• 31 May
    • ともだちってだれのこと?

        岩瀬成子 作   中沢美帆 絵   佼成出版社 ネズミがともだちのテンの家を訪ねると、 「友達の家に行きます」家のドアに貼ってありました。 「テンの友達って、ぼくじゃないのかも」とネズミは悩みだします。 もしかして、モグラ? タヌキ? ウサギ?  そいえば みんな、それぞれがネズミよりもすごい特技があるのです。 そう考えはじめると、どんどん不安だけがふくらんでいきます。 「きっとみんなでぼくをのけ者にして、遊んでるんだ」とまで想像して すっかり 落ち込んでしまいます。 すると……。 結末は やっぱりそうだったんだと うれしくなりますよ。  友だちって 本当にいいですね。  

      1
      テーマ:
  • 30 May
    • いしゃがよい

       さくらせかい 作  福音館書店 エンさんは 山でパンダをみつけました。 そして、ファンファンと名付けて 育てることにしました。 体の弱かったファンファンを調子がわるくなれば 自転車に乗せて 山を二つ越えて お医者さんに通いました。 ファンファンは やがて大きく 丈夫になりました。 年老いたエンさんが 体調を崩せば 今度は ファンファンが エンさんを 自転車に乗せて 医者通いです。  お互いを思う気持ちが ページに  あふれていて 読んでいて  心がほっこり します。  サイン入りで届いたので  昨日の教室で読んでもらいました。  さくらさんの絵は優しくて 素敵です。          スタッフ先生たちが 本当に 上手に  読まれたので とても 感動しました。     やっぱ 読んでもらうのはいいものですね。   自分で読むのもいいけど   イメージがすごく湧いて 心地よい 至福の時間です。   感謝です。   

      テーマ:
  • 29 May
    • いつでも会える

       菊田まりこ 作 シロとみきちゃんは、とても仲良しでいつも一緒でした。 ところが 突然にみきちゃんが。 シロはみきちゃんの死を理解できずにみきちゃんを探します。 「どこ?」「どこ?」と探し続けるシロの姿に読んでいると 私たちも つらくなります。 みきちゃんは 胸の中にいる。 目をつぶれば いつでも会える。 命あるものとの悲しいお別れを 私達は乗り越えていかなければなりません。  その悲しみは 誰にも どうもできないけれど  「いつでもあえる」 と思えることは  素晴らしいことですね。  今井雅之さん いまいくよさん  とても早すぎるお別れですが  いつでも会えるのですよね。  お疲れ様でした。  ゆっくり お休みください。  たくさん 楽しませていただいたことを  忘れません。       学習研究社

      1
      テーマ:
  • 28 May
    • ママとぼくのたからもの

      「けんちゃん。 おもちゃばこの なかおかたづけしたら? いらないものが たくさんありそうよ」 と ママが言います。 けんちゃんは、 「いらないものなんて ないもん」 と答えます。 でも、けんちゃんのおもちゃばこには、 石や小さく切った色紙やミカンの皮やキャラメルの箱など、 ガラクタと思えるようなものがいっぱいです けんちゃんにはそれぞれが おもいのつまったものばかりです。 ママとけんちゃんが思いを話し合います。  ママの宝物はけんちゃんがはじめて あるけるように  なったときの靴だったりします。  素敵な思い出ですね。  昨日から お熱で大変なママ(娘)にところに  往復しています。  ママの存在がいかに大切か、ママが元気でないと  家じゅう しっちゃかめっちゃかです。  昨日の電車で あるおばあ様に話しかけられて  ずっと 一緒に乗り換えを案内して  おりられる駅まで 話していました。  去年 引っ越しして  電車にのって 用事を済ませてきたけど  帰り方も切符の買い方もわからなくて  駅員さんに尋ねたということでした。  ひとり暮らしで 去年の引っ越しの時の状況も  今の暮らしも次々に話されます。    お元気そうですねということで  いろいろ話をしましたが  2年前に亡くなった母と同い年の昭和5年生まれの  午歳ということでした。  バタバタと生きているものの事情で走り回っていた最近の私に  母が「 ぼちぼちしいや」と  言いに来てくれたような気持ちになりました。  そのまま 電車に乗っていく私を  ずっと 手をふってホームにしばらくおられました。  「ありがとうございます。お元気でね。」  私も何回も 手をふりました。      

      1
      テーマ:
  • 27 May
    • ごめんね!

