• 31 Oct
    • 月と地球

                       大野友資 作           青幻社        すごいでしょ。       地球と月 宇宙船 人工衛星 あれは UFOか?       絵本が360°開けて 幻想的な世界を表現しています。              この本の魅力は、これまでなかった新しい”三次元”の表現。       デジタル工作機器だからできる正確なカッティングと、       二次元から三次元を立ち上げる斬新なアイデア、       そして優しく繊細なデザインが結びついて誕生した作品だそうです。         土曜日に相方さんが持参されていて        すごいと見入りました。        ほかに 『富士山』 と 『白雪姫』 も出ています。       大切な人にクリスマスプレゼントにするのって       素敵じゃありませんか?          私がほしいです。           宇宙といえば         昨日 「 スタートレック 」 観てきました。         なかなか ストーリーも面白くて 楽しめました。                           

      6
      テーマ:
  • 30 Oct
    • しあわせならてをたたこう

          デビッド・A・カーター 作   きたむらまさお 訳   大日本絵画     あの「 しあわせならてをたたこう」の   歌に合わせて 手をぱちぱちしたり   しっぽふったり ウインクしたりと   読み手と聞き手が一体感をもって   参加型の絵本です。    仕掛け絵本なので 尻尾もふれるし   ウインクもしますよ。   無条件に楽しい絵本です。    昨日のお話会で 相方さんが読まれました。     会場は家から遠かったですが    ありがたいことに親子での参加者がのりがよく    いい雰囲気でした。     持ち込んだハロウィンの帽子を    かわるがわるかぶって 「 トリックオアトリート」の    絵本にも大きな声で答えてくれました。           

      3
      テーマ:
  • 29 Oct
    • とっきゅうでんしゃあつまれ

         山本忠敬 作 福音館書店 日本の主な特急電車が勢ぞろいする図鑑絵本です。これはもとは月刊絵本「こどものとも年少版」1987年1月号として刊行されたものです。その当時も人気があったのが山本忠敬さんの生誕100年を記念しての復刊です。!描かれた電車の名称や外観などは、1987年1月時点のものです。新幹線であれば0系、100系、200系などです。いろんな特急電車や、近鉄のビスタカー、名鉄のパノラマカー、小田急のロマンスカーといった私鉄各社の特急電車が、せいぞろいです。その時代を走る最速の電車として活躍していた車両たちの持つ輝きや力強さが、山本忠敬さんによって見事に描かれています。約30年前に時代の突っ走る特急電車たちのかっこよさは今でも通用しますよね。その時代のことを懐かしく思う我々世代はもちろん今の子どもたちにも ぜひ読んでほしい絵本です。    そんな今日 近鉄阿倍野橋で  今年 デビューした吉野行き特急  「 青の交響曲 シンフォニー 」を見ました。    一日に大阪阿部野橋と奈良の吉野間を   2往復していますが 超人気だそうです。   私もこれに乗って吉野に行きたいです。     桜の名所のですが四季おりおりの吉野もいいですよ。     上手く撮れてないけど 画像です。                次の3枚はHPからお借りしました。                   

      1
      テーマ:
  • 28 Oct
    • たんじょうびはかそうパーティ!

      カタリーナ・ヴァルクス 作ふしみみさを 訳文研出版  今日はハムスターのビリーのたんじょうび。おとうさんと相談してかそうパーティーをすることにしました。「すきなものに、へんそうしてきてね!」ビリーは友だちをさそって歩きます。一番のともだちのミミズのジャン・クロードをさそうとおとうとの世話をしないといけないというのです。おとうともつれておいでよということのなります。次々に 誘うのですが、そのとちゅう おとうとがいなくなってしまいます・・・・。さて、どうなるのでしょうか?  ハロウィンでの仮装がにぎやかな今日この頃です。可愛い仮装ができたら楽しいですね。   今日の教室は 合言葉を言ってくれたら  お菓子を差し上げますよ。 

