熊谷駅前の兼業さむらいのブログ

名前の通り、熊谷駅前で士業(司法書士・行政書士)を兼業しています。

ブログもできるだけ続けられるようになりたいです。
どうか温かく見守ってやって下さい。


テーマ:

「成年後見って一体何ですか?」

お仕事で接するお相手の方から、

日頃、よく言われる言葉の一つです。

 

私は、「成年後見」に関する仕事もお引受けする「司法書士」です。

「司法書士」という言葉を聞いたことが無い方も

かなりの割合いらっしゃるようですが、

「成年後見」という言葉を聞いたことが無い方は

それ以上に多くいらっしゃるような気がします。

 

「成年後見」とは、簡単にいえば、

精神上の障害により判断能力が無くなっている本人に代わり

「後見人」が必要な判断をしたり法的な行為をしたりすることです。

認知症の進行した高齢者等が成年後見の対象とされる典型です。

 

よって、私は、日頃、司法書士として、

こうした成年後見を開始するために必要な書類を作成したり、

後見人として、様々な判断をしたり法的な行為をしたりしています。

 

 

あまり詳しいお話までは書けませんが、

正直な話、成年後見は、少なくとも現状では、

対象とされるご本人のご家族から大変嫌われ易い制度です。

 

ご家族にとれば、仮にご家族が後見人に就任するとしても、、

今まで当たり前に誰に気兼ねすることも無く自由に行ってきた

ご本人の名義の銀行口座から行った預金引出の全てが、

事後的ではあれ裁判所により審査されることになるのです。

 

要するに、私的な使い込みをしていないかどうかを

裁判所から絶えず疑われ続ける状況になるわけです。

そのような状況に喜んで身を置きたがるような人は殆どいません。

 

「本人が管理できないので、家族が自由に管理して当たり前だ。

 今までそうしてきたし、銀行からも何も言われたことが無い。」

成年後見の申立の必要性をご本人のご家族に説明すると、

かなり多くの方からこのような反発を受けます。

「自分は私的な使い込みなど全くしていないので、必要無い。」

 

このようなご家族にはよくこうご説明しています。

「成年後見は性悪説なのです。

 人は放っておくと悪いことをする、という考え方です。

 悪いことをしていないことの証明ができないのであれば、

 本当は悪いことをしているのでは、と疑われ易くなります。

 悪いことをしていないことを証明するためにも、

 成年後見を申立てることはよろしいのではないでしょうか。」

 

性悪説そのものの是非までは、私には分かりませんが、

成年後見を申立てていない事例において、

ご家族によるご本人の預貯金の不当な使い込みが

数えきれないほど頻発している現実がある以上、

この説明もいたしかたないのではないかと考えています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。