       ノルベルト ランダ 作  ティム ワーンズ 絵  三辺律子 訳 ブロンズ新社 うさぎとくまくんは、ふだんはとても仲良しなんです。 "うさくまハウス"でいっしょに暮らしています。 でも、ある日ふたりは、キラキラ光る ふしぎなものを見つけて大げんかしてしまいます。 うさぎくんとくまくんの仲なおりは・・・・・・。  「ともだち」ってどういう存在であるかということや  「ごめんね」の意味もあらためて 考えることができます。  キラキラが絵本の中でも とても 素敵です。  絵もストーリーもかわいいです。         

      1
      テーマ:
  • 26 May
    • いもうとガイドブック

         ポーラ・メトカーフ 作    スザンヌ・バートン 絵    福本友美子 訳    少年写真新聞社   妹がいる人 そうでないひと   ぜひ 読んでください。   おねえちゃんのきもち よくわかりますよ。   ながらく お姉ちゃん稼業していますが   この本を 早く 読みたかった私です。   とにかく切り口も 文も 絵もいいのです。   そして、読めば 仲良く なれますよ。    絵本力に 今日も脱帽です。      

      1
      テーマ:
  • 25 May
    • ねっけつ 怪談部

      林家彦いち 作     あかね書房 落語と絵本がコラボしました。 熱血落語家・林家彦いちの新作落語が原作です。 絵は、異能のクレヨン画家・加藤休ミが描きます。 「かんなじじおどり」では その迫力に魅了されました。 この人の絵は 怖いお話がぴったりです。 ある小学校に熱血の流石先生があわられました。 さすが でなく ながれいし先生だそうです。 なんと怪談話をする部活の、 新しい顧問なのだといいます。 だらしない部員がつぎつぎとしごかれていくうちに、 そんな結末になるのか。 おもしろいし、ちょっぴりゾッとする、 新感覚の怪談噺絵本です。  小学校の高学年以上は  怖いお話が好きです。  これは そんなに怖くもなく  楽しめますよ。   加藤休ミ 絵

      テーマ:
  • 24 May
    • はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう

        くぼ まちこ 作   アリス館 「ぼく はみがき だいきらい」 ご飯を食べた後、口をキュッと 閉じてしまったのはたっくんです。 すると、しゅっ しゅっ しゅっ しゅっ しゅっ しゅっ 「はみがきれっしゃ」がやってきます。 たっくんのお口に「しゅっぱつしんこう!」 お口の中をしゅっ しゅっ しゅっ と、 歯みがきしていきます。 はみがきれっしゃの大活躍で、 たっくんの歯はキレイになります。 よかったですね。 私も月曜日 歯医者さんに 歯のクリーニングを予約しています。  昨日 書店の方が読まれました。  保育士を目指しているかわいい方でした。  参加してくれた子供たちや保護者の方たちも  ずっと 聞いてくれていて すごく  楽しかったです。    

      テーマ:
  • 23 May
    • したく

      したく (ヘレン・オクセンバリーのあかちゃんのえほん)/文化出版局 ¥432 Amazon.co.jp  ヘレン・オクセンバリー 作  文化出版局  おむつをしているこのあかちゃんが  おでかけのしたくをします。   うちの1歳の孫にそっくり。   今月より 保育園に通いだしたから   まさに この絵本の毎日でしょう。   手のひらサイズです。  さあ、私もしたくして書店のお話会に  行ってきます。   

