• 31 May
    • おりがみにんじゃ

       つきおか ゆみこ 作  あかね書房 「隣のあずきの国は、みなとても幸せそう。  よほどの宝があるはずじゃ」 と大きな声を出しているのは、おりがみ殿様。 ここはおりがみ城。殿様も家来もみんな折り紙なのです。 「せっしゃにおまかせください」 手をあげたのはおりがみ忍者です。 「いちおり、におり、さんおりん」 呪文をとなえるとあっという間に鳥に変身して ひとっ飛びであずき城にやってくると、 今度はお得意の隠れ身の術。 姫の部屋に忍び込みます。 さすが、おりがみ忍者ですね。 この姫が、姫の大好きなお菓子を使って 応戦してきます。なかなか手強い相手です。 無事にお宝を見つけることができたのでしょうか。 一体お宝とは? 読んで納得です。お宝って それだったのですね。 この絵本 読むと折り紙をしたくなるのです。 それから お菓子も食べたくなります。 私は お菓子に関しては いつでもですが。(*^_^*)  さて、今日は 世界禁煙デ―です。 たばこを吸わない事が一般的な社会習慣となるような対策を 講ずるべきであるという世界保健機構(WHO)の決議により 昭和63年に設けられ、平成元年から 5月31日と定められました。        

      テーマ:
  • 30 May
    • パパーッ!

        フィリップ・コランタン 作   薫くみこ 訳   ポプラ社   あたたかいベッドの中    ゆっくり まぶたが おちてくる   だけど、ばちり めがさめた   ぼくのとなりになにかいる   目と目があった    「 パパーッ!」   「 パパ!パパ!ぼくのベッドにかいじゅうがいるよ」   といって パパを呼んだのは   かいじゅうの方だった????   この発想 素敵。   かいじゅう目線と男の目線。      さすがフランスの作家さんと感心します。   男の子もかいじゅうさんって   呼ばれることもありますからね。   どっちも かいじゅうさんですね。   最後には かいじゅうさんたち   仲良く ねんねしましたよ。   今日はゴミゼロの日です。   ごみ減量化推進週間の初日です。   さあ、地区会に出かけてきます。

      2
      1
      テーマ:
  • 29 May
    • おふろでとっぷーん

         あまんきみこ 作    上野紀子 絵    ポプラ社 あまんきみこさんの赤ちゃん絵本 「あっくんシリーズ」の1冊です。 ねずみくんがあっくんの家に来ると、 「じゃぶじゃぶじゃぶ」と音が聞こえてきます。 それはあっくんの体を洗っている音でした。同じように うさぎが遊びに来ると、今度は「とっぷーんとっぷーん」と いう音がします。 「じゃぶじゃぶ」「とっぷーん」「しーん」 お風呂に入ってるときの様々な音がきこえますよ。 また、お友達がきて、どんどん一緒に お風呂に入る仲間が増えるのも楽しいです。  おふろはいいですね。  あまんさんと上野さんのコラボもすてきです。  昨日 ずっと Rちゃんちにいたら  お風呂に入ろうとしきりにいいます。  チャンスと スーパー銭湯に行こうと  誘ってみましたが、  「 大きなおふろは苦手やねん。」と  却下されました。  どうやら お家のおふろがいいらしいのです。  結局 「今度ね」と約束しました。  「バーバ、今、○○している場合とちがうやんか」   場合 苦手 そのほか  いろんな言葉を使うので成長したなと  つくづく 思う次第です。  バーバ馬鹿ですみません。   今日は エベレスト征服記念日です。   1953年(昭和28年)、 ニュージーランドの登山家、エドモンド・ヒラリーと ネパール人のシェルパ・テンジン・ノルゲイの2人が、 世界で初めてエベレスト(チョモランマ)の頂上を 極めたことを記念して設けられた日。 エベレスト 命がけの登頂になりますね。 最近では イモトも挑戦しようとして断念したようです。 エベレスト 恐るべし。   

