熊さんの農業日誌

宮崎県の農業青年の熊さんが、食と農業のことを
中心に、好き放題、書き綴っているブログです。

1日2食の玄米食を8年ほど実践。その後、低炭水化物食と出会い10ヶ月、そしてケトン食の実践へと最終移行しました。

体脂肪と自律神経の完全支配を目指しています。

☆ 2016年5月6日更新

現在は、わが農園で生産している農作物の、個人販売におけるあらゆる宣伝活動を停止しております。

テーマ:

発酵していない大豆の摂取は危険


私が、1日に必要なタンパク質のうちの、半数以上を大豆食品から摂取していた頃、時々お腹の調子が悪くなっていた事があった。


それは主に、熱を持ったガスの発生や、その異臭と言う形で、症状が現れていた。


当初は、食物繊維の取りすぎ、または、当時からよく食べていた焙煎された大豆、これの脂肪分が酸化していたのが原因であると、考えていたものだった。


しかし、インターネットを利用して情報を仕入れていくにつれ、大豆を食べ過ぎた時に生じていた、お腹の調子が悪くなるという現象の、本当の原因を付き止めることができたのである。



それは、味噌や納豆や、テンペなどの発酵食品や、長時間水に浸して作られた豆腐を除いた、全ての大豆食品について言えることであるが。


発酵していない大豆には、強い反栄養素が含まれており、これの摂取が原因となり、腸内で問題を発生させていたとのことである。


私の場合には、この問題点についてはその身をもって体験させられた次第であるが。


実際に、発酵していない大豆を大量に摂取した場合には、発芽させていない玄米を食べ過ぎた時とは比較にならないほどに、腸への悪影響が大きかったものだ。



発酵していない大豆にはもともと、高濃度のフィチン酸、酵素阻害物質その他が含まれている。


これらの要素は、ミネラルの吸収を阻害したり、消化酵素の働きを妨害するといった、あまり健康上よろしくない物質である。


摂取後に、消化酵素がまともに作用しないという所から、体内で消化する事ができずに、腐敗や、体への悪影響が始まる。


どおりで、腸の中で熱いガスが発生したり、それが異臭を放っていたりしたわけである。



そして、それらの要素を含む大豆とは、


主に、発酵していない大豆食品である、生の大豆、加熱調理されただけの大豆、短時間で茹でられただけの煮豆や大豆の缶詰食品、豆乳製品、こうした食品に多く含まれているそうである。


そして、実際にこれらの食品を食べた時に限定して、私はお腹の調子を悪くさせられたものだ。



また、上記の有害物質の影響によって、


これが女性の場合であれば、子宮を始めとした重要な臓器の健康を損ね。一方でこれが男性の場合であれば、性欲が著しく低下するなどの問題が、生じる危険性があるとのことである。


その特性を利用してなのかどうかは定かではないが、男性の場合には、余剰な性欲を抑えるために、豆乳を飲むことが推奨される旨の情報が、実際に存在する。


これは、大豆に含まれる人体に有害な物質を、通常とは異なる目的で有効利用する技術であると言えるものの、その取り組みを長く続けるのは、危なそうだ。



さて、今回私が紹介させていただいた情報については、


発酵していない大豆を食べる上での注意点の、1つに過ぎない。


大豆食品に関係した、この手の健康情報についてもっとよく知りたい方は、書物やインターネット情報より詳しく調べていただくと、もっと多くの情報を得られることと思う。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
クマエです。

ここ2数週間の間、第三者からアメーバアカウントの乗っ取りを受けており。

記事の投稿も何も、行えない状況が続いておりました。

現在では、運営側と本人確認が取れ、再びログインができるようになったため、これからまた、アメブロの利用を再開したいと思います。



現在のところ、過去に投稿した記事が削除されるといった被害は、起きていない模様。

他に事例としては、アメーバピグポイントが全て奪われる事件があるそうで、ピグのお部屋をよく利用されている方の場合には、注意が必要です。

私のように、ピグの利用がない方の場合には、関係のない話ですが。

対策としては、ログインのためのパスワードをより難解なものに変更することを推奨されます。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の体脂肪率の測定日は、11月16日水曜日。時刻は夕方の風呂上がり時。