      テーマ:
  • 22 May
    • ふたごのクマクマ

        長崎出版     岡林ちひろ 作   札幌市丸山動物園 写真   長崎出版  もう、かわいい。  かわいすぎる。    喧嘩もするけれど  すぐ わすれて また 仲良しに。   見ているだけで なんか 癒されて   優しい気持ちになれます。   忙しくて 自分を見失いそうな時。   なんで こうなるのが続いた時。      私は 絵本を開きます。   そして ぱたんと閉じると   なんだか やっていけそうな気がするのです。   今日も 絵本力に感謝です。      

      1
      テーマ:
  • 21 May
    • りんごがひとつ

      りんごがひとつ (えほん・ハートランド)/岩崎書店  ふくだすぐる 作  岩崎書店 りんごがひとつ、落ちていました。 動物たちは、みんなおなかをすかしています。 「えい。」とおさるがりんごをとって逃げ出します。 みんな、おおあわてでおさるを追いかけます。 「まてー!」 にげるおさる、追う動物たち。 おさるはとうとう、がけっぷちに追い詰められました。 でも、おさるが逃げた理由は・・・。  そうだったんですね。  親が子をおもう気持ちは みんないっしょですね。  もう、今朝は 出かけますよ。

      1
      テーマ:
  • 20 May
    • おこりんぼママ

       ユッタ・バウアー 作  小森香折 訳  小学館  今日 ママが ものすごく おこったので  僕はバラバラになって とんでいっちゃった。  頭は宇宙に おなかは 海に。  つばさは ジャングルに、くちばしはやまのてっぺんに。  おしりは しらないまちに。  だから ぼくは あしだけになった。  それから ばらばらになった ぼくを  集めて縫ってくれたから 元通り。  ママは ごめんね っていった。  そして ぼくをだきしめた。  やっぱり ママがいちばんさ。   私 この本を初めて 読んだときに   泣いてしまいました。     私のことだと思ったのです。   本当にごめんなさいね。   今も おこりんぼママだったわねと   おもいます。   あなたたちのお母さんにならせてもらって   本当に ありがとう。   幸せです。     

      2
      テーマ:
  • 19 May
    • うごいちゃだめ

        エリカ・シルヴァマン 作   S・D・シンドラー 絵   せなあいこ 訳   アスラン書房 ”うごいたら まけ きょうそう”を はじめたあひるとがちょう。 ハチが来たときもウサギたちが滑り台したときも 固まったように うごかないんです。 どちらも 頑張ります。 でもきつねに 食べられそうになったとき  「ぐわあーっ。 あたしの ともだちをりょうりしちゃ だめ!」 あひるは命がけできつねに立ち向かいました。 すごい  あひるの勇気にびっくりです。 命を守る為にうごいたあひるは 友達思いだったのです。 だから 勝負はつきましたが 最後にお互いに「君の方が勝ちだよ」 と負けを認めあうところがいいです。  読み聞かせで 「うごいちゃだめ」というと  みんな 静かに動かなくなりますよ。  (^_-)-☆  

      テーマ:
  • 18 May
    • 空の絵本

        長田 弘 作   荒井 良二 絵 詩人である長田弘さんの生み出した リズム感があるとても美しいことば。 絵本作家の荒井良二さんの 時の流れと自然が語る姿を素敵な絵にしています。 雨の音、 風の音、 光の動きなどなど。 忙しさの中で 見逃しています。 さわやかな5月にはこんな絵本が似合います。 長田さんと荒井さんのコラボが素晴らしい絵本に なっています。 最近 亡くなられた長田さん、今まで たくさんの作品をありがとうございます。     講談社

      3
      テーマ:
  • 17 May
    • ろばさんのかわいいバッグ

          香山美子 作  柿本幸三 絵  ひさかたチャイルド  ろばさんがバッグをつくりました  でも、 大きすぎたので くまさんにあげました。  10匹のりすさんたちもほしがるかもしれないと  かわいいバッグを またまた 10個も  作ってあげました。  それから やっと 自分のをつくりましたが  じかんがなくて お弁当を作れませんでした。  みんなで出かけた遠足ですが  おべんとうがないろばさんでしたが  みんなにたくさん 分けてもらえました。  でも、ふくらんでいたろばさんのバッグには  なにが入っていたのでしょうか?    昨日のお話会で 相手の方が  大型絵本で読んでくださいました。  素敵な話に心もほっこり。  「どうぞのいす」もいいですよね。  さああ、市の一斉清掃に行ってきます。  

