ぱかっ

テーマ:

 

 

   森 あさこ 作

   ポプラ社

 

「たまごさん たまごさん」とよびながらページをめくると、

ぱかっ!ひよこがうまれます。

つぎからつぎへといろいろなものが、ぱかっ!と登場していきます。

シンプルな言葉の繰り返しと、カラフルで楽しい絵変わりが

すごく たのしいです。

 

  あかちゃんのはじめてブックスにぴったりです。

 

  『 ぱかっ 』 そして 『 にこっ 』 です。

 

 ★★★

パカッ(ぱかっ)とは、なにか開閉できる構造のものが

開いたことを表すオノマトペのことである。

オノマトペとは不思議なもので、絶対にそんな音がするはずがない

事象に対してその擬音を当てることで、まるで確かに

そう聞こえるような気がしてしまうものである。

この「パカッ」という事象も絶対にそのような音が鳴っているはずは

ないのだが、それを目にした時にはまるで「パカッ」っと

鳴ったような感覚になるのである。

 

  

                ★★★

  

   こんな感じですよね。

 

   私 先日 頭の中が いいえ 心が ぱかっと

   開いた感じがしました。

   ある言葉を聞いて そうなりました。

   思い切り 泣けました。 

  そうそう ありませんから、ひと前で泣くこと。

  感謝です。

  ぱかっ 確かに音がしましたよ。

 

 

 

AD