• 31 Jan
    • リズム

         まさこひであき 作  ミキハウス    リズムがここちよく 出てくる言葉が  心に染み入る、  色使いも なにもかも 赤ちゃんが  無条件に反応します。     すごいな、絵本力。      この絵本に大きな力をいただきました。           

      5
      テーマ:
  • 30 Jan
    • おすしのずかん

          大森裕子 作   藤原昌高     白泉社   まぐろ、おおとろ、びんとろ、あぶりまぐろ、づけまぐろ…… 赤い身のお寿司がずらりと並んでいるのです。 「あかいおすし」登場です。 とろの色味や炙りの焦げ目、かつおに乗せてあるしょうが、 どれも本当においしそうです。 次のページでは 「あかいおすし」に登場するネタとなったお魚が海の中で泳いでいるのです。 まぐろはもちろん、かじき、かつお、さーもん、びんながまぐろも。(和名はびんちょうでなかった) 同じ赤身ですが、大きさも、姿かたちもみんな違います。     白いお魚もほかのお寿司も、、、、、。     お寿司好きさん 必見。      今週もがんばっていきましょう。              白泉社      

      2
      テーマ:
  • 29 Jan
    • アブナイかえりみち

             山本孝 作    ほるぷ出版        同じ団地に住む仲良し5人組は   放課後スペシャル探検隊として   まぼろしのおうきゅう チンダ・ダラハを目指すのです。     それぞれが 一号から五号となり   さあ、出発だ。      学校おわったら まっすぐ かえりなさいと    二号は オバハーン族 ( おかあさん )に連れていかれたぞ。    その後も 冒険はアクシデントにあいながらも    無事 その目的を果たしたのであった。      すごい迫力の絵と男の子の妄想(?)満載の絵本です。       私 今度 生まれ変わったら男と決めていますから     こんなことも必須です。     男の子の放課後の過ごし方がまぶしくクラクラします。       昨日の平田さんのめおとライブに来ていたこの絵本を描かれた     山本孝さんに サインをいただきました。                        すごいでしょ。     すごいでしょ。と2回もいいます。       山本さんは かねてから大好きで     内田麟太郎とのコラボされている季節の絵本も     お話会に よくもっていきます。       昨日は そのあと     大人の絵本読み聞かせ会に行き     この絵本を見ていただきました。       すごく 面白いと食いつかれたお若い男性の方。     あかちゃんと奥様と沖縄からご参加でした。     さすが男の子の気持ちに寄り添う作品であり、     その方の感性も素晴らしいですね。        大人の絵本の読み聞かせ会も      読み方 選書 お人がら      すべて 新鮮で興味深く楽しい時間はすぐ 過ぎました。      ドタ参加でも 快く迎えていただき 感謝しています。                           

      4
      テーマ:
  • 28 Jan
    • ぱんつくったよ

              平田昌広 作     平田景 絵     国土社       ぱん つくったよ   ぱんつ くったよ     区切るところをかえると 意味がかわっちゃう。      そんな楽しいことがたくさん出てきます。       私はこれが いちばん お気に入りです。       おかあちゃんと ふく きがえなあかんで     おかあ ちゃんと ふく きがえなあかんで       このときのおかあちゃんが 朝 寝ぐせのついた頭と     バナナ模様のパジャマ姿で 子供に言われている様子が     微笑ましくて好きです。         この絵本の著者の平田ご夫妻のお話し会があって     行ってきました。       お話し会の中でも 吉村さんと指名してもらったり     仕事をいじってもらいたいへんうれしかったです。       そのうえ 山本孝さんも応援に来られて     ちゃっかり お三方のサインをいただけて大喜びです。              そのあとは 大人の絵本読み聞かせ会にも 当日参加させていただき     この絵本を読ませてもらい ほかの方のも聞かせてもらい     うっとりの至福の時間をすごさせてもらいました。        朝からは 父の元気な顔をみて 昨日 届いた美味しいほめいもを      ちょこっと たべてもらいました。      おいしいと喜んでくれました。      昨日 たまたま 来ていた孫たちも 家でパクパクと      皮まで食べたそうですよ。             

      8
      テーマ:
  • 27 Jan
    • へぇこいたのだれだ?

