2005-01-31 01:42:49

フツーにかっけー!

テーマ:1st season
KREVA
ファンキーグラマラス feat.Mummy-D(マボロシ/Rhymester)
2005.1.13
PCCA-70102


マボロシ
ファンキーグラマラス Part2 featuring KREVA
2005.1.13
KSCL-761



普段はRock畑なあたしですが、
今回のこの人らのコラボはポイント高い!と見ています。
しかも、お互いが同じ日に同じ楽曲で、
レコード会社の枠を超えてリリースってのがなんとも面白い。
ふた組とも、アーティストとしての認知度も
かなり上がってきてる(ってKREVAには失礼か)この時期に、
こんな遊び心たっぷりな試みをやってくれるとは
見てるこっちがワクワクします。
このジャケットもいいよいいよー。
しっかしKREVA、かっこ良過ぎです☆ ←ミーハー過ぎです。

この間、たまたま、
マボロシの方のPVを観る機会があったんだけど、
一番最後に「to be continued」って書いてあって、
あれってどーゆー意味?と。
Part3があるってこと?
ご存知の方、ご一報下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-01-30 23:17:36

最果てなど無いと知る

テーマ:1st season
ちょっと古い記事だけど、おもしろいもんめっけ。


誰でも世界的DJに!? ブログの進化版 “ポッドキャスティング”
http://music.yahoo.co.jp/rock/music_news/mtv/20050124/mtvent001.html


分かり易く言うと、
自分がテープやMDに録った言葉や番組をMP3化して
blog上に乗っけちゃおう!
そうすれば、アナタもキミも、誰でもDJになれんじゃん!

というお話。

しかも、インターネット上で行うことにより、
・世界中に自分の言葉を発信することが可能
・リスナーは時間に縛られることなく聴くことが可能

という、普通のラジオ番組での難関も楽々突破。

ちょっと考えれば誰にでも考えつきそうなものだが、
「あ、なるほどね~。」という感じ。
おもしろそうなことを考えるなぁ、ほんと。


いろんな雑音はいろんなとこから聞こえてくるにせよ、
なかなか良い時代に生きてるなぁ、と思うよあたしは、素直に。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-29 02:02:05

「Live」という生き物の記録。

テーマ:1st season
そこにあったのは、まさに記録だった。


あの日の心や感情や、感じた圧力、鳥肌を抱えた腕、
そして震えるように胸の前で組んだ手のひらと、
誰よりも高く掲げようと必死に飛んで伸ばした拳。

それらをすべて、正面から受け止めてビクともしなかった人と音楽。



だけど。

浮かんできたのはそれらではなく、

「うわ。15000人って、ステージからはこんなふうに
 見えてたんだ」
「そーいえばこんなアレンジだっけね」
「そうそう、ここは歌詞変えてた」
「Vo.、喉が辛そう…」
「この曲のBass、もっとアップで見たい!」
「一体カメラ何台入ってんだろう」


…etcetc。


今頃分かりました。


ライブは、映像に収めた時点で
ライブではなくなるんだということを。


当たり前なことを言ってると思う。

「Live」って言葉は、まさに
「生き物」「生もの」って意味だもんね。
それをメディアに収録した時点で、
それは「Live」ではなく、
CDやDVDとおんなじ、
「Record」=記録 になるんだね。

そう考えると、
Liveを収録したメディアって
なんとも矛盾したものだな。


そして、LiveがRecordになった時点で、
いくら内容が一緒でも、
双方向が一方向に
その姿を変えてしまうことも分かった。


そう、Liveって双方向なんだよ。


今までライブにもヤマほど足を運んで、
ライブビデオやDVDもたくさん観て来たのに、
なぜ今頃こんなことを感じるんだろう。

今夜、BShiで放送された
BUMP OF CHICKEN の幕張ライブの様子、
かなりのハイテンションで観ていたのに
どんどん冷静になってしまう自分を
認めないわけにはいかなかった。

多分、それは、
あんなにはっきりとガッチリと双方向だったものが、
ガラっと一方向に変わってしまったことが
一番大きい要因なんだろうな。


そこにあったのは、Liveじゃなかった。
Liveを記録した、まさにRecordだった。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-01-19 12:46:50

肝心な問題はいつになってもわからないよ。

テーマ:1st season
iモード向け、世界最小フルブラウザが登場


というニュースが数日前に
yahooのトップだか仕事関係のDMだかに来てて、
気になってはいたものの、とりあえず放置。
昨日の夜にやっと詳細に目を通したところ、
なんと無料とのこと。
(ちなみに有料なヤツは去年すでにありました
・・・見て見ぬフリでした。)

なので、早速ダウンロード。

・・・。
とーにーかーくー、重いです。
例えばyahooのトップページを全部読み込むまでに
総武線1駅分くらいの時間がかかったような。←電車の中でやった人
「ブラウザとサーバの間でデータを圧縮し、
 パケット量を平均3分の1~4分の1に削減するため、
 パケット料金を節約できる。」