      2
      1
      テーマ:
  • 28 May
    • おねえさんになるひ

        ローレンスアンホルト 作   キャサリンアンホルト 絵    徳間書店 ソフィーが弟の誕生を楽しみに待っています。 お姉ちゃんになってから味わう数々の葛藤そして、 弟が大好きになっていくそんな様子も描かれています。 赤ちゃんがやってくるというのを 心待ちにしているソフィー。 そして待望の弟がやってきました。 泣いてばかりの弟。おもちゃを持ってきても泣き止まない。 「あかちゃんはおっぱいが欲しいのです。 おむつをかえてほしいのです。だっこしてほしいのです。 それも、今すぐに」 このフレーズもなんだかソフィーの 心の中からの叫びのようでもありますね。 今まで待ちに待っていた弟なのに 現実は一緒に遊ぼうと思っても遊べないし。 そんなときに口に出た 「赤ちゃんいつになったら帰るの?」 お外で遊びたくても散歩したくなっても 赤ちゃんが大きくなったらね。 と我慢しているソフィー。  もう、Rちゃんの事としか思えません。  まだ、もうすぐ3歳とはいえ  いっぱい いっぱい 我慢してます。  連続3日間 風邪気味ではありますが   私だけ 保育園行きたくない病に  かかってしまい家にいます。  なので バーバは 絵本を持って  時間を見つけては 通ってます。  この病気には 特効薬はありません。  なので、ママがぎゅっと 大好きだよと  いい続けるのが一番なのでしょうね。  赤ちゃんをみている間に  ママとRちゃんの二人の時間を  たくさんつくってあげたいです。   今日は 花火の日です。      1733(享保18)年のこの日、 両国川開きで初めて花火が打ち上げられました。 この川開きは徳川八代将軍吉宗が行ったのが最初で、 前年の大飢饉とコロリ病(コレラ)に よる死者の霊を慰め、悪霊を退散を祈願する 水神祭として年中行事になりました。  この夏には RちゃんとRくんとみんなで  花火を見れるといいなと思ってます。 

      2
      テーマ:
  • 26 May
    • おしゃべりメニューだれがいちばん?

       きたあいり 作  ひさかたチャイルド社 「ボーン ボーン ボーン・・・と、とけいが12回。 深夜の、とあるレストランのメニューのなかから声がします。 メニューのなかで、だれがおしゃべりしているのでしょう。 「いやぁ、きょうもぼくのにんきはすごかったなぁ」とハンバーグ。 「おれだってまけてなかったぜ!」とカレーライス。 「あら、わたしだってみんなのにんきものよ」とオムライス。 そう、本当にメニューの料理たちだったんです だってここは、世界一おいしいと評判のレストラン。 ぼくがいちばん、わたしがいちばん、 と言いあらそいをしはじめるうちに、ついにはひょっこりと (本からぺろりとはがれるように)起き上がり、 おやおや・・・とっくみあいのけんかをはじめます。 そこへ顔を出したスプーンとフォークは、 カレーライスやケーキがどんなにおいしいか、 いつも味見をしていることを主張して得意満面。 えっ、そういえば、「じぶんのあじ」って、知らないのです。 ショックを受けたメニューたち、夜の味見をしますよ でも、お客さん家族がレストランにきて もっとおいしい おかあさんのおべんとうがあると 話しているのを聞きます。 これは 味見しなきゃと メニューたち 抜け出していくのです。 絵本の中のメニューたちが本当に 生きているみたいに描かれてます。  さて、今日は百人一首の日です。   阿倍仲麻呂の 「天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも」    百首の中から 奈良県民として  これをひっぱってきました。  みなさんは どの歌がすきでしょうか。