             平田昌広 文    野村たかあき 絵    公文出版             暗闇の中で「ぷーっ」という音とにおい。 子鬼の三兄弟はお互いに言いあいます。 おいおい、おならをしたのはだれだ? 「へぇ こいたのは おめえか?」 「おらじゃねえだ。こいつだべ」 「なに いうだ。こんな まっくらん なかで にいちゃんたちは なにが わかるんだ?」 するとまたまた ・・・・「ぷ~~う」。 おまけに「へ~っくしょん」「げ~っ」くしゃみやゲップまで! 兄弟たちは「くしゃみやゲップはおらだけど、おならは違う」と言いはります。 真っ暗な部屋の中で繰り広げられるこのやり取り。 さて、いったい だれなんだ。 声に出して読んで面白い、読んでもらってよけい楽しい絵本。 えほん作家、平田昌広さんの文章がいいです。 版画家野村たかあきさんの子鬼たちのがかわいいんです。 さて、外の光をあびて一転した明るい部屋の中では 鬼の一家が描かれていてそこも見所でほのぼのしますね。      平田昌広さんは 家族思いの優しい方です。  この絵本も家族愛がベースにあって 読み終わって  ほっこりします。    今日も絵本力に感謝です。    

      4
      テーマ:
  • 26 Jan
    • のりおのふしぎなぼうえんきょう

             平田昌広 文    平田景 絵    講談社      おかあさんにもらった古いカレンダーの紙を くるくるまるめて望遠鏡にしてのぞいてみると あら ふしぎ・・・・・・。    おおむかし ってかいて呪文をとなえると  マンモスに原始人 すごいよ。    むかーしむかしって書いたら・・・・。  ちょっと むかしって書いたら・・・。  5ねんまえって書いたら  のりおはあかちゃんだった。     ほんとうに不思議な望遠鏡です。               サイン入りで大切にしています。        私は ○十年前って書こうかしら。      うーーーーん、悩みます。        皆さんなら どうします?                   

      2
      テーマ:
  • 25 Jan
    • これはすいへいせん

        谷川俊太郎 作   tuperatupera  絵   金の星社               谷川俊太郎×tupera tupera さんの初コラボとなる絵本です、 ことばが つながる たのしい “つみあげうた”えほん! “これはすいへいせん”の一文から始まって、ページをめくるごとに、 つぎの文がくっつき最後はとても長くなる、“つみあげうた”の言葉あそび絵本です。 谷川さんの独特の語感とリズムにみちた言葉に、 クラシックな世界観が新しいtupera tuperaの絵が斬新です。   これはすいへいせん これはすいへいせんのむこからながれてきたいえ これはすいへいせんのむこうからながれてきたいえで ひるねしていたおじいさんのガブリエル…。    どんどんつみあげられていくのです。谷川俊太郎さんの 「 これはのみのぴこ 」 と同じ手法で 読み手には 相当の体力と練習がひつようです。    大勢のまえで ほーーーって聞いてもらえると  たいへん幸せです。      さあ、今日も一日 PCの前にいました。申告業務です。    そして今から 教室便りをかきます。    毎月の恒例です。    月初めはPCで作り    月末はひたすら 手書きです。    最初のころは ひたすら手書きばっかりでした。     自宅教室での通し番号は 893になります。    第二教室は 458です。    1350枚以上続けているんです。        PCでも手書きでも伝えたいことはいっぱいですが、    手書きのほうが、より思いが強まるような気がしています。    アナログ派ですが時代のながれにそってPCの便利さも    取り入れながら 両刀使いです。     頑張って仕上げます。    

      4
      テーマ:
  • 24 Jan
    • つるのおんがえし 

          長谷川摂子 作   ながさわまさこ 絵   岩波書店    てのひらむかしばなしシリーズはどれも小型ですが  内容は充実しています。   さすが 長谷川さんの語りは素敵です。 そして ながさわさんの貼り絵がとてもきれいです。 雪景色や鶴の恩返しのイメージを存分に表現しています。 このお話はおなじみですが長谷川さんの文章によって しみじみ語られています。    わかものとつるの恩返しがよく知られていますが  こちらは おじいちゃんとおばあちゃんバージョンです。  娘同様に一緒に暮らして、恩返しをしますが  みないでくださいの約束を守れなかったのは  おばあさんです。       いとまごいをして 空に帰っていくつるですが   たくさんの蓄えをのこしていってくれました。        昨日 珍しく雪が舞ってきました。    積るまでにはなりませんでした。   しばらく 寒さは続きますね。      さすがに昨日は 1時までには寝床に入りました。    皆様も お体ご自愛くださいませ。      教室でもぽつぽつ インフルエンザがはやりかけています。                       

