• 31 Dec
    • ひつじぱん

       あきやまただし 作  鈴木出版 かわいいひつじのパンやさんがパン作り 「こねこね ばんばん」 大きなパンはぞうさんのパン 「ころころ ころがしてまるめます」 まんまるパンはねずみさんのパン 「ぶんぶん ふりまわす ぐんぐんのびていく」 ながーいフランスパンはきりんさんのパン 「ぱんぱかぱーん」とパンができあがります。 パンが食べたくなります。  さて、馬さんから 羊さんにバトンタッチです。  馬さん 今年 一年ありがとうございました。  羊さん 来年 よろしくお願いいたします。  誤字や脱字、間違いの多いこのブログですが  今年も たくさん 訪問いただきありがとうございます。  引き続き、来年も、がんばって本の紹介などできたらと  思っています。  皆様、  よいお年を。

      テーマ:
  • 30 Dec
    • 往診は馬にのって

      井上こみち 作 佼成出版社 淡路島で、牛や馬などの家畜を診療している獣医師の 山崎博道さんは、馬にのって往診に出かけています。 乳をとったり、肉を食用にしたりと、人間が利用するために 飼っている家畜たちなのですが、 山崎さんは「できるだけ幸せに 過ごさせてあげたい」と考えています。 馬で往診するのは馬を仕事のよきパートナー として生かすと共に、牛や馬たちの思いを 少しでも理解したいという理由からなのです。 そんな山崎さんと馬のフランシスのまわりには、 子どもたちや動物たちが集まってきます。 山崎さんの愛情あふれる診察の日々を紹介する、 ノンフィクションです。  私の両親が生まれて育った淡路島が舞台ですから  よけい 親近感をもちながら  獣医さんの山崎さんのお話が、心にしみました。  馬年の今年、大変 お世話になりました。  あと、二日 よろしくお願いいたします。

      3
      テーマ:
  • 29 Dec
    • ベンガルの民話 たまごからうま

      酒井公子 再話  織茂恭子 絵       偕成社 楽をしたいので市場へ馬を買いに行った男ダーが、 あまりお金がなかったので、買えずにいると、 とても足の速い「うまのたまご」をあなただけに 安く売ってあげると騙されて、まんまと大きなかぼちゃを たまごと信じて買わされてしまうのです。。 ところが、なんと中から出てきたのは(実際には勘違いですが)、 本当に足の速い動物だったのだ。 だから、逃げられて、追いかけていくうちに、偶然が重なったりして、 追いかけている動物が次々すりかわっていきます。 ダーは、ひたすら馬だと思っているところが、面白いです。 どんどん予想外の展開になるお話に、思わず引き込まれてしまいます。 騙されたり、勘違いしたりの連続なのですが、わたしたちには 奇想天外で愉快なお話です。  ベンガルでは有名なお話だそうです。   大掃除 はかどらず、来年は 早い目にと   思っています。   少しだけは 頑張ってます。            

      4
      テーマ:
  • 28 Dec
    • 馬の耳に念仏

       はたこうしろう 絵  斎藤孝 作  ほるぷ出版 ラーメン屋さんのとぼけたお兄ちゃんと しっかり者の弟と黒猫が ラーメンの配達に行きます。 その行先には おばけがいて ことわざで会話していく様子がたのしいです。 自然にことわざが 覚えられてしまいますね。 大好きなはたこしろうさんの絵です。 斎藤さんのお話とのコラボがこれまた 素敵です。  今年は午年でした。  なので お世話になりましたとお疲れ様の意味を  こめて 馬の出てくる絵本で今年を締めくくりたいと  思っています。      