      2
      1
      テーマ:
    • ホームランを打ったことのない君に

       長谷川集平 作  理論社  少年塁(ルイ)くんにとっては、一度は打ってみたいホームラン。  監督に勇気づけられバッターボックスに立っては見たものの、  結果は思うようには得られません。  それを見ていた近所のお兄さんの仙ちゃん。  出島商業高校野球部のレギュラーだった人です。  ルイくんの打法にアドバイスをしてくれます。  そして、練習では打てても、試合では  まだホームランをうったことがないことも話してくれます。    ルイくんの折れそうな気持ちをゆさぶります。  始める前からあきらめてはいけないんだよ。  夢を持ち続けよう。  そのための努力を続けることこそが  一番大切だということが  読んでいる人に 強く伝わります。    仙ちゃんにはかつて交通事故で  怪我をするということがあったのです。  簡単に理由をつけて なんにでも見切りを  つけてしまいがちな人が多いこのごろです。  仙ちゃんにであえた 塁君は大変幸せです。  野球少年はもちろん そうでない人も  大人も 読みたい本です。   今日は ラッキーゾーンの日です。   そもそもラッキーゾーンとは、ホームランを出やすくする為に、   外野の内側に置かれた柵から、本来の外野の端のフェンスの間の   空間の事を指します。   (ちなみにラッキーゾーンは日本独自の名称)   本塁打を出やすくする為に、1947年の5月26日に   阪神甲子園球場に設置されました。   このラッキーゾーンは、形を変えながら   1991年のシーズンまで使用され、   シーズンが終了した12月5日に撤去されたそうです。   野球にはそんなに詳しくないですが   甲子園には ラッキーゾーンの時代に   何回も行った事があります。   で、私は この時代のこの日本に生まれた事が   ラッキーゾーンだと思ってます。   その幸せが今の子供たちにもずっと続くように    切に願ってます。      

      3
      テーマ:
  • 25 May
    • ひよこのコンコンがとまらない

      ひよこのコンコンがとまらない―北欧のむかしばなし/ほるぷ出版  ポール・ガルドン 作  福本友美子 絵  ほるぷ出版  北欧に伝わる民話です。  雌鳥のコッコさん、ひよこのタッペンを連れて、  森へ種を探しにいきました。  タッペンがおもわず大きな種を飲み込み、  コンコンが止まりません。  あわてた、コッコさんは泉へ水を求めて行くのですが。  泉はコップがなければ、水をくめない。  コップを求めて、樫の木へ。  でも樫の木を揺すってくれる人がいなければ…。  と、延々と続きます。       最後にはやっとお水がもらえて  全て解決しました。  日本の昔話にはちょっとないストーリーの  外国の民話もおもしろいなと思うのです。   今日は 主婦休みの日です。 生活情報紙『リビング新聞』が2009年に制定。 日頃家事を主に担当している主婦が リフレッシュをする日。 読者のアンケートにより1月25日・5月25日・ 9月25日を「主婦休みの日」とした。 年三回 あるそうです。 じゃあ、今日は お洗濯も掃除も お料理も子育ても本当に休んでいいのという 声が聞こえてきます。 休んでいいよという代わりのヘルプがあればともかく 休めないでしょというのが本音ですよね。 しかし 今日は いつもより 幾分 手抜きして リフレッシュできる日になるといいですね。  主婦業はいつも手抜きの私ですが  仕事は月末ゆえ いっぱいです。  だから やっぱ 今日も休みなしです。