      5
      テーマ:
  • 23 Jan
    • よるのこどものあかるいゆめ

            谷川俊太郎 作 むらいさち 写真マイクロマガジン社  めを つむってごらんよるがゆめで あかるいよゆめはゆらゆら ゆれながらだれかがねるのを まっている とてもやさしくリズミカルな詩と、幻想的で鮮やかな海中の写真が織りなすとてもきれいで不思議なファンタジーの世界。体も心もリラックスし、心地よい眠りへと誘う1冊です。海中をゆっくりと散歩しているような気もちになれます。     巻末に おふろに入って 歯を磨いたか  トイレにいってきたか ぬいぐるみはよういできているか  などなど たくさんのチェック項目もあるんです。    読み終わりには 素敵な眠りの世界へ。      なんか 週の始まりなのにいきなり 癒し系ですが     まったり いきましょうか。     寝不足の身にたまりません。      今日も絵本力に感謝です。  

      5
      テーマ:
  • 22 Jan
    • おおきなおおきなにんじん

           刀根麻衣 作   小学館  うさぎの六匹の兄弟が、畑で大きな大きなにんじんを見つけました。「これで何ができるかな?」うさぎの兄弟は、みんながにっこりできることを考えることにしました。「これで、なにができるかな? なにができるかな?」「そうだなあ、ヨットかふねになるんじゃない?」「そらをとべるんじゃない?」 想像は膨らみますね。  でも、さいごは・・・・。 やっぱりね、うさぎさんですものね。   刀根さんの絵が優しくていいですね。   青色申告業務中 PCの不具合が・・・。   ピンチ チャンスか?  今日はほかのことせずにがんばります。           

      2
      テーマ:
  • 21 Jan
    • ふわふわふとん

            カズコ・G・ストーン 作  福音館書店  寒い冬です。やなぎむらの虫たちも、このままでは寒くてたまらないとあたたかい布団を探しに出かけました。すると霜柱に突き上げられてこまっていたはさみむしのチョッキリさんに「ががいものたねならふわふわして暖かそうだよ」と教えてもらいました。やなぎむらの虫たちは雪の降る中、ががいものたねを見つけ、持って帰ろうとしますが、大きくて運べません。草の中で凍える虫たちと、ががいものたねを協力して運ぶ懸命な様子に、思わず「ガンバレ!もうすぐだよ!」と応援したくなります。やっとたどりついたやなぎハウスで、ぬくぬくとあたたまる虫たちを見ると、ほっとします。       

      3
      テーマ:
    • ふわふわふとん

            カズコ・G・ストーン 作  福音館書店  寒い冬です。やなぎむらの虫たちも、このままでは寒くてたまらないとあたたかい布団を探しに出かけました。すると霜柱に突き上げられてこまっていたはさみむしのチョッキリさんに「ががいものたねならふわふわして暖かそうだよ」と教えてもらいました。やなぎむらの虫たちは雪の降る中、ががいものたねを見つけ、持って帰ろうとしますが、大きくて運べません。草の中で凍える虫たちと、ががいものたねを協力して運ぶ懸命な様子に、思わず「ガンバレ!もうすぐだよ!」と応援したくなります。やっとたどりついたやなぎハウスで、ぬくぬくとあたたまる虫たちを見ると、ほっとします。       

      2
      テーマ:
  • 20 Jan
    • トビーのごはん

       トリーナ・二ヒネ―ジェ 作アニー・ウエスト 絵フューシャ 訳 奈良にある啓林堂書店さんのHPより  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆    アイルランド語から英語を介さずに直接、日本に翻訳しているグループ、 アイルランドフューシャ奈良書店から、 ほのぼのとした犬とハリネズミのおはなしが2冊同時刊行されました!長く英国の支配下に置かれ、本国で衰退の一途をたどるアイルランド語を、絵本を通して子供たちに伝えるために、アイルランドの童話作家・トリーナが母国語で描く 犬のトビーとハリネズミのグズの楽しい日常。啓林堂書店の全店舗とジュンク堂書店奈良店で販売していますので、 ぜひお手にとってご覧ください。   ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆    この2冊を献本していただきましたので  啓林堂さんのこれから実施のお話し会で読ませていただきます。   犬のトビーとはりねずみのグスのコンビがいいんです。  ぼけとつっこみ(?)的な二匹ですが  グスがいつも トビーの味方です。   いいな、こんな相方がいつもそばにいればと・・・。    「 トビーのなくしたほね」 は 私のことかと身につまされるし。。    大学非常勤講師の荒木さんが開くアイルランド語の勉強会。  アイルランドの絵本や民話を日本語に訳して出版する  NPO『アイルランドフーシャ奈良書店』を立ち上げられています。   最初は尻込みするメンバーを引っ張っていった   アイルランド文学翻訳家の荒木さん すごいです。   「 もっとアイルランドのことを学びたい。翻訳したい。」   全力で応援させていただきます。   素敵な絵本です。    

