• 20 Aug
    • シンデレラが語るシンデレラ

          クゲユウジ 文   柴田ケイコ 絵   高陵社書店   シンデレラが お母さまをなくしてから 継母と新しい姉妹が家にきました。   仲良くしたいという気持ちをもって 迎えたあの日から・・・・。   色々な立場にたって、その人が体験することができます。 一人称にすること、とても考えやすくなるような感じがします。 こういう切り口の絵本が出たんですね。 新しい家族とはじめてであったときどう思った? ガラスのくつがぬげたとき、あなたならどう思った、どうしたかな?   『桃太郎が語る桃太郎』がすでにでていて  秋には 「 浦島太郎が語る浦島太郎」が出るそうです。  いろいろなことを考えれる年齢になってから 読むのがいいかもしれません。    まずは シンデレラの世界をじっくり 堪能してからだと  すごく 楽しめますね。          

      NEW!

      5
      1
      テーマ:
  • 19 Aug
    • とうだい

           斉藤 倫 文    小池 アミイゴ 絵    福音館書店         みさきに いっぽんの とうだいが たった。 うまれたての とうだいだ。 よるになったら あかりを くる くる うみを ぴか ぴか ひかりは ふねの めじるしになった うみを ながめていると はじめて であうことばかり あれは ぎょせん  ぴちぴち はねる さかなを つかまえては はこんでいく きらきら あれは さかなの むれ ぬるっと おおきい あれは くじら みんな しらない どこかから きて しらない どこかへ いくんだな どこにも行けない灯台は、 世界中を飛び回る渡り鳥に憧れていましたが、 ある嵐の夜、自分の役割に気づきます。 斉藤さんの、 優しく、リズミカルな文章と 画家の小池アミイゴさんの美しい海の絵。 この灯台のモデルは、福島の塩屋埼灯台なのだそうです。 1ページ1ページ、時間ごとに色あいを変える絵が本当にきれいで、 ゆっくりと味わいたくなる絵本です。       塩屋岬のとうだいって 美空ひばりさんの  「塩屋岬」の舞台にもなっていますよね。  あの歌もいいですね。    灯台の役割ってすごいですよね。  渡り鳥のように じっとしていない性分の私は  安心感を与えるどっしりとした  とうだいの存在に憧れます。                   

      3
      テーマ:
  • 18 Aug
    • たのしいいちにち 

               わかやまけん さく      こぐま社    「朝ごはん」から、「おやすみなさい」まで、こぐまちゃんの 一日がわかります。    なんて かわいいのでしょう。    赤ちゃん絵本です。  小さいサイズで持ち運びに便利です。  ちっちゃい子のママさんにおすすめです。     作者のわかやまけんさんが 2年前に亡くなられていたそうです。  『 しろくまちゃんのほっとけーき』をはじめとして   たくさんの絵本を残していただいたことに大きな感謝です。      「たのしいいちにち」 にするかどうかは    どう 考えても 自分次第ですね。    今日は 教室です。    みんなを笑顔で迎えたいです。    楽しい一日にしていきましょう。     

      4
      テーマ:
  • 17 Aug
    • おべんとうばこのなかから

             中川ひろたか 文    おかだよしたか 絵    世界文化社        お弁当箱の中から 飛び出してきたのは・・・・。       しりとりになっているので 子どもたちも考えてくれます。           最初はウインナーです。     おかださんなら ここは 納豆で続けるところと予想しますが     中川さんは なす です。       楽しいしりとりで 絵もダイナミックで     こどもたち 喜んでくれること間違いなしです。     歌もついています。       お弁当はいつも 嬉しいテーマです。       昨日は 朝から お寺さんがお参りに来てくださり     夜は こちらから お寺さんに行きました。       朝も 夜もお経を唱えておりました。           さあ、今日は充実の日にしないといけないので      がんばっていってきます。        なんのためか それはまた 追々 お知らせいたします。(^_-)-☆                