      3
      1
      テーマ:
  • 24 May
    • みずうみ

        千葉智江 作   大日本図書 ゆうかは大切にしまってあった模型の船を 背伸びして 取り出して落としてしまいました。 船は壊れてしまいました。 おかあさんに叱られました。 ゆうかの目からは涙が出てきます。 あとからあとから出てきます。 あとからあとからあとから出てくるうちに、 つっぷしていたテーブルの上はいつの間にか 大きなみずうみになりました。 そのみずうみに鳥がやってきました。 動物たちが水を飲みにやってきました。 いつの間にかそこは、とても穏やかで気持ちのいい景色。 やがてやってきたのは小さな男の子。 ゆうかのみずうみにふねを浮かべます。 その時、「は、はくしょん!」 ゆうかの大きなくしゃみのせいで、 みずうみに大きな波が起き  ふねがどこかに行ってしまいました。 泣きだした男の子。 ゆうかは みずうみの中に泳いでいき ふねを見つけて 男の子に返します。  おかあさんが 夕ご飯をしらせます。  顔を拭いてもらって 食卓に向かいます。  帰宅していたお父さんが配膳された食卓で  船を直している風景が 優しいです。  こうやって 大人たちにしっかり  守られて 子どもたちは成長していくのですね。  ハラハラしながら 最後には  ホット癒される素敵な絵本です。  千葉さんの初めての絵本だそうです。   絵も文も とても気に入りました。 今日は 伊達巻の日です。 「伊達巻き」の名前の由来は 伊達正宗の好物だったという説があり その説から伊達正宗の命日である5月24日を 「伊達巻きの日」として制定したのは、 大阪にある寿司具のトップメーカー、千日総本社。 さすが 大阪人の商魂パワーですね。  伊達巻好きな私 いつもお正月前に  購入しておせちにいれます。  あるとき ハンペンを買ってきて  フードプロセッサーを使って焼いてみました。  なかなか うまくできたと自画自賛でした。  また 今度 作ってみようっと。     

      2
      1
      テーマ:
  • 23 May
    • ラブレター物語

      丘修三 作 ささめやゆき 絵 小峰書店 好きな人に自分の想いを伝えたくて、 一生懸命、自分のことを表現した文章、 それが恋の文 ラブレターです。 文字にすることが、とてもたいせつなことなのです。 「最後の思い出」「トンちゃん」「そのひとこと」 「グサッ!」「恋うらない」「魔法の薬」の六つのお話です。 転校する男の子に書いた手紙 転校する女の子に書いた手紙 幼なじみの男の子に届けられた別の女の子からの手紙 いたずらで届けられた手紙 親友と同じ子を好きになってしまった子の手紙 小学生の真剣で一途でそして淡い恋物語などが続きます。 最後の「魔法の薬」は 愛する者たちをおいて 病で亡くなってしまう 父親からの愛のメッセージです。 泣かされてしまいました。  メールとは違って直筆の手紙が伝えてくれるものは  読む人の心に深く 強く 残りますね。  大好きや愛してるよもあなたの事を  大切に思っているも伝わりますね。     今日は ラブレターの日です。   あなたの大事な人に日ごろの思いを   書いてみませんか?    短くても 便せんでなくても    直筆で 書いてみたいものですね。                     

      2
      2
      テーマ:
  • 22 May
    • こころとしんぞう

         中川ひろたか 文    村上康成   絵    保育社 明日は運動会です。 走ってからもドキドキします。 走ってからも ドキドキ。 そして、あの子を見ると ぼくの心臓は ドキドキするんだ。 このドキドキは同じものなのか? 「ぼく」のからだのなかで 心臓が忙しく働いている様子と、 仕組みをはかせが やさしく解説してくれます。 心臓とこころのエピソードから、 自分が生きていることの不思議・ 奇跡を実感できる一冊。 すごいな、体、 今日も元気でありがとう。   今日は 国際生物多様性の日です。   さて、昨日は おにぎり文庫の炊き出し会。   来年 本の買い替えを予定しており   今 全員で絵本リスト作りをしています。   そのため 書店の児童書コーナーに   いくことやネットで調べることが楽しいですと   みなさん がんばってくださってます。   楽しい事は ずっとつづきます。

