関係はないのでしょうか?

なぜ、こんなにも失神している子がいるのでしょうか?
このワクチンの成分はなんなのでしょうか?

ワクチンを売りたい製薬会社のキャンペーンだけを見ても、
真実はなにもわかりません。
ぜひ、ご自分でちゃんと調べてほしいなと思います。


















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先週、テレビを観ていたら、
「インド人が美味しいと思うカレー屋さん」が紹介されていて、
そのうちのひとつが、比較的近所だったので、
その週末に行ってみることにしました。

テレビで紹介されたその週に行くのはキケンな気がしたんですが(笑)
雨だったのもあり、空いてるかもしれないと主人が言うので。

行ってみると、店内から4~5人の列になっていて、
外で待っていたのはインド人。しかも日本語ペラペラ。

その人のお友達は中へ入っているようで、
「どうぞ~。入ってくださ~い。」と言われたので、先に中に入ってみると、
ちょうど食べ終わったテーブルがいくつかあったので、待つことにしました。

10分も待たないうちにテーブルに通してくれました。
バイキング形式だったので、ご自由にどうぞ~という感じで。笑

photo:01



ひよこ豆のカレーが一番美味しかったです!
ナンも美味しかった!
細長いタイ米?も美味しかったですが、
やっぱり日本のお米のほうが美味しいので(笑)
ナンが良かったかな~。

緑色のはスープだったのですが、色が色だけに(笑)
ドキドキしながら飲んでみたら、すんごい生姜の味でした!
後で聞いてみると、この緑、ブロッコリーの色でした。

おかずやデザートはすんごい甘くて、少ししか食べられなかった。笑

不思議に思ったのは、どのカレーにもお肉が入ってなくて、
実は先週くらいから「本気でベジタリアンになろうかな~」と
思うようになってたので、ちょうどいいわ~なんて思っていたら、

実は、ここがベジタリアンのカレー屋さんだったから、
主人が強引に誘ってくれたそうです。
私が先週から、ベジタリアンになろうかな~ってつぶやいていたから。笑

帰る時に、レジでインド人の店員さんが「お肉使ってないよ~」
と説明してくれて気が付きました。
私も一緒にテレビ観てたのに気が付かなかった。なんで??笑

ありがたや。




という週末を過ごしましたが、
今日になって、こんな記事に巡りあってしまいました。。

アメリカ産牛肉の実体
http://agri-1.com/2012/04/post-266.html
2012年4月17日


この記事の内容、人間がやっていることとは思えないのですが。。
ちょっとひどすぎる内容なので、読む勇気がある方は読んでください。。



この記事の元になっている本はこちらでした。

まだ、肉を食べているのですか
あなたの「健康」と「地球環境」の未来を救う唯一の方法

ハワード・F. ライマン, グレン マーザー (著)


著者は、牧場主からベジタリアンになった方だそうです。
Amazonのカスタマーレビューを読んでみると、
映画スライブでおなじみのモンサントなどの化学会社に支配される現代酪農から、
大病をきっかけに、有機農業へ転身されたそうです。




































いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:



以前、自分も、乳製品についての記事を書いたことがあるのですが、
時々読ませてもらってるブログに、
今日、がんと牛乳の関係について、こんな記事がありました。

http://ameblo.jp/yagyuhyogonosuke/entry-11208896480.html

なるほど。。と思ったところを一部記事転記してみますと。。



……………………………………………………………………………………………………………………


牛乳はたしかに、急速に成長する子牛(体重が1日に1キログラム増える)
にとっては完璧な食品である。

だからといって、乳児(1キログラム増えるのに1ヶ月かかる)
にもよい食品ということにはならない。
離乳期を過ぎてなおミルクを飲む哺乳動物は人間をおいてない。

成長の止まった成人が、このような成長促進物質を含む牛乳を飲んだらどうなるのか。



~中略~


古来、日本には、牛乳を飲み、乳製品を食べるという習慣はなかった。

近年の乳.乳製品の消費増大や前立腺がんの増加をまねいているという
事実を直視してほしい。



……………………………………………………………………………………………………………………




うすうす感じていたことをはっきりと言われたような、
ハッと目が覚めたような、そんな気分になりました。

赤ちゃんや子供が成長するときに飲むものを
大人も飲んでていいのかな?とはなんとなく思ってました。
自分が牛乳苦手だからっていうもありますが。笑

子供さえも、子牛とは成長率がこんなに違うんだと、
びっくりしました。




この本を読んだわけではないので、なんとも言えませんが、
好きだから時々食べる飲むというのなら、
そんなに神経質にならなくてもいいのかもしれないけど、
毎日毎日過剰に飲むのとなると。。
どうなのかな。。と思いました。