      3
      テーマ:
  • 16 Aug
    • ぼくのなつやすみ

             葉祥明 作         絵本塾出版     ぼくは こぐまのトムトムです。   夏休みが始まりました。     野原でちょうちょを追いかけたり   川で魚とり。   海では スイカわりもします。      葉祥明さんの絵は ギラギラしていないけれど    夏の風景は しっかり伝わってきます。      子どもたちの夏休みは まだまだ続きますね。    私の夏休みも あと 少し。    今日は お寺さんが 家に来てくださり    夜は お寺に行かせていただき お参りします。      その間に 明後日からの仕事の段取りをしたり    たまった仕事も ちょこっと 片づけます。       朝晩の空気は ちょっと 変わってきていますね。                

      4
      テーマ:
  • 15 Aug
    • どうぶつえんのみんなの1日

               福田豊文 写真    なかのひろふみ 文       アリス館    人気者の動物園のなかまたちですが、  1つの動物を朝から晩まで  観察し続けることって、できません。 「おやつの じかんは?」 「よるは どこでねるの?」 「ベンキョーしているの?」 こどもたちのそんな疑問に、 ばっちり答えてくれるのがこの絵本。 ページをめくれば、朝、昼、夜と、 1日を追った貴重な写真がいっぱいです。 表情豊かな動物たちの生態がよくわかります。       次の写真は 昨日 私が天王寺動物園で撮りました。                             昨日 孫たちと天王寺動物園に Night Zoo ということで       行ってきましたよ。         去年も行きましたが 楽しかったです。              

      4
      テーマ:
  • 14 Aug
    • たべものへんしーん

          わらべきみか 作  教育画劇    食べ物が いろいろ ほかの食べものに へんしーーーーん。      穴あきしかけになっていて 楽しいです。        わらべさんのイラストを教室便りによく使わせてもらっています。      すごく かわいいのです。         イラストって 記事に入れると効果があります。       季節のものも上手に取り入れてね。         お盆を皆様 いかかお過ごしでしょうか?       お仕事の方もありますね。          ちょっとだけ 夏の盛りが過ぎた感じがします。        お盆過ぎると 余計でしょうね。             でも、暑さはもうしばらく 続きますね。         ご自愛くださいませ。       

      2
      テーマ:
  • 13 Aug
    • みんなのはなび

          おくはらゆめ 作   岩崎書店       みんなでよぞらの花火ををみていました。   はじめて花火をみたタヌキのボーちゃんは おしっこをもらすほど   感動していました。   すると ボーちゃんが 花火に。   そして うさぎのうっちゃん かえる こまどり みんな花火に。          でも、ちゃんと 最後には元通りになっていました。       昨日は 夜空の花火大会のように お誕生日メッセージを     いっぱいいただきました。       父のところでも 「 クイズです。今日は何の日でしょうか?」     と、聞くと 「 うーーーーん」 と答えられなかったです。     でも、この間から 忘れていた自分の誕生日は思い出せました。     「 すごい」 です。     あとは 父の一番 頑張っていた時代の話をすると     笑顔になりました。     父に感謝の気持ちで ありがとうを伝えて帰宅すると     娘から プレゼントが届いていました。                        ほかにも思いがけず お友達からのプレゼントも届いていました。       ちゃんと 12日に届くようにお手紙付きでした。       もう、このお年頃では お誕生日でポイントがもらえるとかの案内       ばかりですから びっくりと嬉しさも大きいものでした。          一夜明けて いろいろ 考えました。        この一年のスタートをするにあたり        目標をもって 日々を送ろうと思います。        スイッチを入れ直して 積み重ねます。           お墓参りをすませて さあ、今日は断捨離です。                                                                                              

      8
      テーマ:
  • 12 Aug
    • きょうはたんじょうび

            中川ひろたか 作   村上康成 絵       さくらがまんかいの木の下で 園長先生とあつこちゃんが    お話してます。    「 あれから 一年たったんだね。」    「 わたし、きょう たんじょうびなんだ 」    「 お、おめでとう。あつこちゃんも ひとつ としをとったということですね。」         それから みんなで 写真をとったあと 一年を振り返りました。        「 はいはい、それじゃこれから あつこちゃんの        おたんじょうかい いたしましょう 」         こんな絵本を 今年の2月に書店で見つけて 自分のために       即購入していました。          まさに 今日のお誕生日にあらためて 読んでいます。        中川さん ありがとうございます。        自分が「あつこ」でよかったなんて 一人で喜んでいます。        生んでくださってありがとうと母に        育ててくださってありがとうを父に。        家族にもいつもありがとうを。        そして 縁あって このブログに来ていただいた方にも        ありがとうございますの感謝を心から 申し上げます。             これからも 感謝と喜びと元気と笑いを忘れすに        日々を精一杯 生きようと思っています。                                                  