      1
      テーマ:
  • 27 Dec
    • ないしょでんしゃ

       ひさかたチャイルド  薫くみこ 作  かとうようこ 絵 森の電電車が冬休みを迎えます。 大掃除を終えた駅長さんはほっと一して 赤い電車の中でいつの間にか眠ってしまいました。 すると、《シー ゴトン、ナイショ ナイショ…》 電車がゆっくり動き出しました。 目を覚ました駅長さんはびっくりしました。 雪だるま君が運転しているのです。 電車は、駅長さんの知らないないしょの駅で 大勢の雪だるまたちを乗せ、ないしょの山を登り、 ジェットコースターのように駆け下り、 そして真っ暗なトンネルを抜けていくのです。 わくわく します。                               産経児童出版文化賞・ひろすけ童話賞受賞作家、 薫くみこさんの繰り返しやさしく語りかける文章と、 かとうようこの明るくほのぼのとしたイラストが とても いいですね。  私が電車に乗る時は  電車は 読書タイムの素敵な時間です。   今日も 何が読めるでしょうか。

      1
      テーマ:
  • 26 Dec
    • ふゆのゆうがた

      ふゆのゆうがた (講談社の翻訳絵本)/講談社         ホルヘ・ルハン 作    マンダナ・サダト 絵    谷川俊太郎 訳    講談社  冬の夕方。  お母さんの帰りを待つ女の子。  窓辺に立っています。  曇った窓ガラスにお月様の絵を描いていたら…。  詩と絵の素敵なコラボレーションです。  お母さんの気持ちと、女の子の気持ちが  しっかりつながっているように見えました。    やさしい色使いですが、親子のほのぼのとした場面が、  柔らかく温かくて ほっこりします。   外は寒くて お部屋は ほっこりです。   でも、冬の夕方は なんだかものさびしいです。   特に お留守番しているとなおさらです。   お母さんがかえって来るのが見えたら   ぱーーっと 心も温かくなりますね。   いいお話を読むと なんだか また    頑張れます。   今日も絵本力に感謝です。           

      1
      テーマ:
  • 25 Dec
    • めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス

      めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス/ポプラ社   せなけいこ 作   ポプラ社 うさこは冬がだいすき。そしてクリスマスがだーいすき。  今年もクリスマスを楽しみにしています。 森でツリーにするモミの木をとってきたうさこです。 なんとその木には、小さくなって昼寝を していたおばけがいたのです。 うさこは、ごちそうを食べてごきげんでベッドに入ります。 サンタさんを待ってね。 そのころサンタさんはどうしているでしょう。 くまさんの家で、こぐまのためのグーグージュースを うっかり飲んでしまい、ぐっすり眠っていました。 困ったかあさんぐまから電話がきて、 それを知ったうさこは「まあたいへん、すぐいくわ!」 横で話を聞いていた小さいおばけも「ぼくもいくよー。」 さあ、眠ってしまったサンタのかわりに、 だれがプレゼントをくばるのでしょうか? ♪クリスマスったらクリスマス なんといってもクリスマス……♪ かわいいうさこの歌が聞こえます。 ずっと、読んでいる私たちも 口ずさんでしいますよ。 おばけが突然出てきても、なんだかかわったひとだけど、 親切そうだからまあいいわ、と、のんきなうさこなんです。  うさこが もらった素敵なプレゼント。  いいすよ。  昨日はクリスマスイブ。  臨時の教室をしましたが、みんな さっさと仕上げて  帰っていきましたよ。  クリスマスのごちそうやケーキのお目当てがあるんでしょうね。  さあ、今日の教室では何の本を読みましょうかね。  

      1
      テーマ:
  • 24 Dec
    • クリスマスにはおきててくまさん

       カーマ・ウイルソン 作  ジェーン・チャップマン 絵  成沢栄理子 訳  BL出版 『BEAR STAYS UP FOR CHRISTMAS』 これが原題です。 クリスマスの前日のおはなしです。 森の動物たちは、冬眠中のくまさんと 一緒にクリスマスを迎え陽としてます。 ねぼけまなこのくまさんに、なんとかいろいろしてもらいながら、 クリスマスの準備をします。 ツリーの飾りつけ、ごちそうの用意などなど。 ポップコーンでツリーを飾ったりいいですね。 ところが一晩中起きているつもりのみんな寝てしまい、 すっかり目が冴えたくまさんが活躍します。 それぞれが相手の事を思いやる気持ちがホカホカと素敵です。  今日も 明日も しっかり おきているつもりのくまちゃんです。  