      5
      テーマ:
  • 19 Jan
    • まひるの月を追いかけて

              恩田陸 作   文春文庫       失踪した異母兄を兄の恋人と探す旅にでます。   この作品には奈良がたくさん出てきます。   ストーリーも私のお気に入りです。     今日は絵本の紹介でななく、恩田さんが    直木賞受賞のニュースをみたのでこうなりました。      昨日 Kホテルで新春講座と表彰式がありました。     35年の表彰をしてもらいました。      なので 今日は 大好きなモンブランを買いに行ってきました。     やっぱり 美味しい。 和栗がたまりません。     35年って なんかすごいようだけど     毎日毎日の積み重ねです。       自分へのご褒美のモンブランで      また 頑張れそうです。       

      4
      1
      テーマ:
  • 18 Jan
    • もう あかん!

           岡田よしたか 作    学研         主人公のいぬのこだわり。誰かが先にしたところはいやや 人に迷惑かけるところも あかん。納得できる場所探しまわります。 でも・・・・なかなかいいところがなくて決まらず  みんなに 「はよせんかいな」といわれるのですが・・・・決められません。でも  やっぱりがまんできずに ポト  おちましたでもまだこだわるところが なんともいえません    でも もう あかん~   ブリブリブリ~。  あーーーー やってしまったその時のかおがたまりません。    昨日 タイミング合えば 見てるTV番組の  「 よーいドン! 」  特に 隣の人間国宝さんのコーナーが好きなのですが。  新聞の番組欄に 60歳の人気絵本作家に隠された意外な素顔のタイトル   誰が出るのと興味津々で見てました。   やっぱり 奈良在住のこの絵本を描いたおかださんでしたよ。  おうちの中での取材で一回りぐらい年下の奥様も登場。    おうちでは寡黙だそうですが   作品はどれも 落語のように楽しいものばかりです。     これも 出版社から 子どもの喜ぶ「 うんこ 」 ネタを    リクエストされたそうです。      大阪出身で今 奈良県在住で    年齢も近いし 親近感があって ずっと応援しています。     一度 打ち上げで飲み会ご一緒したけれど    ようしゃべってくれはりました。                

      4
      テーマ:
  • 17 Jan
    • わたしのひみつ

              石津ちひろ 作    きくちちき  絵    童心社   私の秘密 教えてあげる 私ね 鉄棒は苦手なのだけど 塀の上なら猫みたいに歩ける私ね 給食は半分しか食べられないのだけど りんごだったら 続けて3つ食べられる私ね 鍵盤ハーモニカは上手に弾けないのだけど 知ってる歌なら誰よりも元気な声で歌える私ね 時々仲間はずれにされることがあるのだけど ありさんたちとはいつでも仲良く遊べる私ね 夜は怖くて1人でトイレに行けないのだけど キャンプの時 星を見ながら寝るのは好き空って良いなあ・・・私もいつか空を飛べるかなああっ・・・(飛んだ)私の秘密 誰にも言わないでね.          これは NHKの人気番組であった  「 私の秘密 」 です。    司会の高橋圭三さんの冒頭の名セリフ。「事実は小説より奇なりと申しまして、世の中にはいろいろと変わっためずらしい、貴重な経験をお持ちのかたが多いものでございます。」    きゃあ、懐かしいです。  同感してくださる方もご存じない方も  ご自分の『私の秘密』って なんだろうって思っていただけたら  うれしいです。  とっておきの 『私の秘密』 いいですね。            

      4
      テーマ:
  • 16 Jan
    • おめでとうのおふろやさん

           とよたかずひこ 作 ひさかたチャイルド ぽかぽか、ぽかぽかとおふろがわいています。かめさん夫婦が大事にたまごを抱いて、そろりそろそろ、おふろにとっぷ~ん。小さいかめさんたちも、よちよちよちよち、ぱちゃぱちゃ、ぱちゃぱちゃ、すーいすい。とっても気持ちよさそう。次には ニワトリさん夫婦がやってきまました。ぽかぽかぽかぽか。ふあ~。そうそう、温かいおふろって気持ちいいですよね。パカッ!パカッ!なんと、たまごがわれて、小さな赤ちゃんが生まれましたよ。おふろにつかって気持ちいいの表情や、お湯の中で遊ぶ楽しそうな子どもたち、たまごがわれて赤ちゃんが飛び出す瞬間など、たまらなく幸せな気持ちになります。家族みんながぽかぽかになって帰っていったあと、地面がグラグラゆれて、やっぱり出てきたのは。    おふろであたたまることって 本当に 「 あーーー 」 って声が出るほどきもち良いことですよね。    私の実家のお隣のおばあちゃんが   おふろ上がりに「 極楽 ごくらく 」 っていうてはりました。   今から思えば 私が幼児さんのころで   その時のおばあちゃんの年齢はと思うと 「 極楽」 の言葉にも   親近感がわきます。          さあ、寒さの中で 今朝は 月命日で我が家に    僧侶さんにきていただきました。    今から 今度はそのお寺で    新年会があり いかせていただきます。     読経していると 不思議に暖かくなるのです。    無心に。ただ 無心に。    次から次と あれこれ考えてしまいがちですが    そんな時間も必要なのですね。                  

