• 31 Dec
    • きょうとあしたのさかいめ

         最上一平 作   渡辺有一 絵   教育画劇  これは紙芝居です。   今日は大晦日です。 秋から遠くに仕事に出かけていた お父さんもかえってきます。   家族揃って 大掃除、お買い物、おもちも  いろんなところにお供えします。  とても昭和な年越し風景ですが  気持ちも新たにすがすがしい気持ちになれてよいですね。     去年の今頃は近くの春日神社さんの年越し準備で   家と神社を何回も行き来していました。    神主さんのお祓いをうけて ご近所のかたと   年越しをさせていただきました。   あれから 一年が過ぎたのです。   この一年もいろんなご縁をいただき 幸せでした。   うれしかったこと 残念なこと (気のせい ピンチはチャンス)   笑ったこと びっくりしたこと ( 生きてる証拠)   本当にありがたいことです。    皆様の来年も 穏やかで   素晴らしいものとなりますように。     来年も精進して毎日更新していきます。                        

      5
      テーマ:
  • 30 Dec
    • サルくんとバナナのゆうえんち

         谷口智則 作  文渓堂 森で暮しているサルくんはいつもひとりぼっち。散歩をしたり、バナナを食べたりしていますが、ひとりぼっちは楽しくないのです。ある日、散歩のとちゅうで穴の中に落ちてしまいました。すると、穴の中にモグラがいて、サルくんのバナナを1本わけてくれたら楽しいところに連れて行ってくれるというので、サルくんはバナナをモグラにあげて、バナナの遊園地に連れて行ってもらいます。バナナの遊園地にはバナナの形をした面白い乗り物がたくさんあります。自分のバナナをチケットがわりに一本わたすと乗ることができるのです。遊園地にいる動物たちは、みんなワイワイと楽しそう。やっぱりサルくんはひとりぼっち。まわりをみると、そこに同じようにひとりぼっちのウサギさんがいました。サルくんはウサギさんが気になりだして後を追います。そして、迷子になって泣いていたウサギさんを助けようと思うのです。「ぼくがきたから もうだいじょうぶ。いっしょに でぐちをさがそう。」そんな時、1人につき1本のバナナをくれるなら出口に連れてってやるとコウモリがやってきました。サルくんは、最後のバナナをウサギさんのために使おうとします。すると、ウサギさんがこう言ったのです。「ふたりで いっしょに いたいのよ。」ずっと ひとりぼっちだったサルくんがはじめて聞いた言葉。サルくんは その言葉をしっかり受け止めました。そして、ふたりは最後のバナナをどうしたのでしょう。     ひとりっぼっちは つらい。   本当にそうですよね。   サルくんもうさぎさんももう ひとりぼっちではなくなりました。     今年は申年でした。     一年間 お世話になりした。   サルさん ありがとうございました。       

      4
      テーマ:
  • 29 Dec
    • てのりじんじゃ

           山田マチ 作   北村裕花 絵       ひさかたチャイルド      てのりにんじゃは、本当に めちゃくちゃ小さいのです。足音たてず、忍び足で、とても速く走ります。だから めったに気がつかれないんだそうです。でもおなかがすいて 誰かのお家にばたっと倒れこんでくるかもしれません。だから いつやってきてもいいように、てのりにんじゃについて知っておく必要があるのです。「にんじゃだんご」の作り方や、それを食べさせる方法。しばらく住み着いてもらうにはどうしたらよいか?修行したいにんじゃのために、何を用意したらいいか?忍者は太ってはいけないし、いつも身構えているため布団でも寝ないのです。おまけに修行が大好きなので 修行できそうなものを用意しておくといいのです。  すごい、さすが、忍者さん。  忍者好きには たまらない絵本です。   忍者さんと私の生活態度とは大違いです。  それに 良く見たら 手のり忍者さん  イケメンです。   いつ 手のり忍者さんが来てもだいじょうぶなように  この絵本でしっかり 学んでおきましょう。   年末ゆえに どなたさまもお忙しいでしょうね。      今年も 皆様のおかげで    毎日更新できていて 感謝です。    ありがとうございます。         