      3
      2
      テーマ:
  • 21 May
    • 月のふしぎえほん

        大藪健一 作   常永美弥 絵 PHP研究所 夜の空にはいろんな形の月が見えますね。 いま どこでみてますか? 誰とみてますか? 絵本なのにすごく内容が充実してます。 <内容>人が月におり立つまで/月はどれくらい遠くにあるの?/ 月はどんな世界?/地球の大きさと月の大きさ/ 月の形と空の位置/月の1日の動き/地球の自転と月の見え方/ 月の日ごとの動き/月の公転と地上から見た動き/ 月のみちかけのしくみ/月の形ごとの1日の動き/ 月の公転と地球の公転/月の自転と公転/太陽系の惑星たち/ 惑星の公転と自転/太陽がなくなった?/日食・月食のしくみ/ 皆既日食と金環日食/潮のみちひき 他  小学生にわかりやすく説明していますが  大人にとってもなるほどの内容です。  そうだったんだと納得します。  宇宙や天文などに興味をもつきっかけになりますね。  親子でじっくり この絵本を見ながら  話をして 夜空を眺めるっていいですよね。  さて、今日は小学校開校の日です。 1869(明治2)年のこの日、 京都市に日本初の近代小学校 「上京第二十七番組小学校が開校しました。  当時は番組と呼ばれる行政区画ごとに 小学校が建てられていたため、番組小学校と呼ばれました。  住民が自分たちで開校のための資金を調達しています。    わが母校の大阪市立M小学校を調べてみました。  明治八年三月開校で 明治、大正、昭和、平成と  その卒業生は約30000人だそうです。  昭和に在籍し卒業した私もその中の一人なのです。(*^_^*)  実家には 毎週行くので 外から学校を見ることが  たびたびあります。すごく 懐かしいです。  六年間 たいへん お世話になりました。

      4
      テーマ:
  • 20 May
    • げんきでいるからね

           鈴木まもる 作  教育画劇 ぼくのなまえは ポケ。 ぼくは やまのなかの みちばたに すてられていた。 このいえのひとに ひろわれてきたときには、 ルポちゃんは もう このいえにすんでいた ぼくは ルポちゃんといっしょに、ごはんをたべたり、 とっくみあいしてあそんだり、おひるねしたりして、 ずっと なかよく いっしょにくらすようになった。 そして、ぼくは すこし おおきくなった。 ルポちゃんは すこし おじいちゃんになった。 そして あるひ ルポはぼくのそばからいなくなった。 どこいっちゃったの ルポちゃん。 かえっておいでよ、ルポちゃん。 愛する者がいなくなる喪失感を 犬のポケちゃんの立場で描いています。  実は Rちゃんの家でも ふゆちゃんとはるちゃんの2匹の犬がいました。 R君が誕生して ちょうど一週間して はるちゃんが お空の上にいきました。 いつも一緒だったふゆちゃんは 今 元気がありません。無理もありません。 そして、Rちゃんたちも 毎朝 お線香をたてて ご飯もお供えしてます。 Rちゃんは 今朝 私が家に行くと 「 バーバ はるちゃん しんどいねん」と いいました。 ずっと、つらそうに横たわっていた姿を 見てたものね。 そして 現実を理解しているようで まだ どこかにいると思っているんだね。 ママが入院してたことや、はるちゃんも病院に 何回もいってたからね。 そうだね、はるちゃんは いまごろきっと 元気に お空の上で走りまわっているよ。 Rくんが生まれくるのを待ってくれていたんだよね。 今まで はるちゃん いっぱいいっぱい ありがとうね。     

      1
      テーマ:
  • 19 May
    • だいすきのしるし

      あらいえつこ 作 おかだちあき 絵  岩崎書店     弟が熱を出してしまったので、女の子の通っている 園のお遊戯会にママが来れなくなりました。 気丈に振る舞おうとする女の子だけれど、 「ママが来れない」ということで 心の中には寂しさと不安がいっぱい。 女の子の心の動きが痛いほど描かれていて 読んでいても ドキドキします。 でも、ちゃんと弟をみてもらえたママが 見に来てくれました。  Rちゃんの保育園でも、授業参観が土曜日にありました。  バーバの私が生後2週間の弟君をみていて  ママが参観に行きました。  満足げなRちゃんが 元気に  「ただいまーーーっ」と帰宅しました。  ママもRちゃんもR君もみんながんばってます。     さて、今日は ボクシングの日です。   1952年のこの日、挑戦者・白井義男が世界フライ級   チャンピオンのダド・マリノに判定勝ちし、   日本初のボクシングのチャンピオンになったそうです。   子どもの頃 白井選手のことは よく聞きましたね。

      3
      テーマ:
  • 18 May
    • ぽんこちゃん ぽん!