      1
      テーマ:
  • 23 Dec
    • ようこそクリスマス

        マリアン・クシマノ・ラブ 作   市川里美 絵   森山 京 訳   講談社  クリスマスの準備を大好きなお父さんと一緒に  するくまのぼうや。  絵本を読んでくれるおとうさんの声をききながら  ぼうやは 夢の中。    明日の朝 プレゼントにびっくりするでしょうね。  すごく きれいな絵とお話です。  もうすぐ、クリスマス。  本当に ようこそですよね。   今日は 寒さが 少し 緩んでいるみたいですね。   ありがたいです。

      1
      テーマ:
  • 22 Dec
    • ハッピーくまライフ

        きゃあ、素敵な高橋さんの本が送られてきましたよ。   いいです。   前略、くまです。   くまぐましく暮らしています。   いいな、いいな。   朝 起きるのめんどくさい。   そんな ゆるいくま。   昼ごはんを つくるの 面倒くさい。   食べるのは 面倒くさくない。  そんな 面倒くさがりのくまの日常なんです    なんか いい。  それでいいよ。 くま。  なんか 応援したくなります。  12月に、思いがけず 本をたくさん いただいて  うれしいです。  よい子にしていたから 早目のサンタさんからのプレゼントでしょうか。  Kさん、ありがとう。  めちゃくちゃ、うれしいです。  大切にしますね。  

      1
      テーマ:
  • 21 Dec
    • ふゆがすき

      ふゆがすき/あすなろ書房   ロイス・レンスキー 作   さくま ゆみこ 訳   あすなろ書房 この本が書かれたのは1950年。 ずいぶん前のことなのに、描かれていいる子どもたちは、 冬の遊びのソリで遊んだり、雪ダルマをつくったり、 雪合戦、スケート・・・・・。 そして、クリスマスツリーを飾って プレゼントが届くのを待っています。 今も、昔も一緒ですよね。 真っ白な雪はなぜか子どもたちの心を ウキウキさせるのですよね。  バレンタインもでてきます。  冬の良さを持ち歩ける手のひらサイズの絵本で  感じてみたいです。  寒いのもいいよねって思えてきます。  春、夏、秋、冬 も出ています。  四季折々の楽しさです。   今日は クロスワードパズルの日だそうです。    1913年のこの日に、アメリカの新聞    「ニューヨーク・ワールド」紙が日曜版の    娯楽のページにクロスワードパズルを掲載した。    この掲載より、世界中に広まったそうですよ。   この答えは わかりますか?           

      1
      テーマ:
  • 20 Dec
    • さんさんさんかく

        得田之久 作   織茂 恭子 絵   童心社   いろんな色の三角で できるものが いっぱい。   いちご、かさ、きつね、かえる、笑っているおばけ、   さいごには クリスマスツリーも。   だから、この時期のお話会にちょうどいいです。      今日の書店のお話会では、クリスマスツリーの下   いっぱい 読めました。   冷たい雨の中、レインコート着ての参加者もたくさんで   ありがいですね。   サンタさんの格好をして 来てくれる小さい子たちもいましたよ。   メリークリスマス。   

      1
      テーマ:
  • 19 Dec
    • うさぎちゃんとゆきだるま

          あいはら ひろゆき 作   あだち なみ 絵   教育画劇 大人気!「くまのがっこう」シリーズで おなじみのあいはらさんの冬の絵本! うさぎちゃんとゆきだるまの 美しくやさしい世界が描かれています。 ことし はじめてのゆきがふりました。 まっしろくて きらきらの ゆきでした。 うさぎちゃんは おきにいりの あかいぼうしと てぶくろをして おそとにでかけました。  優しいお話で ほっこりします。  ここらへんでは 今年は まだ 雪はふっていませんが  たくさん 降っているところの皆さん  雪かきなど たいへんかもしれませんね。  寒いのも ここら辺の寒さは しれているかもしれません    皆様 お風邪など ひかれませんように。  