      9
      3
      テーマ:
  • 11 Aug
    • ふじさんです

              丸山誠司 作     教育画劇   むかしむかしの大昔には、めちゃくちゃよくしゃべってた“ふじさん”。 声がよく通るからって落語なんかしてみんなを笑わせたり、 相撲をしたりして すごい、人気者でした。イエーイ! 星を取って琵琶湖にあげたりしたこともあります。 でも、ある日、絵を描くからじっとしててとたのまれて…。 人が良くって頼りになって、いつの時代も人気者のふじさんです。、 ふじさんが、じーっと 長い間 寝ていて起きてびっくり。 新幹線に乗ったり飛行機に乗ったりもしていますよ。 ダイナミックな笑いとびっくり、楽しい絵本です。      今日は山の日です。      富士山は やっぱり 数ある山の中でも    人気者ですよね。    世界に誇るふじのやま。       落語もできるって素敵。     笑いは いいですものね。       このブログだって くまちゃんの笑って日記ですから。       笑いは 奥深いです。     今 それに挑戦します。     なんか わくわくします。     楽しみながら がんばります。              

      5
      テーマ:
  • 10 Aug
    • パパおふろ

             きくちちき 作   文渓堂      大好きなパパと一緒にお風呂にはいる幸せ。    くまちゃんおやこのお風呂の様子は    楽しくて ほほえましいですね。        きくちさん自身が愛息さんとの日常の中から    生まれた素敵な絵本です。       ダイナミックな絵が素敵です。            暑いですから 何回もシャワーを浴びる毎日です。    草抜きしたら もちろんです。    そのあと 食べるアイスは最高においしいですね。               

      3
      テーマ:
  • 09 Aug
    • だれかしら

               多田ヒロシ 作      文化出版局   今日は うれしいのぼくのお誕生日。 たくさんのお友達が来てくれます。   とんとんとん と ねこさん。 とんとんどん と きりんさん こんこん と ねずみさんたち とんとことん と うさぎさん   それぞれのプレゼントも素敵です。     いいお誕生日になりました。     さて、今日は 私の長女のお誕生日です。   生まれてきてれて たくさんの喜びをありがとう。   感謝、感謝です。     さあ、 とんとんとんしにいかなきゃ。   思いをこめて ありがとうとプレゼントを届けましょう。              

      3
      テーマ:
  • 08 Aug
    • 台風のついせき 竜巻のついきゅう

          かこさとし    小峰書店   台風と竜巻ってどうなっているの? 子どもさん向きにわかりやすく解説されています。 台風の発生とか解剖図とか、興味深いです。 竜巻のほうは 、ちょっと難しめですが、 大人でもなるほどって理解できていいです。 竜巻の威力ってすごいんですよね。    かこさんの絵本のジャンルは幅広いですよね。        昨日の台風は 奈良を通っていきました。        教室でスタンバイしていたのですが 雨はすごかったです。     帰宅してから風がだいぶ きつく吹いてきました。       この台風5号 最長寿命の記録を塗り替えたそうです。     おめでたくもないのですが・・・。     先月に発生してから のろのろと迷走していましたね。         さあ、今日もがんばっていきましょう。               

      5
      テーマ:
  • 07 Aug
    • くいしんぼうのこぶたのグーグー

             得田之久 作    イシヤマアズサ 絵    教育画劇      いくら食べても いつもおなかがすいているこぶたのグーグー。    たべものやさんに 働きにいくのですが    ついつい 売り物のおにぎりやおだんご すいか ケーキ    メロンパンなどを 食べてしまいます。    それぞれのお店から    首を言い渡されてしまいます。    でも、ふくろうのパン屋さんだけは    パンの作り方をおしえてくれました。    一生懸命 修業したぐーぐーの    パン屋さん開業です。    おいしそうなパンが ずらーり。    大人気のパン屋さんになりました。      好きなことが仕事になるといいですね。    私も やっぱり 本業が大好きです。       台風の影響がないといいのですが、     皆さんもお気をつけてください。    

      2
      テーマ:
  • 06 Aug
    • なんにでもレナール!