      2
      テーマ:
  • 16 May
    • おへんじわんわん

         きむらゆういち 作    偕成社   しかけになっていて 動物のお顔がひらくと   それぞれが 鳴き声で お返事しますよ。   さあ、今日の雨の中   ○○ちゃん本舗さんに行ってきます。  そのあとは その荷物をガラガラと押して  父のところにも行く予定です。  元気にしているとうれしいです。

      1
      テーマ:
  • 15 May
    • おなかいっぱい しあわせいっぱい

       レイチェル・イサドーラ 作  小宮山みのり 訳  徳間書店 ぼくは、きんようびが大すきなんだ。 きんようはいつも、おじいちゃんのお店に、 中華料理を食べにいくんだよ。 ゆげがもうもうとあがるキッチンでは、 コックさんたちや出前の人が、 大いそがしで働いてます。 天井には、紙のドラゴンが貼ってあります。 さあ、料理がはこばれてきたよ。 肉だんごのスープ、 エビやきそば、チャーハンにはるまき。 おじいちゃんといっしょに中華料理を 食べるしあわせな時間が、 貼り絵の手法で力強く描かれています。  おいしいものを好きな人と  食べれるのは とても素敵なことですね。  わーーーーーー。  今日で このブログが10年です。  10年前の2005年 5月15日に  絵手紙の先生とのお話の中で  「ブログ」という話題になり 早速始めてみました。  毎日更新するだけのたわいのないブログです。  でも、この10年を振り返ると  いろんなことがあって感慨無量です。  これからも ぼちぼちやっていきます。  ここに来ていただいている皆様に  こころから お礼を申しあげます。  ありがとうございます。  2005年5月15日も2015年5月15日の今日も  大安です。  ええ感じやんかと気をよくして  何事も前向きにいきましょうっと。     

      2
      2
      テーマ:
  • 14 May
    • おやさいとんとん

      真木文絵 作     石倉ヒロユキ 絵     岩崎書店  おやさいとんとん。  みんな 大好きですよね。   人参 たまねぎ じゃがいも ブロッコリー   さあ、 なにができるでしょうか?   今日は 早朝から出かけて   さっき 帰宅でした。   よく がんばりました。   今日中に 更新できました。

      テーマ:
  • 13 May
    • なーんだなんだ

        かず子・G・ストーン 作   童心社  赤ちゃん絵本として出ていますが  ちっちゃい子たちも 大好きです。  かわいいパンダさんに癒されます。  あの愛らしいパンダさんの存在は  人を笑顔にしますね。  特定された動物園か映像でしかみられないから  よけい その生態もふくめて  みんなが 釘付けになりますよね。  今日は お話会 2連ちゃん  がんばります。

      2
      テーマ:
  • 12 May
    • いただきバス

      藤本ともひこ 作 鈴木出版 黄色いバスはネズミたちと会話をして、 目的地を聞きだすと、すぐに出発します。 ねずみたちも、顔を見るとにこにこ笑顔。 これからのバスの旅に期待に胸ワクワクです。 でも、道は行き止まりになってます。 さあ、どうする。 そこから、りんごの木に着くまでは、本を動かしたりして、 子どもとコミュ二ケーションを取りながら すごく 楽しめます。  R君の1歳のお誕生日に贈った絵本の中の一冊です。  バーバとして 孫たちには  「絵本を読んでくれるひと。折々に絵本をくれる人。」  としてのスタンスでいくつもりです。  絵本バーバって いいやんか。  自画自賛です。       

      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

旧ランキング

日々のできごと
10988 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。