ピヨピヨはじめてのキャンプ

テーマ:

 

 

     工藤ノリコ 作

      佼成出版社
 

 

ピヨピヨ一家がリュックを背負ってやってきたのは山の中です。

きれいな水が流れる川のそばでテントを張ってキャンプをするのです。

「みんなの しごとは たきぎひろいですよ」と言われた
ピヨピヨたちは、はりきって山奥に入っていきます。
「いっぱい ひろおう」「ピヨピヨ」「ピヨピヨ」「あっ、きのこ」
あれあれピヨピヨたち、拾うのはたきぎじゃなかったの?
みんなのリュックの中身がすっかりきのこで埋まったころ、ふと気がつくのです。
「ここ、どこだろう」迷子になったみたいです。
ピヨピヨたちを救ってくれたのは、カッパさんたちの家族です。
仲良くなったピヨピヨさんたちとカッパさんたちが

たき火でごはんを炊き、魚を焼いて、きのこのカレーを

みんなで食べます。

キャンプの楽しさが伝わってきます。

夜はもちろん寝袋に入ってテントでおやすみなさい。

 
 
   キャンプの経験があんまりないですが 楽しそうですね。
 
    暑さが本番です。
    皆様 ご自愛ください。
 
 

 

  

AD