      2
      テーマ:
  • 15 Jan
    • みんな、くよくよ悩んでいたって・・・!?

           くもん出版    生きていれば、色々あるさ。  出会いも、別れも、喜びも、悲しみも、全部まとめて「人生」じゃないか。  帯に こう 書いてあります。  失敗や、悩みを乗り越えてきた有名作家たちのエッセイを収録。すてきな人生を歩むための大きな「力」となるはずの1冊です。  太宰治 『 諸君の位置 』 菊池寛 『 わたしの日常道徳 』 林芙美子 『 わたしの先生 』 室生犀星 『 わたしの履歴書 』 坂口安吾 『 恋愛論 』 島崎安吾 『 三人の訪問者 』 芥川龍之介 『 葬儀記 』 柳田一男 『 猿の皮 』 寺田寅彦 『 子猫 』 和辻哲郎 『 すべての芽を培え 』 このラインナップ どうです?ずいぶん前のに書かれたものであるのに、今読んでも 十分 伝わってきます。    三人の訪問者って なんだと思いますか?   島崎藤村は 「冬」が訪ねてきた 」 「 お前が『冬』か? 」  「貧」が訪ねてきた 」 「 お前が 『貧』か?」  「老」が訪ねてきた 「 お前が『老』か?」  しかしこの訪問者が私のところに来るようになってまだ、日が浅い。  わたしはもっとよく話してみなければ、ほんとうに  この客のことはよくわからない。  ただ、わたしには「老」の微笑ということがわかってきただけだ。  どうかしてわたしはこの客をよく知りたい。  そして自分も本当に年を取りたいものだと思っている。      ずいぶんお若い方も私のような方も感じるところありませんか?    どの作品も さすがとうなりながら 読んでいます。     寒い中 教室で英検対策をしました。    午後から ずっと みんな よく頑張りました。            

      6
      テーマ:
  • 14 Jan
    • ふぶきのもり

           手島圭三郎 作   絵本塾出版  ふぶきのとりは静かに静かにとびました。もりを みおろしながら、おりるひろばを さがします。雪を降らす、大きくて白いふぶきのとり。吹き荒れる風にむかってぐんぐん飛んで行くと、静かな森が雪一面の世界になりました。そして積もった雪はどうぶつの姿となり、ふぶきのとりと共に歌い踊ります。真冬の森にこだまする一夜のフアンタジーです。   今日 ちょっぴり雪を見ました。   雪国の方の寒さ 雪かきなどのご苦労を思いながら  この絵本を読んでいます。   寒さで震えましたが なんとか 今日のうちに帰り着きました。  みどりの窓口も11時まで開いていて  お友達の分も 来月分の新幹線の指定席チケット買えました。    

      3
      テーマ:
  • 13 Jan
    • ともだちだれだ

            新井洋行 作    大日本図書    仲間集めみたいな絵本ですが   ちっちゃいときって よくしましたね。 「ごはんの ともだち どーれだ?」とハンバーグくんが、「おやつの ともだち どーれだ?」とチョコパフェちゃんが聞きますよ。ページをめくると、ごはんのともだちは左ページ、おやつのともだちは右ページと2つに分かれています。次は「ぶんぼうぐの ともだち」と「しょくじで つかう ともだち」。「スポーツでつかうともだち」と「楽器のともだち」。「電器屋さんで売ってるともだち」と「家具屋さんで売ってるともだち」。普段 みていても実は名前がわからない子どもたちもいるのですが「わけっこ」されたページのイラストには、そばに名前が記されているので、それぞれの名まえもわかります。  イラストが新井さんの絵はめちゃくちゃかわいいのです。  いつも絵本力に元気をもらいます。 ありがとう。楽しかったよ。えがおになります。  ようし、今日も頑張れるってそう思えます。           

      3
      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
168752 位
総合月間
231720 位
日々のできごと
11453 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。