      6
      テーマ:
  • 28 Dec
    • ゆきのしたのおともだち

           ばんたくま 作    くもん出版   外は雪です。  うさぎが たいくつしていると もぐらがやってきました。  「もぐらくんは いいな。穴を掘れば みんなとあえるね。」   それなら 一緒にほればいい。  一生懸命 ほっていくと きつねさんや  いのししさんのところにいけました。   つぎは クマさんのところにいきました。  冬眠中のクマさん 少し迷惑そうでした。  でも、絵本を読んであげたり   (タイトルはゆきのしたもおともだち)  絵をかいたり はちみつとバターたっぷりの  ホットケーキを作ってたべたりしました。   すっかり 眠くなったクマさんとお友だち  一緒にベッドで寝ました。    「 ふゆだって、わるくないもんだ。     みんなといるなら ほんとうにたのしいもの」    クマさんは そう 思いました。     雪のしたのそれぞれのお家が素敵なんです。   そして ほっこり 優しいきもちになります。   月曜日と火曜日にスタッフ先生たちが   かわるがわる読んでくださいました。   それぞれの読み方があって素晴らしいですね。   生徒さんも じっと 聞き入ってました。   その表情を見れるのが とても好きです。     この絵本はばんたくまさんのデビュー作です。     絵本塾で学んで 絵本を作り    それが 書店にも並ぶってすごいことですね。     絵本をいつか作りたいと思っていますが、    よい刺激を受けました。     いつかを実現したいものです。            

      3
      テーマ:
  • 27 Dec
    • ストーブのふゆやすみ

             村上しいこ 作    長谷川善史 絵    PHP研究所  村上しいこさんのわがままお休みシリーズです。  今日は家族で楽しみにしていたスキー旅行の日です。みんなで戸締り点検していたら、いつもの場所にストーブがない。やかんだけが残っています。「ストーブが家出したんや」とお父ちゃん。おかしいなとみんなで探すと、こたつの中でストーブを発見しました。すると、「ちょっと寒いやないの。はやくふとんおろして」といったのは、目と口と鼻がついているストーブでした。短い足もついてます。しかも、ストーブはこたつで留守番しているといってます。でも、富士山が見られるというお父ちゃんの嘘にストーブもスキーに行くことになりました。  さてさて、スキー場ではどんなことが・・・。   私はこのシリーズの大ファンです。   今回も大阪弁をしゃべるストーブの言動と  家族のやり取りが面白いです。    子どもたちは 冬休みに入ってます。  今回は18日間もありますね。    『病気や怪我などに気をつけて   自分のやるべきことはちゃっちゃっとして   お手伝いも率先してやりましょう』と昨日 全員に伝えてました。   スタッフ先生がみんな しっかり聞いてましたねと教えてくれました。   本当に いい子たちばかりです。    

      3
      テーマ:
  • 26 Dec
    • おふろやさんのまねきねこ

          とよたかずひこ 作   ひさかたチャイルド 湯気がほわほわのおふろが、大中小と野原に3つあります。「いらっしゃいませ~ いらっしゃいませ~」まねきねこが手前の小さなおふろの中から手招きしています。「4めいさま ごあんな~い」やってきたのは、しかさん一家です。その次はライオンさん一家。5めいさま、8めいさま、ご案内の数はどんどん増えていきます。おふろやさんは大繁盛です。大きなおふろは「男湯」。中くらいのおふろは「女湯」。子どもたちはどっちのおふろかな?みんなで、ワイワイ 温まります。  いいな、お風呂。 まねきねこさんの手招きもいいですよね。 思わず 入りたくなりますよね。   お風呂って わいわい 入るのも楽しいですよね。  先日 お風呂好きのR君と入りましたが  コミュニケーションをお風呂でとるのもいいです。  さあ、クリスマスも終わり 年末にむかって  もう ひと頑張りです。        