      5
      テーマ:
  • 27 Oct
    • とりかえっこ

           さとうわきこ 作    二俣英五郎 絵    ポプラ社    あそびに出かけたひよこが、出会った動物たちと鳴き声をとりかえっこしてきます。ねずみさんととりかえっこして、「ちゅう ちゅう」ぶたさんととりかえっこして、「ぶう ぶう」・・・いぬさんととりかえっこしたところで、ねこが登場します。「にゃあうー たべちゃうぞ」さてさて、ひよこは どうなるの?でも、犬のなきごえで たすかった。ラストシーンではにわとりのおかあさんに・・・。   1978年に出てからずっと 子どもたちに  愛されているこの絵本。  ひよこが かわいいです。    

      5
      テーマ:
  • 26 Oct
    • おいし~い

         いしづちひろ 作   くまざわようこ 絵   くもん出版  あかちゃんが おいしいものをつぎからつぎへと満面の笑顔で食べます。   いいですね。  こころからの 「おいし~い」 ですね。       さて、私もきょうは「 おいし~い」 のえがおになりました。             このいかにも 有名なお店で買ったような       抹茶と栗のケーキが ゼミのメンバーから       差し入れられました。       慌てて撮ったので画像がへたくそですが       ある先生がお家で作ってきてくださいました。       本格的でしょ。       見た目も味も最高で やわらかい触感で、       ゼミが盛り上がりました。       ほかのグループからは 羨望の視線が・・・・。       前にもほかのケーキをいただきましたが       今すぐ ケーキ屋さんを開業できる腕前です。                   そんなゼミから帰ってきて         昼食は 主人のお手製のおうどんでした。         ショウガが よく 効いて ほっこりするお味です。         いつもどっさりのおネギがなかったのは・・・・。                  作ってもらったことはもちろん          おいしいので 大きな声で          「 おいし~い」 といわせていただきました。                    さらに食欲の秋に拍車がかかっています。(^_-)-☆                   

      3
      テーマ:
  • 25 Oct
    • 稲と日本人

         甲斐伸枝 作   佐藤洋一郎   福音館書店    今、うちの近所はこんな感じです。    それまで 焼き畑農業だったのが水稲栽培にかわり   定住する「暮らし」にかわりました。   日本人は 自然と関わり 闘い 工夫し つきあいながら   米を育ててきています。     おいしいお米が大好きな私です。    炭水化物好きです。  米は 八十八回の手間をかけてつくると おじいちゃんがいってました。 そのあと、田植え機、稲刈り機が発明され、農薬や化学肥料によって、稲作りのありかたは、様変わりしてきました。それでもお百姓さんは、稲作りに一番大切なことは「育てている稲の性質よくよく知って、その性質にさからわずに育てること」だといいます。そして、秋に実った稲に「よくそだったね」といたわりのことばをかけるのです。  秋に祭りが多いのも 収穫に感謝する意味もありますね。    私は農家として お米つくりをした   貴重な経験があります。   この絵本は とても 良く書きこまれていて   隅々まで 見入ります。    このお米つくりの原風景が大好きです。    今日も絵本力に感謝です。

      4
      テーマ:
  • 24 Oct
    • きょうのおやつなんだろな

            ふじもとのりこ 作・絵    おいしそうでしょ。    ふじもとさんの作品は ほんとうにおいしそうで   どれも いい匂いまでしてきそうです。    今日 八木事務局にふじもと先生に遠路はるばる   お越しいただきました。   絵本の制作裏話もたっぷり 聞けました。   こどもたちには 絶対聞く力をつけてほしい。   そのためにも周りの大人が絵本のよみきかせをしたり   本のある環境を作っていきたいということや   児童館勤務されていたときのエピソードもたくさんでました。   ハロウィンのワークショップもあって 聴講の先生たちも   盛りだくさんの内容で みなさん 笑顔いっぱいになる   素敵な講座をしていただきました。          ケーキになあれ の原画展もしていただきました。                    絵本もいいですが 原画は 迫力があって       素晴らしいですね。       色鉛筆で描かれるのですよ。       すごいですね。               藤本先生のお話をたくさん 聞けて        大満足でした。         ありがとうございました。              