こんな本もあるという紹介でした。



こんな風にあたりまえの常識がひっくり返ることは、
これからどんどん増えていくような気がします。

それにどう対処するかは自分次第。。
柔軟でありたいと思います。














いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:




「麻の実油」を買ってみました。


photo:01


白いお皿に少し垂らしてみましたがわかるかな~。
すごくきれいな緑色でした!

加熱せず、ドレッシングなどでいただくのがいいようです。
毎朝大さじ一杯ほどが摂取量の目安だそうです。

早速、今朝、キャベツのサラダにかけて食べてみました。

野菜の緑の香り、とでもいうのかしら。
植物のあおい香りがして濃厚な味です。
もしかしたら、こういう香りが苦手な人もいるかな?
でも深みがあって美味しいんです!
パスタを食べる時に、かけて食べても美味しそうです。

ちょっといいお値段するんですが「麻」パワーを感じてみたくて。
麻の実オイルには、必要な必須脂肪酸がバランス良く含まれているそうです。












いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回も健康についての記事です。
なぜか続いてます。

前回の安保先生の動画が終わったあとに、こんな関連動画が表示されてまして、
気になってなんとなしに見てみたら、こっちにも驚いちゃったもんで。笑





牛乳は身体によくないっていうのは前々から聞いたことあったんですが、
自分が元々あんまり好きじゃないので、ほとんど飲まないこともあり、
なんで良くないのかっていうのを深く考えてなかったことに気が付きました。笑

これを見て、なるほど~!そういうことか!と思いました。
簡単に動画の内容をまとめてみますと。。


病気の原因のひとつとして「現代型の栄養失調」があり、
(この日本で栄養失調?ってだけでも驚きなんですが)

なぜ栄養失調になるのかというと「食べ物の質が悪化している」から。
食べ物に栄養素が足りないということなんだそうです。

化学肥料や農薬などで大量生産された野菜には、
従来の栄養素が少ない(半分以下だったような)と聞いたことがあります。

そして、もうひとつの重要な要因として「胃腸の消化吸収が弱っている」のだそうです。
ストレスによって弱ったりもしますが、
乳製品をとることによっても消化吸収率が下がるのだそうです。
下がるっていうより「妨げる」んだそうで。。

え~!?!

私は元々、牛乳の味が嫌いで、大人になってからは、
コーヒーに入れたりするぐらいでしたが、
ヨーグルトは花粉症に効くとかで、よく食べていました。

でもそのうち、食べると(特に朝)下痢をするようになり、
あんまり食べないようになりました。

特に「飲むヨーグルト」は絶対に飲めなくなりました。
100%お腹をこわすから。。

チーズは好きなんですけどね。
私はチーズではお腹はこわしませんが、
食べた後、ちょっと胃もたれするなとは思ってました。笑

だから、この動画の説明がすごくよく解るんです。
自分の体験として。。



身体にいいと思ってい乳製品食べて、消化不良を起こして、
栄養失調になって、病気になるんですか。。
なんだかなぁ。。



今ふと思ったんですが、私、結婚してから花粉症になったんで、
その頃、花粉症にはヨーグルトがいいって言われていたので、
ほとんど毎日食べるようになっていたんです。
その頃からだと思うんですが、朝、手の指がこわばるようになって。。

結局、病院で血液検査してもらってもリューマチではないと言われたので
ほっておいたんですが。

以前、記事にも書いたんですが、関節の炎症(リューマチ)には、
ビタミン E と C と A と B群をたくさん摂取すればいいとのことだったのです。

「医学常識はウソだらけ」
http://ameblo.jp/kumako-note/entry-11146764534.html


もしかして、ヨーグルトを以前よりも頻繁に食べるようになって、
消化不良を起こしていて、必要な栄養素を摂れないでいたのかしら??