         乾栄里子 作   西村敏男 絵   偕成社 ぽんこちゃんのすきなものがあります。 あんぱん なわとび それから とんかつ。 でも いちばん すきなもの それは、 はんこななです。 パン屋さんのスタンプカード、ラジオ体操に、 駅のスタンプ、「ペッタンポン!」と、はんこを押せる場所への お出掛けが何より楽しみなぽんこちゃん。 今日も動物園へやってきました。 お目当ては、スタンプラリーでした。 ところが、「どうぶつスタンプラリーは、きのうまでですよ」 と飼育員さんが言うのです。 ぽんこちゃんは、スケッチブックをかかえてがっくり。 「にゅううー。ペッタンポン!」 ぽんこちゃんのスケッチブックに とってもゆかいなはんこを押してくれたのは、こうぶつさんたちでした。 とびきりのスタンプでスケッチブックが いっぱいになったぽんこちゃん、おうちに帰ってお母さんに いいことを教えてもらったようです。 ちょっと懐かしいあの手づくりのはんこです。 いいですね。 篆刻でハンコを作るお友達もいますが 私は 随分前に絵手紙の先生に 消しゴムで名前やちょっとしたものを彫って ハンコを作りましたよ。 ぽんこちゃんが はまるのもよくわかります。  今日は市の一斉清掃に行き  ご近所さんの畑により お野菜をいただきました。   喉もかわいていたので 早速 自宅で  ミキサーで野菜ジュースをつくり ごくごく  あーーーー、労働の後の体にしみわたりました。       

      2
      テーマ:
  • 17 May
    • あたし うそついちゃった

        ローラ・ランキン   せな あいこ 訳   評論社  とっさにあたし うそついちゃった  あとにひけなくなって  苦しくなって ご飯もあんまり  たべられなくなって・・・・。  だれにも あるこの経験  でも、ちゃんと  勇気をだして真実をつげて  ごめんなさいといえました。  読んでいても ドキドキしますよ。   さて、今日は パック旅行の日です。   前に ある旅行会社のミステリーツアーに   申し込んだ事があります。   どこに行くかもスケジュールも お宿も   なにもかも 教えてもらえません。   集合と解散する時間だけがわかってます。   お友達と二人でどこに行くのかとワクワク   信州までいきましたよ。   どかっと雪が降り 善光寺も雪だらけ。   わーーきゃ――、楽しい旅になりましたよ。     

      3
      テーマ:
  • 16 May
    • つぎのかたどうぞ しおきちくんのたびにっき

       飯野和好 作  小学館 芝居一座「はたけやこううんさい一座」には 「がんえん」さんという芸人さんがいます。 ある日、彼を尋ねて一人の男の子がやってきました。 それは「がんえん」さんの息子の「しおきち」くん。 お母さんと他の一座にいた「しおきち」くんが、 お父さんのもとでお母さんを待つことになりました。 「しおきち」は毎日絵日記を書いていました。 「がんえん」さんが見ようとしたら怒る「しおきち」でした。 一座の女の子「こうりんこ」ちゃんとは 激しく喧嘩しながらも本当は憎からず思う仲なのでした。 そんな毎日を楽しく過ごす「しおきち」でした。 そして二人をあたたかく見守る座長は「こうりんこ」ちゃんに、 「しおきち」くんが主人公の舞台の台本を書くようにいいます。  出てくるキャラクターの濃さと  セリフのおもしろさ  人情話の王道ですよね。  飯野ワールド全開です。   はまります。  さて、今日は 旅の日です。  仕事がらみ以外の旅をながらく  していないです。  ときどき 送られてくる旅の情報誌をみては  ここに行きたいなと思ってます。  特に海外は 元気なうちに行きたいです。  念ずれば 叶う 。 そのうちにぜひ。            