      14
      1
      テーマ:
  • 23 Oct
    • こんくんのおんがくはっぴょうかい

        たしろちさと 作  ホー ホー ホー。それはもみのきマンションから聞こえてくるオカリナの音です。2階に住む、きつねのこんくんが演奏している音です。こんくんは毎年、秋になると村にやってくる渡り鳥の音楽隊と、音楽発表会をする約束があったのです。宝物のしんじゅ色のオカリナを手に、毎日、一生懸命、練習を重ねます。でも、なかなか 秋はきません。マンションの仲間たちが みんなで秋を探しにいってくれます。   さて、秋は・・・・?   昨日は 学びのお友達の猛練習を  応援にいってきました。  すごい、練習の成果をきっちりだしてはる。  その場所にある緊張感、愛あるダメ出し  本当に学び続けるってすごい。  継続の大切さを 本気度を感じています。    ありがとうございました。

      6
      テーマ:
  • 22 Oct
    • ゆうびんやぎさん

          秋元美沙希 文    とりごえまり 絵    くもん出版   郵便配達をしているやぎさん。  さいごのお届け物が  雨に濡れて 誰へのものなのか わからくなってしまいました。   しかたがないので みんなに  聞いて回ります。   それは 実は  やぎさんにいつもかんしゃしている  みんなからの素敵なおくりもだったんです。   こころほっこりするお話です。   これは 2008年度のお話エンジェル子ども創作コンクールで 「日本児童文学者協会賞」を贈られた、当時小学生の作品です。 とりごえまりさんの絵で かわいい絵本になっています。 相手のことを考えて行動することの大切さをテーマに やさしく、かわいらしい1冊です。   10月になって  体調を崩し 一回しか教室に来れてなくて心配していた 生徒さんに絵葉書を書いて 投函してました。 昨日 笑顔で久しぶりに来てくれて すごく うれしかったです。   お母さんから ラインで  すごく うれしくて 励みになったといっていただきました。    メール、ライン 私も多用していますが   手紙の効力は やっぱり あるのかもしれませんね。   手書きのよさや 行間にも伝わるものがあるのかも。     いまは忙しくて 中断中の絵手紙    時間を見つけて 書きたいなと・・・。            

      2
      テーマ:
  • 21 Oct
    • たからものみつけた!

          くすのきしげのり 作   森重千佳 絵   廣済堂あかつき  りすくんが おとうさんのお誕生のために木の実をいっぱいあつめて おちばで目印にしておきました。でも、次の日に かぜで目印がとんでしまいました。探しているとともだちのくまさんたちが やってきて一緒にさがしてくれました。でも、りすくん みんなも木の実が好きだから分けてあげないといけないかもと 心配になってきました。なんか その気持ちもわからないでもないですね。友だちたちは 損得勘定などなしで一生懸命さがしてくれたのでした。ありがたいですね。だから 最後には みんなで ・・・。ともだちっていいなともっと大切にしたくなる絵本です。    くすのきさんの作品は いつも 読後感が ほっこりです。 くすのきさんの講座の案内をいただいたけれど あーーー、行きたいけど 優先順位が・・・。    

      6
      テーマ:
  • 20 Oct
    • バナナをもって

            浦中こういち 作     クレヨンハウス男の子がバナナをもってあそびに行こうとしています。友だちのさるくんのおうちをさがしています。「さるくん あ・そ・ぼ」とそして ページをめくると ありゃ ワニさんのおうちだった。つぎのおうちにいくと・・・・。  さるくんのおうちはどこなんでしょう。 著者自身の「紙皿シアター」のストーリーを絵本用にリニューアルしたそうです。      文章がみじかくて わかりやすいストーリーです。