      テーマ:
  • 18 Dec
    • 私の年表

        メトロポリタンプレス    昭和20年から平成50年までの80余年の自分史を    埋めていくようになっています。    これは、昨日、届きました。    今までの総括とこれからを記録していくのにいいです。    還暦迎えたら、私の年表 と帯に書いてあります。    意義のある人生のために、次のステージへ        日に新たに、日に日に新たにして、又日新たなり    昨日 父が認知症のテスト受けるのに    横にいて ハラハラしてました。    いろいろ 聞かれますが、    100から 7引いてください。    お野菜の名前 教えてください。    この5つのものをよくみてください。    かくしましたよ。 なにがありました、などなど。    なすび とまと きゅうり だいこん にんじん        私も忘れないうちに書いておきましょう。    

      1
      テーマ:
  • 17 Dec
    • 運命は「口ぐせ」できまる

         佐藤富雄 作    三笠書房  昨日、私の信頼する大事な方から送っていただきました。  父の病院に行く電車の中で一気によみました。   第1章 人は誰でも「口ぐせどおりの人生」を歩む   第2章 「望む人生」を口に出した瞬間から   第3章 思い通りの人生をつくる「脳のメカニズム」   第4章 驚きの効果!短期間で人生はここまで変わる   第5章 運をつかむ人の24時間   頭でわかっているつもりでも、 口ぐせでダメにしているって私も よくあります。   若い時から、そのての本も好きでたくさん読んでました。   でも、最近 やっぱ 悪いことや難儀なことが   身にふりかかってくれば   暗い気持ちになってしまうこともありました。   だからこそ、「これでいいんだ」という言葉を    口ぐせにするのだそうです。   すると、どんな大きなダメージを受けても、   脳はきちんと解決してくれるのだそうです。   おそらく、人類500万年の歴史の中で   培った力だそうです。   ならば、使いたいですよね。    大いに使いましょうよね、決めました。   ジョギングとか快適な体のための 食事も勧められてます。    そうそう、11月12日に入院していた父は今日一応退院しましたが    家に帰らずに、実家近くの老人保健施設に移りました。    退院するときに、看護士さんが10人以上、    見送りをしていただきました。    皆さんによくしていただき、笑顔で皆さんに    向かって敬礼している父でした。    本当に、救急車の中では、このまま・・・・、    などと不安な思いでしたから、ありがたいです。    本人もよくがんばりました。    この寒さと高齢ですから、心配は尽きませんが、    皆さんのおかげです。    ベッドのお向かいさんの方が。    奈良から私が来ているというと、奈良にしばらくおられたそうなので    懐かしがってはりました。    ぶるぶる、震えながら、帰宅いたしました。    寒いっていうのは 言ってもいいのかな。    「これでいいんだ」 というのかな。            

      1
      1
      テーマ:
  • 16 Dec
    • おてらのつねこさん

       やぎゅうげんいちろう 作  福音館書店 あかりちゃんと ねこが本堂の掃除にきましたよ。 たぬきは本堂でざぶとんにばけていねむりなんかしてます。 たぬきは あかりちゃんと ねこが 掃除の後に 「おてらのつねこさん」して大笑いしているのが羨ましくて・・・・ 本堂のせんじゅかんのんさまも登場です。 気絶したたぬきに「おてらのつねこさん」をしてあげたりします。 パンやのおじさんも出てきて 「こちょ こちょ・・・」たぬきもやっと目を覚まして よかったです。  こちょこちょ やってみたくなりますから。 おてらのつねこさんがかいだんのぼって こちょこちょ   これも、大切なスキンシップですね。  今朝は 一年に一度の報恩講でした。  お仏壇を磨いて、お供え物して、いつもと違って赤い蝋燭に  お赤飯を用意します。  お寺さんの読経に合わせて 唱えます。   朝早くから 準備したり、家の周りまでお掃除したりしていると   すがすがしい気持ちです。       