      2
      テーマ:
  • 25 Dec
    • クリスマスのちいさな木

         クリス・ラシュカ クリス・ラシュカ   作さくま ゆみこ 訳e.e.カミングズ e.e.カミングズ 光村教育図書  ちいさな木にはちいさな夢がありました。それは はじめてみる都会の、ちいさな家のなかで、ちいさな家族に囲まれて、楽しいクリスマスを過ごすことでした。明るい色彩、色とりどりの世界のなかで、ちいさな木の周りで展開されていくすてきなようすができごととよろこびの声とともにあざやかにうかびあがります。小さな夢が、しっかり 花を咲かせたのです。ゆったりとした時間の中に身をおいて、幸せなクリスマスを味わうことができます。    わたしは クリスマスをわくわく たのしみながら   ことしをふりかえる時間もなく ワチャワチャしてます。       それも ありがたいことです。 ほんとうに。

      3
      テーマ:
  • 24 Dec
    • クリスマスのまえのばん

          クレメント・ムア 作  ターシャ・テューダー 絵  中村妙子 訳  偕成社    一年中で、このクリスマスの前の晩、クリスマスイブにはそれはそれは 神聖な静寂がありますね。それが見事に表現されているような素敵な絵本です。 北欧のイメージがあります。美しい絵が、ずしっと 直球で心に入ってきます。サンタが来るのを楽しみに、子ども達が眠る暖かな暖炉の部屋。月明かりの中降りてくる8頭のトナカイたち。オーロラの幻想な雰囲気。煙突から家の中に降りたサンタが暖炉から登場。きっとこんなだろうと確信できますね。    皆さん、イブはいかがお過ごしでしょうか?   Silent NightHoly NightAll is calmAnd all is brightRound yon virginMother and childHoly infant so tender and mildSleep in heavenly peaceSleep in heavenly peaceSilent NightHoly NightSleep in heavenly peace     

      5
      テーマ:
  • 23 Dec
    • ラーゲルルーブのおばあちゃん

           司修 作    ぶねうま舎  おばあちゃんとふたりきりのとっても寂しいクリスマス。でも、おばあちゃんが「 むかし むかし 」 と話をしてくれました。 月も星もない、真っ暗な夜でした。男の人が家々の扉をたたいて、火を少しいただけないかとお願いしてまわっていました。「あかんぼうが生まれたんです。火をかしてください」だけど、どの家も扉を開けてくれません。男の人が家のない野原まで歩いていくと、遠くに小さな火が見えました。そこに行くと、火のまわりにたくさんの羊たちが眠っていました。男の人が火をもらおうと手を差し出した時、いじわるそうな羊飼いが目を覚まし、つえをビューンと飛ばします。つえは男の人にあたりませんでした。火種をもらった男の人は手でもってもやけどしません。男の人の不思議な力を感じた羊飼いは、火をあげたあと、後ろをつけていきます。 冷たい石の上で寝かされている赤ちゃんに羊飼いは自分が見につけていた羊の皮の腰巻をかけます。   羊飼いの心はだんだんうれしさでいっぱいになります。  そして いろんなものが見えるようになっていました。     おばあちゃんの話を どうしてどうしてと聞いていた   女の子も満たされた気持ちになるのです。   お話の上手なおばあちゃんでした。       クリスマスのキラキラはなくても   とても幸せな気持ちになる絵本です。                 お話が上手じゃなくてもいいのでよいお話を選んで    子どもたちが本を大好きになるお手伝いをしたいです。    私もそんなおばあちゃんを目指したいです。         

      5
      テーマ:
    • ラーゲルルーブのおばあちゃん

           司修 作    ぶねうま舎  おばあちゃんとふたりきりのとっても寂しいクリスマス。でも、おばあちゃんが「 むかし むかし 」 と話をしてくれました。 月も星もない、真っ暗な夜でした。男の人が家々の扉をたたいて、火を少しいただけないかとお願いしてまわっていました。「あかんぼうが生まれたんです。火をかしてください」だけど、どの家も扉を開けてくれません。男の人が家のない野原まで歩いていくと、遠くに小さな火が見えました。そこに行くと、火のまわりにたくさんの羊たちが眠っていました。男の人が火をもらおうと手を差し出した時、いじわるそうな羊飼いが目を覚まし、つえをビューンと飛ばします。つえは男の人にあたりませんでした。火種をもらった男の人は手でもってもやけどしません。男の人の不思議な力を感じた羊飼いは、火をあげたあと、後ろをつけていきます。 冷たい石の上で寝かされている赤ちゃんに羊飼いは自分が見につけていた羊の皮の腰巻をかけます。   羊飼いの心はだんだんうれしさでいっぱいになります。  そして いろんなものが見えるようになっていました。     おばあちゃんの話を どうしてどうしてと聞いていた   女の子も満たされた気持ちになるのです。   お話の上手なおばあちゃんでした。       クリスマスのキラキラはなくても   とても幸せな気持ちになる絵本です。     私もそんなおばあちゃんを目指したいです。         