      4
      テーマ:
  • 19 Oct
    • はなのすきなおじいさん

          小林純一 脚本小谷野半二 画童心社中国のお話より  庭で丹精込めて花をたくさん育てている おじいさんがいました。 その花を横取りしようとする隣のおじいさん。  でも、花の精が 助けてくれます。   昨日 主人のいとこの告別式が行われました。  おとといのおまつりの夜は お通夜もあり  駆けつけました。   菊の生産農家をされていました。  この春に 99歳のお母さんを送られたばかりなのに  早すぎます。   おくさまや子どもさんたちやお孫さんたちも  あまりの突然のお別れにその悲しみは  察する以上だと思います。   ただ、ただ、ありがとうございましたと  手を合わせました。  そして、一度目の死を迎えて  これから 再び 二度めの死  ( だれもその人のことを覚えている人がいなくなる)  を迎えるまで 生きていかれます。  「 よく はたらくおじいさんだったよね。」  「 こどもたちをかわいがる優しい人だったね。」   よく 我が家のお仏壇やお墓にと 下さった  菊の花はいつも きれいでした。    花の精も きっと 生前から   周りにいたのではないでしょうか。    ご冥福を祈ります。  

      3
      テーマ:
  • 18 Oct
    • まつりのばん

           宮沢賢治 原作   川崎大治 脚本   福田庄助 画   童心社   秋祭りに出かけたりょうじが、見せ物小屋で不思議な身なりの大男に出会います。その後、無銭飲食で大人たちに攻め立てられている大男を、りょうじが自分のお金をだして助けます。大男は山男で最後にお礼に薪と栗を届けてきます。りょうじの優しさや 山男の律儀の気持ちが伝わり じーーーんとします。  紙芝居なので臨場感もあり すてきです。   昨日 春日神社のおまつり  一年間が 無事 担当としてさせていただき  次のおうちにバトンタッチできました。     感謝、感謝です  縁あってこの地にすみ この神社に守られている  実感を強く感じています。          

      1
      テーマ:
  • 17 Oct
    • パンダなりきりたいそう

           いりやま さとし 作  講談社 パンダさんが「なりきりたいそう」を始めましたよ。ぐーんと伸びたら、チューリップ。おしりをくねらせて、バナナ。おしりをつけて膝を抱えて、ごろりんごろりんのおにぎり。 パンダさんと一緒に身体を動かしてみましょう。   最後はおかあさんパンダとぎゅっしますよ。。それが やっぱり 最高ですね。   いろんな体操を考えてみるのも楽しいですね。  週の最初 今日もスケジュール満載です。   

      5
      テーマ:
  • 16 Oct
    • おはなし名画シリーズ(1) ゴッホとゴーギャン

          小手毬るい 作 博雅堂出版 ゴッホが自ら左耳を切ってしまったというエピソードの事 よくわかりました。 ボッホの絵も たくさん おさめられています。どれも 力強い明るい印象ですね。また、ゴーギャンの章では妻に画家の道を歩むことを反対され、孤独であったことがしるされています。 芸術家の生涯は 凡人にはわからないこともおおいですが 残された作品は今でも 私たちを魅了します。  芸術の秋に名画のルーツを知るのもいいです。    今日は 春日神社の村祭りでした。   明日で一年間の担当がおわります。   感謝、感謝です。        

      1
      テーマ:
  • 15 Oct
    • トリックオアトリート!

           岡村志満子 作    公文出版 ハロウィンの日に 4人の子どもたちが、とっておきの仮装ででかけます。いろんな家のドアをたたいて、あのあいことばをいいますよ。「トリック オア トリート おかしくれなきゃ いたずらしちゃうぞ!」ですね。タイ焼き、すごくこった素敵なマフィンケーキ、しゅりけんクッキー、ドーナツ、、、みんなそのお菓子に似合う家に住んでいます。 だれがでてくるかな? どんなおかしをもらえるかな?ポケットがおかしがいっぱいになったころ、 町はずれの大きなおやしきのドアをたたくと、 やっぱり 出てきましたよ。声を出したり、あてっこをしたり、小さい子どもたちも参加しながら楽しめるハロウィン絵本。暗いところでおばけが光ったりして もりあがります。  さあ、今日も移動距離多く 駆け抜けていきます。   