             魔法使いのレナールのかける素敵なおまじないは、  いつも子どもたちをハッピーにしてくれるのです。  コックさん、消防士さん、電車の運転手。 楽しいことが大好きな子どもたちは、毎日夢を叶える遊びに夢中。 そんな子どもの夢と想像力がふくらむ『ごっこ遊び』の世界が、モ グラのレナールの魔法で、たちまち本物に早変わりするんですね。 魔法のおまじない『ナンニデモレナール!』って唱えてみてね! 想像力豊かに子どもが『なりたい! なりたい!』 と思うつよい気持ちを応援する絵本です。          『 ミンナ ナンニデモ レナール 』    唱えてみませんか?      あなたの夢はありますか?    もしかして ずっと 温めていて     あきらめていたことないですか?      『 ミンナ ナンニデモ レナール 』 と言ってみたら    夢が本当になるのではないでしょうか。    いや 本当になりますよ。       そんな気持ちでいる最近の私です。 (^_-)-☆     

      7
      テーマ:
  • 05 Aug
    • わにがわになる

               多田ヒロシ 作   こぐま社       にんぎょのにんぎょう     はちとはちがはちあわせ     ねこがねころぶ     パンダのきゅうしょく ぱんだ          いっぱい出てきます。      私は しかがしかられる    これが好きです。      1977年初版です。     たくさんの言葉遊び絵本の元祖的なものになるかもですね。       おやじギャク的ですが     絵が可愛いです。       台風も心配です。     被害が出ないように祈ります。                 

      4
      テーマ:
  • 04 Aug
    • そらのいろって

                  ピーター・レイノルズ    なかがわちひろ 訳    主婦の友社     マリソルは青い絵の具がないから空の絵が描けないと 途方にくれてしまいました。 困り切って空をながめてみたら、あれ、 空って、べつに青くないのじゃない。 マリソルは絵の具をまぜて「自分の空の色」をつくり、みごとな空の絵を完成させます。 他人がつくった既成概念にとらわれないこと、自分の目で見て、肌で感じ、耳で聞いて、 そして心でとらえることは、子どもたちの成長や、輝かしい未来にとても大事なことです。 型にはまった見方をしていたら、その先には進めない。大人やまわりの人がつくった枠から一歩ふみだすことは勇気がいるかもしれないけれど、でも、一歩をふみだそう。  幼いころ、美術の先生にその大切さを教えられて道がひらけた経験が 作者のアーノルドにあるそうです。     先入観をなくすってとても大切ですよね。         この絵本の奥付けに こんな言葉があります。        わたしから あおい えのぐを とりあげ    そらを みあげて かんがえさせてくれた 画家    アルド・セルビーノに           素敵な言葉です。        先日 教室でこんなことがありました。         幼中さんと幼長さんの兄弟の弟の方が       急にご機嫌がわるくなって 動こうとしません。       今日は 全員 かえるときに飴をもらえるのに        飴は大嫌いときっぱり 言います。       お母さまは 「 いいえ。大好きです。」と。       ベテランスタッフさんの対応にも反応せず        困ったお母さんとお兄ちゃんは一旦 外に出ました。       ずーっと 様子を見ていると 少しづつ 飴を用意している       私の方に にじり寄ってきています。       長い時間をかけて 到着して じっくりと好きな飴を選びました。       そして 「 もう 一個 いい? 」 と聞きました。       もちろん あげてもいいのですが       みんなに 「 一個ね 一個よ 」 と念押ししている手前もあり       「 偉かったね。ちゃんと 自分で取りにきて 選べたね。ありがとう。」       「 うん。」       「 一つだけ選べて 賢かった。」       あとは あたまなでなでして さよなら。          その次の教室で その子が入室してきました。        「 この間 暴言を吐いて すみませんでした。」と        私に言いにきました。        きっと お母さんに車の中で言われてきたのだと思います。        あの時 私にはその子は暴言はもちろん言ってないし        何もしていませんのに。        スタッフ先生とお母さまには悪態をついたらしですけれど。        でも、勇気を出してちゃんと言えたんですね。すごいです。        いつも 先入観でものごとを判断せずにいたいと考えています。        この間 泣いていたからとか 難しがっていたとかは 一旦        私たちの心の中には留め置いて 今日のあなたを見ましょうって        決めています。                 今日 「こんにちは」と来てから帰るときには         何か 一つ 賢くなって帰れる教室を目指しています。            さあ、週末 がんばりましょうっと。                             