      テーマ:
  • 22 Dec
    • ぼく、ドジオ。

        いわいとしお 作  小学館 ぼくは小学生のトシオです。運動が苦手でドジばかりだから、おねえちゃんからは「ドジオ」って呼ばれています。 何をやってもドジばかりで怪我がたえません。ある日、ほしかった工作の本を買ってもらいます。お父さんもてつだってくれて、おとうさんも子供のころはドジばかりだったと教えてくれました。そして、出来上がったロケット型のたこをとばしにいきました。大会でドジオのエントリーナンバーは119です。さて、結果は? ベストセラー絵本『100かいだてのいえ』の作者のいわいとしおさんが描く、自らの少年時代のものがたりです。クリエイターとしてのいわいさんの原点ともいえますね。得意なこと、夢中になれることを見つけることができると、人はどんどん変わっていけるのですね。もちろん、見守ってくれる、応援してくれる人の存在があるとなおさら いいですね。 子どもたちも大人も読んでほしい1冊です。   

      4
      テーマ:
  • 21 Dec
    • きりの村

        今江祥智 作 宇野亜紀良 絵 フェリシモ出版 むかしむかし、深い霧の底に沈む、静かな村がありました。村に住んでいる少女、チエは美しい声で歌いながらマリをつきます。ある日千江がいつものように霧のなかでマリをついていると、見知らぬひとりの少年が現れて自分についてくるようにといいました。千江が彼のあとにつづき、深い霧の奥へ、奥へと進んでいくと……。  実はその美しい声をきかせて、おばあちゃんを元気にさせたいという 少年の願いがあったのです。   宇野さんの絵が幻想的で素晴らしいです。  思わず引き込まれます。    今日の朝は私の住んでいるところが   めずらしく 霧がたちこめていてどこをみても真っ白でした。    自主研にいくため 車に乗りこみましたが   ちょっと不安な感じもするものの   それはそれで 気をつけて運転しながら   霧を味わってました。   お昼にはすっかり 霧もなく穏やかな日となりました。        冬至の日には 毎年 お守りをいただくことにしています。   いつも朝に行くのですが 今日はお昼の3時過ぎにいくと   いろいろな神事をされていて参加できて ラッキーでした。              境内で鬼が地響きをたてて足を踏み鳴らし     悪いものを追い払う鬼剣舞です。         神社についてしばらくお参りをしていると    目の前がぱっと明るくなったのが不思議です。    おかげをいただいていることを感じました。    ありがたいです。    今日 新しいお札を夜12時に張り替えます。                 

      5
      テーマ:
  • 20 Dec
    • ないしょだよ

           さこももみ 作    岩崎書店  動物たちがなにやら ひそひそ内緒話をしています。みんながとこちゃんに、こしょこしょと内緒話を。何をいっているのでしょうか?耳元でささやくあの特別な距離感。くすぐったい心地よさ。内緒で伝えたいことはたった ひとつ あなたがだいすきですよ。   ここにおいでいただいた皆さんの お耳にそっと お伝えしたいことがございます。   絵本をテーマに毎日 何かを書いています。  今日も読んでいただいていると思うと  すごく うれしく 励みになります。   いつもありがとうございます。    絵本力に元気をいただき    今日もがんばれそうです。      