先々週までの私は、骨格筋量の低下により体重が減少していたのであるが。


そこで、3大主要栄養素の1つである脂質を、積極的に摂取するように努めることにより。


徐々に骨格筋量の回復を見せ、体脂肪率の低下を再開したのであった。


それでは、今回の結果を見てみよう。






{D3577200-D8D4-4C24-B949-855650CCE65C}

{3526E8B5-8F83-4170-943E-8B0F7B8AF3DA}

{D396BA7F-DD14-406A-8B77-C1554D038A50}

{018C0E0C-0E1D-43FF-808A-49644BEA21B2}

{9068AD6B-C269-45A6-B593-64E605A5A600}

{E4C05BCA-1E93-4F21-BA06-B9AC22B26564}

{1A2D078B-0164-4F95-85EF-6A76C0BB0B40}



実に良い感じである。


骨格筋量が徐々に増大し、体脂肪率も低下してきている。


空気の乾燥が進んで、体脂肪計のセンサーから発せられる電気信号の通りが弱くなっていくこの季節で、これぐらいの体脂肪率が出せるのであれば、私個人的には80点といったところである。




さて、脂質の摂取量を増やしたことにより、骨格筋量が増大した点について、触れてみたいと思う。


私は肉体労働者であるが、何も1日中激しい負荷を伴う筋肉動作を仕事で行っているというわけではなく、そのうちの大半の時間は、持久力的運動によるものである。


そのため、炭水化物の消費量が閉める消費カロリーはそれほど多くはなく、本当に必要なのは、脂質が持つカロリーだったのである。


そもそも私の筋肉量が低下していた原因については、これは、1ヶ月程度以前から行っていたもので、主食を米ぬかのみにして、あまり意識して炭水化物を摂取しなくなっていたことよりも。


炭水化物の摂取量が減少し、総合摂取カロリーが低下しているのにかかわらず、相変わらず脂質の摂取量が、非常に低く抑えられてきていたことが大きかった。




炭水化物が適度に不足している分については、瞬発的な運動を行ったときに、体組織に貯蔵されたグリコーゲンを始め、内臓脂肪や筋肉繊維内外の脂肪、皮下脂肪のカロリーで補うため、体脂肪に残量があるうちは、何も気にしなくて良いのであるが。


一方でこれが、脂質が不足していた場合には大変なことで。そのまま持久力的運動を継続した場合には、筋肉が蓄えているタンパク質がアミノ酸に分解されて、炭水化物に変わるカロリーとして利用されるわけである。


それを、脂質を積極的に摂取するようにしたおかげで、脂質の摂取量が充実し、筋肉が蓄えているタンパク質が消費される機会が減少する事によって、逆に骨格筋量を増大させる条件を揃えることができたというわけだ。


これで、状況が改善されたのである。



今回の一件において、私が取り組んだ目新しいこととしては、ただ1つだけである。


それは、脂質をほとんど含んでいないプロテイン製品の摂取を一斉中止し、本物の食べ物からタンパク質と脂質を摂取するという方法である。


ダイエットというと、何かと脂質が悪者扱いされがちであるが。


こと、炭水化物の摂取量を制限する、低炭水化物食を実践している者にとって、脂質とは、筋肉を落とさずに済むために、最もたくさん摂取するべき栄養素であるのかもしれない。


ただし、個人の体質(糖質消費型、脂質消費型など)も関係しているので。あくまで今回紹介させていただいた方法は、ダイエット中でも筋肉を落とさずに済むための方法のうちの、1つに過ぎないと思う。



現在は一時的に筋肉の増量に努めている関係で、摂取カロリーの合計は1,360キロカロリーに設定。


内約は下記の通り。


脂質100グラム900キロカロリー

タンパク質75グラム300キロカロリー

炭水化物40グラム160キロカロリー


脂質の摂取量目安に関しては、あくまでも理想の値であり、現実的にこれを達成することが難しいため、実際の摂取カロリーの合計はもう少しすくない。


タンパク質については、プロテイン製品は一切使用せずに本物の食べ物から摂取する。


炭水化物については、食材がもともと含んでいる分のみで摂取量を達成できない場合には、蜂蜜を食べて調整。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。