      4
      テーマ:
  • 03 Aug
    • かしこいビル

         ウイリアム・ニコルソン 作・絵    松岡享子 吉田新一 訳    ペンギン社       主人公のエミリーが、おばさんから招待の手紙を 貰うことから物語が始まります。 大喜びで準備を始めます。 持っていく荷物をあれこれつめますが、トランクに収まりきりません。 そんなのものもって思うけれどお気に入りを。 そしておもちゃもたくさん。 しかし、どさくさで、近衛兵の人形のビルが。 トランクに入れ忘れられてしまい、泣き伏してしまいます。 涙の水たまりができるくらいです。   そして ビルは走りに走って エミリーに追いつきました。     かしこいビルです。     このすごいスピード感が絵本の見せ場です。       1926年に作者が娘のエリーのために      「 ふたごの海賊 」 ともにかいた絵本です。      出てくるおもちゃは実際娘のものを描いているそうです。      イギリスでは歴史的な価値のある作品として評価も      たかく のちの絵本作家にも影響を与えているようです。      昨日 絵本のお店のメリーゴーランドの鈴木さんの絵本の選び方で    紹介いただきました。      やっぱり 絵本はいいですね。    そして 読んでもらえるのは至福です。    おかげで暑さにもめげず 頑張れそうです。              

      4
      テーマ:
  • 02 Aug
    • せみとりめいじん

               かみやしん 作      奥本大三郎 監修      福音館書店       ごんちゃんはせみ取り名人です。   てっちゃんはめいじんから色々教えてもらいます。 まず 網から指導してもらいます。 なるほど すごいな~ 名人はやっぱり違います。 真剣な表情のごんちゃんについていく てっちゃん  こどもってこんなふうに大きい子に教えてもらって じぶんのものにしていくのですね。 せみの種類も色々 鳴き方も色々あります。 くまぜみ:シャンシャンシャーン みんみんぜみ:ミンミンミーン あぶらぜみ:ギギギギィー ひぐらし:カナカナカナ にいにいぜみ:チィーチィーチィー つくつくぼうし:オーシンツク オーシンツクツク     どの声がどのせみか分かるようになったらほんとのせみとり名人 てっちゃんもきっと名人になる日がきますね。     我が家も朝早くから セミの合唱です。   夏の風物詩です。      

      3
      テーマ:
  • 01 Aug
    • ピヨピヨはじめてのキャンプ

               工藤ノリコ 作       佼成出版社     ピヨピヨ一家がリュックを背負ってやってきたのは山の中です。 きれいな水が流れる川のそばでテントを張ってキャンプをするのです。 「みんなの しごとは たきぎひろいですよ」と言われた ピヨピヨたちは、はりきって山奥に入っていきます。 「いっぱい ひろおう」「ピヨピヨ」「ピヨピヨ」「あっ、きのこ」 あれあれピヨピヨたち、拾うのはたきぎじゃなかったの? みんなのリュックの中身がすっかりきのこで埋まったころ、ふと気がつくのです。 「ここ、どこだろう」迷子になったみたいです。 ピヨピヨたちを救ってくれたのは、カッパさんたちの家族です。 仲良くなったピヨピヨさんたちとカッパさんたちが たき火でごはんを炊き、魚を焼いて、きのこのカレーを みんなで食べます。 キャンプの楽しさが伝わってきます。 夜はもちろん寝袋に入ってテントでおやすみなさい。        キャンプの経験があんまりないですが 楽しそうですね。       暑さが本番です。     皆様 ご自愛ください。         

      3
      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

旧ランキング

日々のできごと
9380 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。