      4
      テーマ:
  • 19 Dec
    • とりかえっこ とりかえっこ

           ふくだじゅんこ 作    大日本図書  りんごちゃん、みかんくん、ばななさんにめろんどん。 みんながそれぞれ ぬぎぬぎぬぎぬぎ~とはだかになりました。 みんなでおようふくをとりかえっこしますよ。  さぁ、どれにする?  結局 元の姿がいちばんということになります。 ちっちゃい子たちが服を脱いだり着たりするときに この絵本で着替えが楽しくなりそうですよ。   大人の読み方をするとしたら  身の丈を知るということもありますね。  自分をよく知り 相手のことも認める    今週も絵本力に感謝で 元気にスタートです。        

      6
      テーマ:
  • 18 Dec
    • かえってきたクレヨン

            ドリュー・デイウォルト 作   オリヴァー・ジェファーズ 絵   中川ひろたか 訳    絵をかこうと、箱をあけたら……クレヨンがなくなってるいったいぜんたい、どうしたんだ。お絵かきをしていたダンカンのところに、ハガキの束がとどきました。誰から? ハガキを読むと、それはクレヨンたちからダンカンへあてた、抗議と怒りとお願いのお手紙でした。どこかに忘れられたり、折られたり、ほうっておかれたクレヨンたちからの、必死のお手紙でした。クレヨンたちの気持ちにまったく気づかなかったダンカンは深く反省して、みんなが幸せになれる、あるアイデアを思いつきます。そのアイデアとは……。   前作の「クレヨンからのおねがい」 も好きです。   クレヨンたちの必死の訴えがかわいいです。    私も筆記用具をよくなくすので   はがきが来ないようにしましょうっと。   

      2
      テーマ:
  • 17 Dec
    • サンタクロースってほんとにいるの?

         てるおか いつこ 作    すぎうら はんも 絵   福音館書店      ここは日本中のどこにでもある普通の家族のクリスマス前の風景。お父さんとお風呂に入りながら、二人の子供たちは、サンタについてお父さんに聞きます。「どうしてお父さんやお母さんに来ないの?」お風呂でせっけんで体を洗いながらお父さんは答える「子供の頃に一杯もらったからね」「どうして僕の欲しいものがわかるの?」「お湯にゆっくりつかりながらお父さんは答える。「子供の欲しいのものがわかる人だけがサンタになれるんだよ。」 そしてお風呂から上がって年賀状を書いているお父さんにパジャマ姿の子供たちはこう尋ねる。「来ないうちもあるのはなぜ?」・・・・・・・・・するどい質問。さあ、お父さん さすがに年賀状を書くのをストップしてこう 答えました。「病気の子供のそばで話し込んで、まわりきれなくなったのかなあ?」と。 子どもの夢であるサンタクロースはそのこの周りの大人の素晴らしい愛があってのことなのですね。病気の子供にも、暗い夜にも、煙突のない家にも必ずサンタはやってくる本当にいるのと聞いてくる子どもたちに「 いるよ 」 と自信をもって大きな声で答えたいです。     今日は 孫の保育園のクリスマス会というか   園児さんたちのキリスト生誕祭の劇を見に行きました。   先生がキリスト生誕のお話を劇の前に解説されました。     さて、園児さん 入場してきました。    年長さんたちは ヨハネマリア うしやうさぎ    宿のひと 天使さんなど役をもらい 衣装を着て    マイクでセリフを言います。    みんな 一生懸命でかわいいです。       年少さんたちは 子羊の格好です。    年中さんたちは ベレー帽をかぶって 聖歌隊です。    孫のRちゃん 聖歌隊として厳かなたちふるまいで    楽しそうに歌ってます。    担任の先生から のりのりで 頑張ってくれてましたと。    バーバの贔屓目だといわれるのを承知でいいます。    すごい頑張りでした。     来年は マリア役を狙っているそうです。     昨日から泊りに来ていた弟のR君は まだ 2歳なので    出番はありません。     車の中で いろいろおしゃべりをするのを聞いていたつもりですが    「 ジージ いや ちゃう  バーバはいっこも話をきいてくれへん 」と     言われてしまいました。    おそるべし、2歳児の突っ込みに撃沈しました。     傾聴の大切さを2歳児に教わるバーバでした。     夕方からは父のところに向かいました。    2歳児たちの今日の写真を見せると    93歳の大ジージはとても喜んでくれました。                           