そう考えると、つじつまが合うよな~。。
まさかヨーグルトが原因かもしれないなんて、思いもしなかったけども。。笑

今も時々、朝、目が覚めると手の指がこわばっていることがあるんですが、
もしかして、前日に乳製品を食べた時だったりして。。あはは。。



それから、骨粗鬆症にならないために牛乳を飲むという方が多いですが、
それは全くのウソで、
牛乳を2リットル(一日?)飲む人は骨折しやすいというデータがあるそうです!
え~?!


他にも色々弊害があるようでした。
それなのに、なんで給食で牛乳飲まないといけないんですかね?
Amazonで検索したら牛乳に関しての本、たくさんありますね。

この動画は短いので、ぜひ見てみてください。
この方、乳製品は「病気全般」に良くないと言い切ってます。
胃腸が弱い方とか、体調が気になる方は、詳細を調べてみてはいかがでしょうか。。
原因のひとつは乳製品かもしれない。。汗





















いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

またまた健康についての記事です。



NHKの健康番組などに出演されている、安保徹先生ってご存知ですか?

医学博士 安保 徹(あぼ とおる)オフィシャルサイト
http://toru-abo.com/index.php?FrontPage


私は存じ上げませんで、お馴染み、いつも読んでるブログに紹介されていて知りました。

私の記事のほとんどは、人様のブログ記事から、これは!って思ったことを、
記事にしています。パクリですいません。笑




では、まずはその安保先生の動画からどうぞ。







以下、冒頭だけ文字起こししてみました。


…………………………………………………………………………………………………………………………



医師不足になるほど、病気になる人が多いでしょう?
で、実際そういう病気の人たちが病院に行っても良くならない。

困っている、そういう人たちに、病気の成り立ちについて、全部含めて、
病気が治る 免疫相談室」にて、
説明してあげれたかな~と思ってますけどもね。

私は今までね、自律神経とか白血球とかを取り上げてね、
病気の成り立ちを説明してきたんですけど、
病気になるとね、たいていの人は自分の「身体」が悪いと思ってしまいますね。

ところが、病気の成り立ちというのは、真面目で頑張りすぎていたりして、
身体に負担をかけていることから始まってることが圧倒的に多いわけですね。
だから、100%医療機関に頼るっていうのは、行き過ぎなんですね。

自分の力で、生活を改めたり、考え方を変えたりして、工夫してね、
身体に負担をかけない生き方をして、自然治癒力を発揮していくっていうのが大切ですね。



…………………………………………………………………………………………………………………………



なんだか、この先生の優しいのんびりした話し方を聞いているだけで
癒された感じ。笑

うつ病についても話されていて、
うつ病は今、「本人が原因」のような言い方をされて、
薬がどんどん出されているけれども、そうではなく、

うつ病になるほど辛い環境に置かれていたり、
うつ病になるほどまじめに生きてきたと考えて、
そこから逃れなくてはだめだとおっしゃっていました。

頭痛やアトピーなども、それは身体が早く回復しようとする反応なので、
それを薬で止めることだけに集中すると、それを繰り返すだけになると。

何かに頼る「おあずけの人生」から、
 自分で工夫して生きる「自分主体の人生」へ変っていければ、
 最後まで楽しく生きられる日本になるかもしれないですね。


との、動画の最後の言葉に、じんわりじーんとしました。

最近よく「自主独立」って言葉を聞くのですが、
その意味について、新しい理解がやってきた感じがしました。

ほとんどの人が、多かれ少なかれ、何も疑わず、
「おあずけの人生」を送っていると思います。
自分だけじゃなく。笑

まずは「おあずけの人生」だったことを自覚して、そこから抜け出せるように、
常に頭や心を柔らかくしていないといけない時がきている感じです。











以下、参考までに。

安保先生の動画にでてくる「膠原病(こうげんびょう)」について

Yahoo!ヘルスケアから転記>

 膠原病は1つの病気ではありません。全身の臓器に共通して存在する結合組織という部分に変化が起こるいくつかの病気をまとめて膠原病といっています。代表的な病気は、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、全身性強皮症、関節リウマチ、結節性多発動脈炎などです。ここではその中でとくに皮膚の症状が目立つ全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、全身性強皮症について主に述べます。
 これらの膠原病は自己免疫のメカニズムによって生じると考えられています。本来、外から入ってくる異物から身を守ってくれるために働くはずの免疫の働きに異常が起こり、自分の体を攻撃してしまうのが自己免疫反応です。自己免疫反応は、膠原病以外でも様々な病気の発症に関係しています。
 なぜ、自己免疫反応が起こるのかは大問題で、現在でも解決はついていません。しかし、ある遺伝的な素質がある人に様々な誘発因子、例えば、ウイルスなどの感染、化学物質、日光などが関係して生じると考えられています。ただし、素質といってもメンデルの遺伝法則のように優性遺伝、劣性遺伝で伝わるような遺伝病ではありませんし、感染がきっかけになるかもしれないといっても人にうつる病気ではありません。