という謳いが見事に霞む気がしてしまうのがなんとも残念。
まぁ、まだまだパブリックプレビューなので、
これからどんどん改良されていくんであろう。
そのうちDoC○Moさんとかに買い取られちゃって、
携帯用のデフォルトブラウザになっていったりするんだろうね。
長い目で見守ってやるか。

あ、ちなみにFLASHには非対応です。
そりゃそーだわな。


--------------------------------------------------------

「JOY」 YUKI (ESCL-2618)
2005.01.19 on Sale


PVにやられますた・・・。
人妻でありママだとは思えないキュートさ加減と、
後ろで一心不乱に踊っているショッカー軍団(なの?)に星5つ。
この人はほんといいね。なんか得体の知れないパワーを感じる。
同性なのに同性っぽくない、でも最高にかわいい、っていう
微妙なバランスがうまくマッチしてるような感じ。

っていうか、↑と同じくらい、
最近、YOSHII LOVINSON のボウズ頭にもやられてるんすけどね。
そういや「オーシャンズ12」のブラピもボウズだった。
今年はボウズ・イヤーか?


え!?
スーパーカー解散?
は??
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-16 03:08:06

レイニー・レイトショー☆

テーマ:1st season
「オーシャンズ12」
2005.01.22 ROAD SHOW

というわけで、一足お先に先行ロードショーを観てきました。
めっちゃ寒いし、雨ガンガンな中。

※以下、ネタバレや私の自分勝手な感想が散りばめられる
 ことと思いますので、
 まだ観てなくてこれから観に行く予定の方はご注意を!!
 そういう箇所は、なるべく見えにくいカラーにしようと思いますが、
 見えちゃったとしても一切責任は負えません。



まず、何はなくともこれを言わなければなりません。



愛してるわ!ブラッド!!



あのね、フツーに考えたら40代のおっさんですよ。
しかもつい最近、嫁から「悪いけど別居してくれる?」と
言われちゃった人ですよ?
なのに、なんであんなエロいオーラぷんぷんなんだ!!
スーツ姿&その上着を脱いで袖口を折り返しつつ椅子に腰掛ける姿
なんて、そんな在り来たりな所作がものすごくセクシー。
マジかっこいー!

・・・実は冷静に考えると、オーシャンズの面々って
ブラッド・ピット以外にもセクシーで気になる俳優さんだらけなんだよね。
ジョージ・クルーニーやマット・デイモンやらの有名処は言わずもがな、
あたしが特に気になるのは、エディ・ジェイミソンとシャオボー・クィン。
特に「気になる」という点で抜きん出てるのは、シャオボー・クィンかと。
「オーシャンズ・・・」を観た方ならお分かりかと思いますが、
すっごい有り得ないくらい体の柔らかいチャイニーズさんです。
この人のプロフィールがどこを見ても不明。
出演作も「オーシャンズ11」と「オーシャンズ12」のみ(笑)。
演技も個性的なので(っていうか、そうしろ!って監督さんに言われてる
のかもしれないけどね)ついつい目で探してしまう。
今後が楽しみな役者さんです。

内容的には、・・・うーん・・・あたしは「11」の方が好きだったなぁ。
といったところ。
「11」ではミッションを展開してる時、
ホントに楽しそうに生き生きしてて、
それぞれがピッカピカにかっこ良くて、
あたしも観てて楽しかったしドキドキした。
だけど、「12」はそれがない。「ない」と言い切るのは良くないけど、
中心メンバーがミッションの前に軒並み逮捕されちゃうなんて
有り得ないでしょ?フツー。
で、残ったメンバー、・・・いわゆるザコ的なメンツがしっかり仕事を
やりきるのかと思いきや、結局全員逮捕・・・。何やってんだ、と。
いや、話のオチ的にはちゃんと中身が用意されてるんですよ!
ええ、もちろん。
でもね、才能も力もあるメンバーがそれぞれの専門分野でプロとしての
仕事をしっかりやって、スマートにでっかいことをしでかしちゃう、っていう
「11」の空気がすごく好きだったから、
そこの部分に多分に期待しちゃった
のかもしれない。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズが入って「12」という感じらしいけど、
あたしの中ではキャサリンはまだちゃんとオーシャンズの中には入り
きれてないようなイメージ。
今回の作品は、「オーシャンズ11.5」くらいだったのではないかと(笑)。
「13」になったときに、どこまでオーシャンズの一員になりきれているかも
楽しみな
ところ。

そうそう、「13」は日本で撮るよ!ってなことを記者会見でブラッドが
リップサービスで言ってたらしいけど、
そのアイディアはなかなかおもしろいと思う。
「11」ではアメリカで捕まり、「12」ではヨーロッパ、
そしたら次はアジア、中でもジャパンっていう考えは妥当だし。
ただ、無理だと思うけどね。
だって考えてもみて。あんな独特なオーラをプンプン放つ外国人の
集団がそこら辺にいたら、それだけで日本人は皆、警戒するよ。
あっとゆーまに警察に目を付けられて、捕まっちゃうよ!
覚悟して、日本に盗みに来てね、愛すべきオーシャンズ!


