あんちゃんのよだれかけ

テーマ:

 
     田仲由佳 作

  教育画劇

 

あんちゃんがごはんをたべます。


ピンクのランチョンマットに

たまご焼きやブロッコりーやにんじん ウインナーと

たっぷりのおかずとごはん。
おみそ汁と、デザートのいちごもいいですね。

そして 大きなねこさんのかおがついたよだれかけを

しています。


あんちゃんがお芋を「あーん」すると、
あんちゃんのよだれかけも「あーーーーん」!
まあ、おおきなおくち!
あんちゃんよりも大きい「あーん」です。

あんちゃんのフォークから卵焼きがつるりんと落ちると、
よだれかけが「ぱくり!!」と食べちゃいました。
あんちゃんは「あっ」という表情で、

ねこさんのよだれかけをのぞきこみます。
さあ、もう大好きなものを落とさないように食べますよ。
あれっ、最後にお皿ににんじんが残ってますね。
あんちゃんはぷいっと横をむいちゃってます。

すると よだれかけが ・・・・。

だから あんちゃん こんどは ちゃんとニンジンもたべます。


作者の田仲由佳さんは保育士さんだそうです。
現場でたくさんの子どもたちに愛情を注いでいることが

あんちゃんの様子が可愛いことでよくわかります。
あんちゃんが食べる様子や、かわいい表情が生き生きと

描かれています。

 
  食育にもいい絵本です。
 

  よだれかけというネーミングは昭和かとおもいましたが

  今 現場でもそういうのでしょうか。

  エプロンというと思ってました。
  よだれかけをスタイっていうのは知ってました
  食事スタイともいうらしいですね。
 
   さあ、今日は教材改定講座に行ってきます。
 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

AD