おおきなゾウとちいさなゾウ

テーマ:

 
    たしろちさと  作
  教育画劇
 

 

 

 

水の楽園オカバンゴを目指すゾウの群れの中に,

1頭の子供の小さなゾウがいました。

でも、その群れからもお母さんからもはぐれてしまいます。

たった ひとりぼっちになったのです。
1頭のおじさんゾウに出会い、やはりオカバンゴにいくことがわかり

一緒に行くことになります。
おじさんゾウは一人で旅していたのですが、小さなゾウを守る役となります。

そも大きなゾウの心境がとてもよく 描かれています。

無事にオカバンゴに着き,小さなゾウはお母さんゾウと再会できました。

ほらと 背中をおすおじさんゾウのやさしさとそのあと
一人歩いて行く大きなゾウの姿がとても印象的です。

 

    さあ、今日は自主研で 京都まで行ってきます。

 

 

AD