      1
      テーマ:
  • 15 May
    • あかちゃんちゅっ

       スーザン・メイヤーズ 作  マ―ラ・フレイジ 絵   バベルプレス   まいにち このほしのどこかで   あかちゃんがうまれている~    きょうも どこかであかちゃんはあいされている    この事を実感しています。    産院では 毎日 新しい命がうまれています。    絵本で描かれているように    ぽっちゃりあかちゃん やせっぽちあかちゃん    ちっちゃいあかちゃん おおきいあかちゃん    でも みんな どの子もすくすく 成長していきます    まわりの人たちに愛されながら    また まわりの人たちを優しく嬉しい気持ちにさせながら。    今日は国際家族デ―の日です。 家族っていいですね。    ペットちゃんたちも家族の一員ですね。    昨日夜 市のイキイキ体操教室に    参加してきました。    先生の指導のもと、呼吸に合わせて    ストレッチなどをしましたが    とても 体が楽になりました。    30名弱の参加者でした。    日々 家でもやろうと思います。             

      テーマ:
  • 14 May
    • ライオンの鬣

       中野恭子 作  日本学校図書株式会社   何て読むのでしょうか。   たてがみです。   いつも同じ鬣であきちゃった   ライオンは いろんな鬣にチャレンジしてみます。   いろいろ やってみて   どの鬣がお気に入り?   その時  大きなハックション    で、元通りに。   絵本に出てくる漢字には ルビがありません。    言葉を離せない幼児でも    文字を形として識別する能力があり、漢字を覚えることで    自ら本を読む楽しさを覚え、子どもの能力は飛躍的に     発達します    巻末にはこの絵本のねらいもかいてあります。    手に入れたこの絵本を幼児さんに早く    読みたくてうずうずしてます。    おっと、大事な講座にでかけてきます。      

      1
      テーマ:
  • 13 May
    • へんてこライオンがいっぱい

           長新太 作      小学館     ゆうちゃんが ポコポコ     しんくんがテクテクあるいていくと     ライオンにあいました。     そうしたら つぎつぎに ライオンが       やさいライオン おにライオン イカライオン    かっぱライオン キンギョライオンに。    奇想天外の長さんワールドがいいですね。        この絵本で癒されます。  さて、今日は メイストームディです。    メイストームとは 気象的には 「4月後半から5月にかけて,日本海や北日本方面で 発達する低気圧,またはそれに伴う暴風雨」とあります。 きっかけとなったのは,1954年5月8日09時に 黄海に発生した1008mbの低気圧です。 この低気圧は9日09時に朝鮮半島の東に進み 988mb。 その後,北海道を横断し,10日09時に エトロフ島の北に進んだときは 950mb まで発達しました。 ちょっとした台風並みの規模ですよね。 そして、メイスト―ムデーとは 「バレンタインデー」から88日目、 「八十八夜の別れ霜」ということで、 別れ話を切り出すのに 最適とされる日だそうです。 そんな日があるんですね。 予報でメイストームが出たら十分な注意が いるそうですが「メイストームデ―の話が出たら 聞き流しましょう」ですってよ。(*^_^*) 予測できない事態ですものね。                       

      テーマ:
  • 12 May
    • いっぱいやさいさん

         まどみちお 作 斉藤恭久 絵     至光社      まどさんの詩がことばが 生き生きしていて   斉藤さんの絵が野菜をみずみずしく描いていて   素敵です。   そばには 虫たちもいます。     「きゅうりさんは、きゅうりさんなのがうれしいのね」  まどさんのこの言葉は やさしいですね。  ○○さんは ○○さんなのがうれしいのね  そう 言い換えてみると  なんだか やる気が満ちてきませんか。  季節の野菜を目で味わい  実際に食して 元気にすごしたいものです。     今日は アセロラの日です。  野菜とアセロラの両方で  ビタミンたっぷりとれそうですね。

      1
      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

旧ランキング

日々のできごと
8078 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。