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


突然ですが、「進盟ルーム」って知ってますか?

re-karada 進盟ルーム」http://www.re-karada.com/index.html


私も全然知らなくて、昨日、いつも読んでいるブログに紹介されていまして、
名前だけではなんのこっちゃなのですが、
なんでも、調圧された部屋に入っているだけで、効果的に体温を上げて、
免疫力をあげることができるというものらしいです。

ホームページの内容を転記しますと。。



調圧ルームとは

調圧ルームに入ると、自分では意識しなくても、

酸素を普段よりたくさん吸うことができ、

体温が健康的に上がって元気になっていただけるお部屋です。

若い方からお年寄りの方までどなたでもお入りいただけます。

スポーツの前に、疲労回復に、また病気がちの方でも

安心して入っていただけます。
 

調圧ルームでは気圧を下げてもとに戻すことを50分間で数回繰り返しています。

気圧を下げたときは、旅客機の機内と同じくらいの気圧になります。

機内では食事をしたりお酒も飲みますから、体にはほとんど負担のない気圧です。

気圧をもとに戻したときは、室外と同じ1気圧になります。

 
調圧ルームに入っていると、10分もしないうちに

ご自分の体が温まってくるのを感じていただけると思います。

体温計をお持ちになれば、実際に体温が普段より高くなっているのを確認していただけます。

体温が上がると健康によいのは今や常識となっています。





ガン、アトピー、老人性のシミ、リューマチ、肩こり、腰痛、血糖など、
全ての慢性病などに、じんわりと効果が出るのだそうです。

そういえば、少し前、小堺一機の「ごきげんよう」で、
女優さん(名前忘れた。。)が言っていた「部屋」ってここのことだったのかな??
そこに1時間くらい入って、読書とかしているだけで元気になれて、
階段を上る時の疲れ方が違うって力説してみえました。

この前の東京マラソンで活躍された藤原新選手もここを使われていて、
スポーツ選手も多く通われているところみたいです。


で、気になるお値段なんですが、場所にもよるみたいですが、
東京だと1回50分1,500円。お手頃じゃないですか~(笑)
これはちょっと試してみたいぞ!
また行ってみたらまた報告します!

福島、鹿児島、埼玉、名古屋にもあるでよ。




























いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、うつ病についての記事です。

なんで私、こういう記事を書いているんだろう?笑
なんかわかんないけど気が付くと、情報というか、見つけてしまってるんですよね。。
自分でも不思議ですが、書かないといけない気がして書いてます。






いつも読ませていただいてるブログに、最近こんな記事がありました。

心の病い
http://ameblo.jp/chikyuuboueigun/day-20120225.html
2012-02-25




私の身近には、うつ病の方がいないので、あまり考えたことなかったのですが。。
実は、1ヶ月ほど前になるんですが、ある動画を見つけて、
気になったのでリンク先を保存していました。



向精神薬、抗うつ剤、製薬医療、医学の犯罪1





向精神薬、抗うつ剤、製薬医療、医学の犯罪27





動画の中で、向精神薬、抗うつ薬などの製薬医療のことを、
「科学ではなく、恐ろしく効果的な販売戦略です。科学とは無関係です。」
と言い切っている専門家もいました。

一般の、製薬会社で働く人も精神科医も、悪意があるわけではなく、
薬の効果を信じて、処方してくれているんだろうとは思います。

しかし、上記リンク記事や動画で言われていることが「実態」なら、
医者として「処方しても治らないのはなぜか?」という疑問はわかないのかなぁ。。
とは思いました。

「落ち込み」などの感情的、精神的な問題に対する解決方法は色々あるはずなので、
安易に薬を処方してもらう前に、色々調べてみるのがよさそうです。

















いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。