      3
      テーマ:
  • 14 Oct
    • もりのおんがく

         谷内こうた 作  講談社  森の中の木漏れ日のスポットライトを浴びて、現れたのはオーケストラです。浮かんでは消える旋律。シンバルが最後に残す余韻。心地良い音の震え。 絵が少ない文章が 想像力をかきたてます。肌に触れる光の感触も読んでいてとても気持ちよく 感じられます。そして、月夜の中での音楽界もすごく ロマンティックです。   なつのあさ の谷内さんいいけど  今の季節にぴったりのこの絵本もいいです。   大人のための絵本といえるかもしれませんね。    毎日 バタバタしているからこそ   絵本を手に取る時間がいとおしいです。     

      4
      テーマ:
  • 13 Oct
    • ぼくのいいとこ

         スティーブ・メッガー 文  ジャナン・ケイン 絵  いしいむつみ 訳  少年写真新聞社   しりたがる  きめたらやる  やさしい  しんらいできる  いさましい  ひとなつこい  ねばりづよい  きちんとする  たすけあえる  できる  イキイキしている  おもいやる  おもいえがく   ぼくのいいとこは ぼくという人間の今を  それからぼくが どんな人間になっていきたいかを  しめしているんだ    声に出して 自分のいいとこを考えてみると   どんどん 未来が明るくなってきますね。   ぜひ、子どもたちに やってもらいたいですし   大人も やってみたいですね。     今の自分のいいとこ探し してみましょう。       あのね、昨日 夜の市の体操教室に久々に行きました。     そしたらね、私の着ていた服が スケート選手みたいねとか     きれいねと みんなに言ってもらえました。      そうなんです、この服 どこに着ていっても なにかしらよいことを     言ってもらえるんです。     自分自身のことをほめてもらっているのでなくて      服のことでもすごく よいきもちになるのと     相手の方の「いいね」っていわれる顔が笑っておられて     その顔をみて こちらも えがおになれますね。       そして 二人組でいろいろ 体操するときは      先生が 私を相手に選んでくださいました。      最後の指圧やマッサージまでしてもらえて      力の入れ具合などが 絶妙ですごく 参考になりました。      三つ指ついて 先生にお礼を申しあげたしだいです。       最近 忙しさといろんなことをかかえすぎていっぱいいっぱいに      なっていた私には 身も心もほぐれた貴重な時間でした。       人に手をあててもらうことって       暖かさや思いを感じられて優しいきもちになれることでした。      

      4
      テーマ:
  • 12 Oct
    • 外国語には訳せない美しい日本の言葉

           デュラン・れい子 作    あさ出版     第一章 日本語にしかない「お」の概念    第二章 おもてなし        ー日本人は世界一 「相手を楽しませること」が好きな民族    第三章 おかげさま        ーチームプレイを得意とする、世界が認めた「和」の精神    第四章 おてんとさま        ー「見られてなくてもきちんとする」意識    第五章 おめでとう        ー外国にはない多くの深い概念、生活に生きる独特のしきたり    第六章 おつかれさま        ー奴隷を持たなかった国だからこその、ともに働く一体感    第7章 おたがいさま(杉原千畝)        ー日本人が国際人として振る舞うための、必要な心        日本人としてこれらの言葉には誇りをもっています。     でも、わたしは おつかれさまより    「 ありがとうございました 」 を使うように心がけています。     その方が双方 気持ちがよいのです。    つかれていても つかれてなくても    その方が 次につながる気がします。     あとの五つは ぜひ 使い続けたいです。     おかげさまで このブログが10年以上続けられています。    こちらにお越しの皆様に おもてなしの気持ちでいつもおります。    日々、精進していきます。    おてんとさまにも 毎日 更新ができるように見守って    いただいてるように感じています。    おたがいさまです、できることは全力でさせていただきます。    四季おりおりの行事にも おめでとうございますの    感謝で臨みたいです。        皆さん いつもありがとうございます。         

      6
      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
233548 位
総合月間
268591 位
日々のできごと
16732 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。