      6
      テーマ:
  • 16 Dec
    • と おもったら・・・・

            イエラ・マリ 作   ブロンズ新社  イタリアの作家さんの作品です。「むかし むかし あるところに ウニが ありました」ここから始まります。「と おもったら......ヤマアラシ」「と おもったら......こどものあたま」こんな風に「と おもったら......」で続いていきます。いろいろな物に変わっていって、でも、最後には「ウニ」に戻ります。笑えます。 単純なのに 楽しくて いいです。  ウニが食べたくなるのは わたしだけかもしれませんが。     とおもったら・・・・   そんなこと たくさんありますよね。    へびかとおもったら 縄だった   いや ひもかとおもったら へびだった   田舎だから そんなこともありました。    私 ヘビが超 苦手です。     こわいおじさんかと思ったら    めちゃくちゃ 優しい人だったこともあります。     逆に すごくきれいなお嬢さんが    ものすごい言葉でしゃべるのを聞いたりもします。      今日もどんどん そのギャップを     楽しんでいきますよ。        

      6
      テーマ:
  • 15 Dec
    • その気になった!

        五味太郎 作 絵本館 強そうないでたちで、刀をもってみたら「その気になった!」ユニフォームを着てバットを持って、ビシッと決めたら・・・「その気になった!」だけど、なぜか突然全部脱ぎ捨てて、ぼくのまんまで「その気になった!」・・・「ぼくになった気になった」ってどんな気分?   まず、かたちから入るって大事かもしれません。  お手本があれば なおのこと いいですね。   その気になるって素敵なこと。  ましてや 自分からそんな気持ちがでてくれば  しめたものですね。   今日もそんなお手伝いを全力でしようと決めています。     さて、余談ですが、次女が朝から お墓参りを提案したので    行ってきました。    忙しくてお彼岸から行けてなかったのです。    あれもこれも しないといけないと焦る今朝でしたが    その気になれば 何でもできるって痛感しました。    おかげさまで 今日も元気です。                            

      6
      テーマ:
  • 14 Dec
    • つちたち

            ミロコマチコ 作    学研教育出版   ミロコマチコさんのダイナミックな世界。  今までも 絵本の賞をたくさん もらっています。   この作品でも人を圧倒的に魅了させます。   この絵本は土がテーマです。  みみずも恐竜も動物はみんな 土のうえで  生きている実感がわきます。   つちたちが 顔をもっていて   主張しているようです。   その原画を京都の伊勢丹の 美術館 『えき』 で  今日 見てきました。              朝から 京都で自主研の勉強して     親友とおいしいおばんざいつきのランチ食べて     そして ミロコマチコさんの原画展で癒されて満足の一日です。     やるべき仕事は山のようにあります。     でも、体操教室の時間迫ってきましたので     ガチガチの体をメンテしに出かけてきます。          

      2
      テーマ:
  • 13 Dec
    • へっぽこまじょこ ニコとニキ

          あいはらゆき 作  あだちなみ 絵  小学館魔女学校があります。そこでいろいろな魔法を学んでいる双子のニコとニキ。しんまい魔女のふたりは失敗ばかりで、ブルック先生にもおこられてばっかり。今年も、町の皆さんを学校にしょうたいする「フランボワーズだいまほうまつり」が開かれます。ここで、しんまい魔女たちは「よろずそうだんじょ」を開いて、町の人たちのいろんな悩みを魔法の力で解決してあげるのです。次々に、町の人たちの願いをかなえてあげるクラスメートたち。ついに、ニコとニキの番がやってきましたよ。けれど現われたのは、じまんやでワガママな男の子。ニコとニキはつい追い返してしまいます。そこには深いわけがあったのですが。失敗つづきのふたりで、とうとう 学校からおいだされる・・・。しかし、ニコと二キが出したその男の子の両親へのお手紙が・・・ 魔女として大切な何かに気づいた二人は ブルック先生に素敵な賞ももらいました。   気ぜわしい年末ですが  今 見渡すと目の前には 賞を上げたい人ばかりだと気づきました。    それをみつけて 言葉にして 伝えること、今日もがんばります。      

      4
      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
291839 位
総合月間
231720 位
日々のできごと
21625 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。