      2
      テーマ:
  • 15 Dec
    • おひるのアヒル

       中川ひろたか 作  村上康成 絵  PHP研究所  すてきな言葉遊び、幼児さんも大うけします。   「 こんにちワニ 」も、おもしろかったですね。   らっこをだっこ   あくしゅにはくしゅ  かいじゅうのたいじゅう  おしゃくにえしゃく  やきゅうにおきゅう  だいくのまいく  やかんからみかん  だちょうあちょう  言葉をおぼえたてのちっちゃいこだって  絵があれば わかってくれます。    大人も笑える、素敵なやり取りです。   煮詰まっているときには   こんな絵本で 笑って乗り切りましょう。    

      テーマ:
  • 14 Dec
    • ふしぎなふしぎなまほうの木

        クリスティ・マシソン 作   大友剛 訳   ひさかたチャイルド  さわってごらんとあるように  優しい言葉の導きで  触ってみると 次のページでは 葉っぱが一枚。  枝に触れたり、こすったり、絵本ごと揺らしてみると。  あら 不思議。  若葉、桃色の花びら、黄色い紅葉、雪、  すごい、すごい、素敵なファンタジーの世界が。  昨日 大阪府内のある書店でのお話会で  相棒さんが 読んでくれました。  子供さんたちや大人の方たちも  たくさん 来てくれました。  先日 ご紹介した あおきひろえさんの、  「 からあげ 」は 私 読ませてもらいました。   終了後、書店の方に   「からあげ」が すごく 私にあっている絵本ですねと   言われました。   大阪の書店さんに そういわれましたが、   大阪弁ネイティブの私ではありますが   皆さん、ご一緒じゃないですかとおもうんですけども。     大阪弁で繰り広げるクリスマス前に ぴったしの  この絵本、ぜひ、ぜひ、お勧めです。  寒くてぶるぶる 震えながらそのあとの父の病院から  特急でもどり、隣組の会合に間に合いました。  骨折で帰宅して、歩けなくて寝ている次女など、大変です。  おまけに 今日は 風邪気味長女が、ちょっと休ませてと  Rちゃん、Rくん 連れてきました。  師走の気ぜわしさに加えて、忙しさ、はんぱないです。      

      1
      テーマ:
  • 13 Dec
    • だいじょうぶだいじょうぶ

        いとうひろし 作 講談社 僕とおじいちゃんは毎日のようにお散歩を行くことを 楽しみにしていました。 家の近くをのんびり歩くだけの散歩でしたが、 僕の世界はどんどんひろがり、新しい発見や 楽しい出会いがありました。 でも一方で、困ったことや怖いことにも出会うようになり、 なんだか不安になってしまうこともありました。 そのたびにおじいちゃんは僕の手を握り、 「だいじょうぶ だいじょうぶ。」 とおまじないのようにつぶやくのでした。  そして、こんどは ぼくがおじいちゃんに  「だいじょうぶだいじょうぶ」という時がきました。     「 だいじょうぶ だいじょうぶ 」  魔法の言葉ですね。  もしかして、今の私が 一番 誰かに  言ってほしいのかもしれません。          

      テーマ:
  • 12 Dec
    • みんな うまれる

      みんなうまれる/アリス館    きくち ちき 作    アリス館 今日も 優しい太陽が 微笑んでくれている。 その微笑みの中で、木の芽が、そして虫も生まれるのです。 いろんなものが生まれ 色が生まれて そして ぼくも 生まれたのです。 きょうも太陽がほほえんだ。 太陽が瞼を閉じれば、次に星たちが生まれる。 すべてのものには“うまれる瞬間”があるんですね。。   誕生って すごいこと、   神秘で、素晴らしく、いとおしいことですね。   今も この世界でおぎゃーーーって生まれた生命が   お母さんの暖かいまなざしの中で 祝福を受けています。    今日も 大事なこと 見落とさないように    頑張っていきます。   

      1
      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

旧ランキング

日々のできごと
10471 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。