追記
mixi でオフィシャルコミュニティがオープンしててビックリ!
しかも管理者が、「Danny Ocean」だって・・・(笑)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-01-14 20:14:22

得体の知れない焦燥にかられる

テーマ:1st season
今月、どーしても行ってみたい。と思ってたライブが1本ある。
けど・・・スケジュール的に無理っぽいぞ、と。

前に、友達がやってるバンドってことで紹介した
「ズボンドズボン」 のBassが、
今月までのツアーをもって脱退するとのこと。
彼らのアルバムを聴いて、一番耳に残ったのが
Bassの音だったあたしは、脱退する前に絶対に
生のパフォーマンスを見てやらな!と思い、
友達にも「絶対にライブ行くから!」と、
声高らかに宣言したにも関わらず、
どうやらウソツキ野郎になりそうな予感です。
ごめんね。


基本的に、バンドものの音を聴く時には
Bassを重要視してしまう傾向がある。
それはナゼ?と言われると、
ただ単にBassの音が好きだからって部分が大きいんだけどね。

昔はGuitarがめちゃくちゃかっこいい音が大好きだった。
この「めちゃくちゃかっこいい」っていう感じ、
具体的に説明するのが難しいんだけど・・・。

今でも覚えてる。小さい頃に見てた戦隊モノのテレビ番組の
オープニング曲がすごく大好きだった。
「レッドかっこいー!!」と今と変わっていないミーハーぶりも
その頃から存分に発揮しつつも、
でもどっちかっつーと、オープニングを聴くために見ていたような、
というか、そのオープニングが流れると、
ドキドキしながらテレビの前におすわりしていたような記憶がある。
なんと、その曲が収録されたカセットテープまで買ってもらい、
イントロのギターのリフ部分を特に全身全霊で、
今でもまだまだフレーズが思い出せる程(笑)、聴き込んでたっけ。
それが、まだ幼稚園に入る前の、カセットテープの表と裏
(=A面とB面ね)で入ってる曲が違うんだ!ということも
知らなかった頃のお話。

 なのでウケることにあたし、
 日によって流れる曲が変わるんだ!カセットって。
 と真剣に思っていた、子供の頃(笑)
 (要は自分が日によって、AをかけたりBをかけたりしてたため、
  収録曲が変わっていただけなんですが、気付くワケもなく・・・(笑))



それから月日も流れて、モノゴコロって奴もついてきて、
もちろん、カセットテープのA面とB面も区別も理解も出来るようになって、
というか、時はすでにカセット→CDという時代になって、
「めちゃくちゃかっこいいGuitarが好き」
「かっこいいGuitarの音は当たり前」
「Guitarってゆーのは、かっこいくてナンボじゃね?」
という、かなりカワイクない嗜好となっていく。

バンドにストリングスを入れるのが流行れば
「やっぱ弦だよねー!」と言い、
ブラス隊が加わるのがデフォとなり始めれば
「やっぱブラスだよねー!」と言ってみたり。

しかし、
ライブに行き始めるようになり、体で音を感じる・浴びる、というような
感覚になれてくると、断然お腹に響く重低音が気になり始める。
ノルためには拍が必要→リズム隊の音をよく聴く→ノリはリズム隊次第、
というフローが自分の中に出来上がり、
「リズム隊のしっかりしていないバンドはぷーである」←かなり失礼。
という勝手な概念が出来上がる。
これが10代中盤から後半の頃。

なので、今でも、どっしりと安定した心地良さを与えるBassの音が
大好きだし、
何故か、派手で手数の多い(⇒早く叩きゃいいってことではない)Drumが
大好きだったりする。


そんな考え、というか感覚を、いい意味で初めて壊されたのが、
このズボンドズボンというバンドの、「陽」という曲のBass。
あのね・・・うまいのよ。分かりやすく言うと(笑)。
じゃあ、どうしていい意味で壊されたのか、
どっしりと安定した心地良さがない音だったのか?というと、
そんなことはない。
むしろ、若くしてあの安定感バリバリなオーラはすごいと思う。
じゃー一体ナニを壊されたんだ?オマエは、と。


Bassの音が、リズム隊以上の働きをしているのだ。


がっちりと「聴かせる音」として主張していて、
しかもその主張がすんなり通ってしまう。何の嫌味も違和感もなく、
むしろかなり気持ちのいい聴後感を伴った形で。


誤解のないように。
別にね、「聴かせたくない音」を発してるミュージシャンなんて
一人もいないと思うんだよ。
だから、「あのBass、"聴かせる音"を発してるね」っていう表現は
おかしいと思うよ。だけどなんていうの?そーじゃなくてね・・・
ああ、気持ちを言葉に直すって難しい。
あたしのココロの中、カパッと開けて見せてやりたい。

とにかく。
そんな感じになかなかの衝撃を受けたベーシスト、鈴木渉 氏。
1/31(月)、吉祥寺Star Pine's Cafeで、
ズボンドズボンのメンバーとしてラストとなるライブが行われる。

さて・・・。
どんなふうにして早々にシゴトをバックレ・・・基、切り上げようか、
あれこれと思案しているトコロである。

つーかその前に。
チケットがないんですけど!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。